アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ: 日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である

■検証209・創価学会は今も大石寺の「戒壇の大本尊」を否定していない3   □日蓮正宗の本尊・教義の「宗教的権威」に頼らざるを得ない創価学会   それにしても外部からすれば、いいかげん日蓮正宗の本尊・教義を廃棄して、教祖の池田大作氏を本仏なり日蓮の再誕とい ...

■検証208・創価学会は今も大石寺の「戒壇の大本尊」を否定していない2   □世間でよく言われる創価学会の日蓮正宗からの完全独立説は必ずしも正鵠を得ていない   創価学会では、2002年に会則を変更し、「日蓮正宗の外護団体」といったような文言を削除し、牧口常三 ...

■検証207・創価学会は今も大石寺の「戒壇の大本尊」を否定していない1   □今でも創価学会会則・ウエブサイトで「戒壇の大本尊」根本を謳っている創価学会   「創価学会は既に、弘安2年の『本門戒壇の大御本尊』や二箇の相承、相伝書をく後世の偽作> と誹謗してい ...

冨士大石寺顕正会会長・浅井昭衛が売り物にしている「国立戒壇」建立論。 その国立戒壇」建立論とは何か?と言うと、顕正会の出版物から要約すれば、日本の天皇も大臣も全国民が日蓮の信者になった時(つまり顕正会に入信したとき)、日本国の国家の意志として、国会の議決・ ...

■両親・兄弟・親族が全員、正信会系檀徒になって1人だけ創価学会に残っていた学生部員2   岩本年光(仮名)に限らず、甘粕明夫(仮名)や田村兄(仮名)など、日蓮正宗と創価学会の関係・歴史に少し詳しい創価学会員たちは、二言目には 「日蓮正宗に入信しても、創価学会で ...

■両親・兄弟・親族が全員、正信会系檀徒になって1人だけ創価学会に残っていた学生部員   私が住んでいた福寿荘(仮名)の2Fの部屋の真下に住んでいたのが、ガチ創価学会員の岩本年光(仮名)。岩本は、ヒョロッとした、やせ形の体型の男で、顔はバッタによく似た顔つきであ ...

池田博正氏が、ポスト池田大作の後継者になるには、大きなネックになる要素は他にもある、という見方がある。それは、池田大作級の「権威」がないということである。 この「権威」という点では、二つの見方がある。 ひとつは、池田博正氏は、創価学会の中では、特にこれ ...

2009年初頭のころだが、創価学会の最高支配者・池田大作の長男・池田博正副理事長が極秘離婚したという情報が、ネットの世界を駆けめぐった。池田博正氏極秘離婚のウワサは、すでに2003年ころからマスコミなどで囁かれていたが、どうもこの情報が事実らしいということで、 ...

日蓮正宗大石寺の経蔵、納骨堂の北側、正本堂・奉安殿の東隣りに「富士美術館」があった。 ここは創価学会の外郭団体である財団法人富士美術館が管理・運営し、1991(平成3)年の創価学会破門以降も、大石寺境内地内における創価学会最後の砦として、ずーっと残っていた。 ...

□2008年10月9日号「週刊新潮」の報道と破門者を次々と宗門復帰させている日蓮正宗史   「週刊新潮」2008年10/9号に「池田センセイの大自慢演説で聖教新聞が載せられなかった箇所」と題する池田大作・創価学会批判記事を載せている。内容は9月3日、東京・八王子市の東京 ...

□2001年8月・インターネット行政調査新聞に出た日蓮正宗・創価学会・再和解密約説   創価学会と日蓮正宗の再和解の可能性については、今まで、何度となく、マスコミなどで囁かれてきたものだ。これは今に始まったものなのではない。 日蓮正宗は、何十年もの間、布教か ...

1943(昭和18)年8月25日、官憲に逮捕された創価教育学会会長・牧口常三郎氏は、巣鴨拘置所に移され、11月20日、治安維持法違反と不敬罪の容疑で、その予審請求を東京地裁に出された。創価教育学会の会長・牧口常三郎氏と理事長・戸田城聖氏は、太平洋戦争に反対したのではな ...

□2008年4月の日蓮正宗大石寺68世日如法主と創価学会原田会長の会談報道について   最近、つとに創価学会の「ポスト池田大作」について推測やら観測がやたら、創価学会の内外を賑わせているようである。1928年生まれの池田大作氏は満80歳を超えており、しかも今や公式の ...

1943(昭和18)年4月、日蓮正宗は、身延山久遠寺を総本山とする日蓮宗との合同・合併を辛うじて免れたのだったが、太平洋戦争の進展にともない、かなりヒステリックな様相を強めていた官憲側は、創価教育学会をそのままでは済まさなかった。 官憲側は創価教育学会を日蓮宗合 ...

1941(昭和16)年12月8日、日本が米英に宣戦布告して太平洋戦争が勃発。日本一国が戦争一色に染まり、既成仏教のみならず、政党、産業界、文化人、教育界…ありとあらゆる国民、ありとあらゆる人たちが、戦争に駆り立てられる役割をになっていった。 日蓮正宗も創価教育学会 ...

日蓮正宗や創価学会がでっち上げている「日蓮正宗と創価学会の関係史」、歴史の改竄、捏造、虚構の歴史は、他にも随所にある。 そのうちのひとつが、「創価学会(創価教育学会)初代会長・牧口常三郎氏は、反戦・平和を貫いた」という“欺瞞”。今日の創価学会では、 「牧 ...

現在出版されている、牧口常三郎氏が会長だったころの日蓮正宗(大石寺)と創価教育学会(創価学会)の関係について論じている大半のの文献、解説、歴史資料は、日蓮正宗側、ないしは創価学会側の人物が執筆したもので、内容的には、両者は関係が断絶していたとするものか、な ...

日蓮正宗(大石寺)と創価学会は1991年からの血みどろ?の信者争奪戦争を今も繰り広げており、お互いが、自分たちにとって都合の悪い歴史のページを意図的に覆い隠そうとしたり、自らが出している出版物や文献・書籍などから、都合の悪い歴史の記述をわざと削除して、信者に見 ...

創価教育学会会長・牧口常三郎氏は、自らが発表した価値論について、後の獄中書簡の中で、 「百年前及び其後の学者共が、望んで手を着けない『価値論』を私が著し、而かも上は法華経の信仰に結びつけ、下、数千人に実証したのを見て自分ながら驚いて居る、これ故三障四魔 ...

1937(昭和12)年の創価教育学会の設立以降、日蓮正宗寺院中野教会歓喜寮(現・昭倫寺)主管(住職)堀米泰栄氏(後の日蓮正宗大石寺65世法主日淳)と、創価教育学会会長・牧口常三郎氏の間柄は、次第に悪化していったもようである。 原因は、二人の考え方の大きな相違にあった。 ...

1937(昭和12)年の創価教育学会の発会式に日蓮正宗寺院中野教会歓喜寮主管(住職)堀米泰栄氏(後の日蓮正宗大石寺65世法主日淳)が出席したということは、実質的に創価教育学会を堀米泰栄氏が日蓮正宗信者の団体として是認したことを意味する。 あれだけ牧口常三郎氏の「創価 ...

1932(昭和7)年、日蓮正宗常在寺法華講「直達講」の解散によって、自分たちの居所を失った牧口常三郎氏・戸田城聖氏は、常在寺のそれまでの信者仲間たちと袂を分かち、東京・中野の日蓮正宗寺院・中野教会歓喜寮の住職・堀米泰栄氏(後の日蓮正宗大石寺65世法主日淳)に親近す ...

世間では創価学会の増長・宗教被害は、ひとえに最高指導者である池田大作氏に起因するものとする論調が多い。 確かに池田大作という巨大な権力者の増長と独裁的権力による横暴、強引で執拗な入信勧誘や選挙の投票干渉、政教一致の体質などは批判され、弾劾されて余りある ...

日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主は、法主に登座した当初は、創価学会員を積極的に脱会させて日蓮正宗寺院の信者にするという正信覚醒運動(正信会)の路線を、固く禁止していた。 ところが、1991年の宗創戦争の開戦によって、今度は阿部日顕は、逆に創価学会員を積極的に脱 ...

1991年、宗創戦争開戦と同時に、日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主は創価学会との戦いを有利に進めるため、1972年当時にわき起こっていた「正本堂の意義付け問題」を持ち出して、1972年4月に先代の大石寺66世細井日達法主が出した訓諭の中の文 「正本堂は広宣流布の暁は本門 ...

1991年に日蓮正宗と創価学会の宗創戦争がはじまってから、日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主は、諸悪の根源・悪行の責任の全てを池田大作一人に押しつけて、自分は涼しい顔で「無罪放免」であるかのように振る舞い出した。しかも法主の自分だけが暖衣飽食をして、創価学会の ...

宗創和合時代、阿部日顕は本行寺住職・平安寺住職・教学部長・総監時代から法主に登座し、池田大作とケンカ別れするまで、一貫して親池田大作、親創価学会の僧侶だった。宗創和合時代から反創価学会の急先鋒だったというのは、ウソである。 阿部日顕は法主に登座してから ...

1991年の宗創戦争で、日蓮正宗が創価学会を破門にし、阿部日顕法主は反創価学会強硬派のように、言われているが、しかし宗創和合時代は、阿部日顕という人物は、日蓮正宗の中でも指折りの親池田大作、親創価学会の僧侶だったことをご存じだろうか。   日蓮正宗は1979(昭 ...

1989~1993年の宗創戦争勃発前後ぐらいのころ、宝浄寺に寺跡調査のために行っていた時、私のことをてっきり信者と勘違いした宝浄寺信者から声をかけられたことがあった。 その人の名は大下順也氏(仮名)。年齢は30代前半くらい。その当時は私も年齢が20代後半から30代前半 ...

かつて私がmixi日記で、「日蓮正宗法華講の中で先祖代々の法華講というのは、ほんのごくわずかであり、ほとんどが元創価学会員。『法華講は先祖代々からの信者で創価学会とは違う』なんていう看板は、真っ赤な偽り。一般国民を騙すな」という主旨のことを書いたことがあっ ...

東京・品川に「妙光寺」という名前の日蓮正宗・古刹寺院がある。 妙光寺の1Fはロビーになっているのですが、ここに缶コーヒー・缶ジュースの自動販売機、椅子席や灰皿が用意されていて、来訪者たち同士が談話できるようになっている。 先代の妙光寺住職で宗務院海外部長 ...

日蓮正宗や法華講員たちが運営しているウエブサイトを見ていると、聖教新聞とまがうような表題が踊っているのに、驚かされます。   「九州決起大会に1万1038名結集で完全勝利」   「九州大会の場合、参加したすべての布教区が結集目標を上回り、100%以上の ...

日蓮正宗・創価学会の問題は、創価学会が「破門」になったからといって、日蓮正宗の全ての問題と責任が終結するわけでは絶対にない。 今、日蓮正宗宗門(大石寺)は、「創価学会はまちがっている。だから寺院直属の信者になれ」などと呼びかけているが、その創価学会を産み落と ...

↑このページのトップヘ