アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺史22・創価学会・妙信講を積極的に訓育してきた日蓮正宗

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(192)~過激な折伏・布教活動を行う創価学会・妙信講(顕正会)を積極的に育成した日蓮正宗3

□「伝統仏教の仮面」をかぶり「伝統仏教の権威」で日本最大の宗教団体に膨張した創価学会

 

昭和40年代から平成にかけて、それこそ数多くの学者・評論家・ジャーナリスト等が、「なぜ創価学会が『折伏大進撃』によって日本最大の宗教団体に膨張したのか」というテーマについて、さまざまな論文を書いている。が、それらはいずれも「創価学会」とか「牧口常三郎」「戸田城聖」「池田大作」のみにスポットを当てた評論で、全ての問題・課題を解明しようとするものであり、いずれもが正鵠を得たものになっていない。なぜこれらの評論が正鵠を得たものにならないのか。

終戦直後の昭和20年代において、創価学会のみならず、立正佼成会、霊友会等の新宗教団体も積極的に布教活動を行い、信者数を激増させた。中でも立正佼成会は、創価学会の『折伏大進撃』よりも先んじて教線を拡大し信者数を激増させた。しかし創価学会だけが昭和の時代に公称800万世帯・1600万人まで信者数を激増させたのに対して、立正佼成会、霊友会等の新宗教団体はいずれも十年もたたないうちに教線拡大が頭打ちになる。最も多い立正佼成会で公称400万人であり、単純に公称信者数だけを比較してもトップの創価学会に比べて2位の立正佼成会は四分の一である。なぜこうなったのか。数多くの学者・評論家・ジャーナリストの評論には、ここの部分の根本的な検証が欠落しているのである。

この最大の理由は、「歴史」がない宗教は世間から「宗教」として認知されない日本において(--日本のみならず諸外国においても同様のようであるが…)「これらの宗教は新興宗教だ」という批判を浴びせられたことに、立正佼成会、霊友会等の新宗教団体は抗することができなかった。そして立正佼成会、霊友会等の新宗教団体の信者急増に対して「新興宗教脅威論」が唱えられ、これにも抗することができなかった。よって布教拡大が止まってしまったのである。

「新興宗教脅威論」等による新興宗教批判は、創価学会にも浴びせられたが、しかし創価学会は

「私たちは新興宗教ではない。七百年の歴史と伝統がある伝統仏教。日蓮正宗の信徒団体です」

と言って新興宗教批判をかわした。つまり創価学会は日蓮正宗の信徒団体なのだから、新興宗教ではないというわけである。新興宗教批判をかわした創価学会は、「折伏大進撃」による教線拡大・信者拡大をつづけ、新興宗教批判に抗しきれなかった立正佼成会、霊友会等の新宗教団体は、信者数が頭打ちになった。創価学会の「折伏大進撃」の勢いが止まるのは1970(昭和45)年の言論問題である。1951(昭和26)年の戸田城聖二代会長就任から約20年にかけて急激な教線拡大をつづけていたわけである。言論問題以降、197080年代にかけても、「折伏大進撃」の勢いはなくなったものの、創価学会は信者数を伸ばし続けていた。

創価学会の教線拡大の大きな要因のひとつは、「牧口常三郎」「戸田城聖」「池田大作」よりも「大石寺」「日蓮正宗」という「伝統仏教の仮面」をかぶっていたことだと結論づけられる。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(191)~過激な折伏・布教活動を行う創価学会・妙信講(顕正会)を積極的に育成した日蓮正宗2

□過激な折伏・布教活動を行う創価学会・妙信講(顕正会)を積極的に育成した日蓮正宗2

 

199012月以前の宗創和合時代の歴史というと、創価学会の「折伏大進撃」の勢いで創価学会員が増加するにつれ、創価学会が毎年、数十ヶ寺の日蓮正宗寺院を宗門に寄進していたとか、大石寺に奉安殿、大講堂、六壺、大坊、総門、大客殿、大化城、正本堂、総坊等を寄進したとか、創価学会が毎年、月例登山会で150万人以上の創価学会員を大石寺に登山させ、大客殿落慶で300万登山、正本堂落慶で1000万登山を行っていたとか、創価学会員を大石寺に輸送する臨時団体列車が、毎日のように富士宮駅を発着していたとか、とかくこういうことにスポットが当たりがちである。195070年代の日蓮正宗と創価学会の関係は、今の日蓮正宗宗門と法華講の関係以上に緊密で、「日蓮正宗=創価学会」だったと言っても過言ではなかった。

しかしここで忘れてはならないのは、日蓮正宗は過激な折伏・布教活動を行う創価学会を積極的に育成したという史実である。

戸田城聖が会長に就任して間もない創価学会・折伏大進撃の草創期、宗門高僧だった堀米日淳(後の大石寺65)が、東京・神田の創価学会本部で、創価学会幹部に対して三大秘法抄、百六箇抄、本因妙抄、御義口伝等の講義を、月一回行っていた。宗務院庶務部長・細井日達(後の大石寺66)も、戸田城聖の所属寺院・常在寺住職として、積極的に創価学会会合の場として常在寺を提供。戸田城聖の地方指導にも常在寺住職・細井日達が何度も随行しているばかりか、小樽問答にも細井日達が同席している。1952年の立宗七百年祭の狸祭り事件、創価学会男子部と大石寺僧・的場正順氏との紛争事件、創価学会の宗教法人設立、日蓮正宗内部の反創価学会派による大乗寺離脱事件、大阪・蓮華寺事件があり、日蓮正宗寺院の旧檀家・根檀家や法華講の中の創価学会批判等があった中で、日蓮正宗宗務総監、重役だった堀米日淳(大石寺65)、宗務院庶務部長だった細井日達(大石寺66)、宗務総監・高野日深、宗務院教学部長・早瀬日慈(後の総監・大石寺68世日如の父親)ら創価学会擁護派の宗門高僧らは、全面的に創価学会・戸田城聖を全面サポート。1952年の立宗七百年祭の狸祭り事件で、法華講大講頭を罷免された戸田城聖を全面支援して大講頭に復職させたばかりではない。日蓮正宗内部でも反対論が根強かった創価学会の宗教法人設立も全面的に支持。

宗会の反対を説き伏せるために三箇条の条件付きにしたものの、日蓮正宗は公式に創価学会の宗教法人設立を承認している。さらに1970年代以降、創価学会が会館を全国に建設し始める以前は、創価学会の会合は日蓮正宗末寺寺院を多く使っていたという史実がある。戸田城聖の会長推戴式が行われたのも堀米日淳が住職だった日蓮正宗常泉寺である。もちろん数千人、数万人単位の大人数が集まる時は、日大講堂や日本武道館等を使っていたが、支部総会、座談会、決起大会、男子部大会等々では、日蓮正宗寺院が会場として頻繁に使用されているばかりか、それらの会合に日蓮正宗寺院住職や僧侶も出席し、創価学会員といっしょになって創価学会歌を合唱していたのである。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(190)~過激な折伏・布教活動を行う創価学会・妙信講(顕正会)を積極的に育成した日蓮正宗

□過激な折伏・布教活動を行う創価学会・妙信講(顕正会)を積極的に育成した日蓮正宗

 

創価学会二代会長・戸田城聖は、戦後いちはやく布教活動を行って信者数を激増させていた立正佼成会の布教スタイルをパクって日蓮正宗・創価学会の中に取り入れた。そして戸田城聖は、「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶって「創価学会は七百年以上の歴史と伝統がある日蓮正宗の信徒団体である」と言い、「伝統仏教(大石寺)の権威」によって「自分たちは新興宗教ではない」と、新興宗教批判をかわした。日本では長い歴史がないと宗教として世間一般に認知されない。

創価学会は「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶって「創価学会は七百年以上の歴史と伝統がある日蓮正宗の信徒団体である」と言い、「伝統仏教(大石寺)の権威」を布教で最大限に活用したことが、創価学会だけがここまで信者数を日本最大規模まで膨張させることに成功し、立正佼成会、霊友会、生長の家、天理教、オウム真理教や幸福の科学等の新興宗教は、布教が途中で頓挫し、失敗した最大のポイントである。

それでは創価学会は、一方的に「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶり、「創価学会は七百年以上の歴史と伝統がある日蓮正宗の信徒団体である」として「伝統仏教(大石寺)の権威」を最大限に利用しただけなのか、という話になる。つまり「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶり、「伝統仏教(大石寺)の権威」を最大限に利用したとしても、これだけのカルト宗教の害悪・強引・執拗な折伏等で宗教被害を日本全国はおろか、世界各国にまき散らした最大の責任者は創価学会ではないか、という創価学会責任主体論がある。あるいは199012月の宗創戦争以降において、「創価学会は一時期だけ日蓮正宗の信徒団体だったことがあった」「布教したのは創価学会なのだから、創価学会が一番悪いのだ」「創価学会の折伏大進撃に日蓮正宗は無関係である」といったような、創価学会責任論・日蓮正宗無責任論が、ケンカ別れした日蓮正宗と創価学会の両方に存在する。双方がケンカ別れしたので、宗創和合時代の歴史の真実を覆い隠そうとしているのだろうが、これらの創価学会責任主体論や創価学会責任論・日蓮正宗無責任論は全くの誤った見解である。

これらの謬説を述べる者たちは、まず第一に199012月以前の宗創和合時代の歴史の真実に、まことに暗いのである。195070年代の聖教新聞、大白蓮華、聖教グラフ等の創価学会の公式文献を見れば一目瞭然でわかることだが、紙面のほとんど全てが「創価学会は日蓮正宗の信徒団体」「創価学会員は日蓮正宗の信徒」と公式に位置付けているばかりではない。創価学会が宣揚・擁護するのは牧口常三郎でも戸田城聖でも池田大作でも創価学会会長でもなく、「日蓮正宗」そのもの。日蓮正宗を唯一絶対に正しい宗教として宣揚する。

195070年代の創価学会の教学理論誌「大白蓮華」を見ると、日蓮正宗僧侶が執筆した教学論文がズラリと並んでいる。199012月に勃発した日蓮正宗と創価学会の「宗創戦争」以降、「法華講は宗門七百年来の信徒団体だ」などと大ホラを吹いて、日蓮正宗宗門僧と法華講の緊密さを強調したがるが、195070年代の聖教新聞、大白蓮華の日蓮正宗宣揚の度合いは、「宗創戦争」以降の法華講連合会機関紙「大白法」のそれを、はるかに上回っていると言っても過言ではない。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(113)~牧口常三郎・戸田城聖時代から創価学会と深い関係だった東京池袋・日蓮正宗常在寺

■牧口常三郎・戸田城聖時代から創価学会と深い関係だった東京池袋・日蓮正宗常在寺

 

いろいろ日蓮正宗や創価学会のことを研究していくと、この池袋の日蓮正宗寺院・常在寺は、古くから創価学会と深い関係のある寺院であるということがわかってきた。

戦前、創価学会会長・牧口常三郎と理事長・戸田城聖が、日蓮正宗中野教会(現昭倫寺)主管・堀米泰栄氏(後の65世法主日淳)とトラブルを起こした後、この常在寺に移籍してきた。

戸田城聖氏は、創価学会会長になってからも、死去するまで常在寺所属の信者であった。

当時の常在寺住職が、日蓮正宗宗務院庶務部長で34代住職・細井精道氏。この人は、後の大石寺66世法主日達である。

細井精道(日達)氏は、堀米泰栄(日淳)氏とは、同じく大石寺57世阿部日正法主を師範として出家得度した、いわゆる「法兄」「法弟」の関係にある。牧口常三郎・戸田城聖氏ら創価教育学会幹部が堀米泰栄(日淳)氏とトラブルを起こして、移籍した先が、堀米泰栄(日淳)氏の「法弟」細井精道(日達)氏が住職を務める常在寺だったとは、何とも思わせぶりな事件である。

戸田城聖は、第二次世界大戦の終戦後、壊滅状態になった創価学会の再建に取りかかるが、戸田城聖は創価学会会長になってからも、常在寺で創価学会の座談会や質問会を開催していた。

この戸田城聖が主宰して常在寺で行われていた創価学会の座談会や質問会にも、常在寺住職・細井精道氏(日達)もよく同席していたという。また戸田城聖が地方指導に行った時も、よく細井精道氏(日達)が同行して行っていたというから、常在寺を通じて細井日達と戸田城聖はただならぬ関係、切っても切れない関係にあったのではないか。

細井精道(日達)庶務部長は、終戦直後から大石寺65世日淳法主の代に総監になるまで、一貫して日蓮正宗宗務院庶務部長の職にあり、大石寺64世日昇法主の代に総監→重役の職にあった堀米日淳とともに、実質的に日蓮正宗宗務院を牛耳り、日蓮正宗と創価学会の和合路線を推し進めた中心人物。そして日蓮正宗内部の創価学会批判を徹底して禁圧し、創価学会をあらゆる面から支えた創価学会擁護派の高僧であった。

そしてここ常在寺では戸田城聖の葬儀のほか、百箇日忌、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌の法事が、宗創戦争勃発直前まで営まれていた。もちろん創価学会首脳たちも、この法要に参列している。

池田大作は参列したかどうか記憶にないが、確か二十七回忌か三十三回忌の法事のどちらかだったと思ったが、黒塗りのベンツらしき高級車で常在寺の玄関に乗り付けて、会長・秋谷栄之助が車からおりて、常在寺の階段を上がって、そのまま庫裏に消えて行ったのを見かけたことがあった。秋谷栄之助は、何人かのボディーガードたちを引き連れて、さも偉そうに常在寺に入って行った。偉そうな態度まで、日蓮正宗と創価学会は目くそ鼻くそなのではないだろうか。

 

常在寺1続きを読む

創価学会の親は日蓮正宗(16)~池田時代以降に出てきた牧口常三郎氏・戸田城聖氏らが戦争反対したというウソ

1943(昭和18)825日、官憲に逮捕された創価教育学会会長・牧口常三郎氏は、巣鴨拘置所に移され、1120日、治安維持法違反と不敬罪の容疑で、その予審請求を東京地裁に出された。創価教育学会の会長・牧口常三郎氏と理事長・戸田城聖氏は、太平洋戦争に反対したのではない。彼等は日蓮正宗の他宗排撃の教義により、伊勢神宮の神札を受けず、また燃やしたにすぎず、せいぜい太平洋戦争に勝つために、神道を奉じている日本政府の誤りを諫めるという立場を固執したにすぎになったのである。

創価学会・牧口常三郎1


このことは、以下の文献や証拠に明らかである。

 

1942(昭和17)1231日発行の『大善生活実証録』(創価教育学会第5回総会報告)を見ると、総会では軍歌が歌われ、西川理事が、

「いまや、皇国日本が北はアリューシャン群島方面より遙かに太平洋の真ん中を貫き、南はソロモン群島付近にまで及び、更に南洋諸島を経て、西は印度洋からビルマ支那大陸に将又蒙彊(もうきょう)満州に至るの広大な戦域に亘り、嚇々(かくかく)たる戦果を挙げ、真に聖戦の目的を完遂せんとして老若男女を問わず、第一線に立つ者も、銃後に在る者も、いまは恐らくが戦場精神によつて一丸となり、只管(ひたすら)に目的達成に邁進しつゝあることは、すでに皆様熟知されるところである」

等と述べている。

また戸田城聖氏が妙悟空のペンネームで執筆した著書『小説・人間革命』によれば、このころ牧口常三郎氏は戸田城聖氏らに対して、

「国家諫暁(こっかかんぎょう)だね。陛下に広宣流布の事を申し上げなければ日本は勝たないよ。これを御本山に奏請(しんせい)して、東京僧俗一体の上に国家諫暁をしなければ国はつぶれるよ。並大抵でない時に生まれ合わしたね」

等と教えていたことが書かれている。

牧口常三郎氏は、逮捕・投獄された後、一人だけ残った息子の洋三の戦死を知らされ、その嫁に獄中から返事をしたためた書簡を送っているが、その中で牧口常三郎氏は、

「…びっくりしたよ。がっかりもしたよ。洋三戦死の御文、…病死ニアラズ、君国ノタメニ戦死ダケ。(だから)名誉トアキラメテ唯ダ冥福ヲ祈ル。信仰が一ばん大切ですよ。百年前、及びその後の学者共が、望んで手を着けない『価値論』を私が著し、而も上は法華経の信仰に結びつけ、下、数千人に実証したのを見て、自分ながら驚いて居る。これ故、三障四魔が粉起するのは当然で、経文の通りです」(佐木秋夫・小口偉一『創価学会』より)

と記している。

戦場精神によって一丸、君国のための戦死、名誉とあきらめて、といった言葉のどこに反戦の思想などうかがえるだろうか。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ