アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

評論男・東佑介氏(直人)の誤謬を糾す

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(96)~東佑介氏の「日興跡条条事」偽作者解明の論説は全く正鵠を得ていない

■検証96・「日興跡条条事」は日蓮正宗大石寺9世法主日有の偽作だ6

 

□東佑介氏の「日興跡条条事」偽作者解明の論説は全く正鵠を得ていない

 

東佑介氏は201011月号「法華仏教研究」に寄せた論文「富士大石寺所蔵『日興跡条条事』の考察」の中で、「日興跡条条事」の成立時期について論述している。がしかし、東佑介氏の論を読んでいても、最終的には

「『日興跡条条事』は文明八年以降、永禄二年までの八十三年間の間に『日興上人大石寺御置文』を土台として、一紙に三箇条からなる『日興跡条条事』が偽作されたものと考えるのが妥当である」(201011月号「法華仏教研究」p64)

と述べ、「日興跡条条事」が偽作された時期について、「文明八年以降、永禄二年までの八十三年間」としながらも、具体的に誰が「日興跡条条事」を偽作したのか、については全く触れていない。

しかし「日興跡条条事」なる文書が、歴史上、最初に登場するのが、1476(文明8)523日、四国の僧侶・土佐吉奈連陽房という人物が日有の説法を書き留めた聞書である。大石寺が「日興跡条条事」が成立したと自称している1332(元徳4・正慶1)年よりも140年以上も後のことである。

その1476(文明8)523日の「土佐吉奈連陽房聞書」には次のようにある。

 

「日蓮聖人も武家に奏したまふ日興も只武家に訟へたまふ、爰に日目上人元めて国王に奏したまふ、去る間だ日興上人大石寺の御置文に云く天下崇敬の時は日目を座主として日本乃至一閻浮提の山寺半分は日目之を配領すべし、其の余分自余の大衆是れを配領すべしと云へり、日興の遺跡は新田の宮内卿阿闍梨日目最前上奏の人たれば大石寺の別当と定む、

異本に云く寺と云ひ御本尊と云ひ墓所と云ひと遊ばし置きたまひ畢りぬ、末法万年未来永々まで大石寺の別当日目で御座す事を人知らずして、上代に流布あらばこそ左様にも有らめ末代に天下御信用あらば座主誰にてか有らんずらんと、」

(『有師談諸聞書』日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』2p145)

 

これが「日興跡条条事」なる文書が、歴史上、初めて登場する文献である。

東佑介氏も201011月号「法華仏教研究」に寄せた論文「富士大石寺所蔵『日興跡条条事』の考察」の中で、1476(文明8)523日の「土佐吉奈連陽房聞書」の中で「日興跡条条事」の文がはじめて登場することは認めている。がしかし、「土佐吉奈連陽房聞書」は大石寺9世日有が直接著した文献ではなく、日有の説法を聞いた連陽房が筆記した文であるとして、「日興跡条条事」の偽作者は大石寺9世日有と断定することを避けている。

しかしこの東佑介氏の見解は、全く正鵠を得ておらず、誤った見解である。

日興跡条条事2 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(93)~「日目再誕説」は「日興跡条条事」が大石寺9世日有によって偽作された証拠である

■検証93・「日興跡条条事」は日蓮正宗大石寺9世法主日有の偽作だ3

 

□「日目再誕説」は「日興跡条条事」が大石寺9世日有によって偽作された証拠である

 

東佑介氏は201011月号「法華仏教研究」に寄せた論文「富士大石寺所蔵『日興跡条条事』の考察」の中で、日目再誕説と「日興跡条条事」の関連性について論述している。がしかし、保田妙本寺・小泉久遠寺14代貫首・日我が唱えた「日要・日目再誕説」など、東佑介氏の論旨はことごとく的外れな論旨で終わってしまっている。

日目再誕説の濫觴は、「百六箇抄」に説かれる広宣流布の日における三祖日目再誕説である。

それには次のようにある。

「日興先をかくれば無辺行菩薩か・日朗後にひかうれば安立行菩薩か・日蓮大将なれば上行菩薩か・日目は毎度幡さしなれば浄行菩薩か」

「広宣流布の日は上行菩薩は大賢臣と成り・無辺行菩薩は大賢王と成り・浄行菩薩は大導師と成り・安立行菩薩は大関白或いは大国母と成り、日本乃至一閻浮提の内一同に四衆悉く南無妙法蓮華経と唱へしめんのみ」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂「富士宗学要集」1p22)

 

日蓮正宗において「広宣流布の日の御法主様は日目上人の再誕である」という伝説が古くから伝えられており、少しばかり信仰活動歴のある信者であれば、知らぬ者はいないくらいである。

この「広宣流布の日の法主は日目の再誕」なる伝説の元ネタは、「百六箇抄」である。つまり「百六箇抄」で「日目=浄行菩薩」であり、広宣流布の日は「浄行菩薩は大導師と成り」と言っている。

大導師とは日蓮正宗大石寺の法主のこと。さらにこの「日目再誕論」なるものを検証していくと、これのルーツが大石寺9世日有が創建した客殿と東向きに設えられた大導師席に行く着くのである。これはどういうことか。

大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した大石寺9世日有は、「日興跡条条事」を偽作してその第二条に「日興が身に充て給はる所の弘安二年の大御本尊、日目に之を相伝する。本門寺に懸け奉るべし」 という文を造り、「戒壇の大本尊」なる板本尊が「日蓮真造である」という文証にして、日蓮、日興、日目と相伝されていたという文証にしようとした。

これは具体的に言うと、こういうことだ。日蓮正宗では曼荼羅本尊を誰かに下附・授与した場合、曼荼羅本尊の脇書に「授与之 ○○」「授与之 願主○○」というふうに名前が入る。

末寺寺院に祀る板本尊だと「授与之 △△山○○寺安置 願主□□」というふうになる。

個人授与の本尊の場合、授与された本人が死去した場合、寺院に感得願を出して、相続人が本尊を相続していく。大石寺二祖日興の代においては、「弟子分帳」に記載したり、授与書を本尊に加筆したりしていた。

戒壇大本尊1大正4年由井本1 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(63)~「日興跡条条事」第二条論議は意味がないとする東佑介氏の見解は誤りである

■検証63・大石寺二祖日興・三祖日目の代に「戒壇の大本尊」は存在していなかった2

 

□「日興跡条条事」第二条論議は意味がないとする東佑介氏の見解は誤りである

 

東佑介氏は201011月号「法華仏教研究」に寄せた論文「富士大石寺所蔵『日興跡条条事』の考察」の中で、実に珍妙な説を唱えている。

「『日興跡条条事』第二条には『一、日興が身に充て給はる所の弘安二年の大御本尊、日目に之を相伝する。本門寺に懸け奉るべし』といい、これによれば、本門寺に安置する本尊は弘安二年の日興授与本尊であるというのである。しかし、この点、疑わしいものがある。なぜなら、本門寺に安置する本尊が弘安二年の日興授与本尊であれば、その本尊形態は大曼荼羅ということになるからである。それでは、広宣流布の暁に本門寺に安置されるべき本尊の形態は大曼荼羅であろうか。そうは思われない」(201011月号「法華仏教研究」p34)

という、何やら思わせぶりな論調で、本門寺に祀る本尊は大曼荼羅ではないのではないか、という疑問点を提起。三位日順の「本門心底抄」、日代の「宰相阿闍梨御返事」、大夫阿闍梨日尊の「日尊実録」、さらには池上本門寺5代貫首・日叡の書写本尊の文、京都妙伝寺4代貫首・日請の書写本尊の文まで引っ張り出してきて、本門寺に安置する本尊は大曼荼羅本尊ではなく、大曼荼羅を形像化、立体化した仏像本尊であるとする。そうしておいて

「日興門流上代における戒壇本尊の形態が大曼荼羅を仏像として形像化するというものである以上、第二条の『日興…大御本尊』という記述はその前提を失っている。そうである以上、第二条でいうところの『弘安二年大御本尊』が『本門戒壇の大御本尊』であるのか、あるいは『万年救護本尊』であるのかという議論は何ら意味をなさない」(201011月号「法華仏教研究」p37)

などと言って、「日興跡条条事」第二条の「日興が身に充て給はる所の弘安二年の大御本尊」が大石寺の「戒壇の大本尊」なのか、保田妙本寺の「万年救護本尊」なのか、という議論から逃亡を決め込んでいる。

議論から逃亡するのは東佑介氏の勝手だが、しかし「日興門流上代における戒壇本尊の形態が大曼荼羅を仏像として形像化するというものである以上…第二条でいうところの『弘安二年大御本尊』が『本門戒壇の大御本尊』であるのか、あるいは『万年救護本尊』であるのかという議論は何ら意味をなさない」という見解は、誤った見解である。

まず第一に、「日興跡条条事」第二条の「日興が身に充て給はる所の弘安二年の大御本尊」が大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊であることを明らかにすることは、後に述べるが、「日興跡条条事」を誰が偽作したのか、ということを解明する上で重要なポイントになる。

すなわち、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊、「日興跡条条事」「血脈相承」「百六箇抄」「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」が同一人の手によって偽作されたキーポイントである。これらを偽作したのは、日蓮正宗大石寺9世法主・日有である。

日興跡条条事2 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(62)~「弘安二年の大御本尊」とは「戒壇の大本尊」のことで「万年救護の大本尊」ではない

■検証62・大石寺二祖日興・三祖日目の代に「戒壇の大本尊」は存在していなかった

 

□「弘安二年の大御本尊」とは「戒壇の大本尊」のことで「万年救護の大本尊」ではない

 

「日興跡条条事」の第二条の文「一、日興が身に充て給はる所の弘安二年の大御本尊、日目に之を相伝する。本門寺に懸け奉るべし」

の中の「弘安二年の大御本尊」とは、大石寺格蔵の「戒壇の大本尊」とする説が通説であるが、しかし「弘安二年の大御本尊」とは、保田妙本寺格蔵の「万年救護の大本尊」とする説も存在する。

この「弘安二年の大御本尊・万年救護本尊説」の最大の根拠は、大石寺17世日精の著書「家中抄」にある文

「弘安二年に三大秘法の口決を記録せり。此の年に大漫荼羅を日興に授与し給ふ万年救護の本尊と云ふは是れなり。日興より日目に付属して今房州にあり」(富士宗学要集5p154)

を根拠とする、弘安二年に「万年救護本尊」が日蓮から日興に授与されたとして、「弘安二年の大御本尊」とは、保田妙本寺格蔵の「万年救護の大本尊」とする説が存在する。

この「弘安二年の大御本尊・万年救護本尊説」は、大石寺の「戒壇の大本尊」を後世の偽作とするが、「日興跡条条事」を真書ないしは真偽未決とする説を立てる宗派、はっきり言って日蓮正宗以外の富士門流に見られる。東佑介氏は「富士大石寺所蔵『日興跡条条事』の考察」の中で、「弘安二年の大御本尊・万年救護本尊説」を唱える学者として「変質した創価学会」の著者・松本勝弥氏、「日蓮と本尊伝承」の著者・金原明彦氏を挙げている。

又、日蓮宗・早坂鳳城氏が「六巻抄の構造と問題点」の中で、日蓮正宗以外の富士門流が「弘安二年の大御本尊・万年救護本尊説」を唱えていることを根拠に、「弘安二年の大御本尊・万年救護本尊説」を支持する見解を載せている。

しかし「弘安二年の大御本尊・万年救護本尊説」は誤りであり、「日興跡条条事」の第二条の文

「一、日興が身に充て給はる所の弘安二年の大御本尊、日目に之を相伝する。本門寺に懸け奉るべし」の中の「弘安二年の大御本尊」とは、大石寺格蔵の「戒壇の大本尊」である。

ではなぜ「弘安二年の大御本尊・万年救護本尊説」は誤りなのか。

まず、日蓮宗でも富士門流でも、日蓮正宗でもそうだが、「△△○年の御本尊」と言うときは、その曼荼羅本尊に書かれている図顕年月日を指すのが常識である。相伝年月日や授与年月日のことではない。

かくして保田妙本寺格蔵の万年救護本尊の図顕年月日は「文永十一年」であり、これは「弘安二年の大御本尊」ではない。万年救護本尊を指して言うときは「文永十一年の御本尊」と言う言い方になる。

日興跡条条事2 

(昭和5549日付け聖教新聞に掲載されている『日興跡条条事』)

 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(61)~写真版の「日興跡条条事」と日興花押を否定する東佑介氏の説は拙速である

■検証61・写真版の「日興跡条条事」と日興花押を否定する東佑介氏の説は拙速である

 

「日興跡条条事」という文書は、「弘安五年の御下文」「日目に之を相伝する。本門寺に懸け奉るべし」「日目に之を授与する」「弘安八年より元徳二年に至る五十年の間」といった文面の矛盾のみならず、さまざまな矛盾を包含している文書である。

近年になって興風談所が出版した「日興上人全集」をはじめ、インターネットのサイトなどに何者かによって撮影された「日興跡条条事」の写真が投稿・掲載されている。これは「日興上人全集」に収録されている「日興跡条条事」の複写であると言われている。

これを見ると、この「日興跡条条事」は、日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨が「正本である」と鑑定して、自らが編纂した「富士宗学要集」8p17に収録している「日興跡条条事」ではなく、1952(昭和27)年に日蓮正宗が出版した「日蓮正宗聖典」の中で発表し、1994(平成6)年に日蓮正宗が出した「御書全集」にも収録されているほうの「日興跡条条事」である。

この「日興跡条条事の写真」も実際に、大石寺に格蔵されている「日興跡条条事」の写真なのかどうなのか、という議論があるが、これとは別に、登座まもなくの日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主が大石寺の「霊宝虫払い大法会」で「日興跡条条事」を参詣信者の前で披露した瞬間の写真もある。大石寺67世阿部日顕法主が「霊宝虫払い大法会」で「日興跡条条事」を参詣信者の前で披露した瞬間の写真と、インターネットのサイトなどに投稿されている「日興跡条条事」の写真を比較してみると、文字がぼやけているために完全な鑑定は不可能であるものの、一見してほぼ同じに見える。したがって、両者は同一のものと仮定して話を進める。

日興跡条条事2 

(昭和5549日付け聖教新聞に掲載されている『日興跡条条事』)

その「日興跡条条事」の日興花押の筆跡が、「日興のものではない」と唱えているのが、大石寺・富士門流研究家・東佑介氏である。東佑介は自らの著書「大石寺教学の研究」で、日蓮正宗僧侶・山口範道氏が著書「日蓮正宗史の基礎的研究」で引用している「日興上人御花押臨写集」の中に載っている□1332(正慶1)822日の花押 □1332(正慶1)113日の2つの花押

□正慶年間の1つの花押 この4つの花押と比較して

「これらの花押(日興上人御花押臨写集の花押)は鮮明、かつ、力強く記されているが、さきに挙げた『日興跡条条事』の花押はあまりに弱々しく、書体の骨格も根本的に相違しているのである」

「山口氏が臨写した花押と正本の花押はまったく似ていない」

「さきに挙げた日興上人の元徳(正慶)年間の書体、正本と伝えられる『日興跡条条事』の書体、『日興跡条条事』写本の書体を比較してみるに、何れも同一人物の書体ではなく、正本と伝えられる『日興跡条条事』の書体と元徳年間の日興上人の書体は似ていない。したがって『日興跡条条事』はその内容、筆跡から日興上人の真筆とすることはできず、『日興跡条条事』は『有師談諸聞書』を土台として偽作されたものと考えるのが妥当であろう」

(東佑介氏の著書『大石寺教学の研究』p6667)

と、東佑介氏独自の「筆跡鑑定」により、「日興真筆ではない」と結論づけている。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ