アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

美濃周人氏の著書の説・偽作説は誤りである

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

二箇相承は9世日有の偽作だ(45)~美濃周人氏の「日蓮は弘安五年十月十三日に身延山付嘱書を書けなかった」説は誤りである

■検証45・美濃周人氏の「日蓮は弘安五年十月十三日に身延山付嘱書を書けなかった」説は誤りである

 

□日蓮は身延山付嘱書を書けなくても代筆の仮説が成り立つので美濃周人説は誤りである

 

美濃周人氏は著書「虚構の大教団」の中で、「日蓮は弘安五年十月十三日に「身延山付嘱書」(池上相承書)を書けなかった。だから二箇相承は偽作である」という説を唱えている。美濃周人氏の説の概略は以下の通りである。

「日蓮の晩年の病状は弘安四年に入ってから、かなり悪化していた。日蓮は、日蓮自身が書いた遺文(御書)の中で次のように書いている。

「此の七、八年が間、年年に衰病をこり(起こり)候いつれども、…。既に、一期をわり(終わり)になるべし」(弘安四年五月二十六日『八幡宮造営事』・御書全集p1556

「老病たるの上、又不食気に候」(弘安四年十月二十二日『富木入道殿御返事』・御書全集p1571

「ただし八年が間やせやまい(痩せ病)と申しとしと申し…このやまい、をこりて秋すぎ冬にいたるまで、日日にをとろえ(衰え)、夜夜にまさり候いつるが」(弘安四年十二月八日『上野殿母御前御返事』・御書全集p1579

「所ろう(労)のあいだ(間)、はんぎょう(判形)をくわえず候事恐れ入り候」(弘安五年九月十九日『波木井殿御報』・御書全集)                       

日蓮は晩年、激しい下痢と食欲不振、さらに老齢からくる体力の衰えに苦しんでいた。とくに身延山久遠寺から常陸の国の湯治治療に旅立って池上邸に到着した翌日に書いた『波木井殿御報』には「所労(病気)が重いので、判形(サイン)も書けなくて申し訳ありません」とすらある。この『波木井殿御報』は弟子・日興が代筆したものである。そういう1282(弘安5)1013日のその朝に、池上相承書(身延山付嘱書)のような文書を、はたして日蓮が本当に書けたか。

「衰病」の日蓮は入滅するその日の朝、まさに入滅の直前に、池上相承書(身延山付嘱書)など書けるはずがない。しかも『波木井殿御報』によれば、日蓮は入滅の一ヶ月前の弘安五年九月には、その衰病のために御書も判形も自らの手で書けなかった。しかし、大石寺にある広蔵院日辰が書写した池上相承書(身延山付嘱書)の原文は、純漢文で日蓮の御判も書いてあるのである。どう考えても、これはおかしい。日蓮は池上相承書(身延山付嘱書)を書けなかったと考えるのが普通だ。身延山付嘱書(池上相承書)が、これほどまでにしっかりとした純漢文の正文書であること自体が、問題なのである。まさに日蓮入滅の直前とも言うべき状況の中で整美整足された身延山付嘱書(池上相承書)を書き上げて日興に授与するなどとは、到底考えられない。まさに日蓮入滅の場で書き上げられたのであったならば、文体がそれなりに乱れたものであっても、何ら不思議はない。ところが、この身延山付嘱書(池上相承書)は、日蓮一期弘法付嘱書(身延相承書)と、いわばペアになっていて、書式も文章もほぼ同じ体裁を整えている。常識で考えれば、「二箇相承」は、同一時期に同一人によって偽作されたと見るのが自然である。」

(美濃周人氏の著書『虚構の大教団』にある美濃周人説の概略)

虚構の大教団1 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(44)~美濃周人氏の『富士山本門寺戒壇可被建立也』文法ミス説は誤りである2

■検証44美濃周人氏の『富士山本門寺戒壇可被建立也』文法ミス説は誤りである2

 

□堀日亨の『富士山本門寺戒壇可被建立也』文法ミス説の弁解も誤りである

 

「二箇相承」の「富士山本門寺戒壇可被建立也」文の矛盾を説明するために、美濃周人氏はこの矛盾点についての大石寺59世堀日亨の反論・説明を引用する。文法上の問題について、堀日亨は文法上の問題があることを認めつつ、こう言っている。

「純漢文なら『可被建立富士山本門寺戒壇也』とあるべきが、当時の公用漢文で爾か書せられてあるのが、自然に『富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり』とも読めるから北山本門寺等でも、また遺文録でも多く然か読んで、かくべつ怪しみもせぬが、…」(大石寺59世堀日亨の著書『富士日興上人詳伝』p180より)

 

つまり堀日亨は、これは公用漢文だから「おかしくはない」という。しかし、堀日亨の説明なら身延相承書(日蓮一期弘法付嘱書)の文全体が公用漢文で書かれていなくてはならないことになるが、しかし身延相承書全体は純漢文で書かれており、この文の箇所のみが公用漢文で書いてあるということは有り得ない。そうすると日蓮が極めて初歩的な文法上のミスをしたということになるが、しかしこれも有り得ない。純漢文の正式な文書に、こんな初歩のミスなど考えられないからだ。

さらに日蓮在世の時代に「富士山本門寺」が存在しなかったという矛盾点について、堀日亨は次のように説明している。

「(日蓮)大聖人御存生中には、富士には本門寺はないのをいかにせんや。北山本門寺では、これを立証するために、大聖人御筆の横、ならびに『大日本国・富士山・本門寺根源・日蓮御判』と額面にすべき同山十世日出の写しが現存する」(大石寺59世堀日亨の著書『富士日興上人詳伝』p180

 

つまり堀日亨は、日蓮が生存中に『大日本国・富士山・本門寺根源・日蓮御判』という言葉を『本門寺額』として書き残していて、この『本門寺額』が「二箇相承」と同じく北山本門寺に伝わっているから、これを根拠に「おかしくはない」と言っているのだが、この北山本門寺10代貫首日出が書き写した『本門寺額』を日蓮が造立した本物だと信じている人は、どこにもいない。

大石寺59世堀日亨より先代の大石寺52世鈴木日霑と北山本門寺34代貫首玉野日志の「霑志問答」の中でも、大石寺の日霑が本門寺の日志に向かって「この『本門寺額』はインチキである」と言っている。堀日亨よりも先代の大石寺法主が「『本門寺額』はインチキだ」と認めているのである。堀日亨は当然こういうことを承知の上でそのインチキな『本門寺額』を根拠にして、「二箇相承」は「おかしくはない」と強弁しているが、これは説得性に欠ける牽強付会である。

美濃周人氏の『可被建立也』文法ミス説は、概ね、こんな主旨である。

虚構の大教団1 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(43)~美濃周人氏の『富士山本門寺戒壇可被建立也』文法ミス説は誤りである1

■検証43美濃周人氏の『富士山本門寺戒壇可被建立也』文法ミス説は誤りである1

 

□「富士山本門寺戒壇可被建立也」の訳文を改変して読む日蓮正宗・創価学会

 

元創価学会員・元日蓮正宗信者である文筆家・美濃周人氏は、著書「虚構の大教団」の中で

「二箇相承」の「富士山本門寺戒壇可被建立也」を日蓮正宗大石寺編纂の『御書全集』に掲載されている身延相承書(「日蓮一期弘法付嘱書」)では「富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり」と訳文にしているのは、間違いであり、これは「富士山本門寺の戒壇は建立せらるべきなり」と読むのが正しい。日蓮在世の時代には富士山本門寺は存在していないので、『富士山本門寺戒壇可被建立也』と原漢文にあるのは、偽作の証拠である。

との説を唱えている。はたして本当にそういうことが言えるのか、検証してみたい。

日蓮正宗大石寺編纂の『御書全集』に掲載されている身延相承書(『御書全集』では、「日蓮一期弘法付嘱書」となっている)の原文は、以下のように漢文になっている。御書全集に載っているのは、これを古文体に訳した訳文にすぎない。     

日蓮一期弘法  日蓮一期弘法は 

  白蓮阿闍梨   白蓮阿闍梨

  日興付嘱之   日興に之を付嘱

  可為本門弘  本門弘通の大導師

  通大導師也  為る可き也

国主被立此法   国主此の法を立て被るれば

  者富士山   富士山本門寺戒壇は

  本門寺戒壇

  可被建立也  建立せらる可き也

  可待於時耳  時を待つ可き耳(のみ)

   事戒法謂    事の戒法と謂うは

   是也就中  是れ也  就中(なかんずく)

   我門弟等    我が門弟等

   可守此状  此の状を守る可き也

  也

   弘安五年壬午

   九月 日

          日蓮在御判

   血脈次第 日蓮 日興 」

 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(11)~美濃周人氏の左京日教本と要法寺日辰本比較による偽作説は誤りである

■検証11美濃周人氏の左京日教本と要法寺日辰本比較による偽作説は誤りである

 

「百五十箇条」で全文引用の「二箇相承」と「類聚翰集私」で全文引用の「二箇相承」の矛盾の指摘が欠落している

 

美濃周人氏は著書「虚構の大教団」の中で、左京阿闍梨日教が「類聚翰集私」「六人立義破立抄私記」で全文引用している「二箇相承」と、1556(弘治2)77日 京都要法寺13祖貫首・日辰が北山本門寺に行き霊宝を拝し日耀をして臨写させたとされる「二箇相承」写本の内容が、あべこべになっていることを指摘し、「二箇相承」偽作説を展開している。

たしかに単純に、左京阿闍梨日教が「類聚翰集私」「六人立義破立抄私記」で全文引用している「二箇相承」と、要法寺・日辰の「二箇相承」写本の内容を比較するだけなら、確かに美濃周人氏の言うとおりである。

しかし、美濃周人氏が「二箇相承」を検証していく上で、大きく見落としていることがある。

それは、歴史上はじめて「二箇相承」の全文を引用した文献は、「類聚翰集私」「六人立義破立抄私記」ではなく、1480(文明12) に本是院日叶(左京阿闍梨日教)が著した「百五十箇条」であること。

本是院日叶(左京阿闍梨日教)が著した「百五十箇条」で全文引用している「二箇相承」は、要法寺・日辰の「二箇相承」写本の内容と大同小異であること。

そして本是院日叶(左京阿闍梨日教)が著した「百五十箇条」で全文引用している「二箇相承」と、同じく左京阿闍梨日教が「類聚翰集私」「六人立義破立抄私記」で全文引用している「二箇相承」の内容が、あべこべになっている、ということである。

よって「二箇相承」の内容があべこべになっている矛盾を指摘するならば、左京阿闍梨日教が「類聚翰集私」「六人立義破立抄私記」で全文引用している「二箇相承」と、要法寺・日辰の「二箇相承」写本を比較するのではなく、本是院日叶(左京阿闍梨日教)が「百五十箇条」と、「類聚翰集私」「六人立義破立抄私記」で全くあべこべの「二箇相承」を全文引用していることを言わなければならない。ここが一番の根源だからである。

よって「類聚翰集私」「六人立義破立抄私記」で全文引用している「二箇相承」と、要法寺・日辰の「二箇相承」写本を比較するだけでは、検証が不充分である。

もっとも本是院日叶(左京阿闍梨日教)が著した「百五十箇条」で全文引用している「二箇相承」と、同じく左京阿闍梨日教が「類聚翰集私」「六人立義破立抄私記」で全文引用している「二箇相承」の内容が、あべこべになっている、ということから導き出されるものは、「二箇相承」が偽作である、というものに変わりないかも知れないが、「虚構の大教団」を読むと、美濃周人氏の不充分な検証は、次の誤りを誘発していると思われる。

虚構の大教団1 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(60)~美濃周人氏の「日興跡条条事」小泉久遠寺日義初出・偽作説は誤りである

■検証60・美濃周人氏の「日興跡条条事」小泉久遠寺日義初出・偽作説は誤りである

 

□「日興跡条条事」はすでに大石寺9世日有の代に初めて文献に登場している

 

日蓮正宗の元信者で「日興跡条条事」偽作説を唱える美濃周人氏が著書「虚構の大教団」の中で、「日興跡条条事」が歴史上、はじめて他の文献に登場するのは、1544(天文13)年の小泉久遠寺の代官・日義の文書であり、「日興跡条条事」を偽作した人物は、小泉久遠寺の代官・日義であるという説を唱えている。

小泉久遠寺とは、静岡県富士宮市にある日蓮宗の本山(由緒寺院)。ここは元々、日興の法脈を継承する富士門流に属し、静岡県の駿東地方に分布する北山本門寺、西山本門寺、大石寺、下条妙蓮寺とともに富士門流の「富士五山」を構成する。また、さらに京都要法寺、伊豆実成寺、保田妙本寺とあわせて「興門八本山」のひとつにも数えられる本山寺院である。

その小泉久遠寺は、保田妙本寺とともに日郷の門流の本山寺院であり、宗祖日蓮、二祖日興、三祖日目、開基日郷を第4代に列している。

日義という人物は、小泉久遠寺・保田妙本寺14代貫首・日我の時代に、小泉久遠寺の代官(今の住職代務者にあたる)だった人物である。したがって日義は歴代貫首には列せられていない。

この小泉久遠寺の代官・日義は、む日蓮正宗では、三祖日目・4世日道の血脈断絶説を唱えた人物として有名である。美濃周人氏が「歴史上はじめて日興跡条条事が登場した」と唱えている文書とは、以下の文書である。

「日興上人大石寺置文に云わく一閻浮提の内、諸山寺を半分と為して、日目座主為る可し。其の半分は自余の大衆に之を配る可し。日興遺跡は新田宮内卿阿闍梨日目最前上奏の人に為れば、大石寺の別当と定む。寺と云ひ、御本尊と云ひ、墓所と云ひ又云く、仏は水、日蓮聖人は木、日興は水、日目は木。右此の御血脈等は御正本房州妙本寺に之有り。天文十三年甲辰極月二十五日、謹んで之を抄書し奉る」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』5p33)

 

この小泉久遠寺代官・日義の文書は1544(天文13)年の文書だが、これよりも先の1476(文明8)523日の「土佐吉奈連陽房聞書」という、土佐吉奈連陽房が日蓮正宗大石寺9世法主日有の説法を書きとどめた文書に「日興跡条条事」が出て来ている。

よって美濃周人氏の小泉久遠寺の代官・日義の偽作説は誤りと言うことになる。

ところで小泉久遠寺代官・日義は、大石寺三祖日目と大石寺4世日道の血脈断絶説を唱えた人物だが、小泉久遠寺・保田妙本寺14代住職(貫首)の当職だった日我は、大石寺の「戒壇の大本尊」日蓮造立説や「日蓮本仏義」を唱え、教学的にかなり大石寺9世日有の教学に傾斜していた人物であった。小泉久遠寺・保田妙本寺14代貫首が大石寺教学に傾斜しているのに、代官が大石寺の血脈を否定しているというのも面白いが、そういう時代背景の中で、「日興跡条条事」が小泉久遠寺・保田妙本寺の日郷門流にまで知られていたというのは注目に値すると言えよう。

日興跡条条事2 

(昭和5549日付け聖教新聞に掲載されている『日興跡条条事』)

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ