アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教ペテン集団である > 日蓮正宗・法華講員の非常識な言動・醜態批判

□相手の人権・権利を蹂躙して顧みない謀略体質は戸田城聖と樋田昌志はそっくりかも(爆)   それにしても、これは笑えますね。なんと、日蓮正宗の洗脳法華講員の一人「リーガルマインド」なる者が、インターネットのトヨダテレビやユーチューブで、説教動画を流している ...

□暴露された自由闊達な議論ができずに仲間割れに発展する法華講の全体主義的体質   表向きは「一枚岩」を装っている日蓮正宗・法華講だが、その内実は信者同士の内紛・ケンカ・仲間割れが続発している。今回も何と「mixi」の「日蓮正宗法華講コミュ」内で、法華講員同 ...

ずいぶん前からのことであるが、mixiをはじめとするSNS等で、いわゆる自称「内部アンチ」の危険性が再三にわたって指摘され続けてきている。 「内部アンチ」というのは、日蓮正宗、創価学会、顕正会等の信者・会員であるのに、 「自分は数年前から信仰活動は、何もしてい ...

さて、私は何度か大石寺御影堂の御講に行ったことがあるのだが、一度、面白い場面に遭遇したことがあった。 大石寺の御影堂で御講が行われる日、作業服を着た大石寺従業員、とはいっても塔中坊の法華講信者らしいのだが、その人たち数人が、竹ホウキで御影堂前を枯葉や落 ...

日本の大手SNSであるGREEやmixiには、今や数えきれないほどのコミュニティが存在しているが、そんな中で、アンチ日蓮正宗、アンチ創価学会、アンチ顕正会等のアンチ系コミュニティがまことに活発である。 私自身が「アンチ日蓮正宗」等のといったアンチ系コミュニティを管 ...

本行寺に所属する法華講中である「法華講本行寺支部」は、1990年までの宗創和合時代においては、日蓮正宗において、法華講法道院支部に次いで、最大級の信者数をかかえる法華講であった。今でも妙観講を別にすれば、最大級の法華講であり、法華講連合会の柳沢喜惣次・4代委 ...

要法寺とは、京都・東山三条にある日蓮本宗本山で、富士門流(日興門流)八本山のひとつ、日尊門流の祖山の、あの要法寺です。 一部の法華講員が、要法寺を日蓮正宗に帰一させようと、要法寺に押しかけているのだとか。 こんな大爆笑な話しが、私の元に届けられました。 ...

昨日、とつぜん、ニュースが私の元に飛び込んで来ました。 日蓮正宗の信者のトップが座る職である法華講総講頭で、法華講連合会4代委員長であった柳沢喜惣次氏が4月27日に死去したとのことです。享年は 何歳か不明ですが、この人は、日蓮正宗大石寺67世法主・阿部日顕とそん ...

日蓮正宗の大石寺や末寺の寺跡調査をしていた時、さまざまな「面白い」光景に遭遇した。 これは神奈川県厚木市にある日蓮正宗寺院・平正寺に寺跡調査に行ったときのことである。(写真は改築後の平正寺で、当時の平正寺ではありません) 平正寺(びょうしょうじ)とは、正 ...

■論破3・末寺の住職・信者の内紛について反論不能に陥った龍神ひろし   春になると出てくるという、まるで迷惑な杉花粉のような男・龍神ひろしが、反論書き込みができないように細工している楽天ブログで、またまた妄言を吐きまくっています。 ---------------------- ...

↑このページのトップヘ