アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗信徒・法華講員の妄説を斬る

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

これは爆笑!あの樋田昌志氏が戸田城聖の再誕だと言っている法華講員の妄言を笑う

□相手の人権・権利を蹂躙して顧みない謀略体質は戸田城聖と樋田昌志はそっくりかも()

 

それにしても、これは笑えますね。なんと、日蓮正宗の洗脳法華講員の一人「リーガルマインド」なる者が、インターネットのトヨダテレビやユーチューブで、説教動画を流している樋田昌志氏が、戸田城聖の再誕だと言っているのだから、こんな笑える話しは、ありますまい。

事の発端は、私の自宅に、大きな封筒のメール便が届けられたことから、はじまりました。差出人はA氏。この人は、私のGREEmixi等々の書き込みに大きな関心を寄せている人で、メール便の中には、mixiの法華講員専用の某閉鎖コミュニティのトピックの画面コピーが入っていました。

A氏に問い合わせたところ、この閉鎖コミュ参加者のB氏がA氏に画面コピーを郵送し、これをA氏が私の所に、メール便で送ったというものです。さて、その画面コピーには、こんなことが書いてありました。

9 リーガルマインド

今、お寺の広布唱題会から帰ってまいりました。

樋田さんの言動を見ると、戸田城聖会長の質問会を彷彿とさせるものがあります。

昨年、夕食をご一緒した際、『樋田さんって、戸田会長が亡くなられた翌年に生まれておられるんですよね。トダ、トヨダと、一文字違いですが、ご自身が、戸田会長の生まれ変わりだと思われた事はありませんか?』と冗談めかして聞いてみました。

樋田さんは、笑いながら『・・・』 私、『でも、戸田氏との強い仏縁は感じるでしょう』」

名前がトダ、トヨダと、一文字違いであること。樋田昌志氏が、戸田城聖没年の翌年に生まれていることから、こんなことを言っているのだから、その妄想癖には、呆れてしまうばかり。

戸田城聖とは、創価学会員の強引・執拗な折伏大進撃の陣頭指揮をとった人物で、日本酒やらウイスキーやらを呑みながら、遺文講義や質問会をやっていたと聞く。

樋田昌志氏とは、元創価学会員で現・日蓮正宗妙相寺の信徒。創価学会員や顕正会員に議論をふっかけては、「公場対決」を口実に、様子をビデオで撮影。その映像を、あたかも自分が圧倒的に議論を勝利しているかのように大幅な編集を施し、DVD化して自分のホームページで販売しているばかりか、日蓮正宗内部でも売名を図っている人物。相手の人権や権利を蹂躙して、全く顧みない謀略体質は、よく似ているかも。しかし、それにしても、なんでもかんでも、こじつけたがる法華講員って、頭の中はどうなっているんだろうか。この法華講員の妄言を見聞した「アンチ日蓮正宗」のメンバーからは、こんなコメントが寄せられました。

「なんだ?こいつは大川隆法か?」

「勘違いにも程がある?()

「妾を何時も横に置き、酒を飲みながら同じ穴のこきちがい狢達と.もんもんとなにゃら悪事を何時もくわだてて来たのが想像出来るね。其れが今のカルト教団創価学会だよ.この様なカルト教団神仏の事を話す事態ちゃんちゃら可笑しいね。悪魔っていろいろな者に変身して今の世の中に異常な程までに細菌の様に繁殖しておるからね.こいつら殺中剤のフマキラーじゃ中々死なねから新しい新薬考えないと駄目だ(W)。」

 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(37)~日朗の富士来訪、日頂の重須帰伏は「二箇相承」とは全く関係なし

■検証37・日朗の富士来訪、日頂の重須帰伏は「二箇相承」とは全く関係なし

 

□日頂が重須に帰伏したのは養父・富木常忍に勘当され弘法寺から擯出された故である

----------------------------------------------------------------------

(日蓮正宗の妄説)

他門では"六老僧は平等"などと主張しているようであるが、その平等であるはずの日頂師が、最後の最後になって日興上人に帰依した事実は、重大である。このことは、師自身、法門に対する信解は拙なかったにせよ、日興上人が大聖人の付弟であるという客観的事実は無視できなかったということを示しているのではないか。

日興上人在延中は"地頭が不法だから"という理由で、久遠寺を訪ねることがなかった日朗であるが、身延離山後の日興上人を2度も訪ねている。同師は、身延の日向をはじめ他の本弟子を訪ねているのだろうか?日朗は日頂師と異なり、"心は・をちねども身はをち"たようである。

(日蓮正宗信者が日蓮正宗系掲示板に書いた書き込み)

 

日蓮正宗は、「二箇相承」とは何の関係もないこと、ありとあらゆることを、何がなんでも「二箇相承」実在に、こじつけようとしているようで、日朗来参、日頂帰伏の件を持ち出しているのも、そのうちのひとつである。

日頂は、もともとは駿河国の南条家の出身であり、後に、日蓮の有力な檀越である下総国八幡荘若宮(現在の千葉県市川市若宮)の富木常忍(日常)の養子となった人である。日蓮の没後、身延山では本圀院山本坊を創り日蓮の墓所の輪番に参加。下総国真間(現在の千葉県市川市真間)の弘法寺を拠点として布教につとめたが、晩年に、故郷駿河国の日興のもとに赴き、重須本門寺の学頭となったのは、「二箇相承」があったからではなく、1293年(永仁元年)に養父・富木常忍と対立し、弘法寺を擯出されてしまったからである。駿河国重須(北山)本門寺の日興のもとへ来たのも、もともとが駿河国の南条家の出身であり、南条家の外護のもとにあった日興のもとへ来ただけのことで、「二箇相承」があったからでもなければ、日興を「本門弘通の大導師」と認めたからでもない。そもそも義父に勘当されて寺院から擯出されてしまったら、どこに行くのかというと、実家の里親のもとに帰るしかないではないか。

 

続きを読む

ブルーシールを斬る(16)~法華講員・ブルーシールは「アンチ日蓮正宗VS日蓮正宗」の「逃亡者」に認定されたのである

■論破16・見当違いな「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュニティ誹謗を斬る5

 

□洗脳法華講員・ブルーシールに対する勝利宣言は正統な理由と根拠に基づくものである2

 

-----------------------------------------------------------------------

(不埒な洗脳法華講員・ブルーシールの妄説)

実際には、このコミュでは、独裁者である管理人のhideが、勝手に勝敗を決めているだけなのです。 (20120125日のmixi日記)

----------------------------------------------------------------------

とにかくブルーシールは、「アンチ日蓮正宗」が勝利宣言したことが、よほど面白くなかったのか、勝手に私が宣言したかのように、執拗に言いつくろおうとしている。ところがブルーシールの聞き苦しい言い逃れを、法華講員にすら見破られて、法華講員すらブルーシールを支持していないのだから、これまた大爆笑ものである。

「アンチ日蓮正宗VS日蓮正宗」コミュならびにmixiページ「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」において、ブルーシールに勝利宣言したのは、一方的に勝利宣言したわけではない。

「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」ガイドラインでは「議論・バトルトークの勝敗を決するのは、管理人ではありません。議論・バトルトークの当事者が、敗北を認めること、降伏を認めること、敗北宣言、降伏宣言すること、議論放棄して逃亡すること、によって決します。」と規定する。

この中の「議論放棄して逃亡すること」にブルーシールが該当する。例えば、「中立の審判役」がいなければ問答・放論できない、というブルーシールの不当要求がそれだ。

日蓮正宗の問答・法論に勝敗を判定する「中立の審判役」なるものがいたという歴史は全くなく、問答・法論の勝敗は当事者同士の問答の結果、当事者自身が判定したのか、あるいはこの問答を見聞した人、観覧した人が判定したにもかかわらず、「問答・法論には『中立の審判役』がいなければならない」などという「ないものねだり」の不当要求をブルーシールが平然と行っている。

これは、自らが問答・法論で勝利できないことが明らかであるため、不当要求にかこつけた問答・法論からの逃亡であることは明白である。よってブルーシールに「アンチ日蓮正宗」から「勝利宣言宣告書」を送ったのである。ブルーシールに対する勝利宣言は、一方的なものではなく、正統な理由と根拠に基づくものなのである。

「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」の逃亡者・ブルーシールへの「勝利宣言・宣告書」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/15287744.html

アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗2 

続きを読む

ブルーシールを斬る(15)~洗脳法華講員・ブルーシールに対する勝利宣言は正統な理由と根拠に基づくものである

■論破15・見当違いな「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュニティ誹謗を斬る4

 

□洗脳法華講員・ブルーシールに対する勝利宣言は正統な理由と根拠に基づくものである

 

洗脳法華講員・ブルーシールは、「『アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗』から逃亡した」と言われるのが、よほど面白くないのか、ありとあらゆる理由をこじつけて、言い逃れをしようと謀っているから笑えてしまう。

-----------------------------------------------------------------------

(不埒な洗脳法華講員・ブルーシールの妄説)

私はhideのキチガイじみたコミュには加入したこともなければ追放されたこともありません。

それなのに、そのコミュの中で「勝利宣言」だなんておかしいじゃないですか。私はそのコミュの中で勝敗を問われる対象人物ではないのです。そもそも一方的な勝利宣言は、コミュのルール違反じゃなかったのでしょうか。(20120115日のmixi日記)

私は「アンチ日蓮正宗VS日蓮正宗」に加入したことも脱退したこともありません。そんな私に対して一方的に勝敗を決めつけたのは、hide自身です。hideいわく、「ここに明記しているように、議論の勝敗を決するのは、当事者が、敗北を認めること、降伏を認めること、敗北宣言、降伏宣言すること、議論放棄して逃亡することによって決するのであり、」私はこのいずれにも該当しません。

(20120125日のmixi日記)

----------------------------------------------------------------------

「アンチ日蓮正宗VS日蓮正宗」コミュならびにmixiページ「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」において、ブルーシールに勝利宣言したのは、一方的に勝利宣言したわけではない。

「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」ガイドラインでは、以下のように規定しています。

「議論・バトルトークの勝敗を決するのは、管理人ではありません。議論・バトルトークの当事者が、敗北を認めること、降伏を認めること、敗北宣言、降伏宣言すること、議論放棄して逃亡すること、によって決します。」

この中の「議論放棄して逃亡すること」にブルーシールが該当する。例えば、「中立の審判役」がいなければ問答・放論できない、というブルーシールの不当要求がそれだ。

日蓮正宗の問答・法論に勝敗を判定する「中立の審判役」なるものがいたという歴史は全くなく、問答・法論の勝敗は当事者同士の問答の結果、当事者自身が判定したのか、あるいはこの問答を見聞した人、観覧した人が判定したにもかかわらず、「問答・法論には『中立の審判役』がいなければならない」などという「ないものねだり」の不当要求をブルーシールが平然と行っている。

これは、自らが問答・法論で勝利できないことが明らかであるため、不当要求にかこつけた問答・法論からの逃亡であることは明白である。よってブルーシールに「アンチ日蓮正宗」から「勝利宣言宣告書」を送ったのである。ブルーシールに対する勝利宣言は、一方的なものではなく、正統な理由と根拠に基づくものなのである。

「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」の逃亡者・ブルーシールへの「勝利宣言・宣告書」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/15287744.html

続きを読む

ブルーシールを斬る(14)~日蓮正宗の問答・法論史で「中立の審判役」なるものがいたという史実は全く存在しない

■論破14・見当違いな「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュニティ誹謗を斬る3

 

□法華講員・ブルーシールがあれこれとこじつけている「不当要求」は全て却下する

 

洗脳法華講員・ブルーシールは、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人が主管理者であるmixiページ「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」に勝手に乱入し、言いたい放題書き殴ったあげくのはて、フォローも何もせず、涼しい顔をしているという非常識極まりないことを平気で行っている。

しかもブルーシールの、非常識な狂態は、mixiページ「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」をフォローして参加している方からも、大いなる顰蹙を買っているところであります。本来、そのような者が書き殴った質問なるものに答える義務はないのですが、ブルーシールがあまりにも哀れな姿を世間にさらしているのを見ると、あまりにも気の毒であるため、ブルーシールが世間の常識有る人に立ち返るための一助にならんと考えて、したためました。よくよく熟読し玩味下さい。

-----------------------------------------------------------------------

(不埒な洗脳法華講員・ブルーシールの妄説)

コミュの管理人として他人同士の論争を仕切る立場でありながら中立の審判役ではないのですね?このことを認めますね?認めるならばあなたには論争コミュ管理人の資格はありません

(mixiページ「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」への無断書き込み)

----------------------------------------------------------------------

洗脳法華講員・ブルーシールは、「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュや議論、法論について、根本の部分から曲解している。まず「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」ガイドラインでは、以下のように規定しています。

「議論・バトルトークの勝敗を決するのは、管理人ではありません。議論・バトルトークの当事者が、敗北を認めること、降伏を認めること、敗北宣言、降伏宣言すること、議論放棄して逃亡すること、によって決します。」

 

ここに明記しているように、議論の勝敗を決するのは、当事者が、敗北を認めること、降伏を認めること、敗北宣言、降伏宣言すること、議論放棄して逃亡することによって決するのであり、管理人が「勝った負けた」などと判定するのではない。mixiコミュやmixiページの管理人とは、mixi規約で決められたコミュニティの管理業務を行うのであって、勝敗の判定人ではない。

だいたいからして、mixiの規約にも、ガイドラインにも、「中立の審判役」なるものについて、一言も明記されていないのであり、こんなものはブルーシールの妄想の産物以外、何者でもない。自分のセンズリ妄想で勝手に「中立の審判役」なるものを作り上げ、さらに自分で勝手に、コミュニティの管理人と混同しているとは、見当違いも甚だしいものがある。

よってブルーシールがあれこれとこじつけている「不当要求」は、ここに全て却下するものとする。

拒否1

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ