アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教ペテン集団である > 日蓮正宗・大石寺・法華講・時局ニュース

□大石寺法主(日蓮正宗管長)に次ぐナンバー2八木日照総監が3月、4月の重要行事を欠席   日蓮正宗では大石寺法主(日蓮正宗管長・代表役員)に次ぐナンバー2である八木日照総監が、2018年3月、4月の重要行事をたてつづけに「謎の欠席」をしている。順を追って見てみよう。 ...

□河辺メモ事件の札幌転任、長男の日蓮宗教学研究発表大会の研究発表で有名な長倉日延氏   日蓮正宗の宗規第7条2の規定によれば 「法主は、能化のうちから次期の法主を選び血脈を相承する。但し、特に相当と認めるときは、大僧都のうちから選び血脈を相承することができ ...

□韓国「法華講」信徒を約10年間、大石寺登山停止にしてしまった海外部長・前川日秀(慈筆)氏   2017年1月1日、東京・練馬区の日蓮正宗寺院・華王寺の初代住職・前川日秀(慈筆)氏が、92才で死去した。大石寺68世早瀬日如法主が華王寺に下向して行われた前川日秀(慈筆)氏 ...

□龍神ひろしの法華講石之坊支部幹事認証で理性も知性も全てかなぐり捨てた(?)日蓮正宗   日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」は、毎号、「宗務院録事」と題して、大石寺法主が任命、承認、認証する人事を発表しているが、「大日蓮」平成28年12月号に、驚くべき人事が発表さ ...

□大石寺法主の評価は創価学会の牧口常三郎・戸田城聖・北条浩よりも「下」だった永井藤蔵氏   日蓮正宗の信徒の中では総講頭に次ぐナンバー2の地位である日蓮正宗法華講大講頭の職にあり、全国・海外の日蓮正宗寺院に所属する法華講支部の連合体組織である日蓮正宗法華 ...

□法華講員50%増が達成していなくても『偽りの達成宣言』を強行する?日蓮正宗   「アンチ日蓮正宗」では、すでに2014年4月の段階で全国586支部のうちで法華講員50%増を達成しているのは国内61支部と海外17支部・地域だけで、国内だけ見てもたった10%。法華講員50%増 ...

□昭和初期に一時“年功序列化”した後、再び布教実績重視に戻った大石寺法主人事   大石寺次期法主になる最大の決め手は布教実績である、と言うと、「そんなものは、第二次大戦後の話しだ」と言うであろう。これも以外に思うかも知れないが、実は江戸時代以前から大石 ...

□次期法主候補の要件は布教実績、年齢、健康、年功序列(僧階)、門閥(正系・傍系も含む)   2014年4月5日に「どーなる、注目を浴びる創価学会次期会長、日蓮正宗大石寺次期法主の人事の行方」を当ブログに書いたところ、この記事の月間アクセス数が450pvを超える等の大き ...

□暴露された自由闊達な議論ができずに仲間割れに発展する法華講の全体主義的体質   表向きは「一枚岩」を装っている日蓮正宗・法華講だが、その内実は信者同士の内紛・ケンカ・仲間割れが続発している。今回も何と「mixi」の「日蓮正宗法華講コミュ」内で、法華講員同 ...

□創価学会次期会長有力候補として囁かれている正木正明理事長と谷川佳樹副会長   「日蓮正宗系」カルト団体の指導者である大石寺68世早瀬日如法主が79才、創価学会では絶対的指導者・池田大作氏が86才、六代会長・原田稔氏が73才。顕正会会長の浅井昭衛氏も83才。いず ...

本行寺に所属する法華講中である「法華講本行寺支部」は、1990年までの宗創和合時代においては、日蓮正宗において、法華講法道院支部に次いで、最大級の信者数をかかえる法華講であった。今でも妙観講を別にすれば、最大級の法華講であり、法華講連合会の柳沢喜惣次・4代委 ...

昨日、とつぜん、ニュースが私の元に飛び込んで来ました。 日蓮正宗の信者のトップが座る職である法華講総講頭で、法華講連合会4代委員長であった柳沢喜惣次氏が4月27日に死去したとのことです。享年は 何歳か不明ですが、この人は、日蓮正宗大石寺67世法主・阿部日顕とそん ...

↑このページのトップヘ