アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

「富士門流執着軍団」のカルト的謀略体質を斬る

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日神を斬る(11)~松本修明氏不在の姫路仏眼寺で松本修明氏に罵詈雑言を浴びせていた吉野日神(智応)

■論破11・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く11

 

□「日蓮曼荼羅は書の芸術」を自分の曼荼羅への褒め言葉と勘違いしていた吉野日神(智応)

 

しかし吉野日神(智応)は、浄土真宗木辺派の寺院・仏眼寺の阿弥陀如来像に肩を並べて、自分が書写した曼荼羅を祀り、仏眼寺本堂の畳の上に、吉野日神(智応)自身が「書写」した曼荼羅数十体を所狭しと並べ、さも自慢げに「それ見てくれ」と言わんばかりの吉野日神(智応)。つまりこれは、どこからどう見ても、誰がどう見ても、吉野日神(智応)は私に、自分の書写した曼荼羅を絶賛するコメントを要求しているとしか思えない。「アンチ日蓮正宗」管理人は、無宗派、無宗教であるので、十界曼荼羅を本尊とは考えていないし、曼荼羅書写する人物が偉いとも思っていない。だから私としては、眼前に何十体、何百体の曼荼羅を並べられても、ただ「…」だけ。それでなくても、吉野日神(智応)の常軌を逸した曼荼羅マニアぶりには、ため息が出るだけ。いつまでたっても「…」な感じで、自分の意に介した褒め言葉を言わない私に業を煮やしたのか、次から次へと、庫裡の奥から、自分が書写した曼荼羅を本堂に持ってきて広げる吉野日神(智応)。私が褒め言葉を言うまで、「これでもか。これでもか」とばかりに、本堂に自分が書写した曼荼羅を持ってくる吉野日神(智応)。私としては、まさに口あんぐりで、ただただ「…」と、ため息が出るだけ。吉野日神(智応)のほうは、よほど業を煮やしたのか、今度は日蓮直筆曼荼羅のレプリカの掛け軸を持ってきた。

そこで私は一言。「これは書の芸術ですね」。これは、日蓮直筆の曼荼羅が書の芸術だという意味で、吉野日神(智応)が「書写」した曼荼羅が書の芸術だという意味ではない。これは、かつて私が「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」に書いたことだが、「立正安国会」発行の「日蓮御本尊集」等に収録されている日蓮真筆本尊に見られる「書の芸術性」が、「戒壇の大本尊」には見えない。「立正安国会」発行の「日蓮御本尊集」等に収録されている日蓮真筆本尊には、見事なくらいの「書の芸術性」が見てとれる。大石寺の「戒壇の大本尊」は、「書の芸術性」どころではない。板本尊の相が実に歪に見える。というか歪んだ相に見える。だから普通の人がこの「戒壇の大本尊」を直接見れば、「こんな本尊が日蓮真筆のはずがない」と思うはずだ、という主旨である。

□「戒壇大本尊は後世の偽作だ(226)~曼荼羅の相が歪み日蓮真筆本尊の「書の芸術性」が全くない大石寺の「戒壇の大本尊」」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/20030158.html

日蓮直筆の曼荼羅が「書の芸術」だという意味は、日蓮以外の人物が書写した曼荼羅には、「書の芸術性」はないという意味である。もちろん、吉野日神(智応)が「書写」した曼荼羅に「書の芸術性」はない。又、日蓮直筆の曼荼羅が「書の芸術」だという意味には、日蓮という人物が純粋であったと推測されるが故に、カルト的な信仰に走ったのではないかという意味も含まれる。ところが吉野日神(智応)は、自分が書写した曼荼羅が「書の芸術」だと褒められたと、またまた勘違いを起こし、「無宗教の人は、曼荼羅を芸術作品と見るんですよね」などとノー天気なことを言う吉野日神(智応)。私が資料としてこれらの曼荼羅を写真撮影したところ、吉野日神(智応)は「曼荼羅本尊を触ったり、写真撮影できるくらいにならないと、ダメですわなー」などと、はしゃぐ吉野日神(智応)。次から次へと勘違いを起こす吉野日神(智応)の勘違い男ぶりには、私としては、全く呆れ果てて、言葉も出なかった。

本尊105-3
 

(吉野日神(智応)が仏眼寺本堂で見せびらかした日蓮直筆曼荼羅のレプリカ)

吉野曼荼羅1
 

(吉野日神(智応)が仏眼寺本堂で見せびらかした吉野日神(智応)自身が「書写」した曼荼羅)

 

続きを読む

大木道惠氏を糾す(9)~「アンチ日蓮正宗」に送りつけてきたブチ切れ・スパムメールの公開を承諾している大木道惠氏

□「アンチ日蓮正宗」に送りつけてきたブチ切れ・スパムメールの公開を承諾している大木道惠氏

 

さて大木道惠氏は、「アンチ日蓮正宗」に対して、こんなメールも送ってきている。

----------------------------------------------------

Re: お尋ねしたいことがあります・PART2

 

日付    20090909 1711

差出人    FBI(笑)OM(大木道惠氏のハンドルネーム)

 

書き忘れましたが、私の返信が全て終わった段階で、双方のメールを公開することを提案します。

また、公開の場においてこの件での話し合いをすることも提案します。

公開の場でとは、複数の第3者に話し合いの証人になってもらうということです。人数的には数人であろうが多数であろうが当方には問題はありません。

(大木道惠氏が「アンチ日蓮正宗」に送りつけてきたメール)

----------------------------------------------------------

このメールで明らかなように、大木道惠氏は、メールのやりとりを公開することを自ら提案しているので、今頃は万歳三唱し、泣いて喜んでいることであろう。

それから公開の場で話し合いだの、複数の証人だのと言っていますが、メールを公開しているのだから、反論があれば、自分のブログなり、富士門流執着軍団のホームページで反論すればいいことでしょう。お互いのブログを読んだ人は、証人になるわけだから、こんな喜ばしいことはあるまい。大木道惠氏も、さぞや大賛成することでしょうね。

回答3-1公開要求
 

(大木道惠氏が「アンチ日蓮正宗」に送りつけてきたメール)

三浦和義2
 

(二重スパイ疑惑・大木道惠氏のそっくりさん・ロス疑惑当時の三浦和義氏)

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(28)~戒壇大本尊「否定」と「研究」の意味を混同している

□「日蓮正宗系」では「否定」=「研究」だが世間一般では「否定」と「研究」はイコールではない

 

日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」偽作説は、古くは北山本門寺6代貫首・日浄に見えており、さらには北山本門寺34代・玉野日志貫首、さらに日蓮宗僧侶・安永弁哲氏「板本尊偽作論」や日蓮宗宗務院「創価学会批判」の他、宮崎英修氏の論文や美濃周人氏の著書等々に発表されている。その後も日蓮宗現代宗教研究所・教学研究発表大会で、自らの「戒壇の大本尊」についての研究を発表した人、あるいはインターネット上で大石寺教学について、自らの研究・見解を発表している人もいる。ここで日蓮正宗のみならず、創価学会、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」に共通している悪弊は、曼荼羅本尊や「戒壇の大本尊」等について、ほんの少しでも論評、評論、研究を発表すると、即座に血相を変えて「大御本尊様を否定した」と、騒ぎ立てることである。

つまり「日蓮正宗系」の者たちは、「否定」と「評論・論評・研究」の意味を完全に混同しているという以外にない。「日蓮正宗系」では「否定」=「評論・論評・研究」と認識しているようだが、世間一般では「否定」と「評論・論評・研究」はイコールではない。「否定」はあくまでも「否定」であり、「評論・論評・研究」とは意味が違う。もちろん「否定」の見解は、「研究」の積み重ねから導き出されるものではあるが、「研究」そのものは「否定」とイコールではない。「否定」と「研究」は意味が違う。

最近の事例で云うと、2014117日に創価学会は会則を変更して、大石寺の「戒壇の大本尊」との実質的な決別を宣言したとされるが、これを日蓮正宗は「戒壇の大御本尊様の否定だ」と騒いでいる。これは日蓮正宗と絶縁した創価学会は、二十年以上にわたって大石寺の「戒壇の大本尊」の内拝を受けておらず、実質的に決別状態になっていたものを、理論的に「追認」しただけのことで、この「決別」と「否定」は、これまた意味が違うものである。

ではなぜ「日蓮正宗系」の者は、「否定」と「評論・論評・研究」の意味を混同しているのか、ということになるが、これは法華講、創価学会、顕正会等の「日蓮正宗系」が、日々の信仰活動の中において「戒壇の大本尊」「曼荼羅本尊」への絶対信、彼らが言う『無疑曰信』を強要しており、「日蓮正宗系」の信者が、完全に洗脳されていることが最大の原因であろうと考えられる。

具体的な事例を見てみよう。例えば創価学会、法華講、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体の中で、一般信徒が信徒幹部に、ほんの少し曼荼羅本尊のことについて質問しただけで、頭ごなしに「それは御本尊の否定だ」と、怒鳴られたという苦情が、「アンチ日蓮正宗」に多数来ている。あるいは法華講の中で、一般信徒が僧侶に、大石寺の「戒壇の大本尊」について、ちょっと質問しただけで、「大御本尊様を否定した」と、怒鳴られたという苦情も「アンチ日蓮正宗」に来ている。

かつて大石寺66世細井日達法主の代に日蓮正宗僧侶だった人が、大石寺で細井日達法主に「戒壇の大本尊」について質問したところ、細井日達法主から阿部信雄教学部長(後の大石寺67世日顕)らの面前で、「そんなことをつべこべ考えていないで、疑わずに信じておればいいんだ」と、頭ごなしに怒鳴られたという話しも入ってきている。これが機縁になって、この人は日蓮正宗の僧侶をやめたという。

 

続きを読む

大木道惠氏を糾す(7)~「アンチ日蓮正宗」から大木道惠氏に対しての“疑惑”を糾す再度質問状を送達PART3

□自ら法華講員だと認めながら表向きは無所属を自称しようとする大木道惠氏の欺瞞を糾す3

 

(前号よりつづく)

「大木道惠氏が今回の画面コピーにより

『私は正宗を辞めてはいませんよ。講中活動を一切辞めただけで、脱講届も出していません。また、所属寺院からも大石寺から信徒除名にもなっていません』

と発言していることが明らかになった以上、そのまんまにしておくわけには参りません。他の参加者に対して示しがつきませんし、これについて苦情が入った場合、大木道惠氏だけを特別扱いしているとは言えません。

なぜこういう規定になったかというと、途中から入った大木道惠氏は御存知ないかもしれませんが、「アンチ日蓮正宗」に、現役信者が参加していることに、拒否反応を示す人が多数いて、今まで、これに関する苦情が多発していたからです。「アンチ日蓮正宗」参加者には、たとえ事務手続き上の話しとしても、脱講届け・離檀届けを出したというケジメをとても重要視する人が、けっこうたくさんいます。最近の参加者の人は、「きちんと日蓮正宗から離檀・脱会の手続きを済ませた」ということを、私に言ってくる人が多数います。 参考までに「アンチ日蓮正宗」や「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」の「はじめまして」トピックをよくご覧ください。

したがって、こういう精錬潔癖な参加者の人たちが、大木道惠氏の日記や画面コピーの

『私は正宗を辞めてはいませんよ。講中活動を一切辞めただけで、脱講届も出していません。また、所属寺院からも大石寺から信徒除名にもなっていません』

との発言を読んで、「何だこれは。話しがちがうじゃないか」と追及してきたら、私としては何も言えません。

又、アンチ日蓮正宗 アンケート「お尋ねします。あなたは…?」において、私は

「ちなみに私は『激アンチ・対日蓮正宗・日蓮正宗系教団最強硬派』これに一票、すでに入れております。 」

と明言しています。「最強硬派」とは、「最後の最後までスジを通す」という意味です。

したがって、私としてもスジを通しつづけることが本分と思いますので、今回のように処置させていただきました。悪しからず、ご了承ください。

 

続きを読む

大木道惠氏を糾す(6)~「アンチ日蓮正宗」から大木道惠氏に対しての“疑惑”を糾す再度質問状を送達PART2

□自ら法華講員だと認めながら表向きは無所属を自称しようとする大木道惠氏の欺瞞を糾す2

 

(前号よりつづく)

「■日蓮正宗からの信徒除名について

 

(大木道惠氏の回答書では)

>私が「脱講届」を出さなかった理由は、私を除名できるならしてみればいい、という思いからだったですね。

と、大木道惠氏は苦しい言い訳をしていますが、日蓮正宗の信徒の身でありながら、日蓮正宗を完全否定するほど批判した人物は、必ず信徒除名になります。これは、過去の事例を見れば明白です。日蓮正宗宗規246条に

「教義上の異説を唱え、信仰の改変を企てたとき」

「管長その他の本宗の僧侶又は寺族を誹謗又は讒謗したとき」

等々、信徒除名に処分される規定が定まっているとおりです。

過去に日蓮正宗から信徒除名に処分された主な人物を見てみると

1972年 松本勝弥氏(現・西山本門寺東京別院主管・松本修明氏)

1974年 浅井甚兵衛・妙信講講頭、浅井昭衛・妙信講理事長(現・顕正会会長)

1980年 山崎正友氏

1992年 池田大作氏

つまり理由は、戒壇本尊の完全否定(偽作論)を主張(松本勝弥氏)、法主誹謗(池田大作氏)・法主の指南否定(浅井甚兵衛・浅井昭衛親子)・法主の血脈否定(山崎正友氏)ということで、これらの事例からして、大木道惠氏が戒壇本尊の完全否定(偽作論)を主張、法主誹謗・法主の指南否定・法主の血脈否定を主張すれば、必ず信徒除名に処分されるところです。

つまり大木道惠氏が信徒除名になっていないのは、そういったことを主張していないからではありませんか。私も大木道惠氏がそのような主張をしていたとは聞いたことがありません。

(大木道惠氏の回答書では)

>正宗批判の記事を書いたり書籍作りをいくつもしたりしていることはプロフィールにも記しておいたかと思います

と書いて弁解しているようですが、具体的に大木道惠氏は、具体的に、戒壇本尊の完全否定(偽作論)や法主の血脈否定論について、どのような著書があるのですか。

具体的にお示しください。1998年出版の「仏教者の戦争責任―日蓮正宗の歴史改ざんを問う」は、これには該当しませんよね。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ