アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:「日蓮正宗系」の信仰は大衆文化として定着しない > 日蓮正宗の信仰は大衆文化として定着しない

□近隣地域の一大祭礼として数百年前から定着している大規模な行事である龍口寺・御難会   毎年9月12日の午後6時、大石寺御影堂では、大石寺法主の大導師のもと、「御難会」(ごなんえ)が行われる。2014年の御難会は、「平成の大改修」を終えた御影堂で行われ、大石寺68 ...

■論破100・池上本門寺節分会の繁栄を知らずして大恥をかいた龍神ひろし1   □閑古鳥が鳴く日蓮正宗寺院の節分会を励賛するカルト法華講員・龍神ひろし ----------------------------------------------------- (「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろしの妄言) ...

大石寺の御影堂では、毎月7日、13日、15日の3回、法主と大石寺塔中坊住職・在勤教師・在勤所化僧が出仕して午前7時から御講が営まれる。この御講は、基本的に誰でも御影堂の中に入って参詣することができる。事前申し込み等も一切ない。 ただし4月7日の日興御講だけは、大 ...

創価学会の中で創価班があこがれの的になり、法華講の中で輸送班が信者の憧れの的になった理由のひとつが、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊のお膝元で活動できるということがあるらしい。しかし、その「戒壇の大本尊」なる板本尊は、大石寺9世日有の偽作であり、日蓮の ...

大石寺大客殿で行われていた深夜2時30分からの丑寅勤行の五座の勤行というのは、日蓮正宗寺院本堂や信徒宅で行われている五座の勤行とほぼ同じだが、法主は終始東向きに座っている等、若干の違いがあるだけで、あとはほぼ同じ。 法主が座る大導師席にもマイクはあるが、副 ...

2005年11月に設立した「アンチ日蓮正宗」は、最初の約6年間を主にmixiとGREEで活動してきたのだが、この間、日蓮正宗、創価学会、顕正会に関する苦情が「アンチ日蓮正宗」に殺到しています。中でも、一番多いのが、日蓮正宗に関する苦情・相談です。 日蓮正宗は、自らの活 ...

日蓮正宗が宗祖と崇める日蓮も、鎌倉時代に、「南無妙法蓮華経」と唱えれば貴賤道俗の差別なく成仏できると説いた。 この「南無妙法蓮華経と唱える」という修行法も、南無阿弥陀仏と同様にだれでも簡単にできる修行法であるため、「南無妙法蓮華経と唱えれば、一切の人が ...

私は、日蓮正宗寺院の本堂等々において、それこそ何度となく僧侶と信者が勤行をしている姿を見た。彼らは朝の勤行では約45分くらい、夕の勤行では約25分くらいにもなる時間をかけて勤行していた。 日蓮正宗や創価学会の信者たちは、表向きは毎日欠かさず勤行をしていると ...

↑このページのトップヘ