アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である > 金原明彦氏著『日蓮と本尊伝承』の論説の誤謬を糾す

■検証55・金原明彦氏の「日興跡条条事・真書説」は誤りである   □「戒壇大本尊」偽作説を唱えながら矛盾した「日興跡条条事」真書説を唱える金原明彦氏   「日蓮と本尊伝承—大石寺戒壇板本尊の真実」の著者・金原明彦氏は、「日興跡条条事」の「日興が身に充て給 ...

■検証248・金原明彦氏「日蓮と本尊の伝承」の「戒壇の大本尊」写真は謀略的合成写真か   □大石寺正本堂、奉安殿、奉安堂のいずれも「戒壇の大本尊」と鶴丸は重ならない   2007(平成19)年8月、金原明彦氏という人物が「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」と ...

■検証200・金原明彦氏の「日蓮と本尊の伝承」に書いてある偽作説は誤りである4   □「日蓮と本尊の伝承・戒壇板本尊の真実」が出版された謀略的な意図と目的   こういうふうに検証していくと、創価学会員・金原明彦氏が「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」 ...

■検証199・金原明彦氏の「日蓮と本尊の伝承」に書いてある偽作説は誤りである3   □鶴丸が重なった「戒壇の大本尊」の写真はレプリカの写真か、あるいは合成写真か   金原明彦氏の著書「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」の内容には、さらに看過できない誤 ...

■検証198・金原明彦氏の「日蓮と本尊の伝承」に書いてある偽作説は誤りである2   さらに金原明彦氏の著書「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」の内容においては、間違いが余りにも多すぎるのである。 まず、「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」の前半 ...

■金原明彦(きんばら・あきひこ・1960~)   1960年、静岡県三島市に生まれる。創価学会員。 アジア・アフリカ語学院卒業。 現在、会社役員。 著書 「愛鷹山中の謎の遺跡・山居院—史実が伝説になるとき」(2000年・沼津市明治史料館)  など   ...

■検証197・金原明彦氏の「日蓮と本尊の伝承」に書いてある偽作説は誤りである1   2007(平成19)年8月、金原明彦氏という人物が「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」という本を出版している。出版した金原明彦氏とは、創価学会員であると言われているが、この本の ...

■金原明彦(きんばら・あきひこ・1960~)   1960年、静岡県三島市に生まれる。創価学会員。 アジア・アフリカ語学院卒業。 現在、会社役員。 著書 「愛鷹山中の謎の遺跡・山居院—史実が伝説になるとき」(2000年・沼津市明治史料館)  など       ...

■検証41・日蓮一門に漆・金箔加工は不可能だった6   □金原明彦氏の塗漆・塗金箔説は「戒壇の大本尊」後世偽作の証拠ではない ---------------------------------------------------------- (『戒壇の大本尊』研究家・創価学会員・金原明彦氏の見解) 表面に施された ...

↑このページのトップヘ