アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗・大石寺・法華講・時局ニュース

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

松戸市秋山地区新寺院は総二坊出張所になるのか、総二坊とは別個の新寺院になるのか(?)

□総二坊とは別個の新寺院なら平野道益氏とは別人の日蓮正宗僧侶が住職に任命・赴任する

 

日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」平成2812月号に、「千葉県松戸市 仮称松戸寺院新築起工式」と題する記事が載っている。これは日蓮正宗が20161022日、建設予定地で強行した起工式の様子を報道したものだが、これによれば、静岡県富士宮市の日蓮正宗大石寺塔中総二坊に所属する法華講総二坊支部の信徒(法華講員)のほとんどが東京近郊在住であることから、東京近郊に新たな寺院・堂宇の建立が望まれていたところ、大石寺塔中総二坊住職・平野道益氏の発願で、千葉県松戸市秋山地区に今の建設予定地を獲得。この日の起工式を迎えた、と書いてある。(「大日蓮」平成2812月号p58)

つまり今回の秋山寺院は、大石寺塔中総二坊住職・平野道益氏の発願によるものであるため、平野道益氏と秋山新寺院反対派の住民の方々の間で、話し合いが持たれているということである。「アンチ日蓮正宗」に入ってきた情報によれば、すでに大石寺塔中総二坊出張所と称する宗教施設が、東京都葛飾区四つ木にあり、それを千葉県松戸市秋山地区に移転する、という主旨のことを、平野道益氏ら日蓮正宗側の者が、秋山新寺院反対派の住民の方々に説明している、というのである。果たして、本当にそうなのだろうか。

本当に大石寺塔中総二坊出張所と称する宗教施設を、東京都葛飾区四つ木から千葉県松戸市秋山地区に移転するだけなのなら、日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」に「仮称松戸寺院新築起工式」と題する記事として載らないはずである。この記事を読むだけなら、大石寺塔中総二坊住職・平野道益氏の発願で、千葉県松戸市に大石寺塔中総二坊とは、別個の新寺院が建設される記事に見える。そうなれば、新寺院には平野道益氏とは別人の日蓮正宗教師僧侶が、大石寺法主から住職に任命されて、松戸新寺院に赴任してくることになる。

「アンチ日蓮正宗」管理人は、日蓮正宗と創価学会が和合路線を歩んでいた「宗創和合時代」の1980年代から30年以上にわたって、日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」を注視してきているが、末寺寺院の出張所の新築起工式が、「大日蓮」に掲載されることは、まず有り得ない。「大日蓮」に掲載されるのは、新しい末寺寺院の建設起工式である。ただし、「大石寺出張所○○院」と称する宗教施設の起工式が、「大日蓮」に載ったことは、過去にわずかながらあった。

日蓮正宗の新末寺新築のパターンは、それこそ様々なパターンがある。大石寺法主が個人的な「サイフ」のカネで新末寺を建設する場合もあれば、宗教法人「日蓮正宗」が新末寺を建設する場合もあれば、「日蓮正宗」に包括される法人「大石寺」が新末寺を建設する場合もあれば、「日蓮正宗」の内部機関である寺院建設委員会とか、遠忌記念局とかが新末寺を建設する場合もあれば、日蓮正宗の僧侶が新寺院を発願して建設する場合もあれば、日蓮正宗の信徒ないしは信徒団体が新寺院を発願して建設する場合もある。このようにパターンとしては、様々である。

松戸新寺院・大日蓮3
 

(日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」平成2812月号に載っている「千葉県松戸市 仮称松戸寺院新築起工式」と題する記事)

 

続きを読む

これは驚き!大石寺68世早瀬日如法主が逃亡男・龍神ひろしを法華講石之坊支部幹事に認証

□龍神ひろしの法華講石之坊支部幹事認証で理性も知性も全てかなぐり捨てた(?)日蓮正宗

 

日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」は、毎号、「宗務院録事」と題して、大石寺法主が任命、承認、認証する人事を発表しているが、「大日蓮」平成2812月号に、驚くべき人事が発表されている。何と平成28111日付けの辞令で、十年以上にもわたって非常識言動・非常識折伏を繰り返し、世間一般から大顰蹙を買い、「アンチ日蓮正宗」からさんざん論破されて反論不能になり、逃亡した男・龍神ひろしが、大石寺68世早瀬日如法主から法華講石之坊支部「幹事」に認証された人事が発表されている。

龍神ひろし幹事3


12大日蓮
 

(日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」平成2812月号p22)

法華講石之坊支部の幹事の所に、龍神ひろしの本名が載っている。「アンチ日蓮正宗」管理人は、龍神ひろしの本名を知っているが、ここは、龍神ひろしの本名が載っている箇所を黒塗りにしておいた。こういう所で、龍神ひろしの本名を晒すことは、「アンチ日蓮正宗」の目的ではない。

法華講は、宗規によれば「法華講は、総本山内に本部を置き、各寺院及び教会に支部を置く」とされ、法華講本部には、総講頭一人、大講頭 若干人、幹事 若干人、会計二人。法華講支部には、講頭一人、副講頭一人若しくは二人、幹事 若干人、会計 若干人置くとされている。さらに「本部に指導教師三人を、支部に指導教師一人を置き、指導監督に当たる」「本部の指導教師は、教師のうちから管長が任免し、その任期は三年とする。但し再任を妨げない」「支部の指導教師は、支部が所属する寺院又は教会の住職又は主管をもって充てる」と規定される。

法華講支部は、日蓮正宗大石寺塔中坊ないしは末寺に所属。法華講支部は、指導教師である住職のもと、講頭一人、副講頭一人若しくは二人、幹事 若干人、会計 若干人の他、地域部長、地域責任者、壮年部長、婦人部長、青年部長、男子部長、女子部長、少年部長といった役員がいる。これら法華講支部役員は、指導教師である住職が任命するのだが、講頭、副講頭、幹事、会計は、大石寺法主の認証状が発せられ、それが「大日蓮」に掲載される。つまり日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」の「宗務院録事」で、法華講石之坊支部の幹事の所に、龍神ひろしの本名が載っているということは、龍神ひろしが、大石寺68世早瀬日如法主から法華講石之坊支部「幹事」に認証されたことを意味しており、法主の認証状が龍神ひろしに発せられたことを意味している。

法主認証状1
 

(大石寺法主が発する法華講支部幹事の認証状)

この認証状は、法主直筆の毛筆で書かれており、日蓮正宗管長印が押印された、実に仰々しい認証状である。これは認証状のみならず、法主が発する任命状、承認状等、全て同じで、法主直筆で、日蓮正宗管長印が押印されている。任命状とは、日蓮正宗宗務院の宗務総監、庶務部長、教学部長、布教部長、海外部長、渉外部長、財務部長、各副部長、宗務大支院長、宗務支院長の任命状、末寺住職の任命状、法華講総講頭、大講頭、法華講連合会委員長、副委員長の任命状等がある。承認状とは、末寺副住職の承認状、末寺総代の承認状等がある。認証状とは、法華講支部講頭、副講頭、幹事、会計の認証状の他、宗会議長、監正会会長の認証状等がある。

 

続きを読む

日蓮正宗法華講連合会前委員長・日蓮正宗法華講大講頭・永井藤蔵氏が死去

□大石寺法主の評価は創価学会の牧口常三郎・戸田城聖・北条浩よりも「下」だった永井藤蔵氏

 

日蓮正宗の信徒の中では総講頭に次ぐナンバー2の地位である日蓮正宗法華講大講頭の職にあり、全国・海外の日蓮正宗寺院に所属する法華講支部の連合体組織である日蓮正宗法華講連合会の前の委員長だった永井藤蔵氏が今年1020日、84才で死去した。戒名は大石寺68世早瀬日如法主から直々に下賜された。法主が下賜した戒名は「慈行院法徳日藤居士」。日蓮正宗の在家信徒の戒名の最高位は、大石寺法主が下賜する日号・大居士号が入った戒名。ところが永井藤蔵氏の戒名は、日号は入っていたが、大居士号ではなく、ただの居士号だった。

(日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」平成2812月号より)

永井藤蔵死去・大日蓮1


永井藤蔵死去・大日蓮2


永井藤蔵死去・大日蓮3


12大日蓮
 

これで比較したくなるのが、大石寺法主が下賜した歴代の創価学会会長の戒名。牧口常三郎は「冷然院感得日常大居士」。戸田城聖は「大宣院法護日城大居士」。北条浩は「宣正院浩徳日基大居士」。いずれも日号・大居士号が入った最高位の戒名だが、永井藤蔵氏の戒名は、日号は入っていたが、大居士号はなし。つまり日蓮正宗法華講大講頭、日蓮正宗法華講連合会委員長を務めた永井藤蔵氏に対する大石寺法主の評価は、牧口常三郎・戸田城聖や、あの「北条報告書」や「惰眠をむさぼること28年」という題名の日蓮正宗批判論文を書いた北条浩よりも、下だったということに他ならない。それにしても、法華講員は、大石寺法主から無理難題の折伏誓願と称する、過酷な布教ノルマを押しつけられ、「入信するまで折伏をつづけろ」と、ストーカー折伏まで命令されている。ほとんど大石寺法主の馬車馬のように酷使されているにもかかわらず、大石寺法主の評価が、牧口常三郎・戸田城聖・北条浩よりも「下」というのは、なんともお気の毒の極みである。

永井藤蔵氏は、茨城県土浦市の日蓮正宗寺院・本妙寺の信徒で、先祖代々からの法華講員。日蓮正宗の内部情報によれば、永井藤蔵氏の自宅の仏壇には、板曼荼羅本尊と日蓮の御影像(木像)が祀られている、ということである。日蓮正宗では、1991(平成3)年以降の日蓮正宗vs創価学会の、いわゆる「宗創戦争」以降、法華講連合会役員等に板曼荼羅本尊を下賜してきている。ところが、永井藤蔵氏の場合は、板曼荼羅本尊に加えて日蓮木像まで下賜されていたわけで、これはさしずめ寺院の本堂並み。いくら先祖代々の法華講員とは言っても、これは破格の好待遇である。それにしてもなぜ永井藤蔵氏は、ここまで破格の好待遇を受ける身になり得たのか。

それは、1970(昭和45)年、永井家に先祖代々所蔵してきた、「弘安三年太歳庚辰二月日」の脇書が入った「日蓮直筆」を自称する曼荼羅本尊を、大石寺に奉納したことがあげられる。大石寺に「日蓮直筆」自称曼荼羅本尊を奉納した在家・俗人は、江戸時代に日仙授与本尊と称される「日蓮直筆」自称曼荼羅本尊を奉納した六代将軍・徳川家宣の正室・天英院以来のことである。

 

続きを読む

2015年3月の法華講員50%増『偽りの達成宣言大会』の計画を正式発表した日蓮正宗

□法華講員50%増が達成していなくても『偽りの達成宣言』を強行する?日蓮正宗

 

「アンチ日蓮正宗」では、すでに20144月の段階で全国586支部のうちで法華講員50%増を達成しているのは国内61支部と海外17支部・地域だけで、国内だけ見てもたった10%。法華講員50%増達成などほぼ絶望的であるにもかかわらず、416日の全国正副宗務支院長会議の席上、八木日照総監が2015年の日興生誕770年の記念事業として記念大法要の執行と法華講員50%増達成記念大会の開催をぶち上げたことを批判してきた。ところが日蓮正宗では、65日、大石寺宗務院大会議室で行われた第185臨時宗会での審議を経て、616日、二祖日興生誕770年奉祝法要・法華講員50%増達成記念大会の開催を正式に発表した。

「奉祝委員会第1号  宗内一般  平成26616日 

第二祖日興上人御生誕770年奉祝委員会印  第二祖日興上人御生誕770年奉祝大法要・同記念法要並びに法華講員50%増達成記念大会の件

今般、第二祖日興上人御生誕770年奉祝大法要・同記念法要並びに法華講員50%増達成記念大会を、下記の日程及び時間帯により奉修・開催するので通達いたします。なお、各法要の僧侶の出仕割り当て、信徒の参詣人数等については、後日、お知らせいたします。  記

一、 第二祖日興上人御生誕770年奉祝大法要 平成2737() 14時 御開扉(於奉安堂) 1830分 御書講(於客殿) 引き続き 布教講演(於客殿)

平成2738() 230分 勤行衆会(於客殿) 10時 奉祝大法要(於客殿)※代表登山

二、第二祖日興上人御生誕770年奉祝記念法要並びに法華講員50%増達成記念大会

①国内 平成27322()より同年331()までの十日間、11回、計10回奉修・開催されます。【時間帯】 1230分 御開扉(於奉安堂) 

14時 奉祝記念法要並びに法華講員50%増達成記念大会(於客殿)

②海外 平成27419()に奉修・開催されます。【時間帯】

930分 奉祝記念法要並びに法華講員50%増達成記念大会(於客殿)

12時 御開扉(於奉安堂) 15時 パフォーマンスの部(於広布坊)  以上」

法華講員50%増達成がどう考えても絶望的である中、日蓮正宗は法華講員50%増達成宣言を強行しようというのだから、これは「偽りの達成宣言」であると同時に、信徒騙しの「欺瞞の達成宣言」である。日蓮正宗では、法華講員50%増を確実に達成するために、法華講員50%増達成記念大会を計画したのだ、などと言い訳をしているようだが、仮に平成2737()までに、法華講員50%増が達成していなくても、日蓮正宗は二祖日興生誕770年奉祝法要・法華講員50%増達成記念大会を強行する腹づもりであると思われるので、これは完全な「偽りの達成宣言」であると言えよう。

 

続きを読む

法主の高齢で俄然、注目を浴びる日蓮正宗大石寺次期法主人事の行方PART3

□昭和初期に一時“年功序列化”した後、再び布教実績重視に戻った大石寺法主人事

 

大石寺次期法主になる最大の決め手は布教実績である、と言うと、「そんなものは、第二次大戦後の話しだ」と言うであろう。これも以外に思うかも知れないが、実は江戸時代以前から大石寺門流では、布教実績が重要視されてきていたのである。たしかに江戸時代に入ると、徳川三代将軍・家光の代の「宗門改」により、僧侶・寺院と檀家・信徒の関係を固定化する寺檀制度になり、実質的に仏教各派の布教が禁止になり、表向きは布教をしていない、ということになっているから、布教実績そのものは表に現れてきていないかもしれない。しかし大石寺史を具に検証すればわかることだが、江戸時代においても徳川幕府がおかれていた江戸開教をした大石寺16世日就、常在寺、常泉寺等を他宗から帰伏させた大石寺17世日精、日精以来の末寺の造仏読誦を撤廃した大石寺22世日俊と23世日啓、要法寺門流の造仏読誦を論破して「寛政の法難」を惹起せしめた大石寺26世日寛等々、布教実績を挙げた法主は何人もいる。幕末から明治にかけては大石寺52世日霑が、法主ないしは法主隠退して後に、布教の陣頭指揮をとっており、大石寺56世大石日応は、東京・法道会(今の法道院)を拠点にして関東を中心に布教活動を展開。日蓮宗興門派から大石寺門流を完全独立させたのも大石寺56世大石日応である。

大石日応の後継法主も、明治時代に顕本法華宗との問答で活躍した阿部日正が大石寺57世に、土屋日柱が大石寺58世に登座している。

ただしこの流れが一時的に変化を見せるのが、1925(大正14)年のいわゆる「日柱クーデター退座事件」である。大石寺58世土屋日柱が宗会、評議員会から不信任、辞職勧告を突きつけられ、それにつづく管長候補者選挙で、僧階最上位の堀日亨に敗退。堀日亨が大石寺59世として登座してからは、大石寺60世阿部日開、61世水谷日隆、62世鈴木日恭、63世秋山日満、64世水谷日昇と宗務総監→学頭→法主という、いわば年功序列的な法主登座がつづいた。

唯一、大石寺59世堀日亨法主退任による1926(昭和2)年の管長候補者選挙の時は、大石寺57世阿部日正法主の元で宗務総監をしていた阿部日開と、街頭布教等で実績があり大石寺58世土屋日柱法主の元で宗務総監をしていた有元日仁の一騎打ち的選挙になったが、これもわずか数票差で僧階が上の阿部日開に軍配が上がり、年功序列的な法主登座はかわらなった。この年功序列的な法主登座は、「日柱クーデター退座事件」の後遺症による一時的な現象とも言える。

19241946年ころにかけて、大石寺法主の登座は年功序列的な登座がつづいていたが、大石寺門流の布教活動はやめたわけではなく、ひきつづいて続行していた。有元日仁も樺太、北海道、中国大陸へと布教活動を行って新寺院・教会を建立している他、国内でも東京・妙国寺、妙真寺、城南教会所等々を建立。大石寺56世大石日応が開創した法道院も、2代主管・早瀬慈雄がひきつづき布教活動を展開。3代主管・早瀬道応(日慈)は、大石寺64世水谷日昇の代に宗務院教学部長、大石寺66世細井日達の代には宗務総監、大石寺67世阿部日顕の代には重役を務めた。

同じく大石寺56世大石日応が開創した白蓮院も東京城東地区で布教活動を展開している。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ