アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

戒壇大本尊・法華経は「大乗経典非釈迦仏説」と矛盾する

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

龍神ひろしを斬る(47)~法華経がデタラメではない根拠を示していないのは日蓮正宗のほうだ

■論破47法華経がデタラメではない根拠を示していないのは日蓮正宗のほうだ

 

□どうして2000年前のインドで法華経説法の『映画』が映し出されたのか科学的に説明せよ

 

------------------------------------------------------------

(不埒な洗脳法華講員・龍神ひろしの妄説)

アンチ日蓮正宗と言う輩は、法華経はでたらめだと言うが、それすら根拠もないでたらめです。

20091112日の楽天ブログ・龍神ひろし日記より)

------------------------------------------------------------

根拠なんか多数ありますよ。いくつか列記してみます。

第一が富永仲基が唱えた「大乗非仏説」。

日本ではじめて、仏教経典を精密に論証して「大乗経典非釈迦仏説」(大乗非仏説)を唱えたのが、江戸時代の大阪の町人学者・富永仲基(17151746)である。

延享2(1745)に刊行された、富永仲基の主著「出定後語」(しゅつじょうごご、しゅつじょうこうご)は、まずヴェーダが先行し、それに対抗して六師外道が、それに対抗しての釈迦・小乗仏教が、それに対抗して大乗仏教が加上されたとし、つまり大乗仏教を後世に作られたものと断じた、「大乗非仏説」を唱えた書として、あまりにも有名である。

この説は本居宣長、後には内藤湖南や、大谷大学学長・村上専精の『仏教統一論』により評価され、服部天游(てんゆう)の『赤裸々』、国学者の平田篤胤の『出定笑語』、等が、富永仲基の主著「出定後語」の大乗非仏説につづいている。

日寛が寛文5年(1665)~享保11年(1726年)の人物だから、富永仲基は日寛よりほんのすこしだけ、後の時代の人ということになる。

この中で面白いのは、大乗経典の宗派である真宗大谷派の僧侶で大谷大学学長もつとめた村上専精が、『仏教統一論』を著して大乗非仏説を提起していることである。

 

「法華経を含めた大乗経典はすべて釈迦牟尼とは何の関係もないものである」

 

歴史学者・井沢元彦氏は、著書「逆説の日本史」で、この富永仲基が日本ではじめて唱えた大乗非仏説は、現在に至るも、誰からも論破されていないものである、と述べています。

「大乗経典非釈迦仏説」(大乗非仏説)が今日に至るまで、誰からも論破されていない論説ということになると、日寛の「二千二百三十余年・弘安元年以降本懐論」そのものが、科学的な論証のもとに成り立っている「大乗非仏説」や「仏滅年代の学説」と根本から矛盾する説ということになり、逆に「大乗非仏説」や「仏滅年代の学説」によって、日寛の「二千二百三十余年・弘安元年以降本懐論」なるものがインチキ極まりないものであることが立証されているということではないか。

金正日3 

(龍神ひろしのそっくりさん・金正日)

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(127)~「大白法」は「大乗非仏説」に反論不能で逃亡し実質的な降伏宣言

■検証127・日蓮正宗や創価学会が唱える日蓮出世の本懐論の欺瞞21

 

□「大乗非仏説」に反論不能で逃亡し実質的な降伏宣言をしている「大白法」

 

さらに日蓮正宗法華講連合会機関紙「大白法」は、驚くべき詭弁を重ねている。

----------------------------------------------------------------------

(日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主の妄説)

◇ 大聖人の仏法より非仏説論を破折 ◇

大聖人の仏法より大乗非仏説論を見るとき、次の二点から論ずることができます。

第一点は、日蓮大聖人が末法に出現することは二千三百余年を隔てた「法華経」に予証されているという現実です。これは「法華経」が仏の悟りによって説き明かされた経典であり、現実世界に生きている経典であるということです。

第二点は日蓮正宗における御本仏は日蓮大聖人であり、大聖人の御教示は御書として留められ、御法門の極理たる戒壇の大御本尊と血脈相承は、今日まで連綿と継承されているということです。 従って、大乗経典が釈尊の説か否かという議論は他宗と異なり、当宗にとっては直接関係ある問題ではないといえます。

(日蓮正宗法華講連合会機関紙「大白法」1993(平成5)6月1日号の「教学基礎講座⑰」より)

--------------------------------------------------------------

「日蓮が末法に出現することは二千三百余年を隔てた「法華経」に予証されている」などと胸を張っているが、この反論の論理そのものが逆さまでひっくり返っている。

1 その法華経が、釈迦牟尼が説いたとは認められない大乗経典の中のひとつであること。

2 科学的考証によって『周書異記』の仏滅年代は間違っていることが立証されており、正しい仏滅年代によれば、日蓮在世の時代は末法ではなく、像法ということになる。

3科学的考証によって『周書異記』の仏滅年代は間違っていることは、大石寺67世阿部日顕が認めている。これによって、第一点の「大白法」の反論は崩壊している。

第二点の反論に述べられている「日蓮本仏義」「戒壇の大本尊」「血脈相承」なるものは、いずれも後世の偽作。室町時代に大石寺9世日有が、大石寺の総本山化、信者からの金銭収奪システムの確立、大石寺を「事の戒壇」とするため、法主の宗教的権威の確立のために偽作したものであって、「大乗非仏説」への反論として成立していない。「日蓮本仏義」「戒壇の大本尊」「血脈相承」なるものが、そもそも「大乗非仏説」を覆すものにはなり得ない。

大乗非仏説1
 

(日蓮正宗法華講連合会機関紙「大白法」1993(平成5)6月1日号の「教学基礎講座⑰」より)

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(126)~「大乗非仏説」が論破不可能であることを認めている法華講連合会機関紙「大白法」

■検証126・日蓮正宗や創価学会が唱える日蓮出世の本懐論の欺瞞20

 

□「大乗非仏説」が論破不可能であることを認めている法華講連合会機関紙「大白法」

 

日蓮正宗法華講連合会機関紙「大白法」が、1993(平成5)6月1日(第387号)号の「教学基礎講座⑰」の欄において「大乗非仏説」に対する「破折?」を試みているが、見事にこれに失敗し、「大乗非仏説」が、もはや論破することが不可能であることをかえって認めているという結果に終わっている。日蓮正宗法華講連合会機関紙「大白法」の教学に関する欄は、実際は日蓮正宗の僧侶が執筆しているもので、ここにおいて「大乗非仏説」が論破することが不可能であることを認めているということは、日蓮正宗として、「大乗非仏説」が論破することが不可能であることを認めているということに等しいのである。該当する項目を引用してみる。

「日本では江戸中期に、富永仲基(ちゅうき)の『出定後語』や、服部天游(てんゆう)の『赤裸々』、国学者の平田篤胤の『出定笑語』などに大乗非仏説を発表され、国学者や神道学者による、仏教攻撃の大きな原動力となりました。」

「これらの非仏説論に対して明治以後になると、仏教学者の間に、歴史学文献学によって大乗仏説を証明しようという動きが出てきました。 その代表的なものに、村上専精の『仏教統一論』、前田慧雲の『大乗仏教史論』、伊藤義賢の『大乗非仏説論の批判』、姉崎正治による法華経信仰者としての立論などがあります。これらはいずれも非仏説論者を論破するのには十分な立証はできませんでした」

「このような非仏説の論議が起こる原因は、どの経典も釈尊自らが書かれたものはないということです。 経典には二つの成立形態があります。一つには釈尊の滅後、弟子たちが大勢集まって編集したもの。(経典の結集・けつじゅう)もう一つは釈尊から聞いた教えを師匠から弟子に、更にその弟子に伝えるという口伝形式によったもの。前者が小乗経典、後者が大乗経典です。

この口伝を疑って、科学的文献学のみによって、仏説か否かを解明しようとする者には、大乗経典は仏説とは認め難いかもしれません。しかし、当時のインドにおいては、暗誦や口伝による伝承が一般的な方法でした。」

(日蓮正宗法華講連合会機関紙「大白法」1993(平成5)6月1日号の「教学基礎講座⑰」)

大乗非仏説1
 

このように「大白法」の記事は、

○過去の村上専精の『仏教統一論』、前田慧雲の『大乗仏教史論』、伊藤義賢の『大乗非仏説論の批判』、姉崎正治などが「大乗非仏説」の論破に失敗していること

○大乗教典が口伝方式で伝えられ、経典結集で成立したものではないこと

この二点を認めており、「科学的文献学のみによって、仏説か否かを解明しようとする者には、大乗経典は仏説とは認め難いかもしれません」などと、実質的な降伏宣言をしている。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(125)~科学的考証に基づく仏滅年代が「正」なら三大秘法や「戒壇の大本尊」の正統性は崩壊する

■検証125・日蓮正宗や創価学会が唱える日蓮出世の本懐論の欺瞞19

 

□科学的考証に基づく仏滅年代が「正」なら三大秘法や「戒壇の大本尊」の正統性は崩壊する

 

さらに日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主は、驚くべき大ウソの言い訳を重ねている。

----------------------------------------------------------------------

(日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主の妄説)

もちろん、大聖人の深い御本仏の御境界においては、『周書異記』に示されている仏滅に関する説が必ずしも真実ではないということは深く御承知であったと思います。

また、この仏滅年代という問題は五綱教判の時綱に当たり、薬王品の後五百歳ということも、大集経の五箇の五百歳ということも、その時の法門が経典に示されて説かれておるわけです。しかし、大聖人の化導の中心は三大秘法を建立あそばすというところにあるわけですから、教・機・時・国・教法流布の先後等の五綱教判は、その建立のための足場のようなものです。ですから建物が出来れば足場は外してしまうのと同様に、三大秘法が建立されたならば、そのあとも五綱に執われてしまっていては駄目なのです。

 (1991(平成3)8月・大石寺大講堂「全国教師講習会」の法主講義・日蓮正宗宗務院機関誌『大日蓮』第548号より)

--------------------------------------------------------------

日蓮の全遺文(御書)のどこを探しても「『周書異記』の仏滅年代は間違っている」とか「『周書異記』の仏滅年代は信用できない」との記述は全く存在しない。それどころか、日蓮は『周書異記』の仏滅年代を「正」として、『周書異記』の仏滅年代が「正」であることを前提として、ありとあらゆる教義を組み立てているのである。『周書異記』の仏滅年代が「誤」で、科学的考証に基づく仏滅年代が「正」ということあるになると、日蓮在世の時代が仏滅後2000年以上を経過した「末法」ではなく「像法」だったということになるわけで、「末法」であることを前提にしている日蓮の教義そのものが崩壊してしまうことになる。日蓮が、『周書異記』の仏滅年代を否定するということは、自らの教義を否定するようなもので、日蓮がそんなことをするはずがない。したがって「『周書異記』に示されている仏滅に関する説が必ずしも真実ではないということは深く御承知であった」などというのは、大石寺67世阿部日顕の詭弁にすぎない。それから大石寺67世阿部日顕は、三大秘法を盾にとって日蓮正宗の教義の正統化を計ろうとしているが、その三大秘法とて、日蓮在世の時代が仏滅後2000年以上を経過した「末法」であることを前提にしていることに変わりはない。日蓮正宗は、建前上は、三大秘法とは、日蓮の教義の根幹であるとして、仏教思想の延長線上の、日蓮の教義の中のことであるという位置づけをしているからである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(124)~仏滅とは「滅不滅の仏を表したもの」などと大ウソの言い訳をする大石寺67世阿部日顕

■検証124・日蓮正宗や創価学会が唱える日蓮出世の本懐論の欺瞞18

 

□仏滅とは「滅不滅の仏を表したもの」などと大ウソの言い訳をする大石寺67世阿部日顕

 

科学考証に基づく歴史学説としての仏滅年代を「正」と認めざるを得なくなった大石寺67世阿部日顕法主だが、これでは「戒壇の大本尊」なる板本尊が後世の偽作であることが明らかになってしまうだけでなく、日蓮正宗の教義そのものが根幹から崩壊して全滅してしまうことになってしまう。

そこで大石寺67世阿部日顕は、不埒な言い訳を並べているのだが、窮地に立たされた大石寺67世阿部日顕は、何と本尊の「二千二百二十余年」「二千二百三十余年」の仏滅讃文の相伝からすでに解決済みであるとし、「仏滅」とは、釈迦牟尼の肉親の入滅したという意味ではなく、「永遠常住の滅不滅の入滅が本当の仏滅だ」などという、不埒な大ウソの説法で煙に巻こうとしているのである。該当する箇所を引用してみたい。

----------------------------------------------------------------------

(日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主の妄説)

「これは御本尊に関する相伝の上から、既に解決済みなのであります」

「ここで、改めて「仏滅」という語の意味を考えてみてください。仏滅というのは仏様が亡くなった年ということであります。そして、寿量品に説かれている仏様の姿は「非滅現滅 非生現生」です。「現有滅不滅」、すなわち滅を現じ、不滅を現じて、法・報・応三身の永遠常住の体と用を示されたということであります。すなわち、仏滅は通常、応身の滅であるが、法華円教の三身相即と、寿量品でその永遠常住の滅不滅を示す意味こそ、御本尊の示し給う妙法に共なる仏滅なのです。

 ですから、その寿量品を起点として算定された「仏滅後二千二百三十余年」を讃文に示されているということは、寿量品におけるところの滅不滅の意味においてお示しになったと拝さねばなりません。つまり、釈尊の肉身が滅したということよりも、むしろ肉身の元である三世常住の御本仏の滅不滅の上の仏滅年代であるということなのです。それを「二千二百三十余年」とお示しになったのです。」「この讃文は寿量品の仏の常住の仏身の上の御境界としての滅不滅をお示しになっていらっしゃるわけですから、釈尊が亡くなってから実際には千七百何年しか経っていないから、「仏滅後二千二百云云」と言うのは間違っている、などという議論は全く当てはまらないのです。」

つまり、肉身の釈尊の入滅からだけ算定すると、大聖人の仏滅讃文は、近年の科学的実証研究による仏滅年代と比較して、たしかに違っているのです。ところが「三十余年」というめどにおいて示された寿量品の仏から算定するならば、三世常住における仏身の滅不滅が基本になるのです。すなわち、大聖人の仏滅讃文は滅不滅の仏を表したものである故に、近代研究における事実上の釈尊肉身の仏滅年代に影響されるということは絶対にないのであります。しかし、大聖人様が敢えて「二千二百」という数をお示しになったのは、当時の仏教界の仏滅年代の定説でありましたから、それに応じて化導をあそばされたという意味があるのです」

(1991(平成3)8月・大石寺大講堂「全国教師講習会」の法主講義・日蓮正宗宗務院機関誌『大日蓮』第548号より)

--------------------------------------------------------------

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ