アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗内紛が生んだ家族分裂・家庭分裂

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(99)~純粋な人柄が仇になって創価学会に入信し叶わないことを祈り続けていた学生部員

■純粋な人柄が仇になって創価学会に入信し叶わないことを祈り続けていた学生部員

 

さて話しをT大学・福寿荘に戻すが、T大学の学生で創価学会員に岩下隆夫(仮名)という人物が居た。私が福寿荘(仮名)に住んでいた頃、福寿荘(仮名)によく出入りしていたと聞いたが、私は福寿荘(仮名)では見かけたことがない。この人物は、大学の授業か何かでいっしょになり、話したことがきっかけで、少し親しくなった。

最初、私は岩下隆夫(仮名)が創価学会員だとも知らなかった。岩下隆夫(仮名)は、大学キャンパス内の「辻斬り」で、福寿荘(仮名)の甘粕明夫(仮名)らに折伏されて創価学会に入信。

岩下隆夫(仮名)は、大学近辺で両親と同居していたのだが、両親が、昭和30年代の「折伏大進撃」時代に創価学会に入信したが、しばらくして退会した退会者。そういうわけで、岩下隆夫(仮名)が自宅に、日蓮正宗大石寺法主の曼荼羅本尊を祀る事に猛反対。それが数年たってから両親が少し軟化して、やっと自宅に曼荼羅本尊を祀ることができるようになったという。

岩下隆夫(仮名)は、ずいぶんおとなしそうなタイプの学生で、福寿荘(仮名)に住んでいた学生部幹部とは違い、まじめに大学の授業に出席するタイプ。辻岡義克(仮名)ら四人組のように、女子大生らをナンパしまくって次々と自宅に彼女を連れ込むタイプでもない。

その岩下隆夫(仮名)が、「一度遊びに来たら」と言うので、一度だけ自宅に行ったことがある。

私は、創価学会員の強引・執拗な折伏にはほとほと手を焼いていたが、この岩下隆夫(仮名)という男は、そんな強引・執拗な折伏をするタイプでもない。極めて気持ちが純粋な人柄。

そういうわけで、岩下隆夫(仮名)の自宅に行って、ゆっくり話したのだが、岩下隆夫(仮名)の表情が、暗く沈んでいたことを鮮明に覚えている。

もちろん両親が創価学会に反対していて、家族分裂状態になっていたということが、あったと思う。岩下隆夫(仮名)は、自室に曼荼羅本尊を祀っていたが、私から見ても、とても長続きしそうには見えなかった。

それと、私が「珍しいな」と思ったのは、岩下隆夫(仮名)が、まめに近所の日蓮正宗寺院に通って、寺院で住職といっしょに勤行をしたり、本堂で長時間の唱題をしていたこと。もっとも両親が創価学会に反対していたため、自宅で勤行がやりずらかったということがあったのかもしれない。

私が疑問に思ったのは、どうしてそうまでして長時間の唱題をするのか。何のために唱題をするのか。何をどうしたいのか。

ここを岩下隆夫(仮名)に聞くと、両親が創価学会に入信するように祈っているのだという。

昭和30年代の「折伏大進撃」時代に創価学会に入信したが、その後に退会した岩下隆夫(仮名)の両親が、創価学会に入信するように祈る(?)。それはないだろう。

いくらなんでも、創価学会を一度退会している岩下隆夫(仮名)の両親が、再び創価学会に入るなどとは、とても考えられない。

学会本部別館3 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(33)~両親・兄弟・親族が全員、正信会系檀徒になって1人だけ創価学会に残っていた学生部員2

■両親・兄弟・親族が全員、正信会系檀徒になって1人だけ創価学会に残っていた学生部員2

 

岩本年光(仮名)に限らず、甘粕明夫(仮名)や田村兄(仮名)など、日蓮正宗と創価学会の関係・歴史に少し詳しい創価学会員たちは、二言目には

「日蓮正宗に入信しても、創価学会でなければダメ。功徳は涌かない。法華講でもダメだし、檀徒なんか問題外だ」「法華講は、名前だけの信心で、勤行も折伏もしないからダメ。檀徒は元創価学会員で池田先生を裏切っていった人たち」などと非難していた。

これは、1991年の創価学会破門以降の話しではない。1982(昭和57)ころの話しだから、正信会・檀徒紛争の直後ぐらいだが、れっきとした宗創和合時代のことである。

そういう時代でも、「創価学会でなければ成仏できない」という独善性を色濃く出していた。そうでも言わないと、創価学会、法華講、檀徒の違いを出せないと思っていたのだろう。

私からすれば、創価学会も法華講も檀徒も、全部、日蓮正宗の信者である。違いなどどこにもない。その信者同士で反目していることが、矛盾に思わないのか、ということになる。

1982(昭和57)ころといえば、日蓮正宗、創価学会、正信会・檀徒紛争で、大石寺の阿部日顕法主に逆らっていた正信会系寺院の檀徒が大石寺登山停止になり、日蓮正宗の信者からは実質的に外されたような形になっていた。

が、しかし檀徒がいたのは、何も正信会系の寺院だけではなく、阿部日顕法主支持の宗門寺院にもいた。それでやれ創価学会から脱会しただの、学会批判をしただの、池田先生を裏切っただのと、延々と怨念を持ち続けている創価学会員たち。

ここまで、怨念を元にして自己正当化することが、宗教者のやることなのか、と思えてくる。この独善性は、開いた口が塞がらない。


さらにそれにとどまらず、岩本年光(仮名)の家族のように、創価学会員と檀徒に真っ二つに分裂してしまっているケース。家族・肉親で、創価学会員と檀徒に別れて反目し合うことが、はたして宗教の本義なのか。これで救われたと言えるのだろうか。

血を分けた肉親・家族で、宗教が原因でお互いに反目し合わなくてはならないことほど、不幸なことはないのではないか。

こういうことを岩本年光に指摘したことがあったが、岩本が言うには、創価学会の昭和五十二年路線から創価学会と正信会・檀徒紛争に至る第一次宗創紛争で、家族の中で創価学会員と檀徒に分裂してしまったケースは、それことたくさんあるという。特にめずらしいことじゃない、等と言って、私の前では強気を装っていた。

はたして、これでいいのだろうか。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(32)~両親・兄弟・親族が全員、正信会系檀徒になって1人だけ創価学会に残っていた学生部員

■両親・兄弟・親族が全員、正信会系檀徒になって1人だけ創価学会に残っていた学生部員

 

私が住んでいた福寿荘(仮名)2Fの部屋の真下に住んでいたのが、ガチ創価学会員の岩本年光(仮名)。岩本は、ヒョロッとした、やせ形の体型の男で、顔はバッタによく似た顔つきであった。



もちろん岩本は、自分が借りている部屋を、創価学会活動拠点として提供しており、私もこの男がかなりのガチ信者に見えたので、この男の場合も、両親や親族が全員・創価学会員というパターンかなと思っていた。

当初は、岩本も、甘粕、下山、李、飯島らといっしょになって折伏に来ていたので、あまりこの男のことは知らなかったが、だいぶ月日が経つうちに、何かの機会で岩本と二人で話す機会があり、その時に、岩本は自分の家族のことを喋り始めた。

岩本年光は、千葉県出身で、生まれた直後に両親に日蓮正宗寺院に連れて行かれて、授戒させられたという典型的な創価学会二世。

その後、創価学会の昭和五十二年路線の日蓮正宗との対立抗争があり、何と岩本の両親、兄弟、親族全員が創価学会を脱会して、正信会系寺院の檀徒になり、岩本年光1人だけが創価学会に留まっているというのである。

私が岩本とこういう話しをしたのが、確か昭和57(1982)ころだったと思う。岩本の両親や親族が創価学会を脱会して、檀徒になったのが昭和5455年ころだというから、岩本が福寿荘に来たときは、すでに両親・親族は皆、創価学会から脱会していたことになる。

岩本の話によれば、千葉県の実家の近くに、かなり過激な反創価学会活動をしていた日蓮正宗寺院があって、岩本の両親や親族はそこの寺院の檀徒になったのだという。

この寺院とは、おそらく涌化寺のことで、過激な反創価学会活動をしていた住職とは、丸岡文乗氏のことだと思われる。

岩本の話によると、その住職の過激な活動は、半端じゃないそうで、住職自ら創価学会員宅を一軒一軒訪問してまわって、創価学会員宅で反創価学会の説法をしてまわり、創価学会から脱会させていったのだという。

これで脱会した信者もいた反面、玄関先で住職と創価学会員が激しい口論になり、反創価学会の説法をしてまわる住職に対して、怒った創価学会員が水をぶっかけたり、塩をぶっかけた創価学会員がいたという。

 

そういえば、昭和3040年代の創価学会・折伏大進撃の時代、一般人の家庭に折伏に行った創価学会員が、一般人から水をぶっかけられたり、塩をぶっかけられたという話しをよく聞いた。

それが昭和50年代前半の、第一次宗創紛争では、創価学会員は今度は水や塩をぶっかけるほうになったというから、私はあまりに滑稽に聞こえて、笑ってしまったことを憶えている。



続きを読む

家族分裂・家庭分裂の悲劇を産みつづけていた日蓮正宗・創価学会・正信会紛争

19891993年の宗創戦争勃発前後ぐらいのころ、宝浄寺に寺跡調査のために行っていた時、私のことをてっきり信者と勘違いした宝浄寺信者から声をかけられたことがあった。

その人の名は大下順也氏(仮名)。年齢は30代前半くらい。その当時は私も年齢が20代後半から30代前半のころだったので、同じ年代の信者かもしれないと勘違いしたようであった。ところがその人は、私にいろいろ興味深い話しをいろいろしてくれたのである。

 

大下順也氏(仮名)は、宝浄寺信者の法華講員であったが、所属は「法華講妙真寺支部」。

あの当時、宝浄寺には「法華講宝浄寺支部」と「法華講妙真寺支部」の二つの法華講があった。「法華講宝浄寺支部」というのは、1970年代後半に起こった創価学会の「昭和五十二年路線問題」によって創価学会から脱会して宝浄寺信者になった人たちが中心になって結成された法華講。こういう法華講は、どこの日蓮正宗寺院でもよくあるパターンの講中である。

もうひとつの「法華講妙真寺支部」は、創価学会の「昭和五十二年路線問題」につづく、正信覚醒運動の活動家僧侶(のちの正信会)であった妙真寺住職・山口法興氏が日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主から住職罷免・破門になっても妙真寺から退去せず、妙真寺に居すわりつづけたため、妙真寺への参詣を大石寺・宗務院から禁止されたため、旧来から妙真寺にあった法華講である「法華講妙真寺支部」に所属する信者が、宝浄寺への移籍を命じられて、宝浄寺に講中丸ごと、移籍してきた法華講支部である。

1980山口法興住職罷免1

 

ところがその大下順也氏(仮名)の話しによると、正信会・山口法興氏破門事件の時、「法華講妙真寺支部」の信者は全員、スムーズに宝浄寺に移籍したわけではなく、講中そのものが三分裂してしまったのだという。

ひとつは、阿部日顕法主・宗務院の命令のままに宝浄寺へ移籍したグループ。

ひとつは、山口法興氏を支持して妙真寺に残ったグループ。いわゆる今の正信会信者。

ひとつは、一連の事件や混乱に嫌気がさして、日蓮正宗の信仰そのものをやめてしまったグループの、三つということであった。

 

山口法興氏ら正信会(正信覚醒運動)の指導的立場にあった住職5人が、1980(昭和55)年に、阿部日顕法主から住職罷免・破門に処せられた時、テレビの報道番組でも放映され、大きな話題になった。それについて、日蓮正宗の内部でかなり大きな混乱があったことは私も知っていたが、妙真寺の講中が三分裂してしまうほどの大混乱があったことは、この時、はじめて知った。

阿部日顕法主の命令で宝浄寺へ移籍した「法華講妙真寺支部」は、「法華講宝浄寺支部」と同じく宝浄寺住職・大村寿顕(日統)氏の指導下にいた。

 

もちろん、一家ともども宝浄寺へ移籍した人もたくさんいたらしいのですが、中には一家で山口法興支持派と宝浄寺移籍派に分裂してしまったケースもあったという。

こういった一家分裂劇というのは、創価学会の「昭和五十二年路線問題」をめぐる混乱で、一家が創価学会派と正信会派に分裂してしまったケースが多数あったと聞く。これも日蓮正宗の分裂劇が産んだ悲劇の一つだと思いました。

こういう家族分裂・家庭分裂は、日蓮正宗・創価学会・正信会の紛争だけにとどまらず、1991年以来の宗創戦争においても、家族が日蓮正宗法華講と創価学会に分裂してしまうということが全国各地で起こっている。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ