アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺67世法主・阿部日顕の妄説を斬る

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

自分が特別に偉い人物だと思い込んで贅沢三昧にふけっている阿部日顕の妄説を斬る

大石寺内移動の時は、日産プレジデントに乗り、地方に行く時はベンツに乗る阿部日顕。しかも阿部日顕が乗る日産プレジデントは、最高級グレードのロングタイプで、プレジデントもベンツもガラスはすべて防弾ガラスになっている。

こういう自分勝手な贅沢三昧な生活が批判の的になっている阿部日顕だが、日蓮正宗の元信者の意見では、「阿部日顕も世間の商売人と同じか、権力者感覚で乗っている」というものだった。

日蓮正宗の現役僧侶・現役信者の言い訳は、「血脈相承の猊下が高級車に乗って当たり前」と言うことだが、なぜこれが、当たり前なのか。納得のいく説明は何もない。そんな感覚なら、大石寺法主は近代社会になる以前の専政君主・封建領主らと全く同じということだ。

 

□日蓮生誕から七百年後に大石寺法主の長男として生まれたと威張っている?阿部日顕

 

その阿部日顕が、専政君主・封建領主感覚で贅沢三昧の生活をしていることについて、別の意見も寄せられている。それによれば、阿部日顕という人物は、

「自分(阿部日顕)は日蓮大聖人の御生誕から数えて七百年後に生れた」

「自分(阿部日顕)は大石寺60世御法主阿部日開上人猊下の長男として生まれた」

ということで特別な人間だと思っているということらしい。つまり1222年生れの日蓮から数えて、1922年生れの阿部日顕はちょうど七百年後に生れたというわけである。

そういうことから、日蓮正宗信者の供養で、好き放題の贅沢三昧な生活をするのは、自分の特権だと思っている、ということ。これはまた、こじつけも甚だしいものがある。

なぜ日蓮生誕から700年後に生まれたら、好き勝手放題の贅沢三昧が許されるのか。戯言もいい加減にしろ、と言いたくなる。

阿部日顕は1979(昭和54)年の法主登座以来、日蓮700遠忌、日興・日目650遠忌、大石寺開創700年、日蓮・立宗750年、日蓮・立正安国論750年といったふうに、大きな節目の年に大法要を行って、宗威発揚の場に利用してきた。その元は「自分(阿部日顕)は日蓮大聖人の御生誕から数えて七百年後に生れた」という、我田引水のこじつけ感覚によるものだというのである。

この問題をかつて「アンチ日蓮正宗」で内部討議したところ、こんな意見が噴出した。

「>「私は日蓮大聖人の御生誕から数えて七百年後に生れた」

>ということで特別な人間だと思っているようです

マジですか! 本当なら信じられませんね(汗)それって「偶然の産物」以外の何ものでもないと思うのですが。こじつけようと思えば何でもこじつけられるものですね」(アンチの女性)

 

誠に、ごもっともなご意見である。

それにしても、「オレは日蓮大聖人の御生誕から数えて七百年後に生れた」「オレは特別な人間なんだ」などと言って、自分が人から尊敬されるなどと本気で思っているのだろうか。

67世日顕4


続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(114-1)~解説・日蓮正宗大石寺67世法主・阿部日顕

■阿部日顕(あべにっけん・1922)

 

日蓮正宗総本山大石寺第67世の法主。

立正大学日蓮学科卒。越洋阿闍梨信雄房と称する

父親は日蓮正宗大石寺60世法主・阿部日開。母親は芸者の彦坂スマ。後に日開はスマを出家させ「妙修」と名乗らせている。

67世日顕4


 

1922年(大正11年)1219 -東京都墨田区の常泉寺で総本山第60世日開の子息・信夫(しのぶ)として誕生。

1928年(昭和3年)828 - 池袋常在寺住職・桜井仁道を師範として出家・得度し、信雄(しんのう)と名乗る。

1941年(昭和16年) 師僧を桜井仁道から阿部日開に変更。

1943年(昭和18年)1121 - 父親である大石寺60世日開が遷化(死去)。

1943年(昭和18年) - 立正大学日蓮学科を卒業。 野坂政子と婚姻届けを提出。

1944年(昭和19年) - 長男・阿部信彰が誕生。

1943 - 1945 - 学徒出陣。海軍中尉として復員。

1946年(昭和21年) 師僧を阿部日開から高野日深に変更。

1952年(昭和27年) - 初めて他家から弟子をとり、八木日照(信瑩)が第一号の弟子になる。八木日照は妙信講解散のときに擯斥処分となり、後に日蓮正宗に復帰した八木直道の養子。

1947年(昭和22年) - 本行寺(東京都墨田区)の住職に任命される。

1955年(昭和30年) -宗会議員に初当選。

1960年(昭和35年)-日蓮正宗布教師に任命される。

1961年(昭和36年)91-日蓮正宗宗務院教学部長に任命される。

1962年(昭和37年)1-富士学林教授に任命される。

1963年(昭和38年)3-大村寿顕と二人で初の海外出張授戒。シアトル買春事件を起こす。

1963年(昭和38年)45-京都・平安寺の住職に任命される。

1968年(昭和44年)25-ラジオ放送「日蓮正宗創価学会の時間」第一回を担当。

1972年(昭和47年)612-「国立戒壇論の誤りについて」を発刊。

1974年(昭和49年)118 - 母親・阿部妙修尼が死去。

1976年(昭和51年)-「本門事の戒壇の本義」を発刊。富士学林長に任命される。

1977年(昭和52年)1122-東京向島・常泉寺住職に任命される。

1978年(昭和53年)415 - 66世日達より血脈相承の内付を受けたと称する。

1979年(昭和54年)57日蓮正宗宗務総監に任命される。

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ