アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗は偽り・虚構と国際人権規約違反の折伏を即時中止せよ

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮正宗は「信教の自由」から大きく逸脱した折伏・布教活動を即時中止せよPART1

□折伏誓願目標未達成の住職が呼びつけられネチネチと「つるし上げ」られる「折伏推進指導会」

 

201715日、日蓮正宗総本山大石寺の境内にある日蓮正宗宗務院庁舎の大会議室にて、大石寺68世早瀬日如法主が臨席して、「折伏推進指導会」が開催された。平成292月号「大日蓮」の報道によれば、「折伏推進指導会」は15日の午前1030分と午後130分の二回、行われたという。大石寺では全日の14日、全国の日蓮正宗末寺の僧侶・寺族が登山して「末寺僧侶・寺族初登山会」が行われ、午前中は大石寺68世早瀬日如、大石寺67世阿部日顕への目通り(面会)と新年の挨拶、奉安堂での「戒壇の大本尊」内拝、午後は大講堂にて法主以下、日蓮正宗の僧侶と寺族が一堂に会しての新年祝賀会、つまり酒盛りの大宴会が行われた。

そしてその翌日に行われた「折伏推進指導会」とは、2016年度の末寺寺院・法華講支部の折伏誓願目標が達成できなかった法華講支部指導教師(末寺住職)を集めて、「具体的な指導」を行うというもの。つまり前年の折伏誓願目標が達成できなかった住職は、酒盛りの大宴会の終了後も、大石寺に留め置かれ、「折伏推進指導会」に出席させられたというわけである。

ではどれだけの住職が「折伏推進指導会」に出席させられたのか。平成292月号「大日蓮」p50に載っている写真を分析してみると、2人掛けの机がタテ6列、ヨコ8列並んでいる。そうすると出席僧侶は2人×6列×8列×2日で192人。そうすると日蓮正宗は、日本全国・海外で619ヶ寺あるので、全体の約3割以上の寺院が、前年の折伏誓願目標が未達成だったことになる。

そういう寺院の住職たちを集合させて、「オマエの寺院は、どうして折伏誓願目標が達成できなかったのか」と、ネチネチと指導される。それだけではない。

日蓮正宗では、前年2016916日、大石寺境内の宗務院庁舎にて、2016年度の折伏誓願目標達成に大幅な遅れが見られる法華講支部指導教師(住職)を集めて「折伏推進指導会」を行っている。これを報道する平成2811月号「大日蓮」によれば、これには大石寺68世早瀬日如法主、阿部信彰布教部長、新井契道副布教部長、3人の折伏推進委員からネチネチと指導された他、さらに加えて「折伏推進指導会」終了後、折伏誓願目標達成に大幅な遅れが見られる住職一人一人を呼びつけて、ネチネチと個別指導までが行われている。ここまで来たら、これは「指導」というより、折伏誓願目標未達成の住職に対する懲罰的な「つるし上げ」、全国末寺住職に対して、「折伏誓願目標が未達成だったら、こうなるんだぞ」という「見せしめ」的懲罰に等しい。

さらに2016年度では、112日から日蓮正宗の全国48布教区別に「法華講員80万人体勢構築推進僧俗指導会」を、510日には大石寺の宗務院庁舎で「布教研修会」を、62日~10日まで、同じく大石寺の宗務院庁舎にて「所属信徒別指導会」を行っている。

これらいずれの「指導会」も、各法華講支部に割り振られた折伏誓願目標を達成させるため。目標が達成されれば何事もないが、その年の折伏誓願目標達成に大幅な遅れが見られるとなれば、9月の「折伏推進指導会」に住職が呼びつけられて、ネチネチと指導される。そしてさらに未達成確定となれば、さらに翌年1月の「折伏推進指導会」に住職が呼びつけられて、実質的な「つるし上げ」を喰らってしまうというわけである。

 

2大日蓮)
 

(平成292月号「大日蓮」が報道じる201715日の「折伏推進指導会」)

 

続きを読む

日蓮正宗は千葉県松戸市秋山地区の新寺院建設計画を即時全面白紙撤回せよPART1

□強引・非常識な折伏をする日蓮正宗の新寺院建設は近隣住民の平和に対する重大な脅威だ

 

日蓮正宗が千葉県松戸市秋山地区で新寺院建設を計画。これに対して新寺院建設予定地の近隣住民の方々が日蓮正宗の新寺院建設に猛反対。日蓮正宗の新寺院建設の白紙撤回を要求して反対運動を繰り広げておられる。新寺院建設予定地の近隣には「宗教施設建設反対」の旗が多数なびいており、20168月現在で、何と1453筆にものぼる「日蓮正宗宗教施設反対署名」が行われて、松戸市長宛に提出されている。

秋山8


秋山1


 秋山12-2ok

秋山13-2ok


秋山17-2ok

(日蓮正宗新寺院建設予定地の近隣にはためく「宗教施設建設反対」の旗)

秋山6


秋山5-2ok
 

(日蓮正宗新寺院建設予定地)

秋山反対ビラ1


秋山反対ビラ2-2ok


秋山反対ビラ3-2ok


秋山反対ビラ4
 

(「秋山の街を守る会」製作の日蓮正宗新寺院建設反対のビラ)

秋山反対署名1-2ok
 

(「秋山の街を守る会」製作の日蓮正宗新寺院建設反対署名簿)

日蓮正宗は、日本のみならず世界中の人を一人残らず日蓮正宗の信徒にしてしまうことを意味する「広宣流布」を究極の目標に据えて、日本のみならず海外各国に至るまで、強引・執拗・非常識な折伏・布教活動を行っている。日蓮正宗のこのような過激体質は、少なくとも江戸時代に散見され、明治・大正・昭和にかけてその過激体質をエスカレートさせている。この過激体質の日蓮正宗から、昭和時代に、過激な折伏・布教活動で信徒数を激増させた創価学会、妙信講(今の顕正会)が輩出し、創価学会の最高指導者・池田大作が通算26年にもわたって日蓮正宗信徒のナンバーワン(法華講総講頭)だったことは、余りにも有名である。日蓮正宗は1974年に妙信講(今の顕正会)を破門。1991年に創価学会を破門。1992年に池田大作を信徒除名にして、一時的に信徒数が減少した。ところが1990年代から「3万総会」「6万総会」「30万登山」「50万登山」「法華講員50%増加」「80万法華講員」といった、無茶な布教目標を立てて、強引・執拗・非常識な折伏・布教活動を展開する過激体質を一層エスカレートさせている。さらに2000年代に入ってからは、大人の信徒のみならず、未成年の小学生、中学生、高校生に「折伏せよ」などと「指南」(指導)して、心ある人の大顰蹙を買っている他、日蓮正宗のトップ・管長・代表役員である大石寺68世早瀬日如法主が、大石寺広布坊で行われた「法華講連合会総会」の席で日蓮正宗の信徒を前に、「折伏している相手が入信するまで折伏せよ」との非常識極まりない「指南」(指導)をしている。これは

1 すべての者は、思想、良心及び宗教の自由についての権利を有する。この権利には、自ら選択する宗教又は信念を受け入れ又は有する自由並びに、単独で又は他の者と共同して及び公に又は私的に、礼拝、儀式、行事及び教導によってその宗教又は信念を表明する自由を含む。

2 何人も、自ら選択する宗教又は信念を受け入れ又は有する自由を侵害するおそれのある強制を受けない。」

とある日本が1978年に署名し、1979年に批准している国際人権B規約 第18条違反であり、日本国憲法第20条の「信教の自由」「布教の自由」からの大きく逸脱した活動であることは明らか。

そうなると、全国各地に点在する日蓮正宗寺院は、「入信するまで折伏せよ」とのストーカー折伏の拠点ということになり、日蓮正宗の新寺院か゛建設されるとなれば、これは近隣の住民の方々の平和な生活に対する重大な脅威である。

 

続きを読む

日蓮正宗は「入信するまで折伏せよ」とのストーカー折伏・布教指導を即時中止・撤回せよ

□日蓮正宗の全信徒に「入信するまで折伏せよ」と指南している大石寺68世早瀬日如法主

 

日蓮正宗の日本国憲法の「信教の自由」「布教の自由」を大きく逸脱した体質、国際人権B規約 第18条に違反する体質は、未成年の子供、小学生、中学生、高校生への折伏命令を下したり、殉教の精神を説いたりしているだけではない。日蓮正宗のトップ・管長・代表役員である大石寺68世早瀬日如法主は、2016(平成28)327日、大石寺広布坊で行われた「法華講連合会第53回総会」の席で日蓮正宗の信徒を前に、「入信するまで折伏せよ」との「指南」(指導)をしている。

「既に皆様もご承知の通り、本年は『折伏躍進の年』であります。すなわち、本年はすべての講中が、異体同心・一致団結して、来るべき平成33年・法華講員80万人体制構築へ向かって大折伏戦を展開し、本年度の折伏誓願を必ず達成して、勇躍として前進すべき、まことに大事な年であります。されば、まず私ども一人一人がこのことを深く心に刻み、誓願達成へ向けて、勇気と確信を持って、存分に戦いきっていただきたいと思います」

「折伏は、決して口先だけでできるものではありません。全人格で足を使い、心を込めて折伏するのであります。また折伏に『これなら絶対に達成できる』というような、絶対の方程式などはありません。題目を唱え、その功徳をもって一生懸命に折伏することが大事であります。折伏は相手を救う一念で、ひたすら折伏する以外に達成の秘訣はないのであります。また、たとえだれがやらなくても、一人になっても折伏するという、断固たる決意と勇猛果敢なる行動こそが大事であります」

「私どもの折伏も、大聖人様がそうであったように、初めは一人であっても、断固たる決意を持って、根気よく折伏に励むところ、必ず達成成就することができるのであります。折伏ができないのは、途中でやめてしまうからであります。折伏は、あくまでも続けていくということが大事なのであります。それが達成の秘訣であろうと思います。平成33年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員80万人体制構築まであと5年、法華講にとっては、これからの戦いが勝負であります。今こそ、全講中が総決起して、破邪顕正の折伏を実践すべき時であり、どの(法華講)支部も遅れをとってはなりません。(日蓮の『如説修行抄』の文を引用して)折伏をすべき時に、折伏をしない者は『物怪』であるとの厳しいお言葉であります」

「本年は『折伏躍進の年』に当たり、私どもは一人一人がこれらの御金言を深く心に刻み、全身全霊を傾けて、身軽法重・死身弘法(しんきょうほうじゅう・ししんぐほう)の大折伏戦を展開して折伏誓願を達成し、もって仏祖三宝尊に対し奉り御報恩謝徳申し上げ、それぞれが一生成仏を果たされますよう心から念じ、本日の話しといたします」

(日蓮正宗宗務院機関誌『大日蓮』平成285月号より)

27ストーカー折伏指南1


27ストーカー折伏指南2


27ストーカー折伏指南3


27ストーカー折伏指南4


5大日蓮
 

法華講とは、日蓮正宗の大石寺塔中・末寺寺院・教会の信徒を総括したものを指すことばで、大石寺に法華講本部、大石寺塔中・各寺院・教会に法華講支部を置く。日蓮正宗信徒は、大石寺塔中・末寺寺院・教会の法華講支部を中心に活動する。昭和37年(1962年)、大石寺66世細井日達法主の代に、法華講支部の連合体である地方部が、さらに地方部の連合体である日蓮正宗法華講連合会が結成され、信徒団体として組織化が進んだ。法華講連合会には委員長、副委員長、理事、幹事、さらに地方部長、副地方部長以下の役員がいる。

 

続きを読む

2015年は日興生誕770年慶祝の年ではなく大石寺「戒壇の大本尊」偽作570周年の年だ

□こんな「ウソっぱちの法華講員50%増」をやってどこが公益法人の目的に適うのか

 

日蓮正宗では、すでに20153月に大石寺で行う「日興生誕770年記念法要」ならびに「法華講員50%増『偽りの達成宣言』大会」の計画を発表。2014610日に日蓮正宗宗務院が全国住職・主管宛てに発した「九者別報告書の提出について」と題する通達の中で、何と

「一、檀信徒名簿に登録した法華講員が、転居先不明となった場合、宗規第223条の除籍規定によらない限り、住職・主管の判断で檀信徒名簿から削除することはできない。…

二、宗規第220条のとおり、日蓮正宗の檀信徒は全員が法華講員である。したがって通称『墓檀家』『檀徒』も法華講員であり、当然所属檀信徒の世帯数・人数に含まれる。住職・主管の判断で、墓檀家の世帯数・人数を法華講員から除外することのないよう注意すること。但し、墓地使用者の中で、他寺院所属の信徒、及び本宗信徒以外の者は、所属檀信徒には含めない。」

と記し、実質的に日蓮正宗の信仰を放棄した人、日蓮正宗から離檀した人から日蓮正宗宗門寺院を去って正信会寺院に行った「檀徒」まで含めて、法華講員50%増達成を宣言しようという、驚くべき「裏技」を使う方針を打ち出している。「転居先不明者」などと言えば聞こえはいいが、この中に日蓮正宗の信仰を放棄して、寺院に行き先を告げずにどこかに行ってしまった人が入っているのは明らか。なぜならば、通常、法華講員が転居した場合は、所属寺院に届け出る。転居によって一時的に住所がわからなくなった場合でも、寺院に参詣している人であれば、その人が寺院に来たときに転居先を聞くので、住所が判明する。他の日蓮正宗寺院に移籍した場合は、移籍した先の寺院が、信徒の住所等を把握している。だから普通に法華講員として信仰活動をしている人で、転居先不明になるなどということはあり得ない。したがって、寺院の信徒名簿に名前が残っていながら、転居先不明になっている人とは、日蓮正宗の信仰を事実上放棄した人以外にあり得ない。日蓮正宗宝浄寺の元信徒で、現在、滋賀県琵琶湖畔の某寺に住む某僧も、2009年に

「正確に言えば、わたしは法華講をやめていませんよ。 末寺の役職を辞退しただけで、脱講届も出していません。 また、大石寺から信徒除名にもなっていません。 あしからず。 」と、インターネット上での書き込みが発覚。離檀手続きも何もせずに、日蓮正宗信徒としての籍が残っていることが発覚した。この僧の場合も、宝浄寺からすれば「転居先不明者」ということになり、20153月の「法華講員50%増」のカウントでは、法華講員としてカウントされることになるようだ。

さらに「檀徒」までも法華講員としてカウントするというのも全く驚きという以外にない。檀徒とは、197080年代にかけて、創価学会を脱会して日蓮正宗寺院信徒になった人たちのことだが、1970年代は、今の正信会寺院も日蓮正宗寺院として機能しており、又、日蓮正宗宗門寺院にも、多数の檀徒が所属していて、「檀徒会」という団体を組織していた。これが正信会の創価学会批判や大石寺67世阿部日顕の血脈問題による混乱で、正信会寺院から宗門寺院へ、宗門寺院から正信会寺院へ移る信徒が続出。この当時は、今のように日蓮正宗「宗規」の中で、檀信徒の条項が整備されておらず、日蓮正宗寺院信徒=法華講員でもなかった時代のこと。

 

続きを読む

2021年・日蓮生誕八百年にいくらの供養金集めをして何を建て替えるのか、日蓮正宗大石寺

□いまだ大石寺の残る創価学会寄進の堂宇・大坊・内事部・総一坊・総二坊・大講堂・奉安殿

 

先頃の日蓮正宗・臨時宗会で、日蓮生誕八百年慶祝局が正式に発足した。これは過去における日蓮七百遠忌の遠忌局等々と同じもので、今後はこの慶祝局を軸に、供養金集めや堂宇建て替え、大法要の段取り、協議等が進められていくことになると思われる。

今のところ、堂宇の修復予定が発表されているのは、大石寺三門と五重塔の修復である。五重塔は戦後になってから、大石寺64世水谷日昇法主の代に戸田城聖・創価学会の寄進で、大石寺66世細井日達法主の代に、池田大作・創価学会の寄進で修復が施されている。日蓮正宗は、1990年の三万総会、1994年の六万総会、2002年・日蓮立宗750年の奉安堂供養と30万登山、2009年・日蓮立正安国論750年の120億円供養と50万総登山等々、何かの記念行事にかこつけて、信者から大規模なカネ集め・人集めを行ってきている。日蓮正宗は2021年の日蓮生誕八百年に、「法華講80万達成」を目標にしているが、カネ集めの名目づくりに、大石寺三門と五重塔の修復をぶち上げている、大石寺の黒い魂胆がミエミエである。2021年といえば、あと7年後。日蓮生誕800年の記念事業が、大石寺三門と五重塔の修復だけで終わるとは、到底思えない。

2021年・日蓮生誕八百年の前年の2020年は、日蓮龍口法難750年に当たり、2年つづけて慶事がつづく。よって日蓮生誕八百年の堂宇建て替え、それに伴う供養金集めも、かつてないものになるのではないかと予想される。

大石寺は、大石寺67世阿部日顕の代になって以降、創価学会の寄進・供養による一之坊、二之坊、三之坊、四之坊、五之坊、大化城、六壺、大客殿、正本堂、登山センター(法華講事務所)、開闡会館、常灯坊、総門等を次々と取り壊し、新たに六壺、客殿前広場、客殿、不開門、奉安堂等を建設。大石寺12世日鎮建立と伝承する黒門を、大石寺総門に復帰させた。創価学会寄進・供養の堂宇の中でも、池田大作が願主ないしは建立発願主になっている堂宇の建て替えを行って、新しく大石寺で堂宇を建立してきたことは、誰の目にも明らかであろう。

日蓮正宗が公式に発表している「大日蓮」「妙教」「大白法」しか読まず、完全に日蓮正宗の洗脳教育に毒されてしまっている法華講員は、これで池田大作や創価学会が願主になって大石寺に寄進した堂宇は消滅してしまったかのように思い込んでいる者がいるようなのだが、これがとんでもない間違い。池田大作や創価学会が願主になっている堂宇は、まだ大石寺に残っている。

法主や在勤僧侶の居所である大坊、法主の住居である大奥、大石寺の寺務を司る内事部は、大石寺66世細井日達法主の代の1962(昭和37)年に、池田大作が願主になって創価学会が寄進した堂宇。それから総一坊、総二坊は、大石寺67世阿部日顕法主の代になってから、1990(平成2)・大石寺開創七百年記念事業として、これも池田大作が願主になって創価学会が寄進した堂宇。この他に、大講堂は、大石寺65世堀米日淳法主の代の1958(昭和33)年に、戸田城聖が願主になって創価学会が寄進した堂宇。奉安殿は、大石寺64世水谷日昇法主の代の1955(昭和30)年に、戸田城聖が願主になって創価学会が寄進した堂宇である。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ