アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺・寺院で見た法主・寺族・総代・法華講幹部の素顔

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

派手な化粧と高級な衣服に身を包んだ大石寺での阿部日顕夫人・阿部政子氏

□大石寺境内を移動するときも輸送班幹部の護衛が付くVIP待遇の阿部日顕夫人

 

大石寺歴代法主の遠忌法要では、能化、宗務役員の高僧、全国の住職・寺族と法華講が大石寺に登山して客殿で盛大な法要が営まれる。有名なのは日蓮正宗大石寺26世法主日寛の祥月命日に大石寺で営まれる法要である「寛師会」(かんしえ)だが、その他の法主の23回忌、33回忌、50回忌、百回忌、百五十回忌、二百遠忌、二百五十遠忌、三百遠忌、三百五十遠忌、四百遠忌、四百五十遠忌、五百遠忌等々の遠忌法要でも、住職、寺族、法華講員が登山する。

こういう寛師会をはじめとする大石寺歴代法主の遠忌法要では、法華講員は基本的に「喪服」を着なければならないと決まっているらしく、多くの信者が黒ずくめの喪服を着ている。がしかし、出席者全員が喪服を着ているわけではなく、普通の背広上下姿の男性、スーツ姿の女性もいる。

こういった遠忌法要の中でも、寛師会の他に大石寺60世阿部日開、62世鈴木日恭、64世水谷日昇、65世堀米日淳、66世細井日達といった近代の法主の遠忌法要はひときわ盛大な法要になる。

藤本日潤総監、大村寿顕(日統)教学部長、早瀬義寛(日如)庶務部長、尾林広徳(日至)海外部長、秋元広学渉外部長、長倉教明財務部長、八木信栄(日照)大石寺主任理事といった宗務院・内事部の役僧が列席するほかに、大物寺族も大石寺に参拝する。

その大物寺族の中でひときわ目立つのが、大石寺67世阿部日顕法主夫人である阿部政子氏である。

私のとなりにいた大石寺事情に詳しい人が、「あの人だよ」と、私に教えてくれた。そのときにはじめて私は阿部日顕夫人を見たのだが、ずいぷ゛ん派手っぽいというか、ちょっとケバイくらいの化粧と服に見を包んだオバサンという印象をもった。長年、住職夫人、法主夫人をしてきた人だから、あまり生活感がない人に見えた。この人、たしか阿部日顕法主とそんなに年齢差はないはず。私がはじめて阿部政子氏を見たとき、たしか70才すぎだったはずなのだが、あの派手な着こなしからして、70才台の女性には見えなかったですね。

それから阿部政子氏という人物は、阿部日顕夫人ということで、日蓮正宗大石寺での待遇は末寺住職を上回る超VIP待遇。

67世日顕4 

続きを読む

どこへ行くにもプレジデント・ベンツ等の超高級車に乗って移動していた阿部日顕

日蓮正宗大石寺の西側の大坊裏口から大石寺外周道路にぬける出入り口がある。

ちょうど1992(平成4)年春、右翼団体の街宣が賑やかだったころ、大石寺周辺でいろいろな調査活動をしながら歩いていた私は、ちょうどこの大坊裏口の出入り口が開いている時に、偶然、阿部日顕が乗る超高級車が大坊から出て行くところに、出くわしたことがあった。

ある日、いつもは閉まったままになっている大坊裏の門が開いていたので、何事かと思って、様子を見ていたところ、2人ほどの所化小僧が伏せ拝をしているのが見えた。

「伏せ拝」とは、僧侶が頭を深々と垂れて、しゃがみ込むように合掌する拝み方のことで、大石寺の所化小僧は、法主に対してのみ、この拝み方をする。つまり、これは日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主が、大坊裏口から出てくるのだと私は直感し、その様子を固唾をのんで見守っていた。

 

すると、小僧が伏せ拝をしている中、いきなり奥から黒塗りの超高級車が、ものすごいスピードで出てきて、外周道路に出て、北側へ向かって走り抜けて行ったのである。超高級車の後部座席には、一人の和服姿の老僧が座っているのが見えた。顔は、はっきり見えなかったが、小僧が伏せ拝をしていたことから、この人物は、阿部日顕法主にちがいないと思った。

見ていると、阿部日顕が乗り込んだ車は、黒塗りのセンチュリーか高級ベンツ?であった。

それにしてもスゴイ縦長の高級車であった。中にはテレビモニターでもついているのか、屋根にはやたらとアンテナがはりめぐらされていた。それにしても日蓮正宗大石寺法主の専用車は、ものすごい高級車。この車を新車で買ったら、それこそたいへんな金額になるはずである。少なくとも、庶民が簡単に手が出るものではない。

それにしても、なぜ法主は、こんな高級車に乗る必要があるのか。ひょっとして襲撃でも恐れて、身を護ろうとしているのか。

しかし日蓮正宗の信者によると、仏や僧は必ず「諸天善神」が守護することになっているという。だったら、その教義によれば、法主は「諸天善神」に護られるはずだから、こんな高級車に乗る必要はないのではないのか。

とにかく、言っていることと、やっていることがぜんぜん違う、言行不一致な宗教である。

超高級車が走り抜けて行ったあと、一人の中年僧侶が小僧に「どこへ行かれたの」と聞く姿が見えた。この中年僧侶の顔は、以前に写真で見かけた大石寺仲居僧・駒井専道氏である。

 

それにしても法主というのは、大石寺境内のどこへ行くのでも、必ず黒塗りの超高級車に乗って移動する。法主の鶴の一声で僧侶がベンツを用意し、どこへでもすっ飛んでいくのだろうか。

大石寺法主は、大石寺の法要・行事があるときも、徒歩では移動せず、法主専用の超高級車に乗って移動する。

67世日顕7


続きを読む

矍鑠とした老人だった大石寺筆頭根檀家の当主・大石寺総代・井出潔氏

1991(平成3)11月ころから1992(平成4)年夏ころにかけて、大石寺周辺に右翼団体の街宣車が多数出没して、大声で日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主を非難する街宣活動を繰り返すという事件が起こった。

夜は、右翼団体の街宣活動はなかったが、大石寺の塔中坊の住職や在勤僧侶、大石寺周辺に住んでいる信者たちが、連日連夜、大石寺周辺を警備活動をやっていた。

この警備活動に連動して、関東近県の僧侶、寺族や信者の中に大石寺の警備に参加する人たちも、時折、大石寺の自警団の警備の手伝いをしていた。

そういう中私も宗創戦争の成り行きに関心があったこともあり、時折、自家用車に乗って大石寺周辺に行って、様子を見ていた。

当時は、991(平成3)年暮れから1992(平成4)年初頭のまさに真冬。大石寺の1月~2月ころというのは、とても冷える。

大石寺の自警団は、富士山の方向から吹き下ろして来る寒風の中、深夜の大石寺境内地をテクテクと歩きながら懐中電灯を手にしながら警備

正本堂や大坊の周辺から、塔中、三門周辺、売店街周辺、大客殿周辺、奉安殿周辺、御影堂周辺、正本堂の外周、五重塔周辺、大名墓地、三師塔・歴代法主墓地、信者墓地、総一坊・総二坊周辺、総門周辺など、ありとあらゆる所を懐中電灯を持ちながら廻っていた。

ただし右翼団体は昼間は派手に大石寺の外周道路を街宣活動をしていたが、深夜には右翼団体は全く影も形もなく、正本堂の北側にあった創価学会員が経営する民宿「こくさい」で、ぐっすり寝ていた。右翼の人たちが民宿で寝ている深夜に、どうして警備に廻っているのか、ちょっと不思議に思ったものだったが…。

 

そんな折り、偶然、ひょんなことから、日蓮正宗では、ちょっと有名な人に遭遇した。それは、大石寺の古参信者で、代々の家の当主が大石寺総代を務めてきたという、当時の井出家の当主・井出潔氏である。

井出潔1


井出家とは、先祖代々から当主が大石寺総代を務めてきた名家として、大石寺周辺では特に有名な家で、大石寺観行坊住職・能勢順道氏が編纂した「諸記録」という文書には、井出家本家に所蔵されている「御本尊目録」が収録されていて、それには

開祖・日興、9世法主日有、13世日院、15世日昌、16世日就、17世日精、19世日舜、22世日俊、23世日啓、24世日永、28世日詳、29世日東、31世日因、32世日教…といった大石寺歴代法主の本尊が数多く収蔵されているという。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ