「産湯相承事」

 

日興之を記す 

御名乗りの事、始めは是生、実名は蓮長と申し奉る。後には日蓮と御名乗り有る御事は、悲母梅菊女〈童女の御名なり〉平の畠山殿の一類にて御座す云云。

法号妙蓮禅尼の御物語り御座す事には、我に不思議の御夢想あり、清澄寺に通夜申したりし時、汝が志真に神妙なり、一閻浮提第一の宝を与へんと思ふなり、東条片海に三国の太夫と云ふ者あり、是を夫と定めよと云云。

 

其の歳の春三月二十四日の夜なり、正に今も覚え侍るなり。我父母に後れ奉て已後、詮方なく遊女の如くなりし時御身の父に嫁げり。

或夜の霊夢に曰く、叡山の頂に腰をかけて近江の湖水を以て手を洗て、富士の山より日輪の出でたもうを懐き奉ると思て、打ち驚て後月水留る、と夢物語りを申し侍れば、父の太夫我も不思議なる御夢想を蒙むるなり。

虚空蔵菩薩、貌吉き児を御肩に立て給ふ。此の少人は我が為には上行菩提菩薩なり。日の下の人の為には生財摩訶菩薩なり。亦一切有情の為には行く末三世常恒の大導師なり。

是を汝に与へんとのたもうと見て後、御事懐妊の由を聞くと語り相いたりき。さてこそ御事は聖人なれ。

又産生まるべき夜の夢に、富士山の頂に登て十方を見るに明なる事掌の内を見るが如し、三世明白なり。 梵天・帝釈・四大天王等の諸天悉く来下して、本地自受用報身如来の垂迹上行菩薩の御身を凡夫地に謙下し給ふ、御誕生は唯今なり、無熱池の主阿那婆達多竜王八功徳水を応に汲み来るべきなり、当に産湯に浴し奉るべしと諸天に告げ給へり。 仍て竜神王即時に青蓮華を一本荷い来れり。其の蓮より清水を出して御身を浴し進らせ侍りけり。

其の余れる水をば四天下に灑ぐに、其の潤ひを受くる人畜草木国土世間悉く金色の光明を放ち、四方の草木花発らき菓成る。

男女座を並べて有れども煩悩無く。淤泥の中より出れども塵泥に染まず。譬へば蓮華の泥より出でて泥に染まざるが如し。

人・天・竜・畜共に白き蓮を各手に捧げて日に向て「今此三界 皆是我有 其中衆生 悉是吾子 唯我一人能 為救護」と唱へ奉ると見て驚けば、則ち聖人出生し給へり。

「毎自作是念 以何令衆生 得入無上道 速成就仏身」と苦我啼き給ふ。

我少し寐みし様なりし時、梵帝等の諸天一同音に唱へて言く、善哉善哉善日童子、末法教主釈迦仏と三度唱へて作礼して去し給ふと寤に見聞きしなりと、慥に語り給ひしを聞し食し、さては某は日蓮なりとの給ひしなり。

聖人重ねて曰ふ様は、日蓮が弟子檀那等悲母の物語りと思ふべからず、即ち金言なり。其の故は予が修行は兼ねて母の霊夢にありけり。

産湯相承2 


続きを読む