アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗の概略・法主・宗務行政・宗制宗規・信徒団体・破門・除名

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

現在の日蓮正宗と他教団との紛争

過去においては他宗教は全て謗法・邪宗であると定義し、これらに対する折伏を行ってきている。その意味であらゆる宗教と対立関係にあると言える。ただし、あくまで教義的な対立に限られる。

現状で「紛争」といえるような対立関係(教義以外についての対立関係)があるのは創価学会や正信会、冨士大石寺顕正会などがあり、特に組織の規模として創価学会との対立・抗争が目立っている。

 

顕正会(旧妙信講)とは、1977(昭和52)年、裁判上の紛争について「和解」が成立している。

正信会系日蓮正宗寺院との裁判上の紛争は、管長裁判については、裁判所不介入・双方棄却の最高裁判所判決が出ている。

個々の寺院関係の裁判は、日蓮正宗側に有利な判決ないしは双方棄却の判決が出ているものの、擯斥住職・擯斥僧侶がそのまま寺院に居すわり続けるという状態が続いている。

しかしこれも、擯斥住職の死亡や日蓮正宗大石寺への寝返りによって、日蓮正宗大石寺側に返還されるという流れになっている。

 

創価学会は、1990年(平成2年。正式な破門は翌1991年)に日蓮正宗に破門されて以来、日蓮正宗への攻撃に多くの時間と労力を費やしており、「仏敵を責めること」が重要であるという立場から、聖教新聞などの機関誌では連日のように日蓮正宗への誹謗中傷や人権侵害を繰り返しており、特に前法主・阿部日顕を含む高僧に対しては、とりわけ激しい中傷が繰り返されていた。

67世日顕7


また、日蓮正宗を人的・経済的に消耗させる目的で、敗訴を前提に大量の訴訟を行うという活動も行われている。これは末端の組織でも徹底しており、前法主・日顕の死亡を祈念する唱題会が行われたケースもある。

このため末端の創価学会員には、日蓮正宗の檀徒に対して暴力による攻撃に走る者も多くいた。日蓮正宗寺院の多くは創価学会員による法要の妨害を経験しており、横須賀法照寺では創価学会員が二度にわたって放火で現行犯逮捕されるなど、刑事事件も頻発した。ただし、こうした暴力攻撃も現在では比較的収まってきているが、寺院への盗撮や参詣者への尾行は執拗に続けられているという主張もある。

 

ただし、学会側も2010年以降は表立った日蓮正宗攻撃や批判を縮小する傾向が見られる。

それまで聖教新聞の寸鉄欄は5項目中1項目が必ずと言っていいほど宗門を批判する内容となっていたが、現在は学会内部の綱紀や社会治安、公明党へのハッパといった内容へと変化しており、特に東日本大震災後は防災関連が連日強調されたこともあって宗門を批判する内容の寸鉄は月に数回あるかないかという程度まで減少している。

なお学会の機関紙誌であっても『大白蓮華』では、宗門を批判する内容は滅多に掲載されない。

 

続きを読む

日蓮正宗の機関誌(教誌)

■大日蓮

 

日蓮正宗宗務院唯一の機関紙誌(教誌)は大日蓮(だいにちれん)。

大日蓮1


毎月1回発行の月刊誌だが、時局に応じて号外も発行されている。

内容は、宗務院録事、総本山録事、宗務広報、法主の説法、布教講演及び論文、総本山の動き、末寺の動き、海外の動き、住職普山の挨拶などが載せられていて、定価は300円。

宗務院録事には、総本山での法要などの達示、住職などの辞令、講中組織結成許可、檀徒団体の法華講の役員の承認、末寺の檀家総代の承認などが掲載されている。

総本山録事には、総本山における人事が載せられている。

総本山の動きには総本山で奉修された法要など、末寺の動きには末寺で奉修された法要などが掲載されている。1916年創刊。

年単位の定期購読が原則だが、日蓮正宗末寺寺院の受付カウンターで販売しているところもあり、そこで買えば、バラで買うことも可能である。

 

■末寺寺院の寺報

 

この他、各末寺で寺報が発行されており、大日蓮と末寺の寺報のみが機関誌紙とされている。

 

■大白法

 

表向きは、月2回発行の日蓮正宗法華講連合会の機関紙ということになっている。

しかし、記事の内容は、日蓮正宗宗務院教学部・布教部の僧侶が深く関わっており、僧侶が執筆している記事も多数ある。よって実態は、日蓮正宗宗務院の傀儡機関紙である。

一部100円。年間定期購読のみで、申し込みは、末寺寺院・法華講支部を通じて申し込まなくてはならないため、実質的に、日蓮正宗の僧侶・寺族・信徒以外の人が購読を申し込むことは不可能に近い。

ただし、創価学会員の中に聖教新聞をまとめ買いして、部外者に配布している信者がいるように、法華講員の中に、大白法をまとめ買いして、部外者に配布している信者がいる。

又、寺院によっては、大白法を寺院の掲示板に掲示している寺院もある。

 

続きを読む

日蓮正宗信者への懲戒2(歴代除名・除籍信者)

日蓮正宗の信徒の身でありながら、日蓮正宗を完全否定するほど批判した人物は、必ず信徒除名になる。これは、過去の事例を見れば明白です。

日蓮正宗宗規246条に「教義上の異説を唱え、信仰の改変を企てたとき」「管長その他の本宗の僧侶又は寺族を誹謗又は讒謗したとき」等々、信徒除名に処分される規定が定まっているとおりで、過去に日蓮正宗から信徒除名に処分された主な人物を見てみると

 

1972年 松本勝弥氏(現・西山本門寺東京別院主管・富士山蓮華寺住職・松本修明氏)

1974年 浅井甚兵衛・妙信講講頭、浅井昭衛・妙信講理事長(現・顕正会会長)

顕正会・浅井昭衛3


1980年 山崎正友氏

1992年 池田大作氏

 

除名の理由は、大石寺「戒壇大本尊」の完全否定(偽作説)を主張(松本勝弥氏)、法主誹謗(池田大作氏)・法主の指南否定(浅井甚兵衛・浅井昭衛親子)・法主の血脈否定(山崎正友氏)である。

ただし山崎正友氏は、法主の血脈否定を1995年の「慧妙」への寄稿で撤回。日蓮正宗信徒として復帰している。

1974年の妙信講信徒、1982年の正信会系寺院所属の檀徒・法華講員の場合は、宗務院から信徒に対して「所属替え」の命令が出ていたが、これに随わなかったことによる信徒資格の喪失。

199712月の創価学会員の日蓮正宗信徒資格喪失も、破門団体の創価学会に所属し続けていることから、「本宗以外の宗教団体に所属したとき」に該当する「除籍」である。

 

このように戒壇大本尊の完全否定・偽作説を主張、法主誹謗・法主の指南否定・法主の血脈否定を主張すれば、必ず信徒除名に処分されることが明白であるにもかかわらず、200410月の日蓮宗現代宗教研究所の「ミニ講演」、さらに著書「大石寺彫刻本尊の鑑別」で、当時、宝浄寺信徒だった犀角独歩氏が戒壇大本尊の完全否定・偽作説を主張したが、日蓮正宗からは何の処分にも付されていない。

犀角独歩氏自身が「正確に言えば、わたしは法華講をやめていませんよ。 末寺の役職を辞退しただけで、脱講届も出していません。 また、大石寺から信徒除名にもなっていません。 あしからず。 」と言って、カミングアウトしている。

これはどう考えてもおかしいため、犀角独歩氏の所属寺院だった、当時の宝浄寺住職・日蓮正宗宗務院教学部長・大村寿顕氏が自らの「保身」のため、犀角独歩氏の処分を見送らせるよう宗務院に働きかけたか、ないしは「大村寿顕・犀角独歩密約説」も囁かれている。

犀角独歩氏は、2009年に西山本門寺東京別院主管・富士山蓮華寺住職・松本修明氏の元に弟子入りして、僧名も授与されていることから、松本修明氏への弟子入りによる日蓮正宗信徒資格の喪失と考えられている。

犀角独歩13 

 

日蓮正宗信者への懲戒

●信者への懲戒

 

日蓮正宗の宗規・第二百四十六条では「住職又は主管は、所属の檀信徒が次の各号の一に該当するときは、総監の承認を得て、除名に処することができる」と規定している。

 

1 教義上の異説を唱え、又は信仰の改変を企てたとき。

2 管長その他の本宗の僧侶又は寺族を誹毀又は讒謗したとき。

3 本宗の法規又は寺院若しくは教会の規則に違反したとき。

4 管長その他の本宗の僧侶又は寺族に対し、その職務を妨げ、その他不正行為をなしたとき。

5 寺院又は教会の財産に関して不正行為をなしたとき。

6 その他本宗、寺院又は教会の秩序又は平穏を乱したとき。

 

以前は、日蓮正宗信徒の懲戒規定には、除名の他に譴責、資格停止等があったが、現在の宗規における日蓮正宗信徒の懲戒規定に定められているのは「除名」(破門)のみ。

又、信徒を懲戒する「処罰者」は、従前は宗務支院長であったが、その後、宗務総監に改正され、さらに末寺の住職・主管になった。

19928月、池田大作氏を信徒除名にしたのは、東京第二布教区宗務支院長・高橋信興氏であった。

池田大作20


現在、日蓮正宗の信者を「除名」にできるのは、所属寺院・教会の住職・主管である。

ただし日蓮正宗宗規・第二百四十六条2項では「本宗の檀信徒に前項各号の一に該当する事由があると認められる場合において、特別の事情があるときは、総監が除名に処することができる」

とも規定しており、総監による除名の規定も残している。

 

又、日蓮正宗宗規では、懲戒による「除名」の他に「除籍」の規定を設けている。

日蓮正宗宗規・第二百二十一条2項では「檀信徒名簿の登録を抹消することを除籍といい、除籍された者は、檀信徒としての資格を失う」と規定。さらに第二百二十三条では

「檀信徒は、死亡したとき、又は次の各号の一に該当したときは、その資格を喪失し、除籍される。

1 自ら離檀又は離宗を申し出たとき。

2 本宗以外の宗教団体に所属したとき。

3 第二百四十六条の規定により除名されたとき。

2項 住職又は主管は、所属の檀信徒が本宗の信仰を失い、退転したことが明白に認められる場合は、総監の承認を得て、その者を除籍することができる」

としている。つまり懲戒以外の「除籍」とは、死亡したとき、自ら離檀・離宗したとき、日蓮正宗以外の宗教団体に所属したとき、日蓮正宗の信仰を失い、退転したことが明白に認められる場合の三つ。

 

続きを読む

日蓮正宗信徒への褒賞

●信者への褒賞

 

 □1大漫茶羅授与 □2日号授与  □3 物品授与 □4 褒詞 

 

「大漫茶羅の授与」とは、賞与本尊、常住本尊、常住板本尊の授与を指しているものと思われる。

創価学会・池田大作氏は1974(昭和49)年に日蓮正宗大石寺66世細井日達法主から「賞本門事戒壇正本堂建立」の賞与本尊、1982(昭和57)10月に、日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主から「賞大法護持広布並世界平和貢献之功」と脇書された賞与本尊を授与されている。

この他、昭和初期の日蓮正宗総講頭・由井一乗氏が、日蓮正宗大石寺60世阿部日開法主から賞与本尊を授与された記録がある。

平成20(2008)、香川県三豊市山本町に正得院を建立寄進した本山本門寺信徒・樋本氏に日蓮正宗大石寺68世早瀬日如法主が賞与本尊を授与している。

 

信者でも、末寺寺院を建立、日蓮、日興、日目の本尊など上代の法主の本尊を大石寺に納めるなど功績が大だと認められた信者、法華講連合会役員、地方部役員、末寺総代、講頭を長年勤めるなどした信者で、常住本尊、常住板本尊を授与された信者が多数いる。

「日号授与」とは、死後の戒名における日号の授与のことだが、牧口常三郎氏、戸田城聖氏、北条浩氏、柳沢喜惣次氏のように日号の他に「大居士」号を授与されることが、最高の褒賞になっている。

「物品授与」とは、金杯、記念品の他、居士衣などを指していると思われる。

創価学会・池田大作氏は日蓮正宗大石寺66世細井日達法主と67世阿部日顕法主から「居士衣」を授与され、大石寺の重要な法要では、「居士衣」を着て参列していた。

66世日達・池田大作3


褒賞には規定されていないが、法華講本部役員の総講頭、大講頭職は、実際は名誉職となっており、実質的な褒賞となっている。

 

日蓮正宗の宗規によれば、「次に掲げる各号の一に該当する者に対しては、褒賞する」と規定されている。

 

11 寺院又は教会の新設、新築又は改築等のため特別の尽力、多額の浄財を喜捨した者

12 浄財又は不動産を喜捨し、宗門永遠の基礎の確立に功労のあった者

13 宗学生のため浄財を喜捨し、徒弟の養成を助けた者

14 興学又は布教に勉励した者 □15 信行如法にして、堅く本宗の法規を遵守した者

16 徳行優れ、他の模範となる者

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ