アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である > 日蓮正宗内紛が生んだ家族分裂・家庭分裂

■純粋な人柄が仇になって創価学会に入信し叶わないことを祈り続けていた学生部員   さて話しをT大学・福寿荘に戻すが、T大学の学生で創価学会員に岩下隆夫(仮名)という人物が居た。私が福寿荘(仮名)に住んでいた頃、福寿荘(仮名)によく出入りしていたと聞いたが、私は ...

■両親・兄弟・親族が全員、正信会系檀徒になって1人だけ創価学会に残っていた学生部員2   岩本年光(仮名)に限らず、甘粕明夫(仮名)や田村兄(仮名)など、日蓮正宗と創価学会の関係・歴史に少し詳しい創価学会員たちは、二言目には 「日蓮正宗に入信しても、創価学会で ...

■両親・兄弟・親族が全員、正信会系檀徒になって1人だけ創価学会に残っていた学生部員   私が住んでいた福寿荘(仮名)の2Fの部屋の真下に住んでいたのが、ガチ創価学会員の岩本年光(仮名)。岩本は、ヒョロッとした、やせ形の体型の男で、顔はバッタによく似た顔つきであ ...

1989~1993年の宗創戦争勃発前後ぐらいのころ、宝浄寺に寺跡調査のために行っていた時、私のことをてっきり信者と勘違いした宝浄寺信者から声をかけられたことがあった。 その人の名は大下順也氏(仮名)。年齢は30代前半くらい。その当時は私も年齢が20代後半から30代前半 ...

↑このページのトップヘ