アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺史30・日蓮正宗と池田大作・創価学会の第2次紛争・全面戦争

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

1991年の創価班退去後、一時、ゴーストタウン化していた大石寺・法華講事務所

□「登山センター」の六文字のゴロ合わせで決まった「法華講事務所」の名前

 

大石寺の総二坊の並びに「法華講事務所」という名前の、何やら軍艦か、軍事基地を連想させるような建物がある。ここは、1972(昭和47)年の正本堂建立落慶にあわせての大石寺整備計画により建立された。つまり1965(昭和40)10月に、創価学会が中心になって僧侶・寺族・信者から募金した360億円から建立された堂宇である。

この登山センターの完成によって、それまで雪山坊で起居していた創価班が、登山センターに引っ越してきたとのことである。建立当初は「輸送センター」という名前であったが、まだ宗創和合時代だった1980年代に「登山センター」と改称した。

登山センターとは、宗創和合時代に創価学会の団体登山が行われていたころ、「本山担当」「輸送担当」の創価班が起居していた所。常に365日、ここには「本山担当」の創価班が常駐していた。

19916月末の創価学会団体登山会廃止によって、ここから創価班は退去。しばらく、無人のゴーストタウンと化していた。

1991年秋ころから右翼団体の街宣車が大石寺周辺に押しかけてきていたのだが、このころ、この無人のゴーストタウンだった登山センターは、大石寺自警団に応援に来ていた寺族や信者に休息所?として、開放されていた。といっても、静岡県外の遠隔地から大石寺警備の応援に来ていた信者が宿泊するために解放されていただけのこと。この当時の登山センターの中は、完全無人の灯も薄暗く、各部屋の中は清掃もされていない幽霊屋敷状態。

こんな薄気味悪い所で、日蓮正宗の信者がよく宿泊していたものだと思う。

登山センターの正面玄関から入って右手には「本堂?」らしき広間があって、中央須弥壇には、日蓮正宗大石寺66世細井日達法主が書写した板本尊が祀られていた。ただ祀られてはいたが、登山センターには誰もいなかったせいか、板本尊の前には水を入れる金椀も供物も何もなく、ガラーンとしていた。私も、いろいろ大石寺の堂宇や末寺の板本尊などを見てきたが、板本尊の前に水を入れる金椀も供物もないという光景ははじめて見た。登山センターの「本堂?」も、灯が消されていたため、薄暗くなっており、外から見ていると、実に気味悪く見えた。

 

これが創価学会が破門になった後、1992年の春ぐらいから、登山センターは「法華講事務所」と名前が改称され、ここで法華講連合会役員と輸送班・整理班・救護班が起居するようになった。

なぜここが「法華講事務所」との名前になったのか。日蓮正宗の僧侶の話によれば、この旧登山センターの正面玄関の上に「登」「山」「セ」「ン」「タ」「ー」という、一文字ずつの掲示があった。

創価学会破門によってこの掲示は撤去。さて新しい名前は、「登山センター」の一文字ずつの掲示を埋め合わせるべく、六文字がふさわしいということで、日蓮正宗が六文字の名前をいろいろ考えたあげく、六文字の「法華講事務所」に決まったという。

大石寺登山センター(法華講事務所)1 

続きを読む

新築落慶から5年しか経っていないのに大きな裂け目が入っていた大石寺六壺の柱

□池田大作が願主になり創価学会が寄進した六壺を取り壊して六壺を新築した阿部日顕

 

大石寺の六壺(むつぼ)という堂宇は、ちょうど客殿と大坊の間に建っている。

この堂宇は、日興の大石寺創建当時からあった堂宇で、もともとは六室にわかれていたことから「六壷」と呼ばれるようになったとも言われるが、これは寺伝であって、定かではない。

六壺6


大石寺では、六室のうちの一室を日興が持仏堂にしたと言っている。

昭和59(1984)3月発行の「大石寺案内」によれば、明治22(1889)、大石寺52世鈴木日霑法主の代に、独立した堂宇として建立されて近代に至った、と書いてあるので、それ以前は、独立した堂宇ではなかったということである。

昭和40(1965)46日、創価学会会長・法華講総講頭・池田大作の発願・建立寄進により、七間四面、瓦葺き・総欅造り、四壁が蔀造り、72畳敷の六壺が再建新築された。

丑寅勤行4(旧六壺)


現在の六壺は昭和63年(1988年)10月、大石寺67世阿部日顕法主の代に、大石寺開創700年を記念して再建された。十間四面の総欅作りで、内部は170畳敷。建物は大坊と渡り廊下でつながっている。

72畳敷の六壺が170畳敷になったわけだから、かなり堂宇が広がったことになる。

大石寺の深夜の「丑寅勤行」では、客殿の五座勤行と客殿「戒壇の大本尊」遙拝所の読経・唱題が終わった後、法主は六壺に来て読経唱題し、大坊に引き上げていく。この六壺の読経・唱題は、僧侶しか中に入ることができないが、六壺で毎日行われている夕の勤行の時間帯は、六壺は開門されていて、中に誰でも入っていけるのである。具体的に、六壺の開門時間が何時から何時までだったかは忘れてしまったが、この六壺の夕の勤行の時間帯に、一度、入ったことがある。

 

大石寺では、六壺に祀っている板本尊は日興書写の曼荼羅を模刻した本尊で、脇書には

「乾元二年(嘉元元年)八月十三日書写之。富士大石寺持仏堂安置本尊也」

の文字が入っているとしている。

これに対して、犀角独歩氏は、この六壺の板本尊は、ニセ本尊であると非難している。

□日興作を騙る「大石寺持仏堂安置本尊」偽造については(犀角独歩氏のブログ)

http://blog.livedoor.jp/saikakudoppo/archives/50865483.html

ただし、これはあくまでも犀角独歩氏個人の見解であって、「アンチ日蓮正宗」と犀角独歩氏の見解は全くの無関係である。又、「アンチ日蓮正宗」は、犀角独歩氏の見解を支持していないことを附言しておく。

 

続きを読む

総一坊・総二坊の板本尊脇書から消えた「願主 法華講総講頭 池田大作」の金文字

□創価学会寄進寺の板本尊脇書に必ず入る「願主 法華講総講頭 池田大作」の金文字

 

総一坊、総二坊は、1990(平成2)年の「大石寺開創七百年」記念事業で、創価学会の寄進・供養により建てられた堂宇である。願主は当時の日蓮正宗法華講総講頭・池田大作であり、総一坊、総二坊の中にある、いくつもの広間に祀られている、日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主書写の板曼荼羅本尊の脇書には、全て「願主 法華講総講頭 池田大作」の金文字が入っていた。

創価学会をはじめとする「在家信者」による寺院寄進の基本パターンは、寺院を寄進する「在家信者」が土地を用意し、建物の設計・施工・仏具調達・費用負担の一切を行う。総一坊・総二坊の場合は、土地は大石寺境内にあるので、寄進の中には入らないが、建物の名義は創価学会の名義になっているため、新築落慶法要も創価学会の主催する行事であり、日蓮正宗側から出席する法主、末寺住職たちは、創価学会に招かれて出席するということになる。落慶法要の席では創価学会側から法主に寄進趣意書の贈呈、法主から創価学会側に受書の授与が行われ、しかる後、創価学会から日蓮正宗への名義変更の手続きが取られる

よって総一坊、総二坊の広間に祀る板本尊は、寄進する側の創価学会が日蓮正宗大石寺法主に願い出るため、板本尊の脇書には、創価学会のトップである「願主 法華講総講頭 池田大作」の金文字が必ず入る。これは総一坊、総二坊に限らず、創価学会の末寺寺院寄進の場合も同様である。

これは、1991年の日蓮正宗と創価学会の宗創戦争、1992年の池田大作・信徒除名以降もしばらくそのままになっていた。

ところが1994(平成6)年頃、この総一坊、総二坊の広間に祀られている板曼荼羅本尊の左端の「授与之」の下の部分の「願主 法華講総講頭 池田大作」の文字がそっくり消えてなくなった。

これと同じ光景は、日蓮正宗宗務院教学部長(現・富士学林長)の大村寿顕(日統)氏が住職をしている宝浄寺でも見ている。

大石寺総一坊2


私にとっては、大石寺総一坊、総二坊に祀られている板曼荼羅本尊の脇書に池田大作の名前が書いてあろうがなかろうが、どうでもいいことだ。そんなものは好きにしたらいいことだと思う。

しかし…である。この板本尊に元々書いてあった「池田大作」の名前を、宗創戦争が起こったあとに消してしまうということは、今の日蓮正宗にとって、まことに都合が悪い歴史になってしまった「池田創価学会の寄進・供養による建立」という事実を、意図的に抹消してしまおうという日蓮正宗の意志があるような気がしてならない。

日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主は言う。「池田大作は誤っている。だからそれを指摘しているのだ」と。もしこの阿部日顕法主の言葉が本当なら、なぜ板本尊から「池田大作」の名前を消してしまうのか?

総一坊、総二坊建立の願主が池田大作であるということは歴史的事実であり、その誤った願主を諫めているというのなら、板曼荼羅本尊に願主名を残しておくべきなのではないのか。

続きを読む

創価学会会館そっくりの総坊で行われている創価学会そっくりの法華講指導会・座談会

□広間・部屋の造りが創価学会の会館の広間とそっくりになっている総一坊・総二坊の広間

 

日蓮正宗大石寺の広大な境内の、黒門から入った先には、総一坊、総二坊という二つの総坊が建っている。大石寺黒門から清貫洞・三門までの間の境内は「広布の広場」と呼ばれていて、総一坊、総二坊、法華講事務所(旧登山センター)、常来坊、常灯坊といった堂宇が立ち並んでいる。

こりあたりは、1950年代以降の創価学会折伏大進撃による日蓮正宗信徒激増期に整備された所で、もともとは正本堂建立慶祝六百万総登山会の準備態勢として、1966(昭和41)7月に一之坊、三之坊が完成。1967(昭和42)10月に二之坊、四之坊が完成。1971(昭和46)12月に五之坊が完成。かつてはここに一之坊、二之坊、三之坊、四之坊、五之坊という五つの鉄筋コンクリート造りの坊が建っていた。

これが日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主の代になってから、1990(平成2)年の「大石寺開創七百年」記念事業として一之坊、二之坊、三之坊、四之坊、五之坊は全て取り壊され、総一坊、総二坊が建てられた。あの当時は宗創戦争前の日蓮正宗・創価学会の宗創和合時代のことで、総一坊、総二坊も創価学会の寄進によって建てられた総坊である。

日蓮正宗では、大石寺67世阿部日顕法主の代になってから、創価学会の寄進・供養によって建てられた堂宇である大客殿、正本堂、総門、常来坊、常灯坊、常来坊等を取り壊し、新しい堂宇に建て替えているが、総一坊、総二坊は、今でも創価学会が寄進・供養した堂宇のままである。

 

総一坊も総二坊も、一階、二階にいくつもの部屋や広間、大広間があり、それそれの広間、部屋に板曼荼羅本尊が祀られている。当初、これらの板曼荼羅本尊の脇書には、「願主 法華講総講頭 池田大作」の文字が入っていた。

その総一坊、総二坊の広間・部屋の造りだが、これが創価学会の会館の広間の造りにそっくり。全く瓜二つなのである。

総一坊、総二坊の外観は、そんなにそっくりでもないが、総一坊、総二坊の中に入り、仏間の仕切り、襖の戸、室内の造りは、全く創価学会の会館そのものといった感じ。というか、創価学会の会館をそっくりそのまま大石寺に移築したのではないかとすら思えたくらいである。

もっとも、総一坊、総二坊も創価学会の寄進・供養で建てられたのだから、創価学会の会館そっくりの造りになっていて当たり前と言えば、当たり前なのかもしれないが。

 

法華講連合会の月例登山会があった時、総一坊、総二坊の大広間で指導会、座談会が行われていた。総登山会や夏季講習会登山では、登山信者が休息する休息坊。ないしは宿坊になることもある。

大石寺総一坊2 

続きを読む

創価学会破門以降も「妙法」の題字の創価学会員墓石が占拠しつづける日向定善寺墓苑

□創価学会折伏大進撃で日蓮正宗に合同した歴史の真実を隠蔽する日向定善寺

 

創価学会・池田大作が大いなる屈辱を被った有名な寺院・日向定善寺へは、私はJR日向駅からタクシーで向かった。定善寺は、日向市内の小高い山のてっぺんにあり、タクシーで坂道を登って行ったのですが、坂道を登り切ったとたん、目の前には、定善寺の墓園が広がっている

私は、その墓園を見て、びっくり

それは、縦書きで「南無妙法蓮華経」と書かれている日蓮正宗の墓園でありがちな、日蓮正宗式の墓石ではなかった。

それは、横書きで「妙法」と書いてある墓石。つまりこれは、創価学会員の墓石であった

私が定善寺へは宗創戦争前の宗創和合時代にも行っているし、1991年の宗創戦争勃発・創価学会破門から15年以上、経ってからも行っているそのときも日向定善寺境内の墓園には、創価学会員たちの墓石が所狭しと並んでいた。これは、私にとって、予想外の光景でした。

日向定善寺の建物の一角には、池田大作・創価学会の供養・寄進で建てられた本堂がそびえ立っていた。池田大作が願主になって新築になった本堂と、境内に広がる創価学会員たちの墓園…

何か見ていると、ここ日向定善寺は、日郷門流の寺院というよりは、創価学会の寺院みたいな印象を受けた。創価学会破門によって創価学会と決別したはずの日蓮正宗の寺院なのに…である。

こう言うと、「創価学会が破門になっても、墓石までそう簡単に移転できるものではない」などと言い訳するであろう。

しかし日蓮正宗寺院の墓苑にある墓石は、通常、法主の題字による「南無妙法蓮華経」が書いた墓石が並んでいるのではないか。それがここは、「妙法」の池田大作の題字が書いた創価学会員の墓石が並んでいる。これは創価学会が経営する創価学会墓苑に並ぶ墓石と全く同じである。

これでは、日蓮正宗寺院であるのに、創価学会員の墓苑があると言われても仕方あるまい。

日蓮正宗本山・日向定善寺は公式ホームページを持っているが、昭和三十年代に創価学会の折伏大進撃で日蓮正宗に合同したことも、「妙法」の池田大作の題字が書いた創価学会員の墓石が並んでいる墓苑があることも、一言も書いていない。

定善寺6


□定善寺ホームページ

http://www16.ocn.ne.jp/~jouzenji/

 

日向定善寺は、1957(昭和32)年、日蓮宗を離脱して日蓮正宗へ合同したという大きな歴史を歩んでおり、これが今の日向定善寺を決定づける歴史の1ページであることは承知の事実である。

ならば、どういう経緯で日向定善寺が日蓮正宗に合同したのか、ということを公式ホームページで明らかにすることは、当然の責務ではないか。

にもかかわらず、日向定善寺は今日に至るまで、こういう歴史の真実を隠蔽しつづけている。これは信者や大衆を欺瞞する行為である。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ