アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である > 評論男・東佑介氏(直人)の誤謬を糾す

■検証43・日蓮正宗大石寺格蔵の「日興跡条条事・日興真筆」の真っ赤な大ウソ6   □天皇・朝廷から見れば「正式官僧ではない」日目の申状を天皇に伝奏するはずがない2   したがって、伝奏が奏上・請願等を天皇や上皇・法皇に取り次いだ社寺とは、朝廷公認の南都六宗で ...

■検証96・「日興跡条条事」は日蓮正宗大石寺9世法主日有の偽作だ6   □東佑介氏の「日興跡条条事」偽作者解明の論説は全く正鵠を得ていない   東佑介氏は2010年11月号「法華仏教研究」に寄せた論文「富士大石寺所蔵『日興跡条条事』の考察」の中で、「日興跡条条事 ...

■検証93・「日興跡条条事」は日蓮正宗大石寺9世法主日有の偽作だ3   □「日目再誕説」は「日興跡条条事」が大石寺9世日有によって偽作された証拠である   東佑介氏は2010年11月号「法華仏教研究」に寄せた論文「富士大石寺所蔵『日興跡条条事』の考察」の中で、日目 ...

■検証63・大石寺二祖日興・三祖日目の代に「戒壇の大本尊」は存在していなかった2   □「日興跡条条事」第二条論議は意味がないとする東佑介氏の見解は誤りである   東佑介氏は2010年11月号「法華仏教研究」に寄せた論文「富士大石寺所蔵『日興跡条条事』の考察」の ...

■検証62・大石寺二祖日興・三祖日目の代に「戒壇の大本尊」は存在していなかった   □「弘安二年の大御本尊」とは「戒壇の大本尊」のことで「万年救護の大本尊」ではない   「日興跡条条事」の第二条の文「一、日興が身に充て給はる所の弘安二年の大御本尊、日目に ...

■検証61・写真版の「日興跡条条事」と日興花押を否定する東佑介氏の説は拙速である   「日興跡条条事」という文書は、「弘安五年の御下文」「日目に之を相伝する。本門寺に懸け奉るべし」「日目に之を授与する」「弘安八年より元徳二年に至る五十年の間」といった文面 ...

■検証6・日蓮・日興・日目は生涯、天奏をしていない4   □天皇・朝廷から見れば「正式官僧ではない」日目の申状を天皇に伝奏するはずがない2   したがって、伝奏が奏上・請願等を天皇や上皇・法皇に取り次いだ社寺とは、朝廷公認の南都六宗である三論宗、成実宗、法 ...

↑このページのトップヘ