アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教ペテン集団である > 日蓮正宗の概略・法主・宗務行政・宗制宗規・信徒団体・破門・除名

過去においては他宗教は全て謗法・邪宗であると定義し、これらに対する折伏を行ってきている。その意味であらゆる宗教と対立関係にあると言える。ただし、あくまで教義的な対立に限られる。 現状で「紛争」といえるような対立関係(教義以外についての対立関係)があるの ...

■大日蓮   日蓮正宗宗務院唯一の機関紙誌(教誌)は大日蓮(だいにちれん)。 毎月1回発行の月刊誌だが、時局に応じて号外も発行されている。 内容は、宗務院録事、総本山録事、宗務広報、法主の説法、布教講演及び論文、総本山の動き、末寺の動き、海外の動き、住職 ...

日蓮正宗の信徒の身でありながら、日蓮正宗を完全否定するほど批判した人物は、必ず信徒除名になる。これは、過去の事例を見れば明白です。 日蓮正宗宗規246条に「教義上の異説を唱え、信仰の改変を企てたとき」「管長その他の本宗の僧侶又は寺族を誹謗又は讒謗したとき」 ...

●信者への懲戒   日蓮正宗の宗規・第二百四十六条では「住職又は主管は、所属の檀信徒が次の各号の一に該当するときは、総監の承認を得て、除名に処することができる」と規定している。   □1 教義上の異説を唱え、又は信仰の改変を企てたとき。 □2 管長その他 ...

●信者への褒賞    □1大漫茶羅授与 □2日号授与  □3 物品授与 □4 褒詞    「大漫茶羅の授与」とは、賞与本尊、常住本尊、常住板本尊の授与を指しているものと思われる。 創価学会・池田大作氏は1974(昭和49)年に日蓮正宗大石寺66世細井日達法主から「賞本門 ...

●僧侶への懲戒   □1 譴責 罪科を明記した宣誡状をもって叱責する、 □2 停権 二年以内の期間を限り、役職員への就任並びに選挙権及び被選挙権を停止する。 □3 降級 僧階を一級乃至三級降す。 □4 罷免 住職又は主管の職を罷免する。 □5 奪階 現僧階を剥奪 ...

●僧侶への褒賞  □1 特典 大漫茶羅の授与  □2 昇格 上人号、院号又は阿闍梨号の免許  □3 昇級 僧階の昇級 □4 物品授与 袈裟、法衣等の授与 □5 褒詞 賞状の授与   「特典 大漫茶羅の授与」とは、賞与本尊の授与を指しているものと思われる。 「昇格  ...

●年中行事・恒例行事   □1月1日 元朝勤行 正月3ヶ日 新年勤行会 □1月成人の日 成人式(各寺院で檀信徒に新成人がいない年は行わない) □2月3日 節分会 □2月7日 興師会(開祖・日興の祥月命日)  □2月16日 宗祖御誕生会 □3月春分の日 春季彼岸会 □4月28 ...

1991年11月の創価学会破門以降は、法華講は日蓮正宗唯一の信徒団体となっている。 日蓮正宗の宗規では 「日蓮正宗法華講は、本宗の寺院及び教会の檀信徒を総括したものをいう」 と規定され、一般的に日蓮正宗の信者=法華講員とされる。宗務院も日蓮正宗の全ての壇信徒 ...

日蓮正宗の能化(のうけ)とは、権僧正以上の僧階の僧侶。 □大僧正(法主及び法主経験者) □権大僧正(学頭・次期法主内定者) □僧正 □権僧正 この僧階が、能化に該当する。 又、能化とは、生きているうちに日号の名前を公称することが許されている高僧のこと、と ...

日蓮正宗では僧侶の階級(僧階)は次のようになっている。   ●教師 □大僧正(法主及び法主経験者) □権大僧正(学頭・次期法主内定者) □僧正 □権僧正 (これより上が能化) □大僧都 □権大僧都 □僧都 □権僧都 □大講師 □講師 □少講師 □訓導 ...

日蓮正宗寺院の住職・主管、副住職・副主管は明治維新以降の伝統仏教でよく見られるような世襲制、家族経営ではなく、日蓮正宗管長(大石寺法主)の辞令により、総本山大石寺から末寺に住職が派遣されるという建前の、極めて中央集権的なシステムとなっている。 そのため、 ...

日蓮正宗の場合、日蓮正宗の頂点に君臨している法主が絶大な権限を握る、実質的な封建絶対専政君主・専政大統領に例えるなら、宗務院はいわば専政君主・専政大統領に責任を負う内閣に相当する。 宗務総監が首相に相当し、庶務部・教学部・布教部・海外部・渉外部・財務部 ...

日蓮正宗の宗務行政を司る宗務院の事務を総理する長として、日蓮正宗管長の職を置く。管長は総本山大石寺法主・大石寺貫首(住職)が兼任する。 又、日蓮正宗管長は、日蓮正宗代表役員も兼ねる。このように日蓮正宗では、総本山大石寺法主・大石寺貫首(住職)、日蓮正宗管長 ...

1930年(昭和5年)に、牧口常三郎、戸田城聖らにより、日蓮正宗の教義と牧口の「価値論」を合体させた教義を奉ずる教育団体として創価教育学会が設立され、初代会長には牧口が就任したが、当初は日蓮正宗では創価学会を信徒団体として認めなかった。 牧口は後年、特高調書 ...

<歴史>   日興は、宗祖の本弟子六老僧の一人として積極的な折伏に目覚しい成果をあげ、特に駿河において強力な教団組織を創りあげた。この急速な布教展開は他宗派関係者や鎌倉幕府内権力者の警戒心を招き、1279年(弘安二年)には熱原郷付近の僧俗が徹底的な弾圧を受 ...

日蓮正宗(にちれんしょうしゅう)は、日蓮を宗祖とし、日興を派祖とする仏教の宗派のひとつ。 日蓮系の諸宗派のなかでは、日蓮本仏論、勝劣派などを教義とする富士門流(日興門流)に属し、「興門八本山」のうち、大石寺(総本山)、下条妙蓮寺(本山)の二本山が所属する ...

↑このページのトップヘ