アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺65世法主・堀米日淳の妄説を斬る

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

二箇相承は9世日有の偽作だ(16)~日蓮遷化記録の「定」と二箇相承の矛盾をごまかす大石寺65世日淳の妄説を斬る2

■検証16・日蓮が定めた本弟子六人(六老僧)の「定」と矛盾する「二箇相承」4

 

□日蓮遷化記録の「定」と二箇相承の矛盾をごまかす大石寺65世日淳の妄説を斬る2

 

(日蓮正宗の妄説)

「うちこしうちこし直(ぢき)の御弟子と申す輩(やから)が、聖人の御ときも候しあひだ、本弟子六人を定めをかれて候。その弟子の教化の弟子は、それをその弟子なりと言はせんずるためにて候」(日興筆『佐渡国法華講衆等御返事』)

吾人(堀米日淳のこと)は、六老を定められた理由は『報佐渡国講衆書』(※『佐渡国法華講衆等御返事』)に仰せられた通りと拝する。勿論此の御手紙は弟子関係の乱れを防ぐためのものであるから特にかく仰せられたので、此の他に教団の中心たれとの思召しがあらせられたと拝することができる。(日蓮正宗大石寺65世法主堀米日淳『日淳上人全集』1268頁)

 本弟子6人が定められた真の理由は、各地の僧俗が本弟子を通じて大師匠である大聖人を拝していく、その師弟の筋目を明確にすることにあったのです。ですから、本弟子6人が定められたことと日興上人の付嘱とは、別問題であり、まして、入門の順番によって日興上人への付嘱が否定されることなど、絶対にありえないのであります。

(日蓮正宗謀略機関紙「慧妙」平成1761日号より)

 

堀米日淳も「慧妙」も、日興が信者に書いた消息文である「佐渡国法華講衆等御返事」を根拠に、日蓮が六老僧を定めた理由は、弟子関係の乱れを防ぐためのものであり、「だから『定』は、『二箇相承』とは矛盾しない」という反論をしてくるが、これは論理が全く逆である。

もし「二箇相承」が本当に存在していて、日蓮が弟子関係の乱れを防ぐために六老僧を定めたとすれば、日興は「佐渡国法華講衆等御返事」という名前の消息文の中で、こんな言い方をしなかったはずである。まず日興自身が日蓮から附法の後継者であることを宣言して、それから本弟子六人が定められたと言ったはずである。「二箇相承」が本当に実在していたのであれば、当然、そう言わなければ、おかしいではないか。

それが、日興が「唯授一人の附嘱」については一言も言わずに、日蓮が「本弟子六人を定め」たことだけを述べているのは、この「佐渡国法華講衆等御返事」という名前の消息文は、むしろ「二箇相承」なるものが存在していなかった証拠である。

日蓮正宗側は、ありとあらゆる古文書の文を、「二箇相承」が存在したことにしようと、なんとしても「二箇相承」に結びつけようとして、論理を組み立てようとしているようだが、これも同じである。

「佐渡国法華講衆等御返事」の文を、無理矢理にでもねじ曲げて解釈し、「二箇相承」があったことにしようとしているから、論理がひっくりかえっている。

日蓮正宗の、こんな「へそ曲がりな」解釈を信じて疑わないのは、日蓮正宗の信者だけだろう。

二箇相承3 

(1970年刊『仏教哲学大辞典』に載っている『二箇相承』

 

二箇相承は9世日有の偽作だ(15)~日蓮遷化記録の「定」と二箇相承の矛盾をごまかす大石寺65世日淳の妄説を斬る

■検証15・日蓮が定めた本弟子六人(六老僧)の「定」と矛盾する「二箇相承」3

 

□日蓮遷化記録の「定」と二箇相承の矛盾をごまかす大石寺65世日淳の妄説を斬る

 

-----------------------------------------------------------------------------

(日蓮正宗大石寺65世法主堀米日淳の妄説)

(日蓮は)六弟子を定めて法臘(ほうろう=僧になってからの年数)の順に記録なされたが、それは自ら順位を示すものである。然るに大聖人の思召しは平等にあらせられた故に、わざわざ「不次第」と御書入れがあつたと拝するが妥当であらう。しかし、もう1歩進んで考へると、「不次第」と仰せられしは上を抑えて下を上げてをると解釈できる。さすれば、次第不順で相違を法臘(ほうろう)以外に御認めなされたからといふべきである」

(日蓮正宗大石寺65世法主堀米日淳『日淳上人全集』p1268より)

-----------------------

日蓮が日興一人を唯一の後継法主として血脈を相承し、身延山久遠寺の別当に任命したとする「二箇相承」は、日蓮が六老僧を定めた「定」と矛盾するという指摘に対して、「矛盾しない」とする日蓮正宗側の代表的な弁明が、上記の日蓮正宗大石寺65世堀米日淳法主の弁解である。

「定」が書かれている「御遷化記録」という文書は、国の重要文化財に指定されているほどの古文書であり、日興の真筆が西山本門寺に格蔵されているので、日蓮正宗としてもこれを否定のしようがない。したがって、堀米日淳のような弁解になってしまうようだが、まことにもって苦しい弁解といわざるを得ないだろう。 と言うか、日蓮正宗側の弁解は、まるで弁解になっていないものである。

ここの最大の論点は、日興が日蓮から血脈付法の弟子であると指名されたならば、その付法は日蓮一期弘法付嘱書によれば、すでに1282(弘安5)9月に行われているのであることからして、「定」の序列を「不次第」とする必要は全くなく、日興は序列の最上位に置かねばならないはずである。 又、敢えて「定」の序列を「不次第」とするのであれば、日興を最上位にして、五老僧の序列を「不次第」とするものでなければ、おかしいのに、それがなされていないということである。

 

ただ日蓮正宗側の弁解を読むに当たって注意しなければならないのは、「不次第」という言葉について、日蓮正宗側の弁解の中で述べられている様々な「不次第」の解釈は、日蓮や日興の解釈などではなく、堀米日淳をはじめ、個人的に勝手な解釈をしているに過ぎないということ。

つまり日蓮正宗は、「不次第」の意味を、自分たちに都合のいいように、ねじ曲げて解釈しているだけなのである。 「不次第」という言葉は、「次第」を否定した言葉であるが、「古語辞典」によると「次第」の言葉の意味は、次のように書いてある。

(1)順序。正しい順序 (2)一部始終、由来。事情。(3)能楽用語。登場の囃子のひとつ。」

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(134)~「万年救護の本尊」など日蓮が日興に授与した本尊は他に存在している

■検証134・日蓮正宗や創価学会が唱える日蓮出世の本懐論の欺瞞28

 

□「万年救護本尊」など日蓮が日興に授与した本尊は他に存在している

 

--------------------------------------------------------

(日蓮正宗大石寺65世法主堀米日淳の妄説)

反問するに日興上人が身延山にましまして何を御本尊と遊ばされてをつたか。(中略)上人の御本尊が大曼荼羅にあらせられたことは否定し得ないところであらう。日円返条に「聖人の御本尊の入せ給ひて候御厨子(ずし)に仏造つて入れ進候はんと申して候しは云々」といふを見れば此れは誰れもが認めるところであらう。 然らばその御本尊を御離山に際し奉持遊ばされたとするに何んの不可があるであらうか。日興上人へ給はる御本尊を日興上人が御供申し上げるは理の当然である(日興上人へ給はるといふも此は大導師としての上人へ給はつたのである)。若しこの事実を認めるならば御板なると紙幅なるとは問題ではないが、御板でないといふならばその証拠を示すべきである。若しその証拠がなければ大石寺の伝ふる通りに信従してはどうか。

(日蓮正宗大石寺65世法主堀米日淳『日淳上人全集』p1320~)

----------------------------------------------------------

 

大石寺65世堀米日淳は、「聖人の御本尊」を何の根拠もなく、今の大石寺に格蔵されている「戒壇の大本尊」なる板本尊のことだと決めてかかっているが、日蓮が日興に授与した本尊は他に存在している。大石寺48世日量は、著書「富士大石寺明細誌」の中で

(文永11)十一月、蓮祖大漫荼羅を書して師(日興)に授与す。万年救護の本尊と号す。後、目師(日目)に相伝す。今房州妙本寺に在り」

(大石寺59世堀日亨編纂「富士宗学要集」5P319)

富士大石寺明細誌1
 

と、書いており、日蓮は日興に「万年救護の本尊」を授与したと言っている。 これについては、日蓮正宗富士学林が発行した「日蓮正宗富士年表」でも

1279年 弘安2年 ○日興に文永1112月の本尊(万年救護本尊)を賜る」(P45)

富士年表・弘安2年2
 

と書いており、日蓮が日興に「万年救護本尊」を授与したことは認めているではないか。 したがって、「万年救護本尊」も日蓮が日興に授与した本尊のひとつとして数えられるべきである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ