アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗の社会的不正・黒い疑惑を糾す

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮正宗の黒い疑惑4・1985年「大石寺銃撃事件」自作自演説を追う2

そういう今とは全く違う大石寺情勢を踏まえた上で、宗創和合時代の1985年「大石寺五之坊銃撃事件」を読むべきである。

さて、この銃撃事件の勃発により、静岡県警は機動隊70名を大石寺に動員し、46日と7日、大石寺の霊宝虫払い大法会の時は、右翼団体「太勢会」の街宣車は、大石寺周辺には全く近づくことができなかった。

これだけなら、通常の事件として片付けられてしまったところなのかもしれないが、あの当時、大石寺や創価学会を盛んに批判していた檀徒新聞「継命」に、事情通のコメントが載った。これが波紋を広げたのである。その事情通のコメントとは、下記のものである。

 

「あれは狂言だね。というのも、現在、大石寺には『太勢会』と称する右翼団体が連日おしかけ、池田大作の批判を行っているんだが、創価学会としてはこれを、御虫払い(霊宝虫払い大法会)に、(参詣に)来る池田に聞かせたくなかった。そこで、富士宮署(富士宮警察署)に警備の強化を申し入れたが、どうも乗り気じゃなかったというんだ。そりゃそうだろう。警備を強化する名目がないんだもの。そこで一芝居うって、名目を作ったというわけだよ。

彼ら(創価学会)は、警察さえ動けばいいんだから。新聞沙汰にする気は毛頭もっていなかったんだ」(某事情通)

大石寺銃撃事件1

 

話しに出てくる「狂言」とは、「人をだますために仕組んだ作り事」という意味で、いうなれば自作自演ということである。

この事情通の話の内容が、何らかの証拠を伴ったものではないので、額面通りにとるわけにはいかない。しかし、事件の経過を見ると、静岡県警による事件の正式発表がなかったこと。

新聞各紙が報道したのは、6日朝刊ではなく、1日遅れの7日朝刊だったこと。

散弾が撃ち込まれたにしては、実弾が発見されなかったこと。事件が容疑者不詳のまま迷宮入りしたこと。など、不審点が多い上に、この事情通が指摘するとおり、静岡県警が大石寺周辺に機動隊を投入して警備を厳重にした結果、右翼団体『太勢会』の街宣車は、霊宝虫払い大法会の間は、全く大石寺に近づけず、大石寺と創価学会が有利な結果に終わった。

 

さらに静岡一区の藪中義彦・公明党衆議院議員が、大石寺売店組合の役員に

「あと、23日すれば、(右翼の街宣も)静かになるよ」

と発言したことも伝えられ、「大石寺銃撃事件」は、大石寺・創価学会による自作自演説が、まことしやかに流されたのである。

この当時は、宗創和合時代のことであるから、創価学会の自作自演ということは、大石寺も完全にグルだったということに他ならない。

 

これが事実だとしたら、大変なことになる。

れっきとした宗教法人が、自分たちの都合のために、銃撃事件をでっち上げたとなれば、ただ事ではない。

 

しかしこれを完全に裏付ける証拠がなく、証人も現れなかったため、事件そのものが迷宮入りになっており、その疑惑も残されたままになっていることは、伝えておかねばならないだろう。

 

 

 

日蓮正宗の黒い疑惑3・1985年「大石寺銃撃事件」自作自演説を追う1

1985(昭和60)45日午後755分ころ、大石寺の「霊宝虫払い大法会」の前日、大石寺五之坊に「散弾銃」らしきものが打ち込まれ、五之坊の窓ガラス1枚に穴があいたという事件が発生。静岡県警が機動隊を動員して大石寺警備に当たるという、周囲が緊張する事件があった。

大石寺銃撃事件1

 

このように書くと、今の大石寺の境内を連想してしまいがちだが、当時の情勢は、今と全く違うので、少し解説をしておきたい。

まず「大石寺五之坊」という建物だが、これはかつて大石寺の総門と三門の間に建っていた同型の五棟の宿坊があり、それぞれ一之坊、二之坊、三之坊、四之坊、五之坊と名付けられていた。

つまり今の総一坊、総二坊が建っている場所のこと。総一坊、総二坊が建てられる以前、ここには一之坊、二之坊、三之坊、四之坊、五之坊という五棟の鉄筋コンクリート三階建ての宿坊が建っていた。五之坊というのは、その中のひとつである。

この五棟の総坊は、正本堂建立慶祝六百万総登山の一環として、当時の法華講総講頭・池田大作氏の寄進により建てられたもの。

これが、1990年の大石寺開創七百年記念事業として、全て取り壊され、総一坊、総二坊に建て替えられたのである。

 

二番目に、1985(昭和60)年といえば、もちろん1991年の宗創戦争開戦以前の「宗創和合路線時代」であり、日蓮正宗信者のトップである法華講総講頭は、池田大作。

大講頭は、秋谷栄之助、森田一哉、和泉覚、辻武寿、小泉隆の創価学会幹部と、法華講連合会委員長の阿部唯七郎。

宗創和合時代は、2月を除く月は、毎月2日から25日くらいまで、毎日、約1万人規模の創価学会員の大石寺への団体登山会と個人登山が行われていた。今の総一坊バスターミナルには、連日、満員の創価学会員を乗せた観光バスが賑々しく発着していたのである。

 

三番目に、あの当時の大石寺周辺には、右翼団体の街宣車をはじめ、日蓮正宗から破門された顕正会や正信会の街宣車が連日押しかけ、三門前や外周道路を低速で運転して、大石寺批判、創価学会批判、池田大作批判をがなり立てていた。

さらにその他に、正信会が公式に企画した「大石寺抗議登山会」という名目の抗議行動があり、こういう時は、大勢の正信会寺院住職・僧侶と正信会寺院所属の信者が大挙して大石寺周辺に押しかけ、デモ行進や野外集会、正本堂遙拝などを行っていた。

こういったようなことがあり、宗創和合時代というのは、大石寺周辺はかなり喧噪、騒然としており、緊張していた雰囲気があった。

今でも、大石寺奉安堂周辺には

「ここは大石寺の境内地であり礼拝所前です。この付近で、スピーカー等により騒音を発することは、礼拝の妨害となり、違法行為となりますので、固くお断りします。

大石寺」

と書かれた立て看板が立っているが、これは騒然としていた宗創和合時代に建てられたものである。

 大石寺・街宣禁止1

続きを読む

日蓮正宗の黒い疑惑2・暴力団と結託して墓苑建設を行った日蓮正宗

 

□日蓮正宗の黒い疑惑2・暴力団と結託して墓苑建設を行った日蓮正宗

 


続きを読む

日蓮正宗の黒い疑惑1・日蓮正宗寺院常泉寺で行われた暴力団の発会式

未だ暴力団がやくざと呼ばれていたころの1953(昭和28)年、暴力団関根組の発会式が、日蓮正宗寺院常泉寺で行われた。関根組は現在の広域暴力団松葉会の前身であるとされている。

1936(昭和11)年頃に談合屋の河合徳三郎門下の関根賢が、東京墨田、江東方面の博徒や愚連隊を糾合したのが「関根組」であり、事務所を東京都墨田区向島2丁目に構えた。 戦後の事務所開設には自由党総裁・鳩山一郎の花輪が飾られた。

関根から盃を下ろされた乾児の数は一説に4000人といわれ勢力を誇った関根組も連合国軍総司令部による団体等規正令により解散させられるが、その勢力は占領が終わった後の1953年に松葉会として結集。60年安保闘争前夜から反動団体としての性格を強め、1960年には政治家とヤクザの癒着を批判した毎日新聞社を襲撃。 この頃より傘下の組員の中でも幹部クラスの活動は多岐に渡り、芸能社、右翼団体、株主総会の総会荒らしと悪評を高める。 株主総会の歴史でも恥部とされる「王子製紙」、「近江絹糸」の騒動も彼らの仕業である。

珍しいのは「競売屋」なる職業であり、一時は東京の地方裁判所で不動産物件が競売にふされる会場に素人の人間が入れない有様であった。(競売不成立で安く物件を手に入れるのが目的)

世論の高まりを背景とした警察の取り締まり(第一次頂上作戦)により松葉会は解散。1966年には元会長の藤田卯一郎が急死。旧松葉会傘下の各組は個別に活動を続けていたが、196811月には松友会として再結集の動きを見せる。

以後、1971年には関根の乾児であった佐藤栄助を首魁として松友睦と名称を改め、19734月には やはり関根の乾児であった銀座の菊池徳勝を会長として「松葉会」として復活した。

19942月、東京都公安委員会から指定暴力団に指定された。2003年に4回目の指定(2006年期限) 

 

松葉会の前身である関根組発会式は日蓮正宗常泉寺で行われているが、当時を知る同寺院の檀家の方の話では、組長の関根賢は立派な信仰の人であったと評価している。時の常泉寺住職は40代堀米日淳で、のちに日蓮正宗大石寺65世法主に登座している人だ。

つまり関根組組長・関根賢は日蓮正宗寺院常泉寺の信徒だったのであり、日蓮正宗信徒としての信仰が住職に認められたからこその、寺院での発会式だったということになる。

関根賢の師である東京市参事、大和民労会会長の河合徳三郎も日蓮正宗寺院常泉寺の信徒で、河合の墓も常泉寺の境内にある。

 

日蓮正宗寺院常泉寺とは、1596年(慶長元年)の創建で、当初は天台宗だった。その後身延山の日蓮宗傘下を経て、5代日優の時代に大石寺末寺となり、日蓮正宗となる。江戸時代には徳川家や各大名等の帰依・寄進等を受けた。徳川家より寺領30石を受け、当時は、南は墨田区・源森橋付近より北は現在地までの広大な寺域を擁し、塔中(本行坊・眞光坊等)・末寺もあった。江戸を扱う古地図には必ず常泉寺の名が記されている。現在、6代将軍徳川家宣正室・天英院が奉納した日仙授与の本尊1幅をはじめ種々の宝物を所蔵する、日蓮正宗でもかなり格式の高い古刹寺院である。

43代の住職のうち40代日淳(大石寺65世)、42代日顕(大石寺67世)をはじめ18名が総本山大石寺の法主として登座している。現在の住職は43代・藤本日潤(日蓮正宗重役)である。

(フリー百科事典「ウィキペディア」より抜粋)

常泉寺2 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ