アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗を批判・離檀・反逆しても仏罰も堕地獄も全くない

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

龍神ひろしを斬る(71)~反論不能男・龍神ひろしが説く仏罰論の大ウソを斬る1

■論破71反論不能男・龍神ひろしが説く仏罰論の大ウソを斬る1

-----------------------------------------------------

(「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろしの妄言)

さて、廃業した彼曰く、「日蓮正宗や創価学会は、仏罰だと言って、強迫している」

との事、はてさて?日蓮正宗として、布教で仏罰と言って布教しろ!とは、指導されていない。

hide よ!日蓮正の指導で、仏罰と言って布教しろという証明をしろ!一部が、言っていたと言うので、全体と言うのは、おかしな話しである。

(20120117日の楽天センズリブログの日記)

-------------------------------------------------------

あれれれれ、日蓮正宗は、仏罰論、堕地獄論を言っていないとでも言うのかな??とんでもない。

まずは、日蓮正宗が法華講員に対して、日蓮正宗の教科書のように配布している『法華講員の基礎知識』という名前の小冊子に、仏罰論が山のように出てくる。

この『法華講員の基礎知識』という小冊子は、全体で114ページなのだが、そのうちのp47からp67まで、実に24ページにわたって、仏罰論を展開している。いかに日蓮正宗という宗教が、仏罰論を教学のメインにおいているかが、これによって一目瞭然である。

つまり、日蓮正宗が言わんとするところは、日蓮正宗の信仰をすれば功徳(利益)がもらえるが、「戒壇の大本尊」や「血脈相承」等々を否定するなどして、日蓮正宗に反目すれば、無間地獄に堕ちるというものである。『法華講員の基礎知識』の中に説かれている仏罰論の一部を抜粋する。

 

「三大秘法に背く厳罰は明らかで、背けば必ず無間地獄へ堕ちるのです。…結果として、自らの生命力はしぼみ、病苦や家庭不和、対人関係の失敗など、あらゆる不幸を引き起こすばかりか、至極の罰は、精神分裂をきたしたりして、人生を破滅させるほど重いことを知るべきでありましょう」

「たとえ、うわべがいかに幸福そうに見える人であれ、金銭上の損害、病気、家庭不和、道理にそった思考、判断力の欠如、性格異常等々、本人が自覚するとしないとに関わらず、さまざまな罰を受けています。もしこの厳然たる事実に気づかず、また気づいていても背き続けるならば、一生に渡って罪業を積み重ね、場合によっては精神障害をきたしたり、非業の死を遂げることすら珍しくありません」(p46p47)

「実際、これらの邪宗を世に広めた各宗派の宗祖たちは、すべて悲惨な最期を遂げており、仏の金言に背く罪の恐ろしさを実証しているのです」(p54)

(他宗に)入信した大衆は、よこしまな本尊と、感応道応し、病気、家庭不和、病苦と、現実の生活は文字通り、地獄の境涯に落ち込んでいきながら…末路は悲惨な無間地獄の姿を現ずるのです」「神札を家中に貼り、邪宗の檀家総代などを代々続けてきたような家ほど、不慮の災難、病気、自殺、身体障害等々の深刻な苦悩にあえいでいます」(p58)

 

こんなものはほんの一部で、これでもか、これでもかとばかりに仏罰論を展開している。

全く他人の不幸に対する思いやりや人間的な優しさなど、微塵も感じられない。非常識極まりない仏罰論を説いているではないか。龍神ひろしよ。「日蓮正宗として、布教で仏罰と言って布教しろ!とは、指導されていない」などという大ウソをつくな。

金正日1 

(龍神ひろしのそっくりさん・金正日)

 

 

自然災害を仏罰論に無理矢理こじつける日蓮正宗教学の非常識さ

1990年の雲仙普賢岳噴火、1995年の阪神大震災、2011年の東日本大震災と巨大な自然災害が起きると、必ずといっていいほど、日蓮正宗、創価学会、富士大石寺顕正会という所に「天罰・仏罰で大地震が起きた」「法華経を信仰しないから日本一国総罰になった」などというバカ者たちが出没してきます。まことにおぞましい限り、不快極まりない仏罰論です。

 

1990年の雲仙普賢岳噴火を仏罰にこじつけて発言していたのは、日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主自身です。どういうことかというと、雲仙普賢岳噴火は19901119日だったのですが、その前日の1118日に、創価学会名誉会長・池田大作が日顕批判・宗門批判のスピーチをしたということで、あたかも池田大作のスピーチを聞いて、諸天善神が怒って、雲仙普賢岳を噴火せしめたかのような説法をしていた。

笑止千万のこじつけです。あの当時、マスコミや週刊誌もこぞって創価学会の税務調査や創価学会員の犯罪等々を批判していましたが、日顕のこじつけ説法も批判されていた。

67世日顕8

 

1995年の阪神大震災を仏罰にこじつけて発言していたのは、元公明党都議会議員で、日蓮正宗妙光寺信徒・龍年光をはじめとした法華講員。それらの法華講員たちを阿部日顕法主をはじめとする日蓮正宗中枢をはじめ、ほぼ日蓮正宗全体が龍年光氏を支持していた。

龍年光氏は、「有徳王」なる小冊子を発行して、さかんに「阪神大震災は創価学会がニセ本尊を配布したから起こった」などと吹聴。阿部日顕法主までも、これに追随する説法をしていたほど、熱を上げていたのである。

しかし、創価学会が独自の本尊を配布したのは、何も阪神地方だけではない。日本全国はおろか、世界各国で行っていることである。龍年光氏の言が本当なら、日本全国、世界各国で大地震・大震災が起こっていなければならない。よって阪神地方だけで大震災が起きた原因が、創価学会云々とは無関係であることは明らかである。

 

さらにこういった自然災害に便乗して、富士大石寺顕正会会長・浅井昭衛が「日蓮大聖人に帰依しなければ日本は必ず亡ぶ」などと題する著書を出版し、盛んに日本一国総罰論を吹聴していた。こうして、日蓮正宗、創価学会、富士大石寺顕正会のカルト信者たちは、お互いがお互いを罵りあって、こういうバカなことを言い合っていたわけである。

 

さらにその後、2000年を過ぎて、日蓮正宗が、創価学会、顕正会、正信会など「日蓮正宗系」以外の教団や無宗教者に対して、強引な布教・折伏を本格的に展開してくるに及んで

「天罰・仏罰で大地震や同時テロ事件が起きた」「法華経を信仰しないから総罰になった」

などと、再びとんでもない仏罰論を吐いています。

続きを読む

日蓮正宗に関する苦情6・信心ずれたら仏罰とは最悪の宗教だ

200511月に設立した「アンチ日蓮正宗」は、最初の約6年間を主にmixiGREEで活動してきたのだが、この間、日蓮正宗、創価学会、顕正会に関する苦情が「アンチ日蓮正宗」に殺到しています。中でも、一番多いのが、日蓮正宗に関する苦情・相談です。

日蓮正宗は、自らの活動によって、苦情を多発させているという現実を深く認識して、率直に反省すべきである。ここでは、「アンチ日蓮正宗」に寄せられた、日蓮正宗に関する苦情の一端を紹介し、日蓮正宗が巻き起こしている宗教被害というものがいかに甚大であるかということを、明らかにしていくものです。

もちろん、苦情・相談を寄せられた方の個人名や、個人を特定できる情報は絶対に明かしません。

 

 

■日蓮正宗に関する苦情・相談620075月 アンチ日蓮正宗に寄せられた苦情

 

「日蓮正宗って本当に最悪な宗教ですよ! 私が“アンチ日蓮正宗”になったのは、とても一言では言い尽くせません。本当に何から話せばいいのかわからないくらいの、それはそれはたくさんの理由があります! 私が抱いている不信不満と疑念及び矛盾を日蓮正宗の信者にぶつけたら、多分口をつぐんでしまう事でしょう(^^;)v

いい出来事やありがたい体験はすべて信心のおかげ、その逆に降り懸かる災難や災い事は全部その本人の信心のズレが招いた結果…

まずもってズレた信心をしたら、災い事が降り懸かるようなとんでもない宗教なんか信仰できるかっちゅートコから入らせて戴きましょうか。

私の周りに日蓮正宗をやって頭のおかしくなった人や心臓で死んだ人、脳みそで死んだ人、また癌になって死んだ人が何人もいます(-"-;)

心筋梗塞や脳梗塞、それに癌なんかはいつ誰がかかってもおかしくない現代の病ですが、日蓮正宗を信仰してる人間にそんな病気にかかり突然死をする人の割合があまりにも多過ぎます!

「正しい信心をしないから、信心の姿勢がズレてるからそうなったんだ」と日蓮正宗にドップリハマッてるバカがほざいておりましたが、幸せになりたいから悩みを消したいから人は神仏に手を合わせ祈るのじゃないのかな??? それなのに正しい信心をしないからとか信心の姿勢がズレてるからと言ってそのような罰を受けるのであれば最初からやらない方がよっぽどマシではないか! 幸せになりたいから悩みを消したいから本尊に向かって手を合わせて祈っているのに、拝み方の姿勢が間違っているからと言って命まで奪われるような病気になって…

本末転倒も甚だしいとは思いませんか?

他にも色々「日蓮正宗は粗悪なバカ宗教」と言いたくなるような所以があります。

自分達以外の宗教を全て“邪宗”と言う呼び方で切り捨ててしまう日蓮正宗の輩よ… お前達こそ粗悪で腐れたバカ宗教だ!!殺人集団のオウム真理教とちっとも変らない、目糞鼻糞、五十歩百歩の同レベルのカルト集団じゃないか!!」

苦情6信心ズレたら仏罰は酷い 

続きを読む

日蓮正宗に関する苦情5・仏罰宗教は矛盾している・いらない

200511月に設立した「アンチ日蓮正宗」は、最初の約6年間を主にmixiGREEで活動してきたのだが、この間、日蓮正宗、創価学会、顕正会に関する苦情が「アンチ日蓮正宗」に殺到しています。中でも、一番多いのが、日蓮正宗に関する苦情・相談です。

日蓮正宗は、自らの活動によって、苦情を多発させているという現実を深く認識して、率直に反省すべきである。ここでは、「アンチ日蓮正宗」に寄せられた、日蓮正宗に関する苦情の一端を紹介し、日蓮正宗が巻き起こしている宗教被害というものがいかに甚大であるかということを、明らかにしていくものです。

もちろん、苦情・相談を寄せられた方の個人名や、個人を特定できる情報は絶対に明かしません。

 

 

■日蓮正宗に関する苦情・相談520075月 アンチ日蓮正宗に寄せられた苦情

 

「私は以前、法華講員でした。

学会員も顕正会員も法華講員も正心会員も妙観講員も…全部同じですよ。

諸悪の根源は日蓮正宗と言う宗教、そしてその総本山の大石寺なのです。

○○さんの言う通り、私も「罰を与える仏様などいらない」と言う考えです。

特に日蓮正宗とは、背いたから、逆らったからと罰を与えるのではなく、一生懸命に信じていても「信心がズレてる」と言うだけで罰を受けるんですよ。

折伏した人を脱会させたいのなら、まずそこら辺から攻めてみたらどうですか。

人は誰しも「幸せになりたい」「解決出来ない悩み事を抱えている」と言う気持ちから、幸せになれるように悩み事が消えるように手を合わせ神仏にすがり祈るんじゃないですか。

それなのに信じて念じていても、いつの間にか入信以前より大きな悩みや病気で苦しんでしまっている人がたくさんいると思いませんか。そこで「なんかおかしくないか」と気付く人はまだ救い道もありますが、厄介なのはそうなっても「信心がズレてるからだよ。題目だ。題目しかないよ」と言われた言葉を信じて、更に深斑にハマっていく人達です。

まさに最悪のシナリオの人生まっしぐらって感じですよ。」

苦情5罰宗教はいらない 

 

これは、日蓮正宗の仏罰論・無間地獄論の矛盾を突いた苦情で、問題の本質を鋭く突いています。

「アンチ日蓮正宗」では、日蓮正宗が説いている仏罰論・無間地獄論がいかに矛盾した教義であるか、いかに問題のある教義であるかについて、とりあげて批判しています。

□アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/

□日蓮正宗の罰論・無間地獄論は虚構である

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_319521.html

 

日蓮正宗の信者のみなさんは、日蓮正宗が説いている仏罰論・無間地獄論が矛盾していると思わないのでしょうか。おかしいと思わないのでしょうか。

「信心がズレてる」と言うだけで仏罰を受ける宗教なんて、あり得ますか。そんなものは、衆生を救う宗教でも何でもない。

ただ信者を脅迫して、自分の意のままに動かそうとするインチキ宗教であり、脅迫宗教である証拠です。是非とも、目覚めて戴きたいものです。

 

 

龍神ひろしを斬る(7)~阿部日顕の学徒出陣を知らない法華講員が説くデタラメな罰論

■論破7・阿部日顕の学徒出陣を知らない法華講員が説くデタラメな罰論

 

------------------------------------------------------------

(不埒な洗脳法華講員・龍神ひろしの妄説)

罰をうける苦しみは、今日蓮正宗の信徒の苦しみよりも、はるかに勝る苦しみを受けることになります。戦争について、徴兵された事については、法華経譬喩品第三に

「貧窮下賎にして、人に使われ、多病しょうしゅにして依怙する所無く、」とあります。

昔の兵士は使い捨てです。その例が特攻でしょう。

(楽天ブログ・龍神ひろし20091112日の日記より)

------------------------------------------------------------

 

これなどは、日蓮正宗の罰論、なかんずく国賊せまし(仮名)なる者が説いている罰論が、いかにデタラメ千万なものであるか、ということを端的に物語っている。

龍神ひろし日記の内容は、どう見ても、戦争で徴兵されたことを法華経誹謗の罰であるということを言っているのでしょう。それ以外に、この文の意味の解釈の仕様がないところが、さももっともらしく見える龍神ひろしの罰論なるものは、とほうもない自己矛盾に陥っているのである。

 

どういうことかと言うと、1941(昭和16)1945(昭和20)年の太平洋戦争(第二次世界大戦)において、日蓮正宗の在家信者のみならず、日蓮正宗末寺の当時の若手住職・僧侶たちが、ぞくぞくと徴兵され、戦争に出征していっているからである。

さらに言うと、1922年(大正11年)生れの日蓮正宗大石寺67世法主阿部日顕が、1943年から1945年の終戦まで、学徒出陣して太平洋戦争に出征している。

学徒出陣1


阿部日顕は1943年(昭和18年)12月に臨時徴兵制度の特典により立正大学日蓮学科を卒業しているが1943年~ 1945年まで、学徒出陣して太平洋戦争に出征しており、終戦のときには、海軍中尉として復員している。

学徒出陣とは、第二次世界大戦末期の1943年(昭和18年)に旧日本軍の兵力不足を補うため、高等教育機関に在籍する20歳以上の文科系、および農学部農業経済学科などの一部の理系学部の学生を在学途中で徴兵し出征させたことである。

従来、兵役法などの規定により大学・高等学校・専門学校(旧制)などの学生は26歳まで徴兵を猶予されていた。しかし兵力不足を補うため、次第に徴兵猶予の対象は狭くされていき、194110月、大学、専門学校などの修業年限を3ヶ月短縮することを定め同年の卒業生を対象に12月臨時徴兵検査を実施して、合格者を翌19422月に入隊させた。1942年には、さらに予科と高等学校も対象として修業年限を6ヶ月間短縮し、9月卒業、10月入隊の措置をとった。

そして、さらなる戦局悪化により下級将校の不足も顕著になったため翌1943102日、当時の東條英機内閣は在学徴集延期臨時特例(昭和18年勅令第755号)を公布して、理工系と教員養成系を除く文科系の高等教育諸学校の在学生の徴兵延期措置を撤廃。1943年の徴兵対象者拡大の際、学徒出陣の対象となったのは主に旧制大学・旧制高等学校・旧制専門学校などの高等教育機関に在籍する文科系学生で、彼らは各学校に籍を置いたまま休学とされ、徴兵検査を受け入隊した。

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ