アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗大石寺法主の問題言動・贅沢・批判

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

龍神ひろしを斬る(63)~必要性がない高級車に乗っているのは贅沢としか言いようがない

■論破63・「必要性」がない高級車に乗っているのは贅沢としか言いようがない

---------------------------------------------------------

(不埒な洗脳法華講員・龍神ひろしの妄説)

建物を見せるのに、見学料を払います。ほとんどこういう寺院が多いのが事実です。 宗教をビジネスとして、観光目的にしてる金儲けと言わないで、日蓮正宗だけを金儲けと言うなんかおかしいですね?大石寺が、他の知らない人からも御開扉料を貰って見せてるなら、それは金儲けでしょう。

憶測なら誰にでも言える事ですよ。日蓮正宗が金儲けで贅沢してると言うなら、証拠を出すべきでしょうね。高級な車があった。んで?その車で、僧侶が遊び歩いていた証拠ありますか?

 (楽天ブログ・龍神ひろし 日記より)

------------------------------------------------------------

日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主をはじめ、宗務員役僧、末寺住職が高級車に乗っている姿は、いろいろな人に見られているのに、ぜんぜん気がついていないようですな。

日蓮正宗内部の情報では、阿部日顕法主の本山内移動の時は、日産プレジデント。地方に行く時はベンツに乗る。しかも日産プレジデントの最高級グレードのロングタイプで、プレジデントもベンツもガラスはすべて防弾ガラス。

宗務員役僧の一人、秋元広学渉外部長が住職を務める宣徳寺では、1980年代の住職送迎は日の丸リムジンの超高級ハイヤー。末寺住職も1990年代前半の、まだ携帯電話が一般に普及していなかった時代に、自動車電話付き高級車に乗っている姿を多くの人に見られている

だいたいどうしてこんな超高級車に乗る「必要性」があるのか?

「必要性」があれば、たとえ高級車に乗っていても、誰も「贅沢だ」とは批判しないだろう。しかし法主や宗務役僧が、どうして防弾ガラス付きの日産プレジデント、ベンツ、リムジンハイヤーに乗らなくてはならないのか。どうして防弾ガラスが入っていない一般の乗用車ではダメなのか。

そもそも客殿から大石寺墓苑に行く時とか、大石寺内を移動する時に、どうしてわざわざ防弾ガラス付きの日産プレジデントに乗っていかなくてはならないのか。それどころか、車で移動する必要すらないはずだ。大石寺内を移動するだけだったら、別に徒歩で移動したっていいわけですから。

しかも「日蓮から唯授一人の血脈相承」なるものを相承していると自称し「諸天善神に守護される」はずの法主が、どうして防弾ガラス付きの日産プレジデントやベンツに乗る必要性があるのか。

これなんどは、必要性どころか、矛盾しているとしか思えない。「諸天善神に守護される」法主は、防弾ガラス付きの日産プレジデントやベンツに乗るのではなく、むしろ防弾ガラスが入っていない一般の乗用車に乗るべきではないのか。

こういうふうに考えていくと、法主や宗務役僧が、そんな高級車に乗る「必要性」など認められないのである。「必要性」がないのに、そんな高級車に乗っているというのは、供養金に上に胡座(あぐら)をかいた贅沢としか言いようがないではないか

金正日1 

(龍神ひろしのそっくりさん・金正日)

 

 

 

龍神ひろしを斬る(41)~日蓮正宗大石寺法主・末寺住職たちの贅沢三昧を斬る

■論破41・日蓮正宗大石寺法主・末寺住職たちの贅沢三昧を斬る

 

□乗る必要性がないのに法主や住職が超高級車に乗るのは供養金に上に胡座をかいた贅沢だ

-----------------------------------------------------------------------------

(不埒な洗脳法華講員・龍神ひろしの妄説)

赤字ならいいというのでしょうか?アンチは、赤字なら赤字で、批判するでしょう!!!

お金がないと、維持もできないし、生活も出来ない。これは、当たり前の話です。

ただ、カルトと決め付けて、カルトだから金儲けという。その、考えがおかしいのです。

赤字ならいいのですか?赤字で赤字なら、批判をするでしょう。会社がそうでしょう。赤字なら経営者は批判される。赤字でなく、その金額で、何か?贅沢な生活をしてるとでも言うのでしょうか?

あるなら、だして欲しいものです。だが、創価新報ネタで、批判はしないでください(笑)世間に恥をさらす結果になりますから~!!!!!

 (龍神ひろしの2010113日・楽天『自慰』ブログ日記)

-------------------------------------------------------------------------------

七万五千総会の丸儲け批判に反論不能になった龍神ひろしが、苦し紛れに持ち出したのが、幼稚な「赤字ならいいのですか?」。

何を言っているんですかね。黒字だの赤字だのと言っていないでしょうが。

「カルトと決め付けて、カルトだから金儲けという。その考えがおかしいのです」などと言っているが、これは話があべこべ。強引な金集めで金儲けをしているからカルト宗教だと批判しているのだ。

さらに「贅沢な生活をしてるとでも言うのでしょうか?あるなら、だして欲しいものです。」

などと開き直っているが、こんなものはいくらでもあるではないか。

まず日蓮正宗大石寺の法主は外出はおろか、大石寺境内を移動するだけでも黒塗りのプレジデント。外出時はベンツ。

中にはテレビモニターでもついているのか、屋根にはやたらとアンテナがはりめぐらされている。

まあそれにしても日蓮正宗大石寺法主の専用車は、ものすごい高級車である。

こんなことはわざわざ創価新報など引き合いに出さなくても、私を含め、さまざまな人に目撃されていることである。

この車を新車で買ったら、それこそたいへんな金額になるはずである。少なくとも、庶民が簡単に手が出るものではない。それにしても、なぜ法主は、こんな高級車に乗る必要があるのだろうか。ひょっとして襲撃でも恐れて、身を護ろうとしているのか。

しかし日蓮正宗の信者によると、仏や僧は必ず「諸天善神」が守護することになっているという。だったら、その教義によれば、法主は「諸天善神」に護られるはずだから、こんな高級車に乗る必要はないのではないのか。

 金正日3

(龍神ひろしのそっくりさん・金正日)

 

続きを読む

自分が特別に偉い人物だと思い込んで贅沢三昧にふけっている阿部日顕の妄説を斬る

大石寺内移動の時は、日産プレジデントに乗り、地方に行く時はベンツに乗る阿部日顕。しかも阿部日顕が乗る日産プレジデントは、最高級グレードのロングタイプで、プレジデントもベンツもガラスはすべて防弾ガラスになっている。

こういう自分勝手な贅沢三昧な生活が批判の的になっている阿部日顕だが、日蓮正宗の元信者の意見では、「阿部日顕も世間の商売人と同じか、権力者感覚で乗っている」というものだった。

日蓮正宗の現役僧侶・現役信者の言い訳は、「血脈相承の猊下が高級車に乗って当たり前」と言うことだが、なぜこれが、当たり前なのか。納得のいく説明は何もない。そんな感覚なら、大石寺法主は近代社会になる以前の専政君主・封建領主らと全く同じということだ。

 

□日蓮生誕から七百年後に大石寺法主の長男として生まれたと威張っている?阿部日顕

 

その阿部日顕が、専政君主・封建領主感覚で贅沢三昧の生活をしていることについて、別の意見も寄せられている。それによれば、阿部日顕という人物は、

「自分(阿部日顕)は日蓮大聖人の御生誕から数えて七百年後に生れた」

「自分(阿部日顕)は大石寺60世御法主阿部日開上人猊下の長男として生まれた」

ということで特別な人間だと思っているということらしい。つまり1222年生れの日蓮から数えて、1922年生れの阿部日顕はちょうど七百年後に生れたというわけである。

そういうことから、日蓮正宗信者の供養で、好き放題の贅沢三昧な生活をするのは、自分の特権だと思っている、ということ。これはまた、こじつけも甚だしいものがある。

なぜ日蓮生誕から700年後に生まれたら、好き勝手放題の贅沢三昧が許されるのか。戯言もいい加減にしろ、と言いたくなる。

阿部日顕は1979(昭和54)年の法主登座以来、日蓮700遠忌、日興・日目650遠忌、大石寺開創700年、日蓮・立宗750年、日蓮・立正安国論750年といったふうに、大きな節目の年に大法要を行って、宗威発揚の場に利用してきた。その元は「自分(阿部日顕)は日蓮大聖人の御生誕から数えて七百年後に生れた」という、我田引水のこじつけ感覚によるものだというのである。

この問題をかつて「アンチ日蓮正宗」で内部討議したところ、こんな意見が噴出した。

「>「私は日蓮大聖人の御生誕から数えて七百年後に生れた」

>ということで特別な人間だと思っているようです

マジですか! 本当なら信じられませんね(汗)それって「偶然の産物」以外の何ものでもないと思うのですが。こじつけようと思えば何でもこじつけられるものですね」(アンチの女性)

 

誠に、ごもっともなご意見である。

それにしても、「オレは日蓮大聖人の御生誕から数えて七百年後に生れた」「オレは特別な人間なんだ」などと言って、自分が人から尊敬されるなどと本気で思っているのだろうか。

67世日顕4


続きを読む

なぜ大石寺法主はプレジデント・ベンツ等の超高級車に乗って移動しているのか

「アンチ日蓮正宗」でも、ずいぶん前から大石寺法主や末寺住職が、庶民感覚とはおおよそかけ離れた贅沢をしていることを批判してきているが、当の日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主をはじめ、宗務員役僧、末寺住職が高級車に乗っている姿は、いろいろな人に見られているのに、ぜんぜん気がついていないようなのである。

日蓮正宗内部の情報では、阿部日顕法主の本山内移動の時は、日産プレジデント。地方に行く時はベンツに乗る。しかも日産プレジデントの最高級グレードのロングタイプで、プレジデントもベンツもガラスはすべて防弾ガラス。

宗務員役僧の一人、秋元広学渉外部長が住職を務める宣徳寺では、1980年代の住職送迎は日の丸リムジンの超高級ハイヤー。

末寺住職にしたところで、1990年代前半の、まだ携帯電話が一般に普及していなかった時代に、自動車電話付き高級車に乗っている姿を、多くの人に見られている。

 

だいたい、どうして法主や末寺住職はこんな超高級車に乗る「必要性」があるのか。

「必要性」があれば、たとえ高級車に乗っていても、誰も「贅沢だ」とは批判しないだろう。

しかし法主や宗務役僧が、どうして防弾ガラス付きの日産プレジデント、ベンツ、リムジンハイヤーに乗らなくてはならないのか。どうして防弾ガラスが入っていない一般の乗用車ではダメなのか。

そもそも客殿から大石寺墓苑に行く時とか、大石寺内を移動する時に、どうしてわざわざ防弾ガラス付きの日産プレジデントに乗っていかなくてはならないのか。

否、車で移動する必要すらないはずだ。大石寺内を移動するだけだったら、別に徒歩で移動したっていいはず。

しかも「諸天善神に守護される」はずの法主が、どうして防弾ガラス付きの日産プレジデントやベンツに乗る必要性があるのか。これなんどは、必要性どころか、矛盾しているとしか思えない。

「諸天善神に守護される」法主は、防弾ガラス付きの日産プレジデントやベンツに乗るのではなく、むしろ防弾ガラスが入っていない一般の乗用車に乗るべきではないのか。

こういうふうに考えていくと、法主や宗務役僧が、超高級車に乗る「必要性」は認められない。

「必要性」がないのに、そんな高級車に乗っているというのは、供養金に上に胡座(あぐら)をかいた贅沢としか言いようがないではないか。

この問題をかつて「アンチ日蓮正宗」で内部討議したところ、こんな意見が噴出した。

 

「>諸天善神に守護される」はずの法主が~…

法主には『敵がいっぱい』って自ら喧伝しているようなものですよね(笑)あと前法主(阿部日顕)夫妻と娘の億ション所有、海外での豪遊も聞いたことがあります。日蓮正宗の信仰とは言っても、所詮は世間の『商売』と同じだ、と言いたくもなります」(アンチの女性)

67世日顕4


続きを読む

どこへ行くにもプレジデント・ベンツ等の超高級車に乗って移動していた阿部日顕

日蓮正宗大石寺の西側の大坊裏口から大石寺外周道路にぬける出入り口がある。

ちょうど1992(平成4)年春、右翼団体の街宣が賑やかだったころ、大石寺周辺でいろいろな調査活動をしながら歩いていた私は、ちょうどこの大坊裏口の出入り口が開いている時に、偶然、阿部日顕が乗る超高級車が大坊から出て行くところに、出くわしたことがあった。

ある日、いつもは閉まったままになっている大坊裏の門が開いていたので、何事かと思って、様子を見ていたところ、2人ほどの所化小僧が伏せ拝をしているのが見えた。

「伏せ拝」とは、僧侶が頭を深々と垂れて、しゃがみ込むように合掌する拝み方のことで、大石寺の所化小僧は、法主に対してのみ、この拝み方をする。つまり、これは日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主が、大坊裏口から出てくるのだと私は直感し、その様子を固唾をのんで見守っていた。

 

すると、小僧が伏せ拝をしている中、いきなり奥から黒塗りの超高級車が、ものすごいスピードで出てきて、外周道路に出て、北側へ向かって走り抜けて行ったのである。超高級車の後部座席には、一人の和服姿の老僧が座っているのが見えた。顔は、はっきり見えなかったが、小僧が伏せ拝をしていたことから、この人物は、阿部日顕法主にちがいないと思った。

見ていると、阿部日顕が乗り込んだ車は、黒塗りのセンチュリーか高級ベンツ?であった。

それにしてもスゴイ縦長の高級車であった。中にはテレビモニターでもついているのか、屋根にはやたらとアンテナがはりめぐらされていた。それにしても日蓮正宗大石寺法主の専用車は、ものすごい高級車。この車を新車で買ったら、それこそたいへんな金額になるはずである。少なくとも、庶民が簡単に手が出るものではない。

それにしても、なぜ法主は、こんな高級車に乗る必要があるのか。ひょっとして襲撃でも恐れて、身を護ろうとしているのか。

しかし日蓮正宗の信者によると、仏や僧は必ず「諸天善神」が守護することになっているという。だったら、その教義によれば、法主は「諸天善神」に護られるはずだから、こんな高級車に乗る必要はないのではないのか。

とにかく、言っていることと、やっていることがぜんぜん違う、言行不一致な宗教である。

超高級車が走り抜けて行ったあと、一人の中年僧侶が小僧に「どこへ行かれたの」と聞く姿が見えた。この中年僧侶の顔は、以前に写真で見かけた大石寺仲居僧・駒井専道氏である。

 

それにしても法主というのは、大石寺境内のどこへ行くのでも、必ず黒塗りの超高級車に乗って移動する。法主の鶴の一声で僧侶がベンツを用意し、どこへでもすっ飛んでいくのだろうか。

大石寺法主は、大石寺の法要・行事があるときも、徒歩では移動せず、法主専用の超高級車に乗って移動する。

67世日顕7


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ