アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗の信仰は大衆文化として定着しない

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

地域に定着していない大石寺御難会と毎年の地域祭礼として定着している日蓮宗龍口寺御難会

□近隣地域の一大祭礼として数百年前から定着している大規模な行事である龍口寺・御難会

 

毎年912日の午後6時、大石寺御影堂では、大石寺法主の大導師のもと、「御難会」(ごなんえ)が行われる。2014年の御難会は、「平成の大改修」を終えた御影堂で行われ、大石寺68世早瀬日如法主が大導師を勤め、隠居している大石寺67世阿部日顕が出仕。僧侶は、佐藤慈暢大石寺主任理事、大石寺塔中坊住職、大石寺大坊在勤教師らが出席、信徒は渡辺定元大石寺総代、大石寺近隣の信徒、寺族が参列した。日蓮正宗末寺寺院でも、912日は御難会が行われ、御難会終了後、参詣信徒には「ぼたもち」がふるまわれる。これは日蓮が龍口法難で、日蓮が逮捕されて刑場に引き回された時、老女が日蓮に“ぼたもち”を供養したことに由来するといい、日蓮正宗のカルト信者たちは、御難会や「ぼたもち」がふるまわれる儀式が日蓮正宗の寺院だけで行われているかのように錯覚しているようだが、これはとんでもない間違い。

912日に御難会を行い、参詣者に“ぼたもち”をふるまうのは何も日蓮正宗だけではない。日蓮宗、法華宗をはじめとする日蓮を宗祖とする宗派ほぼ全てが行っているものである。もちろん日蓮宗の身延山久遠寺、池上本門寺等の大寺院でも大規模な御難会を行っており、日蓮宗信徒のみならず、多くの人が参詣する。中でも有名なのが、神奈川県藤沢市片瀬にある日蓮宗本山・寂光山龍口寺(りゅうこうじ)の御難会。この龍口寺とは、かつて日蓮が頸の座に座った「龍口法難」の霊跡・龍口刑場跡に建つ日蓮宗霊跡本山で、通称「片瀬龍口寺」とよばれている寺院である。この片瀬龍口寺の「龍口法難会」(御難会)は、近隣地域の一大祭礼として数百年前から定着している、まことに大規模な行事である。龍口寺には912日夜と913日未明に「龍口法難」の大法要が修され、地元藤沢市のみならず関東一円から数万人の参詣者が訪れる。歩道が狭くて歩けなくなるくらいの大勢の参詣者が来ている。912日の夕刻から夜にかけ近在の日蓮宗寺院講中の人たちによる万灯練り行列が行われ、龍口寺門前から周辺道路には、それこそ無数のテキ屋の露店が建ち並び、これは大変な賑わいである。龍口寺の「龍口法難会」で、これだけの的屋の屋台・露店が立ち並んでいるということは、龍口寺の「龍口法難会」が、ここ江ノ島地域における地域密着の祭礼になっているということに他ならない。露店が立ち並ぶ沿道には、どこから来たのか、龍口寺の「龍口法難会」に来た参拝客・観光客がわんさと押しかけてきており、道路には、たくさんの警察官、祭りのはっぴ姿・はちまき姿の人、御輿?をかつぐ衣装を着た人やら、とにかくものすごい人出。さらにそのたくさんの人をかきわけるように車がのろのろ運転で走り、さらにその人と車をかき分けるように、江ノ島電鉄の2両編成の電車が横切っていく。とにかく、その派手な祭りの賑やかさには、私も驚いてしまいました。

地域密着の祭礼になっている日蓮宗の法要としては、身延山久遠寺や池上本門寺の御会式が有名。片瀬龍口寺の龍口法難会も、規模としては池上本門寺の御会式よりも小さいものの、こちらも池上本門寺の御会式に負けず劣らずの地域密着の祭礼になっている。これは数百年の間、龍口寺の信仰が、近隣の人々や一般大衆に根づいて定着してきた証と言えよう。

 

続きを読む

龍神ひろしを斬る(100)~池上本門寺節分会の繁栄を知らず閑古鳥が鳴く日蓮正宗寺院の節分会を励賛する龍神ひろし

■論破100・池上本門寺節分会の繁栄を知らずして大恥をかいた龍神ひろし1

 

□閑古鳥が鳴く日蓮正宗寺院の節分会を励賛するカルト法華講員・龍神ひろし

-----------------------------------------------------

(「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろしの妄言)

こよみの上で立春の前日を節分といい、一般世間では豆まきをする習慣があります。世間でも行われる行事であります。大聖人様は、正法へ導く一方便として「厄」という社会一般の慣習を利用され、「三十三のやく(厄)は転じて三十三のさいは(幸)ひとならせ給ふべし。七難即滅七福即生とは是なり。年はわか(若)うなり、福はかさ(重)なり候べし」(四条金吾殿女房御返事・七五六)

と述べられております。他の宗派は、厄災は他から来るものとしています。しかし、厄災や不幸は、どこからか来るものではなく、自分にその原因・宿習があります。そして、厄災の原因それ自体を幸いに変えるのが日蓮正宗の信心です。一番大事なことは、御本尊様の功徳・力用を根本に、自分の信心を強盛にし、変毒為薬の法門を実生活に顕していくことです。その一つの機縁が節分会です。日蓮正宗の節分会と世間での違いは「福は内、福は内」といい「鬼は外、鬼は外」といわないことです。 「鬼は外」といわない意味は、法華経守護において誓っている鬼子母神という鬼の神と十羅刹女という鬼の神がいるからです。これら餓鬼界の鬼子母神と十羅刹女は法華経に説かれる鬼であり世間でいう鬼とは違います。法華経を信仰し御本尊様を信じる人々を守る善い鬼です。善い鬼を家の外に出しては、諸天善神の守護がなくなるため日蓮正宗では「福は内」とだけいい「鬼は外」はいいません。このような意味が日蓮正宗の節分会にあります。

 節分会の目的はそれぞれ人生の節目において様々な厄があるため、厄年にあたっての厄払いを行う意味があります。世間でいう厄年の節目には、経験しやすくなる災いを幸いに変えていくため日蓮正宗では節分会を行います。節分会では厄払いの御祈念の他に、当病平癒の病気が治るようお願いする御祈念や高校進学と大学受験、就職祈願などの御祈念をお願いすることができます。 信徒教化の一環として日蓮正宗では節分会があり、自らの厄と過去遠々劫の罪障を消滅するために大切な行事です。 (20130215日の龍神ひろし・楽天『自慰』ブログの日記)

-------------------------------------------------------

つまり龍神ひろしは、日蓮正宗寺院で行われている節分会を励賛しようとして、「日蓮正宗正林寺 掲示板」に載っていた日蓮正宗節分会励賛の文を丸写しして載せているというわけである。

ところが豈図らんや、「日蓮正宗正林寺掲示板」や龍神ひろしが励賛する大石寺の節分会をはじめ、日蓮正宗寺院の節分会は、ろくに日蓮正宗信徒も参詣せず、閑古鳥が鳴いている有様。特に酷いのが日蓮正宗末寺寺院で行われている節分会で、誰も参詣していない本堂の畳の上に、僧侶が「福は内」と言って豆をまいているのである。畳の上にばらまかれて散乱する豆。この畳の上に散乱した豆を、誰が拾うんだよ、という感じである。

 

続きを読む

大石寺御影堂で行われた御講で直見した大石寺6世日時造立の日蓮御影像

大石寺の御影堂では、毎月7日、13日、15日の3回、法主と大石寺塔中坊住職・在勤教師・在勤所化僧が出仕して午前7時から御講が営まれる。この御講は、基本的に誰でも御影堂の中に入って参詣することができる。事前申し込み等も一切ない。

ただし47日の日興御講だけは、大石寺三大行事である「霊宝虫払い大法会」と重なるため、この日だけは一般人は大石寺に入れず、この法要登山会参加者のみしか参詣できない。

あと、時折、大石寺御影堂の御講と、法華講連合会の月例登山会や夏季講習会登山が重なることがある。この時は、一般人立ち入り禁止ではないが、登山会に来ている法華講員が大挙して御影堂に参詣するため、御影堂内は法華講員で超満員になってしまう。

 

御影堂の御講は、午前7時開始だが、開始30分くらい前から、大石寺の半被を着た大石寺従業員が、御影堂前の参道を掃き掃除する。大石寺従業員の話では、「御前様(法主)が通られるから」ということだが、法主の行列が通るからということで、ここまでやらなくてはならないのかなと、私からすれば思ってしまった。

開始時間が迫ってくると、出仕鐘やら出仕太鼓の音が聞こえてくる。参道に目をやると、法主を先頭にして、塔中住職や所化僧の行列が御影堂に向かって、しずしずと歩いてくるのが見える。

参道では、御影堂の中に入らない信者や、さっきまで掃除をしていた大石寺従業員たちは、法主が通る参道に向かって頭を垂れて合掌礼をしている。法主の前では、僧侶も寺族も信者も全員が合掌礼をしている。

しかし信者がやっているように、深々と頭を垂れてしまっては、法主の行列を見ることは出来ない。そこで私は、この行列が御影堂の中に入るまでの間は、頭は垂れずにずっと行事の成り行きを見ていた。

私は、この御影堂の御講に何度か行っていて、ずっと御影堂の外にいたこともあれば、御影堂の中に入ったこともあった。御影堂の外にいれば、御影堂の中の御講を見ることはできない。

逆に御影堂の中に入ってしまうと、御影堂の外の様子が見えない。

法主は、霊宝虫払い大法会や御大会の御影堂行事の時は、御影堂の裏口から中に入っていくが、御講の時は、表玄関から中に入っていく。

 

さて御影堂の中は、普段の御講の時は、大石寺近隣の信者や関東・東海・中部地方の少々、血の気の多い信者が参詣に来ているだけで、御影堂の中はそんなに満員ではない。

一度、ちょうど内陣の法主の大導師席の後ろ側あたり、信者の列の三列目ぐらいに座ったことがある。

かなり参詣信者が多いこともあったが、法主が御影堂の表玄関から入ってくるため、信者は法主の行列が通る「通り道」の分だけ、開けて座らされる。御影堂の中に入っている信者も、全員が頭を垂れて合掌礼をしている。

御影堂1


続きを読む

ズレていた副導師のマイクの声の読経と団体登山会の信者の読経の声

創価学会の中で創価班があこがれの的になり、法華講の中で輸送班が信者の憧れの的になった理由のひとつが、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊のお膝元で活動できるということがあるらしい。しかし、その「戒壇の大本尊」なる板本尊は、大石寺9世日有の偽作であり、日蓮の筆を詐称する真っ赤なニセものである。日蓮正宗も創価学会も、今までそれこそ数百万にものぼる人たちの人生の羅針盤を狂わしめてきた罪がある。日蓮正宗も創価学会も、この重大な責任を取らねばならないだろう。

日蓮正宗から破門されたからとて、創価学会の責任も免れ得ない。

午前220分すぎごろ、大客殿の大広間を埋めつくした信者の前で、輸送班の一人が、マイクを片手に、丑寅勤行の注意事項を読み上げはじめた。注意事項の内容は、だいたい次のようなものだったと記憶している。

「法主が大導師席に着座して、本尊に向かって題目三遍、次に東に向いて題目三遍唱えるが、信者はこれには唱和せずに、黙って待つ」

「次の読経は、副導師のマイクの声が入るので、いっしょに信者は唱和する」

「引き題目は、副導師のマイクの声は入らないが、信者は法主の引き題目に唱和する」

「祈念をしている時は音を立てたりして法主の祈念の邪魔にならないようにすること」

「信者は、法主の勤行にお伴をする心構えが大事である」

「法主は大客殿から退出したあと、六壺で勤行をしているので、信者は静かに退出すること」

だいたい、こんな内容だったと思う。創価学会の団体登山会の信者が来ていたときは、創価班が読み上げていたが、内容は同じものだったと思う。

こういう注意事項の読み上げは、団体登山会の信者の参詣があるときのみであり、普段はこういうものはない。

大客殿1(連合会写真集)
 

そしていよいよ出仕太鼓の音とともに日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主が大客殿に出仕して、いざ「丑寅勤行」がはじまる。


ところが注意事項の説明があったにもかかわらず、信者が法主の声に唱和してはいけない所で唱和してしまったり、何か締まらないという感じである。

しかも、読経の声をよく聞いていると、副導師のマイクの声の読経と、団体登山会の信者の読経の声が、ズレているのであるばかりか、信者同士の読経の声も、二つぐらいにズレてしまっているのである。これも締まりません。

しかも、団体登山会の信者の読経の声のほうが、副導師のマイクの声の読経よりも、早く聞こえるから、「これ、どーなってるの」と思ってしまった。

大客殿8
 

続きを読む

長時間勤行を毎朝夕やらなくてはならない宗教は一般庶民の宗教ではない

大石寺大客殿で行われていた深夜230分からの丑寅勤行の五座の勤行というのは、日蓮正宗寺院本堂や信徒宅で行われている五座の勤行とほぼ同じだが、法主は終始東向きに座っている等、若干の違いがあるだけで、あとはほぼ同じ。

丑寅勤行3


法主が座る大導師席にもマイクはあるが、副導師の僧侶がハンドマイクを握って、読経をリードする。面白いことに、大石寺のみならず、日蓮正宗寺院の法要・勤行における読経では、木魚・木証等は一切叩かない。

他宗派の寺院での読経では、木魚・木証を叩くということが常識的に行われているのだが、日蓮正宗の寺院の読経で木魚・木証を叩く姿を一度も見たことがない。これは大石寺でも同じ。

他宗寺院で読経で木魚・木証を叩くのは、もちろん読経の声をそろえるためなのだが、それでは日蓮正宗寺院では、マイクを導入する前は、読経の声をそろえるために、どうしていたのか、という疑問が沸く。

五座の読経のあと、唱題に入るが、大客殿内陣の両脇に備えられた太鼓の前に僧侶が座って、読経の声に併せて太鼓を叩くのだが、太鼓を叩く音調が、これまた日蓮宗寺院で太鼓を叩く音調と違っているように聞こえる。

唱題の声も、日蓮宗では南無妙法蓮華経を「なむみょうほうれんげきょう」と発音するが、日蓮正宗では、「なんみょうほうれんげきょう」と発音するので、必然的に太鼓を叩く音調もちがってくる、ということか。

 

さて五座の勤行が終了すると、法主は、大導師席の後方に設えてある「戒壇の大本尊」なる板本尊遥拝のための祭壇(遥拝所)に移って、読経・唱題がはじまる。この読経は通算六座めということになる。祭壇の先は、通路のようになっているように見えたが、その先は、深夜であったため、暗くてよく見えなかった。

「この先はどうなっているんだろうか」と興味があったので、昼間に大客殿に入ったとき、見てみたら、遥拝所の祭壇の先は、ガラス張りになっていて、ストレートに奉安殿が見えるようになっていた。大客殿が落慶した1964(昭和39)年当時は、奉安殿で「戒壇の大本尊」御開扉が行われていた時代だから、祭壇の位置も、奉安殿に併せて設計されたと考えられる。

 

遥拝所の読経・唱題が終了すると、日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主は、参詣の信者のほうにスタスタと歩いてきて、「おはようございます」と一礼。

法主は、再び「大坊」「大奥」と書かれた提灯を持った小僧に囲まれて、大客殿を退出していった。

ここで時計を見たら330分。「丑寅勤行」開始から1時間が経過していた。

大客殿を退出した法主は、そのまま六壺に行って、六壺でまた読経・唱題。これで法主の読経は七座めになる。ここの読経・唱題は、法主随行の僧侶しか入れないようで、信者は、六壺の外から眺めているしかない。

この六壺の読経・唱題が終了したのが、午前345分すぎ。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ