アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺の『百六箇抄』は大石寺9世日有の偽作だ

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

百六箇抄は9世日有の偽作だ(128)~大石寺に大石寺9世日有が偽作した「百六箇抄」の「真蹟」がないのは偽作の証拠隠蔽の為

■検証128・大石寺9世日有の「百六箇抄」偽作証拠隠滅工作・大石寺から消えた「百六箇抄」2

 

□なぜ大石寺に大石寺9世日有が偽作した「百六箇抄」の「真蹟」がなくなったのか2

 

大石寺59世堀日亨は、大石寺から「百六箇抄」がなくなった理由について、次のように弁解する。

「本山でもですね、あの時代は直接の法門に関係あるものは大事にしたか知れませんけれども、そういう難しいものは、平常は使わない。大事にしすぎて使わないでいて、なくなったかしらんと思う。あまり大事にすると、しょっちゅう、見ないんですからね。いつかしら、見ないうちに無くなってしまう。大事にして、しょっちゅう、写し写ししているというと、どっかに転写本がありますけれども、写しもしないで大事にどっかに、しまっておくというと無くなってしまう」

(「堀上人に富士宗門史を聞く」/『富士宗門史』p90)

百六箇抄が大石寺に残っていない
 

立正大学で身延離山史の教鞭を執った学者とは思えないような言い訳をしているが、この文を読む限り、百六箇抄は、大石寺から大石寺9世日有が偽作した「百六箇抄」の正本も写本もなくなってしまている、という意味に解釈される。もっとも、大石寺9世日有が偽作した「百六箇抄」の「正本」なるものは、もし存在していたとしても、最初から「写本」と銘打っていたと思われる。もし、大石寺9世日有が大々的に「百六箇抄」の日蓮の「正本」と銘打って偽作したとしたら、たちまちに大石寺9世日有による「百六箇抄」偽作がばれてしまう。

室町時代・戦国時代の昔においても、筆跡による真偽の鑑定ぐらいは行われていた。実際、法華宗陣門流総本山・越後本成寺8代貫首・日現は、1516(永正11)年、「五人所破抄斥」という文書の中で、「二箇相承書」を「御正筆に非ず。偽書謀判也」と弾劾し、さらにその上で「日興の手跡にもあらず」と断定し、偽書であると断じている。これは、1581(天正9)3月に「二箇相承」の「正本」と称していた文書が、武田勝頼の軍勢と西山本門寺の群徒によって北山本門寺から強奪され紛失してしまう以前、日現が北山本門寺で「二箇相承」を直接拝した上で書写し、「二箇相承書」を「御正筆に非ず。偽書謀判也」「日興の手跡にもあらず」と弾劾したわけである。

つまり大石寺9世日有が「百六箇抄」の日蓮正筆と称するものを偽作したとしたら、これが他門流の誰かの目にとまった場合、たちまちのうちに筆跡鑑定されてしまって、「百六箇抄」が偽書であると告発されてしまう。しかし「百六箇抄」の日蓮正筆の「大石寺△世○○の写本」と称するものを偽作したとしたら、仮にこれが他門流の誰かの目にとまったとしても、少なくとも筆跡鑑定で偽作がバレることはない。「写本」なのだから、日蓮との筆跡が違っていて当たり前だからである。実際、大石寺には、「本因妙抄」「三大秘法抄」の大石寺6世日時の「写本」と称するものがあるが、近年の学者の研究により、大石寺6世日時の筆跡に疑義が呈されている。

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(127)~なぜ大石寺に大石寺9世日有が偽作した「百六箇抄」の「真蹟」がなくなったのか1

■検証127・大石寺9世日有の「百六箇抄」偽作証拠隠滅工作・大石寺から消えた「百六箇抄」1

 

□なぜ大石寺に大石寺9世日有が偽作した「百六箇抄」の「真蹟」がなくなったのか1

 

大石寺59世堀日亨は、「堀上人に富士宗門史を聞く」の中で

「ただ残念なのは、百六箇抄が本山に残っていない。本因妙抄が残っているから、百六箇抄も、むろんあったにちがいない」(『富士宗門史』p90)

百六箇抄が大石寺に残っていない
 

と言っており、大石寺には「百六箇抄」の「真蹟」(大石寺9世日有が偽作した『真蹟』)が残っていないと明言している。この文面からだけだと、大石寺には大石寺9世日有が偽作した百六箇抄の正本がないと言う意味なのか、それとも正本も写本もなくなってしまている、という意味なのかは判然としないが、大石寺に写本が残っている本因妙抄について堀日亨が「本因妙抄が残っている」と言っていることからして、「百六箇抄」は、大石寺には、大石寺9世日有が偽作した「百六箇抄」の正本も写本もなくなってしまている、という意味に解釈される。大石寺59世堀日亨は自らが編纂した「富士宗学要集」1巻に「百六箇抄」の全文を収録しているが、これをどこから写したかについて

「編者曰く日辰上人・日我上人等古写本(巻頭に其写真を掲ぐ)に依って之を写し一校を加へ、又後加と見ゆる分の中に義に於いて支吾なき所には一線を引き、疑義ある所には二線を引いて読者の注意を促す便とせり」(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』1p25)

百六箇抄9(末文)
 

と書いており、その写本の元は「日辰上人・日我上人等古写本」と言っている。日辰上人とは、日尊門流の京都要法寺13代貫首・広蔵院日辰(15081576)のこと。日我上人とは、日郷門流の小泉久遠寺・保田妙本寺14代貫首・日我(15081586)のこと。京都要法寺とは、1536(天文5)年の天文法華の乱で焼失した上行院・住本寺を合併して1550(天文19)年に新たに建立した寺院。

京都要法寺13代貫首・広蔵院日辰は元々、住本寺の僧侶だが、1545(天文14)年に住本寺貫首・日在から跡目を相続したとされている。住本寺焼失から9年後のことである。日辰は1550(天文19)年の要法寺建立から1576(天正4)12月に死去するまでの26年間、要法寺の貫首であった。

日我は、先代の日継が1527(大永7)年に死去してから、1586(天正14)年に死去するまでの59年間、小泉久遠寺・保田妙本寺14代貫首であった。

「百六箇抄」なる文書が、歴史上はじめて文献・古文書に登場するのは、本是院日叶(左京阿闍梨日教の改名前の法名)の著書「百五十箇条」の中で

「日蓮日興に御付属の七面七重の口決・百六箇条の本迹口決有り。付脱益五十箇条、因下種五十六箇条あり」(大石寺59世堀日亨編纂「富士宗学要集」2p180)

百六箇抄初出1
 

という文面で登場。

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(126)~「百六箇抄」末文は「百六箇抄」・京都要法寺・日尊門流偽作説の証拠ではない

■検証126・「富士門流執着軍団」や東佑介氏らの「百六箇抄」京都要法寺偽作説は誤りである19

 

□「百六箇抄」末文は「百六箇抄」・京都要法寺・日尊門流偽作説の証拠ではない

 

「百六箇抄」要法寺偽作説の根拠になっているものに、「百六箇抄」の末文

「右件の口決結要の血脈は聖人出世の本懐・衆生成仏の直路なり。上人御入滅程無く聖言朽ちず符号せり。恐る可し一致の行者、悪む可し獅子身中の虫なり。建治三年壬八月十五日聖人曰く日蓮が申しつる事ども世間出世間共に芥爾計りも違せば、日蓮は法華経の行者に非ずと思ふ可し云々。未来世には弥よ聖言符合すべしと之を覚知せよ貴し貴し云々。

設ひ付弟たりと雖も新弘通所建立の義無くんば付属を堅く禁じ給ふ者なり。然る間玉野太夫法印は王城の開山・日目弘通の尊高なり。花洛並に所々に上行院建立有り云々。仍って之を授与するのみ。正和元年壬子十月十三日               日興日尊に之を示す

右件の口決結要本迹勝劣は唯授一人の口決なり。然るに畠山の本覚法印日大、佐々木豊前阿闍梨日順は同位主伴の聖人なり。馬来、平田、東郷、朝山等在々所々に上行院を建立せしむるなり。都々等に於いて日尊数輩の学匠之れ有り。然りと雖も功力に依って之を付属す。

王城六角上行院の貫主日印、学匠惣探題日大、世出世の拝領並に中国西国等の貫主日頼と定め畢ぬ。康永元年壬午十月十三日                日尊・日大日頼に之を示す」

(「百六箇抄」大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』1p2425)

百六箇抄9(末文)
 

を挙げるものがある。つまりこれは、最後の末文が、要法寺によって加筆されたものであるから、「百六箇抄」全体が、要法寺の偽作であるとするものである。しかしこれは誤りである。

というのは、最後の末文が、要法寺によって加筆されたものであるから、「百六箇抄」全体が、要法寺の偽作であるとは、あまりにも拙速すぎるもので、あまりにも根拠が乏しすぎる。本文は本文、末文は末文であって、それぞれを具に検証した上で証拠・根拠に則って結論を導き出すべきであり、この説は、論の組み立て方に問題があると言わざるを得ない。

「百六箇抄」最後の末文が、要法寺によって加筆されたものであるから、「百六箇抄」全体が、要法寺の偽作であるとは、決定づけることはできないのである。さてこの部分であるが、日蓮正宗は、他宗派の僧侶や学者らから「百六箇抄は偽書だ」と鋭い追及を受け続けていた。それらの批判・追及にとうとう日蓮正宗が抗しきれなくなり、ついに大石寺59世堀日亨が、「部分的に偽作だ」というところまでは認めざるをえなくなった。堀日亨は自らの著書の中でこう言っている。

「『三大秘法抄』に本門戒壇の重要最難の事項があるためか、後世の五老門下の多分は偽書と称しており、百六・本因の両相伝書をまた偽書といっておる。ただし、ぜんぜん偽書というに理由のないことでもない。それは、本因・百六の御相伝の現文が、反対者を圧伏するにたらざるところを補うた後人の註釈が、かえって他門より攻撃の基となっておる。それは高妙な道理より、むしろ平凡な史実がしかりである辺もある。また二箇相承の破文に『本門寺戒壇』の本門寺の寺号を、宗祖御在世に本門寺なし、重須の本門寺は御滅後十余年後に建立せられた史実により、形もない本門寺に戒壇を建つべしと仰せあるべきでなく、まったく富士一流の偽文書というのが、主要なまた多数者の難点である。これもまた、一応、ごもっとものことで、畢竟、富士のある方面人がみずから招いた禍(わざわい)で、いたし方もあるまい。」(堀日亨の著書「富士日興上人詳伝・下」p268)

下・百六本因偽書容認
 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(125)~左京阿闍梨日教(本是院日叶)が宣揚した教学は大石寺9世日有の教学そのものだ

■検証125・「富士門流執着軍団」や東佑介氏らの「百六箇抄」京都要法寺偽作説は誤りである18

 

左京阿闍梨日教(本是院日叶)が宣揚した教学は大石寺9世日有の教学そのものだ

 

日蓮本仏義、事の戒壇、本迹勝劣、釈迦如来像不造仏義、血脈相承、二箇相承、百六箇抄、産湯相承事等々の教義、相伝書を偽作したのは大石寺9世日有であり、京都要法寺・日尊門流ではない。その大石寺9世日有門下に1472(文明4)年ころから会下していた本是院日叶(左京阿闍梨日教)が書いた「百五十箇条」に出てくる日蓮本仏義、事の戒壇、本迹勝劣、釈迦如来像不造仏義、血脈相承、二箇相承、百六箇抄、産湯相承事等々は、日尊門流教学の影響ではなく、大石寺9世日有が唱えた教学である。本是院日叶(左京阿闍梨日教)は「百五十箇条」で

「常寂光土とは本門の戒壇。是は何処に有りや富士山とこそ伝え承れ…三箇の秘法を授け玉ふ。日興を白蓮と申すも日蓮と白蓮と同じ心なり」(「百五十箇条」大石寺59世堀日亨編纂「富士宗学要集」2p177)

常寂光土とは本門の戒壇
 

「此の戒壇こそ常寂光土なれ。本国土妙なり。…此の戒壇院は広宣流布の時御崇敬有り。最も六万坊を建立有るべしと。今法華行者の所居の土、常寂光土なり」((「百五十箇条」大石寺59世堀日亨編纂「富士宗学要集」2p220)

此の戒壇こそ常寂光土本国土妙なり
 

と、「本門戒壇」「事の戒壇」について説いている。「百五十箇条」の「常寂光土とは本門の戒壇。是は何処に有りや富士山とこそ伝え承れ…此の戒壇こそ常寂光土なれ。本国土妙なり。…此の戒壇院は広宣流布の時御崇敬有り。最も六万坊を建立有るべしと。今法華行者の所居の土、常寂光土なり」という「本門戒壇」が常寂光土であり、「此の戒壇院は広宣流布の時御崇敬有り」との文は、保田妙本寺・日要が大石寺9世日有の説法を筆録した「新池抄聞書」の文

「日有云く、また云く、大石は父の寺、重須は母の寺、父の大石は本尊堂、重須は御影堂、大石は本果妙、重須は本因妙、彼は勅願寺、此は祈願寺、彼は所開、此は能開、彼は所生、此は能生、即本因、本果、本国土妙の三妙合論の事の戒壇なり」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の著書「富士日興上人詳伝」p294295/「富士日興上人詳伝・下」p84)

新池抄聞書1


新池抄聞書3
 

に出てくる、「本因、本果、本国土妙の三妙合論の事の戒壇」、すなわち大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」を祀る堂宇が「事の戒壇」であるという教義と同趣旨である。この「事の戒壇」という教義は、日蓮が説いた三大秘法のひとつの「戒壇」とは、全く別個の戒壇であり、大石寺9世日有が独自に発明・偽作した教義である。この「事の戒壇」の教義は日尊門流には絶対にない。

後に本是院日叶(左京阿闍梨日教)

「三箇の秘法とは日蓮、日目と御相承し、…この三箇の秘法は当家の独歩なり」(左京阿闍梨日教『穆作抄』大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』2p257)

この三箇の秘法は当家の独歩なり
 

「此の三箇の秘法、余流に存知無きも道理なり」(左京阿闍梨日教の著書『類聚翰集私』大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』2p313)

三箇の秘法余流に存知無きも道理
 

と、「当家の独歩」「余流に存知無き」と宣揚している。左京阿闍梨日教が説いた「三大秘法」が、日蓮が説いた「三大秘法」あるいは日尊門流でも説いている「三大秘法」ならば、「当家の独歩」「余流に存知無き」等と鼓吹・宣揚するはずがない。

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(124)~百六箇抄のキーパーソン・左京阿闍梨日教(本是院日叶) の正確な人物履歴はこれだ

■検証124・「富士門流執着軍団」や東佑介氏らの「百六箇抄」京都要法寺偽作説は誤りである17

 

百六箇抄のキーパーソン・左京阿闍梨日教(本是院日叶) の正確な人物履歴はこれだ

 

さまざまな史料や証拠などから、「富士門流執着軍団」の東佑介氏や犀角独歩氏らが唱えている本是院日叶(左京阿闍梨日教)の履歴・事跡に関する通説は誤っており、「百六箇抄」のキーパーソン・左京阿闍梨日教(本是院日叶)の人物履歴は書き改められなくてはならないということになる。正確な左京阿闍梨日教の人物履歴は、次のようになる。

□左京阿闍梨日教は、1428(正長1)年出雲生れ。はじめは、日尊門流の朝山妙蓮寺・日耀の門に入門して出家・得度。本是院日叶と名乗った。

□のちに京都の日尊門流の本山・住本寺(要法寺の前身)に登る。

1469(文明1)年、本是院日叶は、出雲の日耀等とともに、京都・日尊門流の本山・住本寺貫首(京都要法寺第10)日広の代官として、室町幕府に諫状を呈している。

1472(文明4)年ころ、本是院日叶は日尊門流から大石寺9世日有の門に会下したとされている。このときから1482(文明14)年の大石寺9世日有死去までの間に、僧名を本是院日叶から左京阿闍梨日教と改名した。

1480(文明12)年、本是院日叶の名前で著書「百五十箇条」を著す。ここで本是院日叶は、造仏不造、日蓮本仏義、事の戒壇、本迹勝劣等の教学を展開している。

1481(文明13)年、本是院日叶の名で京都・鳥辺山に日蓮の碑を建立。ただし、これには疑義がある。

1482(文明14)929日、大石寺9世法主日有が81才で死去。後継は大石寺12世日鎮が法主として登座。

1483(文明15)年、摂津国(大阪府)堺の調御寺住職・日乗に宗義相伝書を授与する。この日乗についての詳細は不明。調御寺開山の日乗とは別人と考えられる。

その後、日向国(宮崎県)に行く。

1484(文明16)17日、日向国(宮崎県)穆作の地で著書・「穆作抄」を著す。

その後、左京阿闍梨日教は日向国から大石寺に戻ったと伝えられている。

1487(長享1)1116日、著書・「四信五品抄見聞」を著す。

1488(長享2)111日、著書・「五段荒量」を著す。

1488(長享2)610日、著書・「類聚翰集私」を著す。

1489(延徳1)114日、著書・「六人立義破立抄私記」を著す。

□左京阿闍梨日教は、その後、大石寺から重須(北山)本門寺に移ったとされるが、詳細は不明。又、左京阿闍梨日教の寂年も不明である。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ