アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗・法華講員の非常識な言動・醜態批判

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

これは爆笑!あの樋田昌志氏が戸田城聖の再誕だと言っている法華講員の妄言を笑う

□相手の人権・権利を蹂躙して顧みない謀略体質は戸田城聖と樋田昌志はそっくりかも()

 

それにしても、これは笑えますね。なんと、日蓮正宗の洗脳法華講員の一人「リーガルマインド」なる者が、インターネットのトヨダテレビやユーチューブで、説教動画を流している樋田昌志氏が、戸田城聖の再誕だと言っているのだから、こんな笑える話しは、ありますまい。

事の発端は、私の自宅に、大きな封筒のメール便が届けられたことから、はじまりました。差出人はA氏。この人は、私のGREEmixi等々の書き込みに大きな関心を寄せている人で、メール便の中には、mixiの法華講員専用の某閉鎖コミュニティのトピックの画面コピーが入っていました。

A氏に問い合わせたところ、この閉鎖コミュ参加者のB氏がA氏に画面コピーを郵送し、これをA氏が私の所に、メール便で送ったというものです。さて、その画面コピーには、こんなことが書いてありました。

9 リーガルマインド

今、お寺の広布唱題会から帰ってまいりました。

樋田さんの言動を見ると、戸田城聖会長の質問会を彷彿とさせるものがあります。

昨年、夕食をご一緒した際、『樋田さんって、戸田会長が亡くなられた翌年に生まれておられるんですよね。トダ、トヨダと、一文字違いですが、ご自身が、戸田会長の生まれ変わりだと思われた事はありませんか?』と冗談めかして聞いてみました。

樋田さんは、笑いながら『・・・』 私、『でも、戸田氏との強い仏縁は感じるでしょう』」

名前がトダ、トヨダと、一文字違いであること。樋田昌志氏が、戸田城聖没年の翌年に生まれていることから、こんなことを言っているのだから、その妄想癖には、呆れてしまうばかり。

戸田城聖とは、創価学会員の強引・執拗な折伏大進撃の陣頭指揮をとった人物で、日本酒やらウイスキーやらを呑みながら、遺文講義や質問会をやっていたと聞く。

樋田昌志氏とは、元創価学会員で現・日蓮正宗妙相寺の信徒。創価学会員や顕正会員に議論をふっかけては、「公場対決」を口実に、様子をビデオで撮影。その映像を、あたかも自分が圧倒的に議論を勝利しているかのように大幅な編集を施し、DVD化して自分のホームページで販売しているばかりか、日蓮正宗内部でも売名を図っている人物。相手の人権や権利を蹂躙して、全く顧みない謀略体質は、よく似ているかも。しかし、それにしても、なんでもかんでも、こじつけたがる法華講員って、頭の中はどうなっているんだろうか。この法華講員の妄言を見聞した「アンチ日蓮正宗」のメンバーからは、こんなコメントが寄せられました。

「なんだ?こいつは大川隆法か?」

「勘違いにも程がある?()

「妾を何時も横に置き、酒を飲みながら同じ穴のこきちがい狢達と.もんもんとなにゃら悪事を何時もくわだてて来たのが想像出来るね。其れが今のカルト教団創価学会だよ.この様なカルト教団神仏の事を話す事態ちゃんちゃら可笑しいね。悪魔っていろいろな者に変身して今の世の中に異常な程までに細菌の様に繁殖しておるからね.こいつら殺中剤のフマキラーじゃ中々死なねから新しい新薬考えないと駄目だ(W)。」

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗」に敗北した法華講員同士が「日蓮正宗法華講コミュ」でついに醜い仲間割れ

□暴露された自由闊達な議論ができずに仲間割れに発展する法華講の全体主義的体質

 

表向きは「一枚岩」を装っている日蓮正宗・法華講だが、その内実は信者同士の内紛・ケンカ・仲間割れが続発している。今回も何と「mixi」の「日蓮正宗法華講コミュ」内で、法華講員同士が協議問題をめぐってケンカをはじめ、仲間割れを起こすという醜い姿をさらしている。しかも仲間割れを起こした法華講員が、「龍神ひろし」「ブルーシール」「鬱将軍」といった、「アンチ日蓮正宗」に敗北した法華講員ばかりだから、これが何とも笑えてしまう。そもそもの発端は、「mixi」の「日蓮正宗法華講コミュ」内で、靖国神社参拝を容認するのかしないのかの論争が沸き起こり、これにセンズリ日記でおなじみの「ブルーシール」が「神社参拝は大謗法」なる主旨のトピックを立ち上げた。

するとこのトピックで法華講員同士の教義論争が爆発。するとこれに危機感を抱いた「日蓮正宗法華講コミュ」管理人が、「ブルーシール」が立ち上げたトピックを丸ごと削除。新たに「トピック削除のご報告になります」トピックを立ち上げた。ところがこのトピックでも法華講員同士がケンカをしている。それでは閉鎖コミュである「mixi」「日蓮正宗法華講コミュ」の「トピック削除のご報告になります」トピックから該当箇所を引用してみたい。(爆笑)

---------------------------------------------------------

トピック削除のご報告になります 20140403 16:34

    イ ム         トピック にて神道は邪教 ・・・謗法とのトピックに尽いて先ず、是コミュに於かれましては、教義上の議論を論ずる事を避けてください・・とあります。内容的に神道(神社参拝・崇拝 謗法) 事に尽いては是に当たると判断致しました。しかし諸天善神の加護無くして法華を保ち難し・・時生活の中で唯一信心の有りかた 勤行に在って朝の東天に合唱し法華加護の諸天に対し読経しその行ずる思いは大切なことと私は思います、なれど妙法蓮華経に帰依し奉るわが身を神社に参拝する意味も無いと思います・自然と御本尊様にお題目をお挙げする事で        諸天も満足する事に信心修行を行じていけるはずです。魔を破し信心の波に乗っていけるはずと考えております。我々の信心修行は自ずと謗法を戒め理解していくことが肝要に思います。        自行化他の信心を心得がんばって行きましょう。自らのお題目により縁者を導き正しい我ら日蓮正宗の信仰を弘通して行きたいものです。

1] 20140403 17:11    ブルーシール

        実に残念でなりません。「首相の靖国参拝は必要悪」発言は謗法であること、        「広宣流布にそなえて靖国神社を大切に保持しよう」発言は謗法であること、これらはすでにご僧侶にも確認して確定している真実です。 私の師匠だけでなく、どこのご住職でもこうおっしゃるだろうと言われています。しかしトピ削除されたら、コミュ内でこれらの謗法発言を批判した私のほうが間違っていることにされ、謗法発言のほうが正しいことになってしまいます。こんなに悔しいことはありません。 しかしこれも私の過去現在の業によるものでしょう。理不尽な扱いで難を受け、一分なりとも罪障消滅できたかもしれないと、受け止めるしかありません。

 

続きを読む

SNS、mixi等で再三にわたって危険性が指摘されてきた自称『内部アンチ』

ずいぶん前からのことであるが、mixiをはじめとするSNS等で、いわゆる自称「内部アンチ」の危険性が再三にわたって指摘され続けてきている。

「内部アンチ」というのは、日蓮正宗、創価学会、顕正会等の信者・会員であるのに、

「自分は数年前から信仰活動は、何もしていない。宗教教団内部にいるアンチだ」

を自称している人たちのこと。

数年前、ある人がmixi日記にて、こんなことを指摘していた。

「アンチ創価学会の方達へ

内部アンチを装う学会員に注意頂きたい。 内部アンチを名乗りアンチ創価学会方々に対し、マイミクになろうと擦り寄り、 アンチ創価学会の言動を監視、 個人情報入手を企てる輩達が多数発生している との情報を他のアンチカルト創価の人から入手しました」

 

要するに、内部アンチと自称していながら、実際は、マイミクになって擦り寄ったりしてアンチに近づき、情報収集をしているという、情報収集員ないしは諜報員の場合が多いということ。

内部アンチの全員が全員、諜報員とは言えないかもしれないが、ただし、この人の情報は、あながち間違っているとは言えないと思われる。

私が持っている情報でも、内部アンチは、諜報員どころか、アンチに対して創価学会の情報を流し、創価学会にはアンチの情報を流すという、米ソ・スパイ戦争における「二重スパイ」もどきのことをやっている者すら、いるくらいです。ひどいですね。

私がmixiGREEで管理しているアンチ・コミュニティである「アンチ日蓮正宗」「創価学会事件簿」にも、日蓮正宗や創価学会の「内部アンチ」を自称する人から、入会申請が、ちょくちょく来ます。

が、「内部アンチ」の入会申請は全てお断りしている。

コミュニティ説明文等で、日蓮正宗系の信者は例外なく入会できない旨を謳っているので、筋道を通さなくてはならないということが、まず第一にある。

それから、先程の「二重スパイ」ではないが、そういう諜報活動を行っている人たちのために振り回されたり、粉動されてしまうことによって、本来の日蓮正宗系への批判活動が、立ち遅れてしまいまう。こういう愚はさけなければならない。当然であろう。

ましてや「アンチ日蓮正宗」や「創価学会事件簿」には、大事な情報が満載されている。そういったことがあるので、先程の人の日記を読んだとき、すごく共感してしまいました。

 

「アンチ日蓮正宗」にも、自称「内部アンチ」をからの入会申請が絶えません。「アンチ日蓮正宗」にこんな入会申請が来たことがあった。

「日蓮正宗信徒ですが、反日蓮正宗になりつつあります。よろしくおねがいします」

 

しかし日蓮正宗の現役信者は「アンチ日蓮正宗」に入会できないので、

「この度はまことに残念でございます。「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」こちらのほうで、承っておる次第でございます。」

という返事をこちらから出しました。

アンチ日蓮正宗3


続きを読む

御影堂御講の時、御影堂前で強い口調で輸送班に説教していた柳沢喜惣次委員長の実弟

さて、私は何度か大石寺御影堂の御講に行ったことがあるのだが、一度、面白い場面に遭遇したことがあった。

大石寺の御影堂で御講が行われる日、作業服を着た大石寺従業員、とはいっても塔中坊の法華講信者らしいのだが、その人たち数人が、竹ホウキで御影堂前を枯葉や落ち葉などを丹念に清掃する。

一方、御影堂の御講が行われる日と、法華講連合会月例登山会や夏季講習会登山が重なったとき、御講には、登山会に参加して大石寺に登山した全国の法華講員が御影堂に参拝する。

それらの信者を整理・誘導するために法華講連合会輸送班・整理班が、てんてこまいになりながら、あっちこっちに動き回っている姿が目に入る

そういう光景の中、御影堂入口の付近で、一人の竹ホウキを持った作業服姿の初老の男性信者が、数人の輸送班を前に、かなり大きな声で、しかもかなり強く叱りつけるような口調で、捲くし立てている姿が目に留まった。年齢的に六十代後半から七十代はじめくらい。

その作業服の男性信者は、輸送班の動きが不満なのか、それともやり方が不満なのか、「そんなことではダメだ」と言わんばかりの口調で、捲くし立てているように見えた。

その態度は、かなり尊大そのもの。「オレのほうがオマエたち輸送班よりも上だ」と言わんばかり。

私には「この人は一体、何者?」というふうに見えた。

輸送班は輸送班で、その作業服姿の初老の男性信者の話しを、うつむきかげんに、だまって聞き入っているという感じ。

私は、その時は大石寺に詳しい人といっしょだったので、その人に「あの作業服のオッサンは、誰なんですかね」と聞いてみた。するとその人の答えは「柳沢喜惣次委員長の弟だよ」とのこと

柳沢喜惣次委員長の弟の実名も柳沢○○氏と教えてくれたが、残念ながら忘れてしまった。

柳沢喜惣次氏は東京・向島の本行寺信者であるが、何人か兄弟がいて、そのうちの弟の一人が大石寺塔中坊の信者で、大石寺従業員として働いているのだという。

 

しかしこの柳沢弟氏は、ずいぶんプライドの高い性格の人らしく、ずいぶん激しい口調で輸送班たちを叱りつけていた。この光景そのものは、私にとってとても興味深いものであったので、輸送班の後から、この柳沢弟氏の話しをしばらく聞き入っていた。

すると柳沢弟氏の話しは、輸送班の動きに対する文句から、どんどん話しがエスカレートしていって、次第に話しが「信心指導」にまで発展して行った。しかもその話しは、普段の生活の話しにとどまらず、人が死んでのちまた生れてくるといった「輪廻転生」のような話しまでしている始末。

柳沢弟氏の話しによれば、人は生まれ変わり死に変わりしながら、大石寺の本尊に結縁していっているのだという。聞いていると、柳沢弟氏は、とほうもない「おとぎ話」をしているように見えた。

私は、柳沢弟氏の延々とつづく説教話を、苦々しく聞いていた輸送班の一人に、ちょっと声をかけてみた。「たいへんですねえー」

御影堂1


続きを読む

なぜアンチ系コミュニティが活発化するのか、全くわかっていない現役カルト信者

日本の大手SNSであるGREEmixiには、今や数えきれないほどのコミュニティが存在しているが、そんな中で、アンチ日蓮正宗、アンチ創価学会、アンチ顕正会等のアンチ系コミュニティがまことに活発である。

私自身が「アンチ日蓮正宗」等のといったアンチ系コミュニティを管理運営している立場にあるが、アンチ日蓮正宗や創価学会事件簿よりも、はるかに多くの加入者がいるコミュニティは多数あるし、その中で繰り広げられている議論も、---いろいろ内容については賛否両論あり、さまざまな意見があることは承知しているが---かなり活発なものがあると思う。

アンチ日蓮正宗3


又、GREEmixiに限らず、大手巨大掲示板「2ちゃんねる」でも、アンチ系スレッドが多数立っていて、こちらのほうも議論はGREEmixi以上に活発である。

 

かつてインターネットが出現する以前の時代では、日蓮正宗・創価学会問題、カルト宗教問題に関する苦情・クレーム・苦言・反対意見…といったものは、週刊誌、月刊誌、評論家、新聞社、TV局…といったマスコミ・ジャーナリズムに噴出していた。

それがインターネット時代の今は、GREEmixi2ちゃんねるといったネットの世界に場所を変えて噴出している観がある。

若いころから長年、カルト宗教問題やそれらの議論を見守ってきた私としては、こういった歴史的な流れをみていると、内容はさておくとして、ある意味、感慨深い。

 

では、なぜこうしてマスコミ・ジャーナリズムやMixi2ちゃんねるといったネットの世界に、カルト宗教問題に関する苦情・苦言・クレーム・反対意見…といったものが噴出しているのだろうか。

某カルト宗教--なかんずく創価学会あたり---に完全に凝り固まっているガチガチの信者たちは、「マスコミ・ジャーナリズムに洗脳(?)されている」

「きちんとした教育を受けていないから」

「慢心から退転したにすぎない」

「仏道修行ができなかっただけ」

などと言っているようだが、これは全くの見当外れも甚だしいものがある。

 

原因のひとつは、カルト宗教問題に関する苦情・苦言・クレーム・意見…などを受け付けて適正に処理する公的な機関・センターがないということが、ひとつある。

私たちが普段の消費生活の中での苦情・苦言・クレーム…といったものは、当事者の売り手側に交渉してもラチがあかなければ「消費者センター」に持っていって相談するということができる。

タクシーに乗った時の苦情・苦言・クレームは「タクシーセンター」に持ってけるし、新聞セールスに関する苦情・苦言・クレームは「新聞セールス近代化センター」に持っていくことができる。

まあだいたいこのあたりで処理されてしまうのだが、それでもダメな場合は、所轄官庁に苦情・苦言・クレームを持っていくことができる。

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ