アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

金原明彦氏著『日蓮と本尊伝承』の論説の誤謬を糾す

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(55)~金原明彦氏の「日興跡条条事・真書説」は誤りである

■検証55・金原明彦氏の「日興跡条条事・真書説」は誤りである

 

□「戒壇大本尊」偽作説を唱えながら矛盾した「日興跡条条事」真書説を唱える金原明彦氏

 

「日蓮と本尊伝承大石寺戒壇板本尊の真実」の著者・金原明彦氏は、「日興跡条条事」の「日興が身に充て給はる所の弘安二年の大御本尊」は、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊のことではなく、日興跡条条事は日興真筆である可能性が高いとという、実に珍妙な説を唱えている。

(「日蓮と本尊伝承大石寺戒壇板本尊の真実」p154より)

著書「日蓮と本尊伝承大石寺戒壇板本尊の真実」の中で「戒壇の大本尊」なる板本尊は日蓮直造ではないという説を唱えている金原明彦氏が、「日興跡条条事・真書説」を唱えているというのは、まことに奇っ怪である。

これはどういうことかというと、「戒壇の大本尊」なる板本尊は日蓮直造ではないということになると、「日興が身に充て給はる所の弘安二年の大御本尊、日目に之を相伝する。本門寺に懸け奉るべし」の文がある「日興跡条条事」はほぼ自動的に偽作ということになる。

しかし金原明彦氏の言わんとするところは

「『(本門戒壇の大御本尊は)後世の造立であるが、宗祖(日蓮)の直筆をもとにしており、これまでどおり、この御本尊を本宗の根本としていく』と宣言することも可能であろう。一宗の面子も大切ではあろうが、一切衆生の成仏という大事からみれば、より小事である」

(「日蓮の本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」p214)

と記しているように、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊は、後世の誰かの偽作であることは認めるが、造立主は大石寺の「本堂用」ないしは「戒壇用」にこの板本尊をつくったのだから、悪意はない。したがって日蓮直筆本尊となんら変わらないのだから、今までどおり、日蓮正宗の根本の本尊であることに変わりはない、というところにある。

よって金原明彦氏にとって「日興跡条条事」偽作説はまことに都合が悪いらしく、「日興が身に充て給はる所の弘安二年の大御本尊」は、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊であるという根拠は何一つ無く、「日興跡条条事」の「弘安二年の大御本尊」とは、「戒壇の大本尊」のことではなく、日興跡条条事は日興真筆である可能性が高いという結論に無理矢理にでも、こじつけているわけである。

「日興跡条条事」の「弘安二年の大御本尊」とは、「戒壇の大本尊」のことではないというのなら、どの本尊のことなのか、という問題が発生するのだが、これについて金原明彦氏はただの一言も言及していない。というか、言及することなど不可能であろう。

大石寺の「戒壇の大本尊」偽作の問題を解明して行くに当たっては、「戒壇の大本尊」の周囲にある「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「日蓮本仏論」「血脈相承」…といった文献や教義はどうなのか、という問題が必然的に起こってくる。

日興跡条条事2 

(昭和5549日付け聖教新聞に掲載されている『日興跡条条事』)

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(248)~金原明彦氏「日蓮と本尊の伝承」の「戒壇の大本尊」写真は謀略的合成写真か

■検証248・金原明彦氏「日蓮と本尊の伝承」の「戒壇の大本尊」写真は謀略的合成写真か

 

□大石寺正本堂、奉安殿、奉安堂のいずれも「戒壇の大本尊」と鶴丸は重ならない

 

2007(平成19)8月、金原明彦氏という人物が「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」という本を出版し、その中に「戒壇の大本尊」の写真を載せている。

 

この写真が、今まで発表されてきた熊田葦城氏、由井一乗氏、荒木清勇氏の出版本に載っている「戒壇の大本尊」の写真と異なっていることから、「『戒壇の大本尊』レプリカの写真なのではないか」と、研究者の間で憶測を呼んだことがあった。

当該本の23ページに「大石寺所蔵本門戒壇板大曼荼羅」との題がついている写真は、一見すると、大石寺の「戒壇の大本尊」の写真とそっくりであるが、決定的に異なっている箇所がある。

それは、「戒壇の大本尊」と鶴丸が重なって写っていることである。

現在、「戒壇の大本尊」の写真として、宝蔵、御影堂、奉安堂で撮影されたものの他、正本堂の厨子の扉を開扉する直前の写真等々があるが、「戒壇の大本尊」と鶴丸が重なるものはない。

「戒壇の大本尊」が祀られていた宝蔵、御影堂、奉安殿、正本堂、奉安堂のいずれの場所においても、「戒壇の大本尊」と鶴丸が重なったということは、一度もない。

この写真の上部には、正本堂の厨子らしき部分が映り込んでいるが、正本堂の厨子も、「戒壇の大本尊」と鶴丸は、正面から見て重ならない。

 

そうすると、この写真は、宝蔵、御影堂、奉安殿、正本堂、奉安堂に祀られていた「戒壇の大本尊」ではなく、別個の「戒壇の大本尊」の写真と言うことになる。

しかし金原明彦氏の著書「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」の23ページに載っている写真を、「戒壇の大本尊」のレプリカの写真と決定づけるのは、あまりに早計すぎる気がする。

なぜかというと、この写真は、あまりにも「不自然すぎる」写真だからである。

 

その「不自然」の第一は、「戒壇の大本尊」と鶴丸が重なって写っていること。

第二は、「戒壇の大本尊」の文字曼荼羅の文字に、修正の痕跡が見えること。

第三は、写真の上部に、正本堂の厨子らしき部分が映り込んでいること。

 

もしこの写真が、正本堂で撮影された「戒壇の大本尊」なら、これは合成写真と言うことになる。

正本堂で撮影された写真ではないとしても、曼荼羅の文字に、修正の痕跡が見えることから、この写真は、少なくとも修正写真ということになる。

少なくとも、カメラで撮影した写真で、こんな写真は映らない。

戒壇本尊11金原本


続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(200)~金原明彦氏の「日蓮と本尊の伝承」に書いてある偽作説は誤りである4

■検証200・金原明彦氏の「日蓮と本尊の伝承」に書いてある偽作説は誤りである4

 

「日蓮と本尊の伝承・戒壇板本尊の真実」が出版された謀略的な意図と目的

 

こういうふうに検証していくと、創価学会員・金原明彦氏が「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」という本を出版した目的が見えてくる。

日蓮と本尊伝承2


その一つは、「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」という本の結論である「大石寺の「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊は、後世の誰かの偽作であることは認めるが、造立主は大石寺の「本堂用」ないしは「戒壇用」にこの板本尊をつくったのだから、悪意はない。したがって日蓮直筆本尊となんら変わらないのだから、今までどおり、日蓮正宗の根本の本尊であることに変わりはない」という所に、教学を誘導しようという目的である。

199111月に創価学会は日蓮正宗から破門されているが、破門以降の教学理論を構築しようという意図が見え隠れしている。

 

二つ目は、鶴丸が重なった「戒壇の大本尊」の写真を載せていることで明らかなように、大石寺の「戒壇の大本尊」の研究者たちの研究を混乱させる目的である。この鶴丸が重なった「戒壇の大本尊」の写真の真偽をめぐって多方面でさまざまな議論が闘わされたが、正鵠を得た結論は出ず、いたずらに研究者を混乱せしめただけであった。

戒壇本尊11金原本


「アンチ日蓮正宗」は、200511月にmixiでスタートし、20063月に最初の「大石寺の『戒壇の大本尊』は後世の偽作だ」を立ち上げた。

その1年後の200737日、私の所に、「アンチ日蓮正宗の『戒壇の大本尊は後世の偽作だ』を、他でそっくり借用させてほしい」というメールを送ってきた者がいたのである。

その者は、メールで「hideさんの資料は少しでも多くの方に読んで頂きたいと…また無断転載より筋を通したいと考えましたのでお願いにまいりました」などともっともらしいことを書いてよこしてきたが、私はこの者の要請をはっきり断りました。

するとこの者は「大変残念ですが、わかりました。今後も頑張ってください」とメールを返信してきて、一旦は転載をあきらめたかに見えた。

ところがその5ヶ月後の20078月に金原明彦氏の「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」が出版されたというわけである。

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(199)~金原明彦氏の「日蓮と本尊の伝承」に書いてある偽作説は誤りである3

■検証199・金原明彦氏の「日蓮と本尊の伝承」に書いてある偽作説は誤りである3

 

□鶴丸が重なった「戒壇の大本尊」の写真はレプリカの写真か、あるいは合成写真か

 

金原明彦氏の著書「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」の内容には、さらに看過できない誤りがある。

日蓮と本尊伝承2


その問題点とは、「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」に掲載されている大石寺の「戒壇の大本尊」の写真と称するものである。

当該本の23ページに「大石寺所蔵本門戒壇板大曼荼羅」との題がついている写真は、一見すると、大石寺の「戒壇の大本尊」の写真とそっくりであるが、決定的に異なっている箇所がある。

それは、「戒壇の大本尊」と鶴丸が重なって写っていることである。

現在、「戒壇の大本尊」の写真として、宝蔵、御影堂、奉安堂で撮影されたものの他、正本堂の厨子の扉を開扉する直前の写真等々があるが、「戒壇の大本尊」と鶴丸が重なるものはない。

「戒壇の大本尊」が祀られていた宝蔵、御影堂、奉安殿、正本堂、奉安堂のいずれの場所においても、「戒壇の大本尊」と鶴丸が重なったということは、一度もない。

そうすると、この写真は、宝蔵、御影堂、奉安殿、正本堂、奉安堂に祀られていた「戒壇の大本尊」ではなく、別個の「戒壇の大本尊」の写真と言うことになる。

戒壇本尊11金原本

 

金原明彦氏の著書「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」に掲載されている「戒壇の大本尊」の写真が本当に大石寺の「戒壇の大本尊」の写真なのかどうか、について、犀角独歩氏をはじめとする、さまざまな研究者たちの間で、長らく議論が為されてきた。

「戒壇の大本尊」レプリカ説、合成写真説、…等々、さまざまな説が論じられてきたが、いずれも正鵠を得た結論が出ていない。

そもそもこの写真を載せた金原明彦氏が公式には沈黙を守っているため、これ以上、議論が進みようがない。

 

「戒壇の大本尊」レプリカ説の可能性が高いとは言われているが、これも確定的な証拠があるわけではない。

「アンチ日蓮正宗」でも「戒壇の大本尊は大石寺9世日有の偽作だ」で論じているが、大石寺に「戒壇の大本尊」のレプリカが存在したことを否定しておらず、東京・常泉寺や仙台・仏現寺には、「戒壇の大本尊」のレプリカの存在を示す文献があり、又、かつて大石寺御影堂での御開扉に使用された「戒壇の大本尊」は、レプリカの可能性が高いとしている。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(198)~金原明彦氏の「日蓮と本尊の伝承」に書いてある偽作説は誤りである2

■検証198・金原明彦氏の「日蓮と本尊の伝承」に書いてある偽作説は誤りである2

 

さらに金原明彦氏の著書「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」の内容においては、間違いが余りにも多すぎるのである。

日蓮と本尊伝承1


まず、「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」の前半の内容は、犀角独歩氏が「大石寺彫刻本尊の鑑別」で書いている図形鑑別とほとんど同一である。しかしこの「図形鑑別」が「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではないと言うことはすでに論証している。

 

■検証191・「図形鑑別」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない1(図形の不一致)

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/8590992.html

■検証192・「図形鑑別」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない2(独歩氏の弁解)

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/8592362.html

■検証193・「図形鑑別」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない3(証拠にならない)

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/8593398.html

■検証194・「図形鑑別」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない4(証拠にならない)

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/8593869.html

■検証195・「図形鑑別」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない5(日有偽作は不変)

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/8594928.html

 

さらに「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」の内容の、その他の内容の誤りについても、すでに論説しています。

 

「大石寺の『戒壇の大本尊』なる板本尊は後世の偽作だ」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_161867.html

■検証41・金原明彦氏の塗漆・塗金箔説は「本門戒壇の大御本尊」後世偽作の証拠ではない

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/3759998.html

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ