アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

人物名・団体名・用語・語句・解説

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(133-1)~解説・佐藤博信

■佐藤博信(さとうひろのぶ・1946)

 

□略歴

1946年生

早稲田大学第一文学部史学科国史専修卒業

早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学 文学博士

□研究内容

東国の14世紀から17世紀にいたる政治・経済・宗教のあり方を研究。

第1は、鎌倉府体制から公方-管領体制をへて関八州国家体制にいたる過程を総合的にとらえること。

第2の課題は、そのなかで在地と権力の間に立って独自の展開を示す宗教勢力に注目し、権力一元論の相対化を試みること。具体的には、房総で顕著な展開を示す日蓮宗に着目すること。

第3は、江戸湾における人と物の流れに注目し、東国の流通経済のあり方を再検討すること。

第4は、東国史研究の基礎を固めるために史料収集と整理を試みること。

□主要な所属学会

歴史学研究会 日本史研究会 千葉歴史学会 戦国史研究会 日本古文書学会

□主要な研究業績

 □著書(単著)

 『中世東国日蓮宗寺院の研究』 東京大学出版会、2003年 

 『越後中世史の世界』岩田書院、2006

『中世東国足利・北条氏の研究』岩田書院、2006

『中世東国政治史論』塙書房、2006

『安房妙本寺日我一代記』思文閣出版、2007

□共編著

『戦国遺文古河公方編』全1巻、2006年 東京堂出版

『千葉県の歴史通史編中世』2007年 千葉県

 『中世東国の政治構造 中世東国論上』・『中世東国の社会構造 中世東国論下』2007年、岩田書院

 □論文

「中世東国における版刻花押について」2007年 千葉県史研究15

「足利尊氏・同直義所領目録(「比志島文書」)をめぐって」2007年 日本史研究52

「古河公方家臣本間氏に関する考察」 2008年 茨城県史研究92号

「室町・戦国期の下野那須氏に関する考察」 2008年 戦国史研究55

「古河公方家臣簗田氏に関する一考察」2008年 千葉県史研究16

□その他

「富士参詣記」2005年 千葉史学47号

「日向参詣記」2007年 人文研究37

「常総天台談義所参詣記」 2007年 日本歴史707

「岡山・鳥取研修記」 2007年 興風19

「常陸鳥名木城跡と石井進氏撰文の石碑」2008年 日本歴史718

□社会的貢献

千葉県史専門員、小田原市史専門委員、千葉歴史学会委員、戦国史研究会委員、本佐倉城跡史跡検討委員会委員

佐藤博信2
 

 

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(132-1)~解説・綸旨

■綸旨(りんじ)

 

蔵人(くろうど)が天皇の意を受けて発給する命令文書。 綸旨とは本来は「綸言の旨」の略であり、天皇の意そのものを指していたが、平安時代中期以後は天皇の口宣を元にして蔵人が作成・発給した公文書の要素を持った奉書を指すようになった。

歴史学者・井沢元彦氏は著書「逆説の日本史」の中で、後醍醐天皇の「建武の新政」期における綸旨の横行について、概略、以下のように書いている。

「天皇の正式な命令は「詔勅」(しょうちょく)という。これは太政官を経由する手続きが面倒であるため、そのため「宣旨」(せんじ)という略式の命令が考え出された。これは天皇が側近の女官を通じて蔵人(天皇の秘書官)に意志を伝え、それが蔵人から担当官庁の長(上卿)に伝えられて、最終的にその省庁から出されるという形をとる。

しかしこれでは太政官による合議という手続きは省けるものの、機動性を欠き、時間がかかるという欠点がある。

そこで考え出されたのが綸旨である。

綸旨は、天皇の意志が蔵人に直接伝えられ、蔵人が「お上の御意志はこうである」という形で出す文書である。署名するのは天皇自身ではなく蔵人なのだが、こうしておけば面倒な手続きを踏まず、ただちに命令を下すことができる。

後醍醐天皇は、この綸旨を愛用した。

まず平安時代から鎌倉時代にかけて、最も重大な政治課題であった土地所有権についても、北条氏が亡んだわずか十日ほど後に

「既に日本は平和になった。朕(後醍醐天皇)の聖徳が日本全土に及んだのである。これ以後、綸旨を受けた者のみが自由に自己の権利を主張することができるのだ」----

つまり平安、鎌倉を経て営々と積み重ねられてきた土地所有の慣習・既得権を全て白紙に戻し、新たに綸旨を得た者だけが、その権利を主張できると、後醍醐天皇が宣言した。

つまり後醍醐天皇の意志を称する綸旨を、唯一最高の権威とし、実質的に「天皇の言葉が法律だ」状態にしてしまった。

これによって日本の貴族、公家、武家、豪族といった土地所有者は、その所有権を失ってしまった。自分の土地を安堵(保証)してもらうには、後醍醐天皇の綸旨をもらわなくてはならなくなった。

逆に言えば、昔、何らかの形で土地の所有権を失った者も、後醍醐天皇の綸旨があれば、土地を取り戻せるということになる。

土地所有者たちは京都に殺到。又、奪われた土地を取り戻そうとした人たちも京都へと駆けつけた。大領主といえども、後醍醐天皇の綸旨ひとつで土地を失ってしまいかねない事態になった。

これにより京都は大混乱になった。京都に押しかけた人の中には、百年以上も前の承久の乱で失った土地を取り戻そうとした人までいたという。

これにより「ニセ綸旨」が横行。綸旨万能主義になったからこそ、ニセ綸旨が多数作られた。より正式な文書である「詔勅」や「宣旨」に比べて、綸旨はニセモノを作りやすいということもある。

なにしろ綸旨には、天皇の署名も印(御璽)も必要ないのだから」

(井沢元彦氏の著書『逆説の日本史』6p454457)

 

井沢元彦氏の見解によれば、綸旨という文書は、ずいぶんといい加減な文書だったようである。

ニセ綸旨までが多数作られて、これが横行したというのだから、鎌倉幕府滅亡、建武の新政、南北朝時代という日本の政治の大混乱期の象徴的な出来事ということができる。

逆説の日本史7
 

 

戒壇大本尊は後世の偽作だ(239-1)~解説・添書

■添書(てんしょ)

 

日蓮正宗の信者が、総本山大石寺に参詣して「戒壇の大本尊」なる板本尊の御開扉を受けるには、まずは所属寺院の住職に「添書」を発行してもらう。その添書を大石寺登山事務所に提出し、御開扉供養金を納めて、「内拝券」とワッペンを登山事務所から発行してもらう。

そして奉安堂(かつての正本堂・奉安殿も同じ)に入場する際に、ワッペンを見せて、内拝券を渡して入場し、御開扉を受ける。

つまり末寺で添書をもらう→大石寺で添書を提出→御開扉を受けるという、このパターンが、「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊を偽作した大石寺9世法主・日有の代から大石寺門流の中で延々と続き、これが大石寺登山参詣の基本原則になっていた。

昭和20年代、戸田城聖会長率いる創価学会が、創価学会主宰の大石寺団体登山会を開始。これは事務手続き・登山費納金から登山、列車・バスの手配、塔中坊宿泊、食事、就寝、勤行、下山まで全て創価学会が一括して取り扱い、末寺住職の添書は不要としていた。その後、創価学会は個人登山もはじめるが、末寺住職の添書は不要とするのは、団体登山と同じであった。

創価学会の登山会では、大石寺の塔中坊に着いた後、登山会責任者から「参拝券」とワッペンをもらい、御開扉を受けていた。(創価学会では「内拝券」とは呼ばずに「参拝券」と呼んでいた)

法華講連合会の団体登山会は、法華講支部の登山部が、所属寺院住職に添書を発行してもらい、法華講連合会を通じて大石寺に添書を提出している。ただし内拝券とワッペンは、登山責任者の信者が、登山信者に内拝券とワッペンを配布するのは、創価学会の登山会と同じ。

日蓮正宗と創価学会の宗創和合時代には、創価学会の登山会も行われていたが、末寺住職が発行する添書による登山も行われるという、いわば二本立てであった。

 

その二本立て時代、「登山会に参加させてもらえない」と言って日蓮正宗末寺寺院の窓口に来る自称・創価学会員がかなり来ており、寺院はそういう人たちに「添書」を発行していた。

しかし日蓮正宗の末寺寺院は、法華講や寺院直属信徒・根檀家・檀徒の名簿は持っていたが、創価学会員の名簿は持っていなかった。したがって、自称・創価学会員が寺院の窓口に来た場合は、全くノーチェック・フリーパス状態であった。

ノーチェック・フリーパスだったのは、何も添書発行に限らず、供養金、本尊下附、塔婆、過去帳、葬儀、法事、永代供養、大過去帳記入、お経回り、墓地購入等の受付など、全て同じ。

 

1990(平成2)12月の宗創戦争の勃発によって、1991(平成3)6月末いっぱいをもって創価学会が主宰する団体登山・個人登山の一切が廃止され、添書登山と法華講連合会の団体登山、法華講支部登山会だけになった。

このときに、日蓮正宗末寺寺院では、「信徒名簿」「法華講名簿」の他に「登山信徒名簿」を作成しており、その中には法華講員以外の名前が多数記載されている。

その後、日蓮正宗では、創価学会破門、池田大作・信徒除名、創価学会員の信徒資格喪失としたが、「登山信徒名簿」そのものは今も生き残っている。

添書1 

戒壇大本尊は後世の偽作だ(238-1)~解説・ノリエガ将軍

■マヌエル・ノリエガ(マヌエル・アントニオ・ノリエガ・モレノ・1934)

 

パナマ共和国の軍人、政治家。国家元首、最高司令官(将軍)だった人物

 

パナマ大学を卒業後にペルーに留学。帰国後、国家警備隊に入隊し、パナマの米州学校で訓練を受けた。

1983年、パナマ軍最高司令官に就任。隣国コロンビアの麻薬組織(メデジン・カルテル)と結びつき、パナマからアメリカ合衆国へコカインなどを密輸するルートとして私物化。

さらに反米国家のリビア・カダフィ政権やキューバ人に対してアメリカ合衆国の査証やパスポートを闇ルートで転売していた。

1989年に大統領選挙に出馬したが、落選が確実になると軍をあげて選挙の無効を宣言し、新たに国家最高指導者のポストを作り、198912月に自ら就任した。

しかしその5日後、麻薬の不正浄化や在パナマ米軍兵士の殺害、選挙結果の不履行を理由にジョージ・HW・ブッシュ大統領の命令で米軍がパナマ侵攻。圧倒的なアメリカ軍の軍事力の前にパナマ軍は敗北。戦闘による混乱の中、アメリカ軍に拘束され、アメリカに連行される。アメリカで麻薬密輸の罪で懲役40(後に30年に減刑)の判決を受ける。

フロリダ州マイアミで服役中だったが、模範囚であることを理由に刑期は短縮され200799日に釈放された。

フロリダ州連邦地裁は2007828日にノリエガの身柄を刑期終了後にフランスに引き渡すと決定。フランスでは、同国内の銀行口座を使って麻薬資金の洗浄を行っていたとして1999年に欠席裁判のままノリエガに禁固10年の有罪判決が下されており、アメリカに対して身柄引き渡しを要求していた。その後アメリカ国務長官ヒラリー・クリントンが引き渡し命令に署名し、2010426日にノリエガはフランスへ移送され、同年77日にパリの裁判所にて禁固7年の有罪判決が下されている。

パナマでは、政敵であったウーゴ・スパダフォラ殺害の容疑にて、ノリエガに禁固20年の判決が出ている。

20111211日、ノリエガはフランスからパナマへ送還され現地到着後、収監された。

 ノリエガ1

 

戒壇大本尊は後世の偽作だ(235-1)~解説・妙興寺

■妙興寺(みょうこうじ)

 

下総国(千葉県)の妙興寺とは、二ヶ寺あり、いずれも日蓮宗の寺院。

 

□正峰山妙興寺

 

千葉県香取郡多古町多古584にある、日蓮宗寺院で正峰山妙興寺という。

寺域に本堂、山門、鐘楼などが建ち並び歴史の重さを感じさせる名刹。日蓮上人の直弟子、中老日辨によって正安2年(1300)年に創建された。二世日忍の時に現在の峰の地に移り、山号を正峰山と改めて以降、通称「峯の寺」と呼ばれている。

山門は明和2年(1765)、三世日精の代に建てられ、多古藩主の定紋が附されています。寺には、弘安2年(1279)に日辨に与えた日蓮直筆の曼陀羅、立正安国論草稿のほか、日辨御持扇地紙、日祐・日尊・日親の曼陀羅、正木大膳時茂、原胤栄の制札など、多数の寺宝が所蔵されている。

また寺内には、多古藩主久松氏の墓地、演劇で有名な「鏡山おはつ」のモデルとされる忠婢さつの墓がある。

 

 

□長崇山妙興寺

 

千葉県千葉市若葉区野呂町738にある、日蓮宗の本山(由緒寺院)。長崇山妙興寺という。

日蓮の檀越・曽谷入道教信の子である曽谷四郎左衛門直秀が出家して道崇と号し、建治元年(1275)、今の境内の南方800メートルの加納ヶ丘の地に法華の道場を開いた。

その後、講堂が建立され、七堂伽藍が建てられた。

永禄12(1569)、里見氏の兵乱によってことごとく堂宇を焼失。

天正7(1571)、地頭・斉藤善七郎胤次が再建願主として現在地に土地を寄進して堂宇を建立。

慶長元年(1596)、妙興寺に野呂檀林が開檀され、当時としてはまれに見る大講堂があった。

寛文元年(1661)、碩学・安国院日講が「法華玄義」「法華文句」を講ずると全国から学僧が集まって隆盛を極めた。

寛文6(1666)、徳川幕府は安国院日講が唱える不受不施を非として日講を日向に流罪にし、時運が衰微した。

大石寺15世法主日昌が、法主として在位していたのは1596(慶長元年)から1622(元和8)の間であるので、大法院日憲が長崇山妙興寺の日憲だとすれば、野呂檀林の学僧である可能性が高い。

峰・妙興寺2 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ