アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:昭和・平成の日蓮正宗批判・創価学会批判の検証 > 元日蓮正宗僧侶・鳥本雄行氏の誤謬を糾す

□鳥本雄行の日蓮正宗離脱から「保田妙本寺札幌談所」・市営団地放火事件逮捕までの真実   2011年11月16日、札幌市手稲区の市営住宅山口団地の10件の不審火火災事件で、建造物等以外放火容疑で逮捕された日蓮正宗元僧侶で、自称「保田妙本寺法縁」を名乗る鳥本雄行なる ...

■検証190・「河辺メモ」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない4   □なぜ阿部日顕の昭和58年虫払い説法を取り上げないのか   1999年に日蓮正宗と対立する創価学会系の新聞・アングラ文書が、「河辺メモ」をセンセーショナルに暴露して、「阿部日顕が戒壇の大 ...

■鳥本雄行(とりもとゆうぎょう・1962~)   元日蓮正宗僧侶・福生寺住職 元日蓮富士門流札幌談所主管   日蓮正宗大石寺67世阿部日顕が現役法主だったときに、一般得度で僧侶の道へ。 僧侶になった後、大石寺で在勤後、教師に昇格。さらに関西地方の寺院に在勤僧侶 ...

■検証189・「河辺メモ」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない3   □元日蓮正宗僧侶・鳥本雄行氏の見解・偽作説は誤りである   河辺メモの内容が真実であるとして、これを「本門戒壇の大御本尊」後世偽作の証拠としてとりあげた代表的な人物としては、元日蓮 ...

■検証188・「河辺メモ」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない2   □2 河辺メモは「本門戒壇の大御本尊」後世偽作の証拠にはならない   ならば、「河辺メモ」は、「本門戒壇の大御本尊」後世偽作の証拠かどうか、ということになりますが、「アンチ日蓮正宗」 ...

■河辺慈篤(かわべじとく・1929~2002)   日蓮正宗の僧侶 徳島・敬台寺住職→東京・妙因寺住職→札幌・日正寺住職→東京・大願寺住職   1929年(昭和4年)11月19日 - 福岡県北九州市門司区で生れる。 1935年(昭和10年) - 大石寺第62世法主・鈴木日恭を師僧とし ...

■河辺メモ(かわべめも)     1999年7月7日、日蓮正宗と対立する創価学会系の新聞・アングラ文書が、日蓮正宗僧侶・河辺慈篤(当時は徳島市・敬台寺住職)が記録したとされるメモを公表した。これは、1978年2月7日、当時、東京常泉寺住職で日蓮正宗宗務院教学部長、後の ...

■検証187・「河辺メモ」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない1   「アンチ日蓮正宗」コミュニティで > hideさんの見識で「河辺メモ」なるものの評価・分析を教えて頂けないでしょうか。 との質問を受けたことがあるので、1999年(平成11年)7月に発覚した「河 ...

↑このページのトップヘ