アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

謀略法華講員・樋田昌志の妄説を斬る

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

樋田昌志を斬る(5)~「富士一跡門徒御存事」の文は大石寺に「戒壇の大本尊」が存在した証明ではない

■論破5日蓮・日興~8世法主日影の代に「戒壇の大本尊」は存在していなかった1

 

□「富士一跡門徒御存事」の文は大石寺に「戒壇の大本尊」が存在した証明ではない

 

1309年(延慶2年)、日興の命により重須学頭・寂仙房日澄が起草した文書「富士一跡門徒存知事」に、本尊について触れた箇所があるが、そこには次のように書かれている。

 

「日興が云く、聖人御立の法門に於ては全く絵像・木像の仏・菩薩を以て本尊と為さず。唯御書の意に任せて、妙法蓮華経の五字を以て本尊と為すべし。即ち自筆の本尊是れなり」

「日興が云く、此の御筆の御本尊は是れ一閻浮提に未だ流布せず。正像末に未だ弘通せざる本尊なり。然れば則ち日興門徒の所持の輩に於ては左右無く子孫にも譲り、弟子等にも付嘱すべからず。同一所に安置し奉り、六人一同に守護し奉るべし。是れ偏に広宣流布の時・本化国主御尋ね有らん期まで深く敬重し奉るべし。

(『富士一跡門徒御存事』平成新編御書全集p18711872)

 

「『本門戒壇の大御本尊』日蓮造立を証明する文証はない」と追及を受け続けている法華講員が、御書全集をひもといて、何が何でも『本門戒壇の大御本尊』日蓮造立を証明する文証に仕立て上げようとして、ありとあらゆる日蓮遺文(御書)の文を『本門戒壇の大御本尊』日蓮造立を証明する文証に、こじつけようとしている。

最近では、洗脳法華講員・樋田昌志なる者が、自らの「とよだテレビ」なるホームページに立ち上げた、「戒壇の大御本尊を否定する輩を斬る」と題する項目で、この『富士一跡門徒御存事』の文が『本門戒壇の大御本尊』日蓮造立を証明する文証であるなどという、前代未聞の「こじつけ教学」を展開している。しかし、樋田昌志なる者の妄説は、ただの見苦しい、「こじつけ」に過ぎない。

『富士一跡門徒御存事』によると、日興は、日蓮の法門では、日蓮自筆の大漫荼羅を本尊とするのである。日興の弟子や信者にも、日蓮自筆の本尊を所持している者がいるが、その者が死亡しても本尊を附属したり相続してはならない。大石寺に納めて六老僧が一致して守護していくべきであり、広宣流布の日まで厳重に格蔵すべきである、と弟子や信者に指南している。

これは、日興の弟子や信者が日蓮から授与されて、自宅に祀っている日蓮自筆の本尊についてである。もちろん、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊のことではない。

日蓮正宗の「『本門戒壇の大御本尊』日蓮真造説」によると、「戒壇の大本尊」なる板本尊は、僧侶や信者が祀っている個人授与の本尊の根本の本尊ということである。

日興は、日蓮が弟子の僧侶や信者へ授与した本尊について、「同一所に安置し奉り、六人一同に守護し奉るべし」とか「深く敬重し奉るべし」というふうに、ここまで厳重に指南している。

それならば、これらの根本の本尊である?「戒壇の大本尊」なる板本尊が実在していれば、これ以上に、弟子の僧侶や信者に対して、「守護すべきである」という指南をしたはずである。

2祖日興1 

続きを読む

樋田昌志を斬る(4)~日蓮は「一閻浮提第一の本尊」を建立することなく入滅した2

■論破4・日蓮遺文「聖人御難事」は日蓮が出世の本懐を顕す「出世の本懐抄」ではない4

 

□日蓮は「一閻浮提第一の本尊」を建立することなく入滅した2

 

日蓮正宗の信者は、日蓮の予言を「戒壇の大本尊」なる板本尊に結びつけて、「戒壇の大本尊」偽作説に反論したいようなのだが、ことごとく論理的矛盾に陥っている。

法華講員・樋田昌志も

「日蓮大聖人は、『三大秘法抄』で、広宣流布の暁の戒壇の相を明確にお遺しになっている。にもかかわらず、大聖人が、広宣流布の暁に建立する戒壇に御安置する戒壇の大御本尊を建立されないまま、御入滅されるということはあり得ない。」

などと極めて矛盾したことを言っている。「三大秘法抄」そのものが、大石寺の「戒壇の大本尊」とは全くの無関係であり、「三大秘法抄」の中で広宣流布の暁に建てよと遺命した戒壇は、大石寺の「戒壇の大本尊」とは全くの無関係である。

日蓮が1273(文永10)年、52才のときに富木常忍に与えた遺文(御書)「観心本尊抄」の文

「此の釈に『闘諍の時』云々。今の自界叛逆・西海浸逼の二難を指すなり。此の時地涌千界出現して、本門の釈尊の脇士と為る一閻浮提第一の本尊、此の国に立つべし。月支・震旦に未だ此の本尊有さず」(観心本尊抄)

にある「一閻浮提第一の本尊」とは、日蓮正宗の信者に言わせると、これは大石寺の「戒壇の大本尊」だということになるが、これは重大な誤り。日蓮遺文「観心本尊抄」の「一閻浮提第一の本尊」とは大石寺の「戒壇の大本尊」ではない。日蓮は「一閻浮提第一の本尊」を造立しないまま、入滅したのである。

そもそも日蓮の予言は、簡単にいってしまうと 「邪教を捨てて法華経を信じないと、外国から侵略を受けて日本が滅びるぞ」 ということであった。

しかし鎌倉幕府は、日蓮の三度の「諫暁」にも関わらず、日蓮には帰依せず、今まで帰依していた信仰も捨てなかった。 それならば、日蓮の予言からすると、日本は元寇によって完全に滅亡してしまうか、それでなくても滅亡寸前の壊滅的な打撃を受けていなくてはならない。

ところが、元は「文永の役」も「弘安の役」も、二度とも暴風雨にあって敗退して行った。鎌倉幕府が、日蓮や法華経に帰依しなかったのに、「神風?」が吹いて日本は国難を免れたのである。

日蓮の予言が正しいとか当たったというのなら、日蓮に帰依していない日本に「神風?」は吹いてはならず、元は敗退してはならないということになる。 つまり日蓮の予言は、「外国が攻めてくる」ところまでは確かに当たったが、「日本は滅亡する」というのは、ハズレたのである。

戒壇大本尊1大正4年由井本1 

続きを読む

樋田昌志を斬る(3)~日蓮は「一閻浮提第一の本尊」を建立することなく入滅した1

■論破3・日蓮遺文「聖人御難事」は日蓮が出世の本懐を顕す「出世の本懐抄」ではない3

 

□日蓮は「一閻浮提第一の本尊」を建立することなく入滅した1

-------------------------------------------------------------

(法華講員・樋田昌志の妄説)

日蓮大聖人は、「三大秘法抄」で、広宣流布の暁の戒壇の相を明確にお遺しになっている。にもかかわらず、大聖人が、広宣流布の暁に建立する戒壇に御安置する戒壇の大御本尊を建立されないまま、御入滅されるということはあり得ない。

(樋田昌志がユーチューブにUPした映像『三大秘法抄の御文からしても戒壇本尊をお遺しくださらない筈はない』より)

---------------------------------------------------------------

樋田昌志なる法華講員の妄説の第一の誤りは、最初から「戒壇の大本尊ありき」で論じて、何でも「戒壇の大本尊」にこじつけようとすること。これも、そのひとつである。

第二の誤りは、「日蓮の一大秘法は戒壇の大本尊である」という前提で論じていること。これが最大の誤りであり、誤謬である。

日蓮の説き明かした仏法とは「南無妙法蓮華経を唱えれば貴賤道俗の差別なく、一切衆生が成仏する」というものであって、題目、本尊、戒壇の中では、題目が根本、中心である。日蓮は、遺文(御書)のどこにも、本尊が根本だとか、戒壇の本尊が根本だとかなどとは一言も言っていない。

したがって、題目中心の三大秘法から論じれば、南無妙法蓮華経の題目が広宣流布した暁に、戒壇と戒壇に祀る本尊が建立されるのであり、その戒壇に祀られる本尊とは、日蓮が説き明かす

「五百塵点の当初より以来、此土有縁深厚・本有無作三身の教主釈尊」なのであって、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊ではないのである。

 

「三大秘法抄」とは、日蓮が将来の「事の戒壇」建立を弟子たちに遺命したとされる遺文である。この書そのものに、疑義が呈されているのであるが、ここでは一応、「真書」と仮定して論を進める。

「三大秘法抄」では、「事の戒壇」に祀るべき三大秘法の本尊について、次のように定義している。

「戒壇とは、王法仏法に冥じ、仏法王法に合して、王臣一同に本門の三秘密の法を持ちて、有徳王・覚徳比丘の其の乃往を末法濁悪の未来に移さん時、勅宣並びに御教書を申し下して、霊山浄土に似たらん最勝の地を尋ねて戒壇を建立すべき者か。時を待つべきのみ。事の戒法と申すは是なり」(平成新編御書全集p1595)

--戒壇とは、王法(政治)と仏法が冥合して、天皇から万民に至るまで、本門の三大秘法の仏法を持ち、有徳王・覚徳比丘の其の乃往を今の末法の世に移したような時代が到来した時、勅宣並びに御教書を授かって、釈迦如来在世の霊山浄土に似たような最勝の地に戒壇を建立すべきである。その広宣流布の時を待つべきである。これが事の戒壇である--

戒壇大本尊1大正4年由井本1 

続きを読む

樋田昌志を斬る(2)~大石寺56世日応以前に「聖人御難事」日蓮出世の本懐説は存在しなかった

■論破2・日蓮遺文「聖人御難事」は日蓮が出世の本懐を顕す「出世の本懐抄」ではない2

 

□大石寺56世日応以前に「聖人御難事」日蓮出世の本懐説は存在しなかった

----------------------------------------------------------

(日蓮正宗法華講妙相寺支部・樋田昌志なる者の妄説)

戒壇の大御本尊は秘仏で日興上人ただお一人に相伝された御本尊だ。大聖人が在家に授与した「聖人御難事」に、おおっぴらに戒壇の大御本尊のことを書くわけがない。戒壇の大御本尊のことを、ほのめかしているのだ。 だから、難のことに言及された文で、戒壇の大御本尊のことをオブラートに包んだ言い方になっているだけ。だから、難に言及した部分をカットして読むべきなのだ。

文法的に言っても、そのように読める。読めないのは中学校時代の国語の成績が悪かったからだ。 (樋田昌志なる者が出している破折?DVD映像より)

------------------------------------------------------------

日蓮の遺文「聖人御難事」の中に、大石寺の「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊について「おおっぴらに?」書いてないのは、そもそも、そういった本尊が存在していないし、造立もされていないからで、日蓮がオブラートに包んだ言い方をしているからではない。

「難に言及した部分をカットして読む」などと言っているのは、「聖人御難事」の文の

「仏は四十余年、天台大師は三十余年、伝教大師は二十余年に、出世の本懐を遂げ給ふ。其の中の大難申す計りなし。先々に申すがごとし。余は二十七年なり。其の間の大難は各々かつしろしめせり」 (大石寺版『平成新編日蓮大聖人御書』p1396

の「其の中の大難申す計りなし。先々に申すがごとし。」と「其の間の大難は各々かつしろしめせり」をカットして読むと言っているのである。 そうすることによって「仏は四十余年、天台大師は三十余年、伝教大師は二十余年に、出世の本懐を遂げ給ふ。余は二十七年なり」というふうに、無理にでも「出世の本懐」に、こじつけて読もうとしているのである。 こんなひどい「聖人御難事」の解釈は、日蓮正宗の法主ですら言っていない。デタラメも余りあるものだ。

こういうのを見ていると、道理を無視してでも何をしてでも、何がなんでも「聖人御難事」を「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊にこじつけようとする日蓮正宗の信者の謀略と言わざるを得なくなる。

しかもこの文は「文法的に言っても、そのように読める」「読めないのは中学校時代の国語の成績が悪かったから」などというのは、さらにひどい。こんなひどい読み方をする文法?が、一体、どこにあるのか。 こじつけを言うのもいい加減にしろ、と言いたくなる。

戒壇大本尊1大正4年由井本1 

続きを読む

樋田昌志を斬る(1)~日蓮遺文「聖人御難事」と日蓮・出世の本懐は全くの無関係である

■論破1・日蓮遺文「聖人御難事」は日蓮が出世の本懐を顕す「出世の本懐抄」ではない1

 

□日蓮遺文「聖人御難事」と日蓮・出世の本懐は全くの無関係である

 

------------------------------------------------------------

(日蓮正宗法華講妙相寺支部・樋田昌志なる者の妄説)

「聖人御難事」の文は「仏は四十余年、天台大師は三十余年、伝教大師は二十余年に、出世の本懐を遂げ給ふ」で一回切れているのだ。そしてこれは「余は二十七年なり」につながっている。

「余は二十七年なり」を法難にかこつけるのは他門流の定石。「聖人御難事」という題名がついてはいるが、これは本来は「出世の本懐抄」と言うべき御書だ。

(樋田昌志が出している破折DVD映像)

-------------------------------------------------------------

日蓮の遺文の中の文を勝手に切ったり、つなげたりして都合よく解釈しているのは、日蓮正宗の信者のほうである。しかも、日蓮の出世の本懐とは何の関係もない遺文を引っ張りだしてきて、名前も「出世の本懐抄」だ、などと勝手に変えようとしている?に至っては、呆れてしまう。

日蓮遺文「聖人御難事」は、日蓮の出世の本懐を顕すことを表明した遺文ではない。こういう解釈は、とんでもない誤った解釈である。「聖人御難事」と日蓮・出世の本懐は全くの無関係である。

「聖人御難事」は日蓮が弘安二年十月一日の作であるから、弘安二年十月十二日の「戒壇の大本尊」の文証としての資格は全くない。日蓮が執筆した「聖人御難事」の内容の主文は、日蓮が立宗宣言してから二十七年間の、さまざまな受難について述べているものであり、例えば次のような文がつづいている。

「況滅度後の大難は竜樹・天親・天台・伝教いまだ値ひ給はず。法華経の行者ならずといわばいかでか行者にてをはせざるべき。又行者といはんとすれば仏のごとく身より血をあやされず、何に況んや仏に過ぎたる大難なし。経文むなしきがごとし。仏説すでに大虚妄となりぬ」

「而るに日蓮二十七年が間、弘長元年辛酉五月十二日には伊豆国へ流罪、文永元年甲子十一月十一日頭に傷を蒙り左の手を打ち折らる。同じき文永八年辛未九月十二日佐渡国に配流、又頭の座に望む。其の外に弟子を殺され、切られ、追ひ出され、過料等かずをしらず。仏の大難には及ぶか勝れたるか其れは知らず。竜樹・天親・天台・伝教は余に肩を並べがたし。日蓮末法に出でずば仏は大妄語の人、多宝・十方の諸仏は大虚妄の証明なり。仏滅後二千二百三十余年が間、一閻浮提の内に仏の御言を助けたる人但日蓮一人なり」(聖人御難事)

 

このように日蓮が年限を入れた受難の文々は他の遺文にもいろいろとある。 「余は二十七年なり」の前後の文脈を見ても、日蓮は、自らの受難や自分が末法に出て難を受けなかったら釈迦牟尼の経文がみな虚妄になってしまうなど、ということについて述べているのである。 したがって「聖人御難事」における「余は二十七年なり」とは、日蓮正宗がいうような「日蓮は二十七年目に出世の本懐を遂げた」という意味ではなく、 「日蓮は二十七年が間、受難の連続であった。このことはすでに各々も御存知のことである」 という意味であること明らかだ。

戒壇大本尊1大正4年由井本1 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ