アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺の『日興跡条条事』は大石寺9世日有の偽作だ

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(100)~日蓮・日興・日目からの血脈相承を自称する大石寺法主の権威確立のため

■検証100・大石寺9世日有が「日興跡条条事」を偽作した動機・目的4

 

日蓮・日興・日目からの血脈相承を自称する大石寺法主の権威確立のため

 

大石寺9世日有が「日興跡条条事」を偽作した三番めの動機は、日蓮・日興・日目からの血脈相承を自称する大石寺法主を「本仏・日蓮の後継者」あるいは「本仏・日蓮の代官」としての「法主の権威」を確立するためである。大石寺9世日有は、「化儀抄」において、現住の大石寺法主は、現在の日蓮、日興、日目であるという教義を繰り返し説いている。

「手続の師匠の所は三世の諸仏、高祖已来、代々上人のもぬけられたる故に、師匠の所を能く能く取り定めて信を取るべし、又我が弟子も此の如く我に信を取るべし、此の時は、何れも妙法蓮華経の色心にして全く一仏なり」(富士学林編纂『化儀抄』p25)

--------「手続(いつぎ)の師匠」とは、自ら弟子をもって薫育している師匠のことで、大石寺法主や末寺の住職のこと。その「手続の師匠」の所には過去・現在・未来の三世の総ての仏や高祖日蓮以来、歴代の大石寺の法主の心がぬけられて師匠の所に来ているのだから、その師匠をよくよく信じて信仰に励むべきである。私(日有)の弟子たちも、このように私(日有)を信じて信仰に励むべきである。-------

 

上記の第4条の文はその代表的なものであるが、次下の第14条、第24条の文も同じである。

「信者門徒より来る一切の酒をば、当住持始めらるべし、只、月見、二度の花見当計り児の始めらるるなり、其の故は三世の諸仏高祖開山も当住持の所にもぬけられたる所なるが故に、事に仏法の志を高祖開山日目上人の受け給う姿なり」(富士学林編纂『化儀抄』p31)

「弟子檀那の供養をば、先ず其所の住持の御目にかけて、住持の義に依って仏に申し上げ鐘を参らすべきなり、先師先師は過去して残る所は当住持計りなる故なり、住持の見たもう所が諸仏聖者の見たもう所なり。」(富士学林編纂『化儀抄』p38)

 

これにより、大石寺法主は本仏・日蓮の正統な後継者であり、代官であるという、「法主絶対思想」が出来上がるということになる。大石寺9世日有が現職の大石寺法主であった代に、京都・日尊門流から日有の門下に帰伏した左京阿闍梨日教は、自らの著書で

「釈尊より以来の唯我一人の御附嘱を糸乱れず修行有る聖人を信受し奉る所の信心成就せば師檀共に事の行成立すべし、さてこそ当家なれ」(「穆作抄」/『富士宗学要集』2p262)

「此の(大石寺)門家には日蓮聖人より以来の附法血脈一宗の法頭疑ひなきなり」(「穆作抄」/『富士宗学要集』2p274)

「此の御本尊は忝くも高祖(日蓮)聖人より以来、付法の貫主のあそばしたまふ授与の御本尊より外に仰も雅意に任せて書く可きや」(「穆作抄」/『富士宗学要集』2p283)

「日蓮聖人御入滅有るとき補処を定む。其の次に仏法附嘱として当代の法主の所に本尊の体有るべきなり」(「類聚翰集私」/『富士宗学要集』2p309

というふうに、「法主絶対思想」を繰り返し、宣揚・鼓舞しているとおりである。

66世日達13 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(99)~大石寺を身延山久遠寺や北山本門寺を凌ぐ日蓮一門の総本山にするため

■検証99・大石寺9世日有が「日興跡条条事」を偽作した動機・目的3

 

大石寺を身延山久遠寺や北山本門寺を凌ぐ日蓮一門の総本山にするため

 

日蓮正宗大石寺9世法主日有が「日興跡条条事」を偽作した第二の動機は、大石寺を身延山久遠寺や北山本門寺を凌ぐ日蓮一門総ての総本山にするためである。

大石寺と同じ富士門流本山寺院である保田妙本寺・小泉久遠寺11代貫首(住職)日要が、かつて日有から聞いていた説法を、弟子たちに語っていた内容を日果という僧侶が筆録した「新池抄聞書」という文書には、次のような大石寺9世日有の言葉が書きとどめられている。

「日有云く、また云く、大石は父の寺、重須は母の寺、父の大石は本尊堂、重須は御影堂、大石は本果妙、重須は本因妙、彼は勅願寺、此は祈願寺、彼は所開、此は能開、彼は所生、此は能生、即本因、本果、本国土妙の三妙合論の事の戒壇なり」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の著書「富士日興上人詳伝」単行本p294/「富士日興上人詳伝・下」p84)

-----かつて日有上人がこのように説法していた、と日要上人が語っていた。大石寺は例えて言えば父親のような本山寺院であり、重須の北山本門寺は、例えて言えば母親のような本山寺院である。父親の本山寺院である大石寺には、「本門戒壇の大御本尊」を安置している本尊堂があり、母親の本山寺院である北山本門寺には、日蓮大聖人の木像(御影)を安置している御影堂がある。……此の大石寺は、衆生を成仏に導く根本の寺であり、即ち、「本門戒壇の大御本尊」を安置している本尊堂がある大石寺こそ、本因、本果、本国土妙の三妙合論の事の戒壇なのであり、根本の寺院・道場なのである。-------

新池抄聞書1


新池抄聞書3
 

つまり大石寺9世日有は、「戒壇の大本尊」がある大石寺のほうが、大石寺二祖・日興が晩年住み、死去した北山本門寺よりも優越した根本の寺であると語っていたのである。

大石寺9世日有在世の当時から、日蓮一門の総本山は日蓮の正墓がある身延山久遠寺であるという見方が一般的であり、日興門流の総本山は日興の正墓がある北山本門寺であるという見方が一般的な見方としてはあった。

さりとて大石寺9世日有以前において、富士門流においては、大石寺が北山本門寺を本山と仰いでいたかというと、必ずしもそうとは言えず、本山・末寺の関係があまり明確ではなかった。

大石寺門流の場合は、大石寺法主が建立した寺院である宮城県登米市の本源寺、上行寺、宮城県栗原市の妙教寺、妙円寺、群馬県前橋市の本応寺、栃木県栃木市の信行寺、栃木県下野市の蓮行寺、福島県いわき市の妙法寺、蓮浄寺と大石寺との本末関係は明確であったが、その他は、不明瞭であった。

北山本門寺39仁王門 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(98)~大石寺9世日有自らが偽作した「戒壇の大本尊」を理論的に正統化するため

■検証98・大石寺9世日有が「日興跡条条事」を偽作した動機・目的2

 

大石寺9世日有自らが偽作した「戒壇の大本尊」を理論的に正統化するため

 

日蓮正宗大石寺9世法主日有が「日興跡条条事」を偽作した動機・目的の第一は、大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊を正統化するためである。

これだけ巨大で、かつ豪華絢爛の、しかも大石寺9世日有の代まで「未聞未見」の板本尊を日蓮正宗大石寺の中核をなす板本尊にすえるには、大石寺9世日有としては、日蓮正宗の教義を整備し、「戒壇の大本尊」を日蓮・日興から大石寺歴代法主のみが相承してきたということを「証明」する文書を整えておく必要があった。

大石寺9世日有は、「戒壇の大本尊」なる板本尊を室町時代中期に偽作したことによって、日蓮の時代から日有在世の時代まで、歴史上、全く存在しなかった「戒壇の大本尊」といったものの時間的空白を埋める必要があった。

いくらなんでも、今まで全く「未聞未見」の「戒壇の大本尊」なる板本尊を突然、時の法主から聞かされても、大石寺門流の僧侶や信者は「ハイ、そうですか」とはならない。「そんな板本尊も教義も今までになかったものだ」ということになり、下手をすれば、身延離山、日仙・日代問答に匹敵するような内紛が起こり、大石寺門流そのものが分裂しかねない危機に陥ってしまう。

そこで大石寺9世日有が、大石寺門流で、最初に大石寺法主の血脈なるもの「唯授一人の血脈相承」を唱えた。つまりこういうことだ。

「戒壇の大本尊」なる板本尊は、大石寺9世日有より以前の時代において、大石寺門流には存在しておらず、影も形もないものであり、誰もその存在を知らなかったもの。誰も知らなかったが

「日蓮大聖人・日興上人から相承を受けていた法主だけが知っていた」

「『戒壇の大本尊』は唯授一人の血脈を相承してきた大石寺の御法主上人だけが、内密に相伝してきた御本尊です」

「広宣流布の暁までは、蔵の中におしまいして、決して公開されぬ御本尊なのです」

「その法主の言っていることを信じろ」

などという詐欺的狭義で、人々を欺瞞した。大石寺9世日有が唱えた「大石寺法主の血脈」の例証として、次のようなものがある。

「手続(てつぎ)の師匠の所は三世の諸仏、高祖以来、代々上人のもぬけられたる故に、師匠の所を能く能く取り定めて信を取るべし。又、我が弟子も此の如く我に信を取るべし。此の時は、何れも妙法蓮華経の色心にして全く一仏なり、是れを即身成仏と云うなり」(日蓮正宗59世法主・堀日亨が編纂した『富士宗学要集』161ページ収録の「化儀抄」より)

--------「手続(いつぎ)の師匠」とは、自ら弟子をもって薫育している師匠のことで、大石寺法主や末寺の住職のこと。その「手続の師匠」の所には過去・現在・未来の三世の総ての仏や高祖日蓮以来、歴代の大石寺の法主の心がぬけられて師匠の所に来ているのだから、その師匠をよくよく信じて信仰に励むべきである。私(日有)の弟子たちも、このように私(日有)を信じて信仰に励むべきである。-------

戒壇大本尊1大正4年由井本1 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(97)~なぜ大石寺9世日有は「日興跡条条事」を偽作したのか

■検証97・大石寺9世日有が「日興跡条条事」を偽作した動機・目的1

 

□なぜ大石寺9世日有は「日興跡条条事」を偽作したのか

 

「日興跡条条事」という文書は、「二箇相承」「百六箇抄」と並んで大石寺9世日有が偽作した「法主の血脈相承」の中核を成すものである。

なぜ日蓮正宗大石寺9世法主日有は、「日興跡条条事」を偽作したのか。大石寺9世日有は「日興跡条条事」を偽作して、何をしようとしたのか。なぜ「唯授一人の血脈相承」を偽作したのか。

大石寺9世日有が「日興跡条条事」を偽作した動機・目的の解明は、大石寺9世日有による「戒壇の大本尊」偽作そのものを解明していく大きなポイントである。

過去に「日興跡条条事」偽作説の謎の解明を試みた人物が何人かいたが、「日興跡条条事」が大石寺9世日有の偽作であると、特定した人物はひとりもいない。ましてや、大石寺9世日有が「日興跡条条事」を偽作した動機・目的について言及した人物はいない。

これは「戒壇の大本尊」や「日蓮本仏義」偽作についても同様で、大石寺9世日有が何のために、何の目的で「戒壇の大本尊」や「日蓮本仏義」を偽作したのかを解明した人物は皆無である。

「戒壇の大本尊」「日蓮本仏義」「唯授一人の血脈相承」偽作の謎を検証・解明していくことは良しとしても、偽作の動機・目的についての言及がない偽作説は、与えて言ったとしても、全く画竜点睛を欠くものであり、奪って言うなら、その偽作説は大きなポイントを外したもので、全く意味がないものと言わざるを得ない。

「偽作」とは、大辞泉国語辞書によれば

「1 本物に似せて作ること。特に、書画などを本来の作者の作品に見せかけて作ること。また、その作品。贋作(がんさく)。2 著作権者に無断で著作物の複製・発行などをすること。」

と載っている。

世界大百科事典 第2版における「偽作」の解説を調べると

「ぎさく【偽作】 真正な作品に対するもの。贋作,にせものとも呼ぶ。[美術]

狭義には,収集者や鑑賞者を欺く目的で,意図的に偽造された美術作品を指す。たとえば,オランダのハンス・ファン・メーヘレンの偽造したフェルメールの《エマオの巡礼》(1937年ロッテルダムのボイマンス美術館に購入され,その判明は1945)や,近年では,エルミール・ド・オルリによって偽造され,フェルナン・ルグロによって転売されたメドー・コレクションの大量の近代美術の作品などはこの例である。」と載っている。

さらに「偽作」を大辞林国語辞典で調べると

「にせ物を作ること。特に、書画・骨董(こつとう)などのにせ物を作ること。また、そのにせ物。贋作(がんさく)。」と載っている。

戒壇大本尊1大正4年由井本1 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(96)~東佑介氏の「日興跡条条事」偽作者解明の論説は全く正鵠を得ていない

■検証96・「日興跡条条事」は日蓮正宗大石寺9世法主日有の偽作だ6

 

□東佑介氏の「日興跡条条事」偽作者解明の論説は全く正鵠を得ていない

 

東佑介氏は201011月号「法華仏教研究」に寄せた論文「富士大石寺所蔵『日興跡条条事』の考察」の中で、「日興跡条条事」の成立時期について論述している。がしかし、東佑介氏の論を読んでいても、最終的には

「『日興跡条条事』は文明八年以降、永禄二年までの八十三年間の間に『日興上人大石寺御置文』を土台として、一紙に三箇条からなる『日興跡条条事』が偽作されたものと考えるのが妥当である」(201011月号「法華仏教研究」p64)

と述べ、「日興跡条条事」が偽作された時期について、「文明八年以降、永禄二年までの八十三年間」としながらも、具体的に誰が「日興跡条条事」を偽作したのか、については全く触れていない。

しかし「日興跡条条事」なる文書が、歴史上、最初に登場するのが、1476(文明8)523日、四国の僧侶・土佐吉奈連陽房という人物が日有の説法を書き留めた聞書である。大石寺が「日興跡条条事」が成立したと自称している1332(元徳4・正慶1)年よりも140年以上も後のことである。

その1476(文明8)523日の「土佐吉奈連陽房聞書」には次のようにある。

 

「日蓮聖人も武家に奏したまふ日興も只武家に訟へたまふ、爰に日目上人元めて国王に奏したまふ、去る間だ日興上人大石寺の御置文に云く天下崇敬の時は日目を座主として日本乃至一閻浮提の山寺半分は日目之を配領すべし、其の余分自余の大衆是れを配領すべしと云へり、日興の遺跡は新田の宮内卿阿闍梨日目最前上奏の人たれば大石寺の別当と定む、

異本に云く寺と云ひ御本尊と云ひ墓所と云ひと遊ばし置きたまひ畢りぬ、末法万年未来永々まで大石寺の別当日目で御座す事を人知らずして、上代に流布あらばこそ左様にも有らめ末代に天下御信用あらば座主誰にてか有らんずらんと、」

(『有師談諸聞書』日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』2p145)

 

これが「日興跡条条事」なる文書が、歴史上、初めて登場する文献である。

東佑介氏も201011月号「法華仏教研究」に寄せた論文「富士大石寺所蔵『日興跡条条事』の考察」の中で、1476(文明8)523日の「土佐吉奈連陽房聞書」の中で「日興跡条条事」の文がはじめて登場することは認めている。がしかし、「土佐吉奈連陽房聞書」は大石寺9世日有が直接著した文献ではなく、日有の説法を聞いた連陽房が筆記した文であるとして、「日興跡条条事」の偽作者は大石寺9世日有と断定することを避けている。

しかしこの東佑介氏の見解は、全く正鵠を得ておらず、誤った見解である。

日興跡条条事2 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ