アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺59世堀日亨は本心では偽作説を支持していた

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

血脈相承は9世日有の偽作だ(25)~大石寺59世法主を歴任したため戒壇大本尊・相伝書偽作説支持を公然と言えなかった堀日亨

■検証25・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない18

 

□「日本のダビンチ・コード」のミステリー・大石寺59世堀日亨の「偽作説支持」の隠れた本心

 

日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨は、本心では「戒壇の大本尊」なる板本尊、「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「本因妙抄」偽作説を支持していたが、もちろん公式に「偽作説が正しい」と正式に宣言しているわけではない。堀日亨は、膨大な自らの著書や編纂した文献の頭注などにまぜて、自らの「本心」をところどころに織りまぜるという形で表明している。

これはまさに「日本のダビンチ・コード」とも言うべきミステリーである。

レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「最後の晩餐」には、イエス・キリストはマグダラのマリアと結婚しており、磔にされた時、彼女はキリストの子供を身ごもっていた、という暗号(コード)が含まれているとした2006年の大ヒット映画「ダビンチ・コード」は、あまりにも有名になった。

この「堀日亨の隠れた本心」とは、まさに映画「ダビンチ・コード」の日蓮正宗版である。

「ダビンチ・コード」の原作で著者は「この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する記述は、すべて事実に基づいている」と述べ、映画「ダビンチ・コード」の製作者は「今世紀最大の話題作」だとしているが、当然、これはフィクションである。イエスの婚姻関係および子供に関しての確たる証拠はなく、現在も研究は続いているものの、史料が根本的に不足しているのであり、学術的かつ客観的結論を得るのはまず不可能であるのが現状である。

しかし大石寺59世堀日亨の場合は、史料不足どころか、膨大な史料が残っており、そのところどころに、堀日亨の隠れた本心が顕れている。これはフィクションでも何でもない、事実である。

「堀日亨の隠れた本心」の場合は、堀日亨独特の暗号・パズルのようになっているようで、これが実に面白い。その堀日亨の隠れた本心を記した暗号・パズルとは、「富士宗学要集」1巻に書き残した、「百六箇抄」「本因妙抄」等々のいわゆる「相伝書」の一部の文は、日蓮以降100200年くらいの間に加筆されたとする「部分後加説」であり、「富士宗学要集」全般にわたって堀日亨が書き記した頭注。あるいは著書「富士日興上人詳伝」で、身延離山の日興の荷物の中に「戒壇の大本尊」なる板本尊があったかどうかについては「研究の余地が存ずる」と言っていること。

「延山(身延山久遠寺のこと)の常住物は何一つ持ち出していない」「とうぜんのことである」とまで言っていること。そして「戒壇の大本尊」大石寺9世日有偽作の文献的証拠である「新池抄聞書」を、「富士宗学要集」には収録しなかったが、著書「富士日興上人詳伝」に収録していること等である。日蓮正宗大石寺法主を経験した堀日亨が、日蓮正宗の根幹である「戒壇の大本尊」なる板本尊やさまざまな「相伝書」と言われる文書を否定するかのような記述を、なぜあえて残したのか。

それはまさに堀日亨が、本心では「戒壇の大本尊」なる板本尊、「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「本因妙抄」偽作説を支持していたからに他ならないからではないか。

 

続きを読む

血脈相承は9世日有の偽作だ(24)~堀日亨は本心では「戒壇大本尊」「二箇相承」偽作説を支持していた

■検証24・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない17

 

□自らの研鑽・行脚・調査で戒壇大本尊・二箇相承・血脈相承が後世の偽作だと気づいた堀日亨

 

それにしても、なぜ日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨が、自らの著書の中で、「戒壇の大本尊」なる板本尊や「二箇相承」をはじめとする、さまざまな「相伝書」と言われる文書を否定するかのような記述をあえて残したのか、という疑問が湧いてくる。堀日亨は、身延離山の日興の荷物の中に「戒壇の大本尊」があったかどうかについては「研究の余地が存ずる」と言っているだけではなく、

「延山(身延山久遠寺のこと)の常住物は何一つ持ち出していない」「とうぜんのことである」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の著書「富士日興上人詳伝」p212より)とまで言っているのである。


原殿抄の末文にある如く延山の常住物は何一つ持ち出していない
 

「百六箇抄」「本因妙抄」などの「相伝書」と言われている文書の「部分後加説」も、日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の「隠れた本心」が現れているところのひとつである。

「百六箇抄」「本因妙抄」などの「相伝書」も、さまざまな矛盾や史実と相違する内容を包含しており、日蓮宗をはじめ、さまざまな方面から「後世の偽書ではないか」と指摘されていた。 これらに対して堀日亨が、「全文が日蓮の書いた文というわけではなく、部分的に後世の者が書き加えた箇所がある」などという、前代未聞の「部分後加論」なるものを唱えて言い訳をした。堀日亨としては他門・日蓮宗などの「偽書論」をほぼ認める形で、「富士宗学要集」に「一校を加へ後加と見ゆる分には一線を引く」として「部分後加説」を唱えた。平たくいうと、堀日亨としても偽書と認めざるを得ないんだけども、日蓮正宗大石寺法主を歴任している立場的には「偽書論」を全面的に認めるわけにいかないので、苦し紛れに「部分後加説」を唱えたということである。

堀日亨は自らの著書の中でこう言っている。

「後世の五老門下の多分は・・・百六・本因の両相伝書をまた偽書といっておる。ただし、ぜんぜん偽書というに理由のないことでもない。それは、本因・百六の御相伝の現文が、反対者を圧伏するにたらざるところを補うた後人の註釈が、かえって他門より攻撃の基となっておる。それは高妙な道理より、むしろ平凡な史実がしかりである辺もある」(大石寺59世堀日亨の著書「富士日興上人詳伝」p434435)


後世の五老門下の多分は百六・本因の両相伝書をまた偽書
 

つまり堀日亨に言わせると「たらざるところを補うた後人の註釈」が、他宗・他門より偽書だと批判されているのだ、などと苦しい言い訳をして、全文を載せた「富士宗学要集」で堀日亨は、その「後人の註釈」の箇所に一線・二線を引いて、次のような解説を加えている。

「又後加と見ゆる分の中に義に於いて支吾なき所には一線を引き、疑義ある所には二線を引いて、読者の注意を促がす便とせり」(堀日亨編纂「富士宗学要集第1巻」p25)


百六箇抄1


百六箇抄2


百六箇抄3


百六箇抄4


百六箇抄5


百六箇抄6(富士山本門寺本堂)


百六箇抄7(日興嫡嫡相承本堂正本尊)


百六箇抄8(十万貫・日目大導師)


百六箇抄9(末文)

 

(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』1巻に載っている「百六箇抄」)

 

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(3)~大石寺59世堀日亨によって一般公開された「百六箇抄」

■検証3・日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨によって一般公開された「百六箇抄」

 

□富士門流秘伝書「百六箇抄」「本因妙抄」が一般公開された経緯についての松岡幹夫氏の説

 

元日蓮正宗僧侶・松岡幹夫氏が著書「日蓮正宗の神話」の中で、「百六箇抄」「本因妙抄」が公開された経緯について、次のように記している。

「日寛以降の大石寺門流に関しては、六巻抄が長らく貫主直伝の秘書とされてきた、という問題もある。48世日量の日寛伝によると、日寛自身、六巻抄の再治をすべて終え、学頭の日詳(後の28)にそれを授与する際に『尤も秘蔵すべし尤も秘蔵すべし』と指示したという(富要5-356)

…明治42(1909)年に発刊された身延の祖山学院編『本尊論資料』の中には『御本尊七箇大相承』が収録され、初めて出版公開された。この『御本尊七箇大相承』の内容は、日寛の時代の石門では、貫主以外に見ることが許されない唯授一人相承の文献だった」

(松岡幹夫氏の著書『日蓮正宗の神話』p174)

「堀慈琳(後の日亨)の協力を得て大正14(1925)年に出版された『日蓮宗宗学全書』第二巻においては、『本因妙抄』『百六箇抄』が初公開されている。昭和期になると、堀自らも大石寺門流の立場に配慮した相伝書の出版公開を手がけていく。昭和11(1936)12月、日亨編『富士宗学要集 相伝信条部』が謄写印刷で発刊され、『御本尊七箇相承』(『本尊論資料』所蔵の『御本尊七箇大相承』と細部の表現や形式は異なるが内容的には同じもり)、『本尊三度相伝』『本因妙抄』『百六箇抄』等の興門の主要な相伝書がことごとく編録された。」

(松岡幹夫氏の著書『日蓮正宗の神話』p175)

「時代性や堀日亨の尽力により、富士門流の秘伝書が次々と活字化され、日寛の六巻抄及び御書文段等も出版公開されたことは、まさしく金口相承の三大秘法義の理論的開示に必要な外的条件が整ったことを意味していよう。戦前の宗内事情に詳しい竹尾清澄は『僧侶でも六巻抄を所持される方は極めて少数に限られ、勿論印刷されたものはなく、師から弟子に転写されたものであった。産湯相承、本尊七箇の口伝の如きは唯授一人のものと称せられ、その公表はまさに驚倒に値する』『富士宗学要集の公表は闇中の巨灯であった』などと述べ、戦前において富士門の秘書が出版公開されたことの意義を力説している。とはいえ、日亨が戦前に発刊したガリ版の『富士宗学要集』は部数も限られ、ごく一部の僧俗が購入しただけで、広く世間に知れ渡るにはほど遠い状況であった。」

(松岡幹夫氏の著書『日蓮正宗の神話』p176)

「日亨は戦後、創価学会の戸田城聖・第二代会長の後援を得て『富士宗学要集』の改訂増補に取り組み、昭和32(1957)年の逝去までに八巻分を刊行、残りの二巻は日亨の一周忌を期して翌年に発刊された。また日亨は創価学会版の『日蓮大聖人御書全集』の編纂にも携わり、その中に『本因妙抄』『百六箇抄』『御義口伝』『産湯相承事』等の富士門流の相伝書を加えて発刊した。こうした結果、日寛の六巻抄や御書文段、門流秘伝の相伝書等は、初めて一般の在家信徒の目にも触れるようになった。」

(松岡幹夫氏の著書『日蓮正宗の神話』p177)

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(2)~「百六箇抄」は偽書と実質的に認めていた日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨

■検証2・「百六箇抄」は偽書と実質的に認めていた日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨

 

□「百六箇抄・大石寺9世日有偽作」を隠蔽するために堀日亨が唱えた「部分的後加説」

 

それでは「百六箇抄」の真偽を検証するに当たって、日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の欺瞞的な一線・二線引きの解釈そのものの検証からはじめなくてはならない。堀日亨は、なぜこんなまどろっこしいことを言ったのか。

「百六箇抄」「本因妙抄」などの「相伝書」も、さまざまな矛盾や史実と相違する内容を包含しており、日蓮宗をはじめ、さまざまな方面から「後世の偽書ではないか」と指摘されていた。これらに対して日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨が「全文が日蓮の書いた文というわけではなく、部分的に後世の者が書き加えた箇所がある」などという、前代未聞の「部分的後加説」なるものを唱えて言い訳をした。つまり堀日亨としては他門・日蓮宗などによる「百六箇抄・偽書説」をほぼ認める形で、「富士宗学要集」に「一校を加へ後加と見ゆる分には一線を引く」として「部分的後加説」を唱えた。

平たくいうと、堀日亨としても偽書と認めざるを得ないんだけども、日蓮正宗大石寺法主を歴任している立場的には「偽書論」を全面的に認めるわけにいかないので、苦し紛れに「部分後加論」を唱えたということである。 堀日亨は自らの著書の中でこう言っている。

「『三大秘法抄』に本門戒壇の重要最難の事項があるためか、後世の五老門下の多分は偽書と称しており、百六・本因の両相伝書をまた偽書といっておる。ただし、ぜんぜん偽書というに理由のないことでもない。それは、本因・百六の御相伝の現文が、反対者を圧伏するにたらざるところを補うた後人の註釈が、かえって他門より攻撃の基となっておる。それは高妙な道理より、むしろ平凡な史実がしかりである辺もある。また二箇相承の破文に『本門寺戒壇』の本門寺の寺号を、宗祖御在世に本門寺なし、重須の本門寺は御滅後十余年後に建立せられた史実により、形もない本門寺に戒壇を建つべしと仰せあるべきでなく、まったく富士一流の偽文書というのが、主要なまた多数者の難点である。これもまた、一応、ごもっとものことで、畢竟、富士のある方面人がみずから招いた禍(わざわい)で、いたし方もあるまい。」(堀日亨の著書「富士日興上人詳伝・下」p268)

下・百六本因偽書容認
 

つまり堀日亨に言わせると「たらざるところを補うた後人の註釈」が、他宗・他門より偽書だと批判されているのだ、などと苦しい言い訳をして、全文を載せた「富士宗学要集」で堀日亨は、その「後人の註釈」の箇所に一線・二線を引いて、次のような解説を加えている。

「又後加と見ゆる分の中に義に於いて支吾なき所には一線を引き、疑義ある所には二線を引いて、読者の注意を促がす便とせり」(堀日亨編纂「富士宗学要集第1巻」p25)

堀日亨は「後加」「後人の註釈」だけども、日蓮正宗にとって都合が悪くない部分には一線、日蓮正宗にとって都合が悪い部分には二線を引くというふうに振り分けをした。そして線を引かなかった箇所と、一線を引いた箇所を、あたかも日蓮真筆であるかのように「御書全集」に掲載しているのである。日蓮正宗大石寺67世阿部日顕が編纂した「大石寺版・平成新編日蓮大聖人御書全集」も、大石寺59世堀日亨の編纂をそのまま踏襲したものになっている。

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(1)~日蓮正宗「大石寺版御書全集」に載っている「百六箇抄」の欺瞞的なカラクリを暴く

■検証1・日蓮正宗「大石寺版御書全集」に載っている「百六箇抄」の欺瞞的なカラクリ

 

□百六箇抄が後世の偽書である証拠の文を削除して御書全集に載せている日蓮正宗大石寺

 

この「百六箇抄」は日蓮正宗や創価学会、顕正会などの信者が持っている大石寺版「御書全集」に収録されているものだが、そこには、とんでもない欺瞞的なカラクリがあることを、日蓮正宗や創価学会、顕正会などの信者の人たちは知っているのだろうか?

実は「御書全集」に収録されている「百六箇抄」は、その全文が収録されているのではなく、後世の偽作である馬脚が出ている箇所を削除し、日蓮正宗、創価学会、顕正会などにとって都合のいい箇所だけを載せているのである。

「では百六箇抄の全文は?」というと、それは日蓮正宗大石寺59世堀日亨が編纂した「富士宗学要集第1巻・相伝信条部」に載っている。創価学会員が使っている「御書全集」も堀日亨が編纂したものなのだが、堀日亨は「富士宗学要集」には全文を載せて、「御書全集」には都合のよいところだけを載せている。

これはどういうことかというと、日蓮正宗は、他宗派の僧侶や学者らから「百六箇抄は偽書だ」と鋭い追及を受け続けていた。それらの批判・追及にとうとう日蓮正宗が抗しきれなくなり、ついに大石寺59世堀日亨が、「部分的に偽作だ」というところまでは認めざるをえなくなった。堀日亨は自らの著書の中でこう言っている。

「『三大秘法抄』に本門戒壇の重要最難の事項があるためか、後世の五老門下の多分は偽書と称しており、百六・本因の両相伝書をまた偽書といっておる。ただし、ぜんぜん偽書というに理由のないことでもない。それは、本因・百六の御相伝の現文が、反対者を圧伏するにたらざるところを補うた後人の註釈が、かえって他門より攻撃の基となっておる。それは高妙な道理より、むしろ平凡な史実がしかりである辺もある。また二箇相承の破文に『本門寺戒壇』の本門寺の寺号を、宗祖御在世に本門寺なし、重須の本門寺は御滅後十余年後に建立せられた史実により、形もない本門寺に戒壇を建つべしと仰せあるべきでなく、まったく富士一流の偽文書というのが、主要なまた多数者の難点である。これもまた、一応、ごもっとものことで、畢竟、富士のある方面人がみずから招いた禍(わざわい)で、いたし方もあるまい。」(堀日亨の著書「富士日興上人詳伝・下」p268)

下・百六本因偽書容認
 

つまり堀日亨に言わせると「たらざるところを補うた後人の註釈」が、他宗・他門より偽書だと批判されているのだ、などと苦しい言い訳をして、全文を載せた「富士宗学要集」で堀日亨は、その「後人の註釈」の箇所に一線・二線を引いて、次のような解説を加えている。

「又後加と見ゆる分の中に義に於いて支吾なき所には一線を引き、疑義ある所には二線を引いて、読者の注意を促がす便とせり」(堀日亨編纂「富士宗学要集第1巻」25ページ)

百六箇抄9(末文)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ