アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:大石寺史・日蓮正宗史・創価学会史・顕正会史の真実 > 大石寺史22・創価学会・妙信講を積極的に訓育してきた日蓮正宗

□「伝統仏教の仮面」をかぶり「伝統仏教の権威」で日本最大の宗教団体に膨張した創価学会   昭和40年代から平成にかけて、それこそ数多くの学者・評論家・ジャーナリスト等が、「なぜ創価学会が『折伏大進撃』によって日本最大の宗教団体に膨張したのか」というテーマ ...

□過激な折伏・布教活動を行う創価学会・妙信講(顕正会)を積極的に育成した日蓮正宗2   1990年12月以前の宗創和合時代の歴史というと、創価学会の「折伏大進撃」の勢いで創価学会員が増加するにつれ、創価学会が毎年、数十ヶ寺の日蓮正宗寺院を宗門に寄進していたとか、 ...

□過激な折伏・布教活動を行う創価学会・妙信講(顕正会)を積極的に育成した日蓮正宗   創価学会二代会長・戸田城聖は、戦後いちはやく布教活動を行って信者数を激増させていた立正佼成会の布教スタイルをパクって日蓮正宗・創価学会の中に取り入れた。そして戸田城聖は ...

■牧口常三郎・戸田城聖時代から創価学会と深い関係だった東京池袋・日蓮正宗常在寺   いろいろ日蓮正宗や創価学会のことを研究していくと、この池袋の日蓮正宗寺院・常在寺は、古くから創価学会と深い関係のある寺院であるということがわかってきた。 戦前、創価学会 ...

1943(昭和18)年8月25日、官憲に逮捕された創価教育学会会長・牧口常三郎氏は、巣鴨拘置所に移され、11月20日、治安維持法違反と不敬罪の容疑で、その予審請求を東京地裁に出された。創価教育学会の会長・牧口常三郎氏と理事長・戸田城聖氏は、太平洋戦争に反対したのではな ...

1943(昭和18)年4月、日蓮正宗は、身延山久遠寺を総本山とする日蓮宗との合同・合併を辛うじて免れたのだったが、太平洋戦争の進展にともない、かなりヒステリックな様相を強めていた官憲側は、創価教育学会をそのままでは済まさなかった。 官憲側は創価教育学会を日蓮宗合 ...

1941(昭和16)年12月8日、日本が米英に宣戦布告して太平洋戦争が勃発。日本一国が戦争一色に染まり、既成仏教のみならず、政党、産業界、文化人、教育界…ありとあらゆる国民、ありとあらゆる人たちが、戦争に駆り立てられる役割をになっていった。 日蓮正宗も創価教育学会 ...

日蓮正宗は、辛うじて身延山久遠寺を総本山とする日蓮宗との合同を回避し、単独での宗制の認可を政府から取ったのだったが、問題の推移の中で、日蓮正宗の現役の住職の中から、“神本仏迹論”という日蓮正宗の中でも異端の教義を唱えて日蓮宗との合同を押し進めようとする ...

1940(昭和15)年4月、日本政府は宗教団体法を成立・施行させ、宗教への統制と戦争目的の動員を強く押し進め、その一環として、各宗教教団の大同団結を強く促し、日蓮正宗に対しては、身延山久遠寺を総本山とする日蓮宗との合同を求めた。 1931(昭和6)年の満州事変、1937(昭 ...

日蓮正宗や創価学会がでっち上げている「日蓮正宗と創価学会の関係史」、歴史の改竄、捏造、虚構の歴史は、他にも随所にある。 そのうちのひとつが、「創価学会(創価教育学会)初代会長・牧口常三郎氏は、反戦・平和を貫いた」という“欺瞞”。今日の創価学会では、 「牧 ...

現在出版されている、牧口常三郎氏が会長だったころの日蓮正宗(大石寺)と創価教育学会(創価学会)の関係について論じている大半のの文献、解説、歴史資料は、日蓮正宗側、ないしは創価学会側の人物が執筆したもので、内容的には、両者は関係が断絶していたとするものか、な ...

日蓮正宗(大石寺)と創価学会は1991年からの血みどろ?の信者争奪戦争を今も繰り広げており、お互いが、自分たちにとって都合の悪い歴史のページを意図的に覆い隠そうとしたり、自らが出している出版物や文献・書籍などから、都合の悪い歴史の記述をわざと削除して、信者に見 ...

創価教育学会会長・牧口常三郎氏は、自らが発表した価値論について、後の獄中書簡の中で、 「百年前及び其後の学者共が、望んで手を着けない『価値論』を私が著し、而かも上は法華経の信仰に結びつけ、下、数千人に実証したのを見て自分ながら驚いて居る、これ故三障四魔 ...

戦前の堀米日淳と牧口常三郎・戸田城聖の関係については、複数の人の証言がある。 1935(昭和10)年4月に日蓮正宗に入信し、第二次世界大戦後に、創価学会理事長を歴任したのち、日蓮正宗僧侶として出家得度。埼玉県大宮市(現さいたま市)の日蓮正宗寺院正因寺住職になった矢 ...

1937(昭和12)年の創価教育学会の設立以降、日蓮正宗寺院中野教会歓喜寮(現・昭倫寺)主管(住職)堀米泰栄氏(後の日蓮正宗大石寺65世法主日淳)と、創価教育学会会長・牧口常三郎氏の間柄は、次第に悪化していったもようである。 原因は、二人の考え方の大きな相違にあった。 ...

1937(昭和12)年の創価教育学会の発会式に日蓮正宗寺院中野教会歓喜寮主管(住職)堀米泰栄氏(後の日蓮正宗大石寺65世法主日淳)が出席したということは、実質的に創価教育学会を堀米泰栄氏が日蓮正宗信者の団体として是認したことを意味する。 あれだけ牧口常三郎氏の「創価 ...

1932(昭和7)年、日蓮正宗常在寺法華講「直達講」の解散によって、自分たちの居所を失った牧口常三郎氏・戸田城聖氏は、常在寺のそれまでの信者仲間たちと袂を分かち、東京・中野の日蓮正宗寺院・中野教会歓喜寮の住職・堀米泰栄氏(後の日蓮正宗大石寺65世法主日淳)に親近す ...

1932(昭和7)年に日蓮正宗常在寺法華講「直達講」の講頭・三谷素啓氏が死去したことにより、後継講頭の選出を含めた直達講の再建懇談会が開かれたが、直達講顧問の牧口常三郎氏の思想に異質なものを感じていた直達講の講員たちは、牧口氏の講頭就任を拒否。直達講の講中その ...

牧口常三郎氏・戸田城聖氏が日蓮正宗信者として入信した日蓮正宗寺院の常在寺(じょうざいじ)とは、東京都豊島区池袋に今でも所在している寺院で、山号は霊鷲山(りょうじゅせん)といい、正式名は日蓮正宗霊鷲山常在寺という。 ここは江戸時代の初期である1605(慶長10) ...

世間では創価学会の増長・宗教被害は、ひとえに最高指導者である池田大作氏に起因するものとする論調が多い。 確かに池田大作という巨大な権力者の増長と独裁的権力による横暴、強引で執拗な入信勧誘や選挙の投票干渉、政教一致の体質などは批判され、弾劾されて余りある ...

いろいろ日蓮正宗や創価学会のことを研究していくと、この池袋の日蓮正宗寺院・常在寺は、古くから創価学会と深い関係のある寺院であるということがわかってきた。 戦前、創価学会会長・牧口常三郎と理事長・戸田城聖が、日蓮正宗中野教会(現昭倫寺)主管・堀米泰栄氏(後の ...

↑このページのトップヘ