アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

元日蓮正宗僧侶・鳥本雄行氏の誤謬を糾す

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

「アンチ日蓮正宗」は元日蓮正宗・自称「保田妙本寺法縁」・鳥本雄行氏とは全くの無関係である

□鳥本雄行の日蓮正宗離脱から「保田妙本寺札幌談所」・市営団地放火事件逮捕までの真実

 

20111116日、札幌市手稲区の市営住宅山口団地の10件の不審火火災事件で、建造物等以外放火容疑で逮捕された日蓮正宗元僧侶で、自称「保田妙本寺法縁」を名乗る鳥本雄行なる人物がいたことを、ご記憶の方も多いのではないかと思われる。鳥本雄行(とりもと・ゆうぎょう)なる人物は、逮捕される数年前から、「保田妙本寺法縁」を自称。札幌市手稲区の市営住宅山口団地の自宅に日蓮正宗の元信徒を集めて「保田妙本寺札幌談所」を名乗り、日蓮正宗批判活動を展開していた。そういうことがあるからか、いまだに「アンチ日蓮正宗」と鳥本雄行なる者を関連付けようとする者がいるようなので、ここではっきりと明言しておきたい。

「アンチ日蓮正宗」は元日蓮正宗僧侶・元日蓮正宗福生寺住職・自称「保田妙本寺法縁」・自称「保田妙本寺札幌談所主管」鳥本雄行氏とは全くの無関係である。

ついでに鳥本雄行とはいかなる人物なのか。鳥本雄行の事件とは一体何なのか。簡単に触れておきたい。鳥本雄行とは、日蓮正宗の元僧侶で、大石寺67世阿部日顕が現役法主だったときに、一般得度で僧侶の道へ。日蓮正宗では、小学校卒業の12才で出家得度する少年得度と、年長者が得度する一般得度がある。阿部日顕の徒弟の僧侶の道号に「信○」「正○」とか「雄○」「法○」という名前をつけるようになっているが、「信○」「正○」という道号がついている僧侶は少年得度で、「雄○」「法○」という道号がついている僧侶は、一般得度での得度者である。

鳥本雄行は、僧侶になった後、大石寺で在勤後、教師に昇格。さらに関西地方の寺院に在勤僧侶として在勤後、和歌山県有田市にある日蓮正宗寺院・福生寺の住職に任命されて赴任。ところが平成16(2004)718日、福生寺住職を辞職。その後、日蓮正宗僧侶を自ら辞している。

2008年に北海道網走市の日蓮正宗寺院・得成寺住職・里内信徳氏にまつわる「不行跡」が得成寺信者の通報で宗務院に入り、阿部日顕の長男である阿部信彰庶務部長が得成寺に出向いて里内信徳氏を査問。この時に阿部信彰庶務部長が里内信徳氏を暴行するという事件に発展。

里内信徳氏が阿部庶務部長を刑事告訴するという事態になった。日蓮正宗宗務院は、刑事事件にするのではなく、内々に事を納めようとして里内信徳氏を指導するも、里内信徳氏が聞き入れず、2009年に宗務院は里内信徳氏を住職罷免(ひめん・解任)・擯斥(ひんせき・破門)処分に、暴力事件を起こした阿部信彰庶務部長を謹慎処分とする。

里内信徳氏は擯斥後も寺院に居座り続け、法華講得成寺支部は宗門派と里内派に分裂。

しばらく得成寺は、里内信徳氏と里内派の法華講が活動していたが、突然、里内信徳氏が信者に何も告げずに得成寺から退去して行方不明になってしまう。信者の話では、里内信徳氏は阿部信彰庶務部長の刑事告訴を取り下げるかわりに、宗務院は里内信徳氏の「不行跡」を不問にするという内々の和解を成立させたのではないかと言われている。この里内派の信者の拠点に現れたのが、この鳥本雄行である。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(190)~なぜ阿部日顕の昭和58年虫払い説法を取り上げないのか

■検証190・「河辺メモ」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない4

 

なぜ阿部日顕の昭和58年虫払い説法を取り上げないのか

 

1999年に日蓮正宗と対立する創価学会系の新聞・アングラ文書が、「河辺メモ」をセンセーショナルに暴露して、「阿部日顕が戒壇の大御本尊を否定していた」と日蓮正宗・阿部日顕を非難して以来、日蓮正宗の信者のみならず、元僧侶、元信者の人たちに至るまで、河辺メモのインパクトは相当大きかったようである。

現に、創価学会・法華講を通じて40年以上も大石寺の信仰をつづけてきたと自称する犀角独歩氏が、「河辺メモ」を元にして大石寺の「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊の図形鑑別を発表しているし、数年前まで「アンチ日蓮正宗」のメンバーだった元信者が、私に対して、「河辺メモ」で大石寺の「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊がニセモノであるという認識を持つようになったというメールを送ってきたことがあった。

さらに近年、日蓮正宗の元僧侶で、保田妙本寺法縁の日蓮富士門流札幌談所主管・鳥本雄行氏が、完全に「河辺メモ」に依った「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊の偽作説を発表していたことを見聞すると、日蓮正宗・創価学会関係者の間における「河辺メモ」の存在の大きさを改めて感じる。

しかし存在は大きいとはいえども、はたして「河辺メモ」そのものが、「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠かどうかと言うと、それは検証187188で詳述したとおり、「否」である。「河辺メモ」は、日蓮正宗大石寺法主が自ら「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊を偽作と認める発言をしていたという次元での重み、つまり日蓮正宗大石寺法主自ら、日蓮正宗の公式見解を否定していた、という重みがあるとはいうものの、その重みと、「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠かどうかは別である。

 

こんな「河辺メモ」なるものをここまで熱心に「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が偽作である証拠だとして、とりあげようとするならば、どうして983(昭和58)46日、大石寺御影堂での「霊宝虫払い大法会」御書講の席での阿部日顕の説法を取り上げないのか、という話になる。

検証114でも述べたが、阿部日顕は、日蓮正宗と創価学会が和合路線を歩んでいた「宗創和合時代」の1983(昭和58)46日、大石寺御影堂での「霊宝虫払い大法会」御書講の席で、次のように説法している。

67世日顕8 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(189-1)~解説・鳥本雄行

■鳥本雄行(とりもとゆうぎょう・1962)

 

元日蓮正宗僧侶・福生寺住職

元日蓮富士門流札幌談所主管

鳥本雄行3

 

日蓮正宗大石寺67世阿部日顕が現役法主だったときに、一般得度で僧侶の道へ。

僧侶になった後、大石寺で在勤後、教師に昇格。さらに関西地方の寺院に在勤僧侶として在勤後、和歌山県有田市にある日蓮正宗寺院・福生寺の住職に任命されて赴任。

平成16(2004)718日、福生寺住職を辞職。その後、日蓮正宗僧侶を自ら辞している。

鳥本雄行5

 

2008年に北海道網走市の日蓮正宗寺院・得成寺住職・里内信徳氏にまつわる「不行跡」が得成寺信者の通報で宗務院に入り、阿部日顕の長男である阿部信彰庶務部長が得成寺に出向いて里内信徳氏を査問。この時に阿部信彰庶務部長が里内信徳氏を暴行するという事件に発展。

里内信徳氏が阿部庶務部長を刑事告訴するという事態になった。日蓮正宗宗務院は、刑事事件にするのではなく、内々に事を納めようとして里内信徳氏を指導するも、里内信徳氏が聞き入れず、2009年に宗務院は里内信徳氏を住職罷免(ひめん・解任)・擯斥(ひんせき・破門)処分に、暴力事件を起こした阿部信彰庶務部長を謹慎処分とする。

里内信徳氏は擯斥後も寺院に居座り続け、法華講得成寺支部は宗門派と里内派に分裂。

しばらく得成寺は、里内信徳氏と里内派の法華講が活動していたが、突然、里内信徳氏が信者に何も告げずに、宗務院と和解して得成寺から退去し、行方不明になってしまう。

こうなると里内派の信者は、見事に里内信徳氏に裏切られた形になってしまったわけですが、この里内派の信者の拠点に現れたのが、この鳥本雄行。

鳥本雄行は、「河辺慈篤氏から河辺メモは本物だと聞いている。戒壇の本尊は偽作だ。妙本寺の万年救護の大本尊こそ本物」等々という、いかにも信者が飛びつきそうな話をして、里内派の信者をまとめ上げ、札幌市内の自宅を「日蓮富士門流札幌談所」として2009年にオープンさせ、保田妙本寺の法縁を名乗った。保田妙本寺と札幌談所は本末関係にはないとのこと。本末関係ではないが、鳥本雄行は保田妙本寺52代鎌倉日誠貫首の法縁として認証されたとのことで、札幌談所の信者は、「保田妙本寺信徒」を名乗っていた。

さらに札幌談所公式サイトとして「南無妙庵」を開設。日蓮正宗からの離檀者を受け容れていた。

201111月、札幌市手稲区の市営住宅山口団地の10件の不審火火災事件で、建造物等以外放火容疑で逮捕される。

札幌談所と公式サイト「南無妙庵」は即日閉鎖になる。

 

戒壇大本尊は後世の偽作だ(189)~元日蓮正宗僧侶・鳥本雄行氏の見解・偽作説は誤りである

■検証189・「河辺メモ」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない3

 

□元日蓮正宗僧侶・鳥本雄行氏の見解・偽作説は誤りである

 

河辺メモの内容が真実であるとして、これを「本門戒壇の大御本尊」後世偽作の証拠としてとりあげた代表的な人物としては、元日蓮正宗僧侶・元日蓮富士門流札幌談所主管・鳥本雄行氏と元創価学会員・元日蓮正宗法華講員である犀角独歩氏が有名である。

まずは鳥本雄行氏の見解の検証から。

-------------------------------------------------------------

(元日蓮正宗僧侶・鳥本雄行氏の見解・要旨)

鳥本雄行氏は日蓮正宗僧侶・河辺慈篤氏が札幌の日正寺住職であったとき、そこに所化として在勤していた。

「『戒壇の大御本尊はニセモノである』と、阿部信雄教学部長(後の阿部日顕法主)が確かにあのときに発言したのだ。『河邊メモ』の内容は全て真実である」

「自分(河辺慈篤氏)は創価学会側にこの情報を売った。そのことで創価学会から報酬を得た。」

「この問題が発覚した後には、日蓮正宗側に寝返り、日蓮正宗側を利する発言をした。そのことで優遇された。」「自分はこのような悪業を積んだのだから、畳の上では死ねない。」

と河辺慈篤氏は言っていた。

であるから戒壇の大御本尊は河辺メモの通りに後世の偽作である。

-----------------------------------------------------------------------

鳥本雄行氏は、かつて日蓮富士門流札幌談所主管だったころ、公式サイト「南無妙庵」を運営しており、この「南無妙庵」の記事、並びに日蓮富士門流札幌談所の信者の話を総合して、まとめたものが上記である。

鳥本雄行3

 

一見してわかることは、鳥本雄行氏の「戒壇大本尊・偽作説」は、完全な河辺メモ一辺倒の説であることがわかる。

しかし検証187188で述べたが、「河辺メモ」そのものが、大石寺の「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠とは言えないのである。よって検証187188で、鳥本雄行氏が唱える偽作説は崩壊し、誤った見解であることが明らかになる。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(188)~「河辺メモ」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない2

■検証188・「河辺メモ」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない2

 

2 河辺メモは「本門戒壇の大御本尊」後世偽作の証拠にはならない

 

ならば、「河辺メモ」は、「本門戒壇の大御本尊」後世偽作の証拠かどうか、ということになりますが、「アンチ日蓮正宗」では「河辺メモは『本門戒壇の大御本尊』後世偽作の証拠ではない」という見解です。

したがって、「アンチ日蓮正宗」は「戒壇の大本尊・後世偽作論」に「河辺メモ」を『本門戒壇の大御本尊』後世偽作の証拠として採用していません。

河辺メモ1

 

ではなぜ「河辺メモ」は、「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠にはならないのか。

「河辺メモ」の内容そのものは、日蓮正宗大石寺67世法主・阿部日顕が「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が偽物であると言ったということに尽きるものです。

 

第一に、阿部日顕は、当時、日蓮正宗宗務院教学部長で、その後に法主に登座しましたが、少なくとも「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊の「鑑定人」ではありません。

(鑑定人とは、訴訟などにおいて一定分野の専門的知見に基づき意見を述べる人をいう。公的な立場の人で、日蓮正宗が勝手に自称するものではありません)

「河辺メモ」が「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠になると言うなら、ならば阿部日顕が「本物だ」と言ったら、「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊は、日蓮真造の本物になってしまうのか、という逆説すら成り立ってしまうことになります。

「アンチ日蓮正宗」は、阿部日顕を「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊の「鑑定人」とは認めていませんので、「河辺メモ」はも、「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠とは認めていません。

 

第二に、河辺メモが書かれた当時は、阿部日顕が「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が偽物であると言ったとしても、これが暴露された後に「あれは記録ミスだった」だの「そんなことは言っていない」などと翻しているわけですから、とてもこれを証拠として「戒壇の大本尊・後世偽作論」を進めるわけにはいきません。

 

これが仮に、阿部日顕が「霊宝虫払い大法会」や「御大会」といった大法会の席の説法で言って、「大日蓮」やその他の機関紙にも掲載されているとか、日蓮正宗や阿部日顕が書いた正式出版物に書いてあった、ということなら、証拠として採用できるということです。

大法会の説法や機関紙掲載のもの、正式出版物なら、後になって「そんなことは言っていない」は絶対に通用しません。

しかし河辺メモの場合は、発言者が阿部日顕、筆記者が河辺慈篤で、他に同席した人物もおらず、証人もいない状態では、どうにもなりませんね。これだけでは、証拠として採用するには、あまりにも弱すぎるということです。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ