アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

戒壇大本尊・日禅授与本尊の図形は一致しない

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(249)~犀角独歩ブログの「戒壇大本尊」写真は犀角独歩氏の謀略写真か

■検証249・犀角独歩ブログの「戒壇の大本尊」写真は犀角独歩氏の謀略写真か

 

□犀角独歩ブログの「戒壇大本尊」写真は犀角独歩氏にウソがないという大前提が怪しい

 

さて、もうひとつ、「戒壇の大本尊のレプリカの写真ではないか」と大騒ぎになった写真がある。それが犀角独歩氏が主宰する「犀の角のように独り歩め」という意味不明な名前のブログに載っている「戒壇の大本尊」の写真である。

犀角独歩氏はブログの中で、この写真について「奉安堂で撮影された『戒壇の大本尊』の写真を大石寺関係者が提供してくれた」と自称している。さらに犀角独歩氏によれば、ブログにこの写真を載せたところ、大石寺と顕正会が「盗撮だ」と大騒ぎして、大石寺が犀角独歩氏に「いちゃもんをつけてきた」(犀角独歩氏)という。これは、2009年、私とメールでやりとりしたときにも、こんなことを犀角独歩氏が明かしていた。そして大石寺側が「盗撮だ」と大騒ぎしたことから、「大石寺がこれを奉安堂の『戒壇の大本尊』の写真だと認めた」と、犀角独歩氏は言い張っていた。確かに「盗撮だ」と大騒ぎしたことは、「間接的に大石寺がこれを奉安堂の『戒壇の大本尊』の写真だと認めた」ということにはなるかもしれないが、大石寺が「公認」したのと「間接的に認める」ことは、意味が違う。

しかも、この写真については、大石寺側と犀角独歩氏側の両方に「ウソ」「偽り」がない、ということが前提になっていなくてはならないが、この前提がどうも怪しい。

犀角独歩氏は「アンチ日蓮正宗」に居たときは、「大木道惠」の「アンチ日蓮正宗・乗っ取り工作」に大きく加担して追放になった人物。追放後、「犀角独歩」名のネットの法華談義を続行するが、次々とトラブルを巻き起こすトラブルメーカーと化しており、「仏教宗学研究会」により、富士山蓮華寺を雑草生え放題、庫裡を幽霊屋敷のまま長期間放置していたことや、さまざまなウソをついていたこと等が告発される。

大津蓮華寺(1)(7)

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/8061610.html

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/8062504.html

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/8063458.html

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/8065047.html

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/8126628.html

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/9191924.html

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/11043123.html

よって犀角独歩氏のブログに載っている「戒壇の大本尊」の写真は、由井一乗本、荒木清勇本、熊田葦城本に載っている大石寺公認の「戒壇の大本尊」写真と同列とは言えない。

戒壇本尊6犀角独歩

(犀角独歩氏のブログに載っている『戒壇の大本尊』の写真)

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(195)~「図形鑑別」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない4

■検証195・「図形鑑別」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない4

 

6仮に「本門戒壇の大御本尊」が「日禅授与本尊」の拓本だった場合でも「本門戒壇の大御本尊」を偽作したのは日有であることに変わりはない

 

日蓮正宗大石寺の本門戒壇の大御本尊」の曼荼羅の図形と「日禅授与本尊」の曼荼羅の図形が仮に一致したとしても、これは「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠ではないとは言っても、犀角独歩氏、あるいは「河辺メモ」や犀角独歩氏の図形鑑別の支持者は、

「『本門戒壇の大御本尊』なる板本尊は『日禅授与本尊』の拓本だ」

「図形鑑別は『本門戒壇の大御本尊』後世偽作の証拠だ」

などと言い張ってくることでしょう。

では、仮に「本門戒壇の大御本尊」が「日禅授与本尊」の拓本だった場合、大石寺の「本門戒壇の大御本尊」を偽作したのは誰なのか、という問題が発生します。

 

「日禅授与本尊」は古来から北山本門寺に格蔵されていたと伝承されている本尊ですが、現在は大石寺と北山本門寺の関係は、全くの断絶状態です。

したがって大石寺の法主が「本門戒壇の大御本尊」偽作を企んで、北山本門寺に出向いて「日禅授与本尊」を模写したとなると、それは大石寺と北山本門寺が断絶する以前でないと考えられません。

(この点についても、大石寺法主が「本門戒壇の大御本尊」偽作を企んで、わざわざとなりの北山本門寺に格蔵している本尊を模写したりするだろうか、という疑念が払拭できませんが)

 

大石寺と北山本門寺の関係が決裂・断絶になったのは、日蓮正宗大石寺9世法主日有が死去した1482(文明14)97日の「大石寺・北山本門寺・小泉久遠寺の論争」以降のことで、それまでは大石寺と北山本門寺は、開創以来、「刎頸の友」のような関係だったというのは史実です。

又、北山本門寺6代住職・日浄が、「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊を「未聞未見の本尊」と言って非難したのは、1493(明応2)年、死去する直前のことです。

 

■日有の死去直後には「本門戒壇の大御本尊」は存在していた

■大石寺の法主が「本門戒壇の大御本尊」偽作を企んで、北山本門寺に出向いて「日禅授与本尊」を模写したのは、1482(文明14)9月以前。

戒壇大本尊1大正4年由井本1 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(194)~「図形鑑別」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない3

■検証194・「図形鑑別」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない3

 

5 両本尊の図形の一致は「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠ではない2

 

第二に、「『本門戒壇の大御本尊』なる板本尊と『日禅授与本尊』の図形の一致は「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠」とするには、「『日禅授与本尊』が日蓮真筆である」ないしは「日禅授与本尊が『本門戒壇の大御本尊』よりも先に存在した」という前提が必要になります。

それから当該の「日禅授与本尊」ですが、日蓮の真筆本尊を収録した、最も権威ある立正安国会発刊の「日蓮・御本尊集」には、収録されていない。これについて日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨は、自らの著書「富士日興上人詳伝」で次のように言っている。

 

「禅師へご授与の御本尊については、興師のご加筆のが現存すべく、それと同形のが北山本門寺にも法道院にも存在する。予が眼が拙いためかいずれかがご真筆でありやは判断しかねる。

幸いに両本尊を同座申し上げたら判明するであろうが、その機会はなかなかあるまい。

先年、上総国東金にある祖書讃仰会の片岡清助氏が大挙撮影の時に北山にて予も参列したが、同氏らの忌憚なき真偽の評言に同山の司判(檀徒総代人等)達が憤慨していた。

そのためでもあるか、同会の改称である立正安国会から出版せられた全御聖筆の中の「御本尊目録」には北山本門寺蔵御聖筆11幅の中にようやく徳川神君に有縁の鉄砲曼荼羅という1幅だけしかのっておらず、稲守六郎授与の分は模本であるとして、他山の御正本というの端書に記してあり、その他の多数は、取るに足らぬもので、ことに本項の禅師の御分はあるいは拙劣なる模本と見たのかもしれぬ」

(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の著書「富士日興上人詳伝」p613)

59世日亨2

 

つまり、「日禅授与本尊」の鑑定を行った立正安国会は、「日禅授与本尊」を何かの本尊の模本であるとして、日蓮真筆とは認めておらず、よって立正安国会発刊の「日蓮・御本尊集」には、収録されていないということです。

しかしその堀日亨は、「予が眼が拙いためかいずれかがご真筆でありやは判断しかねる。」などと言っていながら、「日禅授与本尊」を一方的に「日蓮真筆」と決めつけて「富士宗学要集第8巻」に収録しています。

 

「日禅授与本尊」の鑑定を行った立正安国会は、「日禅授与本尊」を何かの本尊の模本であるとして、日蓮真筆とは認めておらず、よって立正安国会発刊の「日蓮・御本尊集」には、収録されていません。日蓮真筆ではないと鑑定されている以上、現在の所、「日禅授与本尊が『本門戒壇の大御本尊』よりも先に存在した」という証明ができていません。

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(193)~「図形鑑別」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない3

■検証193・「図形鑑別」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない3

 

4 両本尊の図形の一致は「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠ではない

 

日蓮正宗大石寺の「本門戒壇の大御本尊」の曼荼羅の図形は「日禅授与本尊」の曼荼羅の図形とは一致しないと言っても、犀角独歩氏、「河辺メモ」や犀角独歩氏の図形鑑別の支持者は、

「『本門戒壇の大御本尊』なる板本尊の写真と『日禅授与本尊』の写真の図形は一致する」

などと、とことんまで言い張ってくることでしょう。

よって、『本門戒壇の大御本尊』なる板本尊の曼荼羅の図形と『日禅授与本尊』の曼荼羅の図形は一致するという仮定で話を進めることにします。

そうすると、『本門戒壇の大御本尊』なる板本尊の曼荼羅の図形と『日禅授与本尊』の曼荼羅の図形の一致は「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠かどうか、という問題が発生します。

 

私の見解は、『本門戒壇の大御本尊』なる板本尊と『日禅授与本尊』の図形の一致は「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠ではないという見解です。

それはなぜか。

第一に、『本門戒壇の大御本尊』なる板本尊と『日禅授与本尊』の図形の一致は、

「『本門戒壇の大御本尊』は『日禅授与本尊』の拓本である」という仮説も成り立ちますか゜同時に

「『日禅授与本尊』は『本門戒壇の大御本尊』の拓本である」という仮説も成り立ちます。

又、同時に「『本門戒壇の大御本尊』も『日禅授与本尊』も何らかの某本尊の拓本である」という仮説も成り立ちます。

したがって『本門戒壇の大御本尊』なる板本尊の曼荼羅の図形と『日禅授与本尊』の曼荼羅の図形の一致から、「『本門戒壇の大御本尊』なる板本尊が後世の偽作である」という結論を導き出すには他の証拠が必要になります。

しかし犀角独歩氏は、図形鑑別以外の証拠を出さないまま、「『本門戒壇の大御本尊』は『日禅授与本尊』の拓本である」という一方的結論づけをしています。

犀角独歩1

 

それともう一つ、犀角独歩氏は自らの著書の中で、『本門戒壇の大御本尊』を偽作とは言っていないことを附言しておきます。

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(192)~「図形鑑別」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない2

■検証192・「図形鑑別」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない2

 

3 「本門戒壇の大御本尊」の曼荼羅の図形は「日禅授与本尊」の曼荼羅の図形とは一致しない2

 

「『本門戒壇の大御本尊』なる板本尊の写真と当該の『日禅授与本尊』の写真の図形は合致しない」という批判は、最初に犀角独歩氏が図形鑑別を発表した当時からあったようで、それらの批判に対して、犀角独歩氏は、自らのブログで以下のような弁解をしています。

---------------------------------------------------------

(犀角独歩氏の弁解)

板に彫られるとき、レイアウトは当たり前のように変更される

所謂「本門戒壇の大御本尊」彫刻がパッチワークであることを記したとき、「レイアウトが違う」といった批判が起きた。つまり、日禅授与本尊が該当彫刻の原本であれば、ぴったり重なるはずだという“固定観念”に基づく批判である。…

左図は、紫宸殿本尊を詐称する安82の輪郭を信行寺板本尊に重ねたものである。この板本尊は、たぶん、籠抜という原本の上に薄紙を当て、文字の輪郭を細筆で書き取る技法で模刻されたものだと思う。それ故、概ねの文字はほぼ、原本どおりとなっている。…

日蓮花押の文字は、その改変が見られる。また、左側、大持国天玉・不動明王梵字・大廣目天玉は原本より、わずかだが左にずれている。諸尊の位置にいたっては作為的に移動してあることは、重ねてみれば、はっきりと看取できる。このような変更は、たとえば、同じ安82を彫った黒須妙法寺板本尊では、その配置の変更は著しい。この点は、大縫薫師との富士門下書写本尊談義(5)でも論じた。つまり、これらが板に彫る実際だということである。…

(20071228日・犀角独歩氏のブログ・所謂「本門戒壇の大御本尊」彫刻写真の解析(6)

--------------------------------------------------------------------------

 

何だか、わかりずらい文になっているので、要約すると以下のようになる。

□立正安国会・日蓮大聖人御真蹟御本尊集№82の本尊(通称・紫宸殿本尊)を板に模刻したものが、栃木県栃木市の日蓮正宗寺院・信行寺の板本尊である。

□御本尊集№82の本尊と信行寺板本尊の文字は、ほぼ原本どおりに合致している

□しかしそれでも、日蓮花押の文字は改変が見られ、左側、大持国天玉・不動明王梵字・大廣目天玉は原本より、わずかだが左にずれている。

□同じく立正安国会・日蓮大聖人御真蹟御本尊集№82の本尊を板に模刻した福島県いわき市の妙法寺板本尊は、文字の配置が大きくずれている

 

だから、日禅授与本尊を原本にした「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊の文字もずれているのだ、と言いたいようだが、まことにもって苦しい弁解と言えよう。

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ