アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗の独善的・独尊的・排他的体質を斬る

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(6)~日蓮正宗系信者は世間一般の人よりも偉いと錯覚・うぬぼれている

□他宗や未入信者を「謗法の連中」「身延派」「念仏宗」等と下す洗脳をしている日蓮正宗系団体

 

これは「日蓮正宗系信者だけが仏教を修学していると錯覚・うぬぼれている」という悪弊・弊害とよく似た、関連性がある悪弊・弊害である。これは、日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会といった日蓮正宗系の宗教団体が、常日頃からこのように信者を徹底的に洗脳教育していることに原因がある。だから日蓮正宗系の宗教団体が、信者を「日蓮正宗系信者は世間一般の人よりも偉いと錯覚・うぬぼれ」させていると言っても過言ではない。

日蓮正宗系では、世間一般の日蓮正宗系宗教団体に入信していない人のことを「世間の謗法の者」とか「謗法の連中」と呼ぶ。「謗法」とは仏教用語で、辞書によれば

「仏法をそしり真理をないがしろにすること」(国語辞典大辞泉)

「謗法(ほうぼう、ぼうほう)は、誹謗正法(ひぼうしょうぼう)の略で、日本の仏教、あるいは一部の宗派間で使われる用語である。“誹謗正法”とは、仏教の正しい教え(正法)を軽んじる言動や物品の所持等の行為」(フリー百科事典・Wikipedia)

「仏法をそしること。五逆罪にまさる罪という」(日本国語大辞典)

と載っている。世間一般の人は、日蓮正宗系に入信していないだけで「誹謗正法」のレッテルを貼り付けられ、「世間の謗法の者」とか「謗法の連中」として徹底的に下そうとする。

あるいは他宗派の日蓮宗のことを「身延派」と呼び、浄土宗や浄土真宗のことを「念仏宗」と呼ぶ。

日本の仏教宗派の中には「身延派」「念仏宗」という名前の宗派は存在しない。なぜ身延山久遠寺を総本山とする日蓮宗を「身延派」という派号で呼ぶのかというと、日興の身延離山の時に日興に随わなかったという理由で、あたかも今の日蓮宗のほうが大石寺から派生したかのように呼ぶわけである。なぜ浄土宗や浄土真宗のことを「念仏宗」と呼ぶのかというと、日蓮の四箇の格言の「念仏無間地獄」の宗旨だから「念仏宗」と、あだ名を付けて下して呼ぶわけである。あだ名やニックネームは、親しみを込めて付ける場合もあるだろうが、「身延派」や「念仏宗」というあだ名は、親しみを込めているのではなく、明らかに蔑視して下している「あだ名」である。

あるいは日蓮正宗の内紛・抗争で「破門」になった団体を「浅井一味」とか「正信会の徒輩」とか、あたかも犯罪集団か、ごろつき集団であるかのような呼び方をする。本心では「戒壇の大本尊」「二箇相承」偽作説を支持していた大石寺59世堀日亨ですら、日興の身延離山後の日向一門のことを「これ(日向)に与党する醜類」(富士日興上人詳伝p267)と呼んでいる。堀日亨ですらこれであるから、他は推して知るべしである。

阿部日顕や日蓮正宗僧侶は、大石寺教学を批判する意見のことを「下衆の勘ぐり」「猿知恵」などと呼んで下そうとする。この私もかつて日蓮正宗僧侶から「下衆の勘ぐり」「猿知恵」等と呼ばれたことがあった。日蓮正宗系の信者たちは、こんな世界の中で大石寺、寺院、会館といった施設の中で洗脳され続けている。

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(4)~仏教教学の修学はただ乗りして当たり前だと思っている

□時間とコストをかけて本気で仏教を検証・研究しようとしない日蓮正宗や創価学会の信者

 

仏教教学を不信や疑問の上から検証・研究して行くことを全く知らない、あるいは理解できない日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害と関連した悪弊・弊害である。

これは日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の現役信者のみならず、「富士門流執着軍団」の者や口先だけ無宗教宣言した「ドリーJUNKシニア」等にも共通している。

つまり日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会では、信者が学習する題材・テキストは、あらかじめ寺院や信徒団体が用意したものばかり。このテキストを、講師が御書学習会、教学試験勉強会、夏季講習会等々で講義する。これを聞いている信者は、これに洗脳されているだけである。

さらにその上に、御書学習会、教学試験、教学勉強会、夏季講習会では「無疑曰信」ということが徹底的にたたき込まれる。「無疑曰信」とは、日蓮正宗や創価学会が説く教学に何の疑問も持たずに頭の中にたたき込み、脳の中を日蓮正宗や創価学会が説く教学で占拠するように強要される。御会式や御講などの寺院行事においても、日蓮正宗の僧侶は「法門は毛穴から入る」などと言って、御会式や御講などの寺院行事に参詣する信者には、疑問も何も抱かずに黙って聞いていることを要求している。これは、ただの洗脳教育である。日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の信者たちは、こんな洗脳教育が仏教教学の学習だと錯覚しているから、自分の目と耳と頭で、仏教教学を自分で検証することなど、全く思いも寄らない。

かつて「アンチ日蓮正宗」管理人が、「日蓮の御書全集や『富士宗学要集』を読了した」と書いたら、「御書全集は、日蓮正宗の信者しか手に入らないはずなのに、どこから入手したのですか」などという質問を寄せてきた人がいた。「御書全集は、日蓮正宗の信者しか手に入らない」などと本気で思っていることに、私は呆れ果ててしまいました。

創価学会が1951(昭和26)年に出版した大石寺59世堀日亨編纂の「御書全集」は、昭和50年代から60年代のころは、一般の書店でも販売していた。日蓮正宗が1994(平成6)年に出版した「御書全集」は、大石寺の売店で販売していた。

先の質問者は『富士宗学要集』については、その存在すら知らなかったようだが、昭和30年代に創価学会が出版した大石寺59世堀日亨編纂の『富士宗学要集』は、昭和50年代から60年代のころは、東京・信濃町の創価学会タウンの一角にある聖教新聞出版センターで販売していた。

私は、御書全集や『富士宗学要集』がどこで販売されているのかという情報を、自分で仕入れて、自分で歩いて御書全集や『富士宗学要集』を買いに行ったのである。創価学会の会館は、基本的に会合があるときに創価学会員のみしか入れなかったが、聖教新聞出版センターは開館時間内であれば、だれでも中に入ることが出来て、だれでも中で販売している書籍を買うことができた。

御書全集は1冊にまとまっていたが、『富士宗学要集』は全10巻。1巻が約3000円くらいした。だから『富士宗学要集』全10巻を一度に買うことはできず、何度も聖教新聞出版センターに足を運んで、1冊から2冊ずつ買っていったのである。

富士宗学要集4 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(3)~不信から仏教教学の学習がはじまることが理解できない

□「仏法を学す」ことは仏法への不信や疑問からスタートすることが理解できない洗脳信者たち

 

日蓮正宗の信者たち、特に洗脳法華講員たちは「なぜ無宗教なのに仏教に詳しいのか」「日蓮正宗を批判する者が仏教に詳しいのは、おかしい」「無宗教が仏教に精通しているのは不審だ」などと口をそろえて言う。まことに滑稽極まりない話しである。

元来、「仏法を学す」ということは、仏法に対する不信や疑問からスタートするのである。これは仏法を学す基本である。ここのところが洗脳法華講員たちは、全く理解できない。

日蓮正宗や創価学会の場合は、信徒団体の号令により、御書学習会があり、教学試験があり、教学勉強会があり、夏季講習会がある。それぞれの御書学習会、教学試験、教学勉強会、夏季講習会には、信徒団体がそれぞれのテキストを用意して、信者はそれを読み学習する。そしてそれらの御書学習会、教学試験、教学勉強会、夏季講習会では「無疑曰信」ということが徹底的にたたき込まれる。「無疑曰信」とは「疑い無きを信と曰う」ということで、日蓮正宗や創価学会が説く教学に、何の疑問も持たずに、自分の頭の中にたたき込み、脳の中を日蓮正宗や創価学会が説く教学で占拠するように強要される。

御会式や御講などの寺院行事においても、参詣信者は寺院の受付に供養金を差し出して、法要に参詣し、僧侶の説法をただ黙って聞いているだけ。日蓮正宗の僧侶は「法門は毛穴から入る」などと言って、御会式や御講などの寺院行事に参詣する信者には、疑問も何も抱かずに黙って聞いていることを要求している。これでは仏法を学習するのではなく、ただの洗脳教育でしかない。日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の信者は、こんな洗脳教育の中で育ってきているので、仏教教学というものは、その宗派・宗旨を信仰する者だけが修学するものだと思い込んでいる。彼らは、そういう仏教修学や教学研鑽に名を借りた洗脳教育しか知らないため、そういうものだと思い込んでいる。まことに恐れ入った話しである。

こういう日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の信者の悪弊・弊害は、現役信者のみならず、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会から離檀・脱会して単に無宗教宣言しただけの人や、富士門流寺院や富士門流教学に執着している「富士門流執着軍団」の人たちが延々と引きずっているケースが多々見られる。

例えば口先だけ無宗教宣言しただけの「ドリーJUNKシニア」は、日蓮正宗から離檀する以前、mixi「アンチ日蓮正宗」を読んで、「アンチ日蓮正宗」管理人に対して「あなたは日蓮正宗の元信者ですか」と執拗に言ってきていた。つまり「ドリーJUNKシニア」は、日蓮正宗の元信者でなければ、ここまで日蓮正宗の教学を論ずることは不可能だと言いたいようである。しかしこの「ドリーJUNKシニア」の書き込みは、的外れなただの妄言に過ぎない。

アンチ日蓮正宗3 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(2)~日蓮正宗系信者だけが仏教を修学していると錯覚・うぬぼれている

□うぬぼれているだけで御書全集も富士宗学要集も読了していない日蓮正宗・創価学会等の信者

 

これは、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会が永年にわたって信者を洗脳教育している重要な要素である。つまり日蓮正宗だけが仏教を修学している。創価学会の会員だけが仏教を修学している。顕正会だけが仏教を修学している。正信会だけが仏教を修学している。他宗派・他門流は、何一つ仏教を修学していなければ、何一つ修行していない。葬式や法事のみを行う葬式仏教と化している。…。日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会は、こんなバカげた洗脳教育を、御講、御会式、折伏座談会、御書学習会等の席で、信者にこれでもかこれでもかと吹聴する。

それで、ガチ信者や行事に参加する信者、他宗派・他門流を全く知らない子どもの頃から日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の庭の中で育った信者ほど、この洗脳に染まりきっている。

全くもってひどすぎる体質である。これは日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の現役信者のみならず、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会から離檀・脱会した人の中にも、いまだにこの洗脳から抜けきれない人もいるくらい。

日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の信者たちは、他宗派、他門流でも広く仏教を修学・研鑽して、仏教学の学者がたくさんいることを知らないのだろうか。

日蓮宗には立正大学、身延山大学があり、曹洞宗には駒澤大学、鶴見大学、東北福祉大学、愛知学院大学があり、浄土真宗大谷派には大谷大学、京都光華女子大学、浄土真宗本願寺派には龍谷大学、臨済宗には花園大学、真言宗には高野山大学、天台宗・新義真言宗(智山派・豊山派)・浄土宗の大学や専門学校を包摂する大正大学等があり、数多くの学者がいて、研究機関もあり、研究者や学生もたくさんいて、さまざまな仏教研究の雑誌や定期刊行物、著書もある。

これでどうして日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会だけが仏教を修学しているなどと言えようか。うぬぼれも甚だしいと言うべきである。

洗脳法華講員・ブルーシールや龍神ひろしなどは「アンチ日蓮正宗」を見て「無宗教がこんなに仏教に詳しいのは、絶対におかしい」などということを平気で書いていた。日蓮正宗でも創価学会でも顕正会でも、仏教を修学しているのは自分たちだけで、無宗教はなにひとつ仏教を修学せずに、よほど宗教に無智だと洗脳され続けてきたのであろう。全く以てお笑い草であると同時に、うぬぼれるのもいい加減にしろ、と厳しく断罪されてしかるべき話しであろう。

日蓮正宗や創価学会の信者は、大石寺版の日蓮「御書全集」を持っている信者が多い。「自分たちだけが仏教を修学している」などと「うぬぼれ」に浸っている日蓮正宗や創価学会の信者たちは、はたして自分たちが手にしている日蓮「御書全集」を一度でも読破したことがあるのか。

「アンチ日蓮正宗」では、随所に大石寺59世堀日亨が編纂した「富士宗学要集」を引用しているが、日蓮正宗や創価学会の信者たちは、この「富士宗学要集」全10巻を一度でも読破したことがあるのか。

御書全集3 

続きを読む

なぜアンチ系コミュニティが活発化するのか、全くわかっていない現役カルト信者

日本の大手SNSであるGREEmixiには、今や数えきれないほどのコミュニティが存在しているが、そんな中で、アンチ日蓮正宗、アンチ創価学会、アンチ顕正会等のアンチ系コミュニティがまことに活発である。

私自身が「アンチ日蓮正宗」等のといったアンチ系コミュニティを管理運営している立場にあるが、アンチ日蓮正宗や創価学会事件簿よりも、はるかに多くの加入者がいるコミュニティは多数あるし、その中で繰り広げられている議論も、---いろいろ内容については賛否両論あり、さまざまな意見があることは承知しているが---かなり活発なものがあると思う。

アンチ日蓮正宗3


又、GREEmixiに限らず、大手巨大掲示板「2ちゃんねる」でも、アンチ系スレッドが多数立っていて、こちらのほうも議論はGREEmixi以上に活発である。

 

かつてインターネットが出現する以前の時代では、日蓮正宗・創価学会問題、カルト宗教問題に関する苦情・クレーム・苦言・反対意見…といったものは、週刊誌、月刊誌、評論家、新聞社、TV局…といったマスコミ・ジャーナリズムに噴出していた。

それがインターネット時代の今は、GREEmixi2ちゃんねるといったネットの世界に場所を変えて噴出している観がある。

若いころから長年、カルト宗教問題やそれらの議論を見守ってきた私としては、こういった歴史的な流れをみていると、内容はさておくとして、ある意味、感慨深い。

 

では、なぜこうしてマスコミ・ジャーナリズムやMixi2ちゃんねるといったネットの世界に、カルト宗教問題に関する苦情・苦言・クレーム・反対意見…といったものが噴出しているのだろうか。

某カルト宗教--なかんずく創価学会あたり---に完全に凝り固まっているガチガチの信者たちは、「マスコミ・ジャーナリズムに洗脳(?)されている」

「きちんとした教育を受けていないから」

「慢心から退転したにすぎない」

「仏道修行ができなかっただけ」

などと言っているようだが、これは全くの見当外れも甚だしいものがある。

 

原因のひとつは、カルト宗教問題に関する苦情・苦言・クレーム・意見…などを受け付けて適正に処理する公的な機関・センターがないということが、ひとつある。

私たちが普段の消費生活の中での苦情・苦言・クレーム…といったものは、当事者の売り手側に交渉してもラチがあかなければ「消費者センター」に持っていって相談するということができる。

タクシーに乗った時の苦情・苦言・クレームは「タクシーセンター」に持ってけるし、新聞セールスに関する苦情・苦言・クレームは「新聞セールス近代化センター」に持っていくことができる。

まあだいたいこのあたりで処理されてしまうのだが、それでもダメな場合は、所轄官庁に苦情・苦言・クレームを持っていくことができる。

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ