アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

内藤国夫氏の日蓮正宗・創価学会批判活動を検証

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

「アンチ日蓮正宗」の「政治権力・政治家からの独立路線」は政治活動不要論ではない

□政治権力からの独立路線は19702000年代の創価学会批判の反省を踏まえたもの

 

「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策のひとつに「政治権力からの独立」「政治家からの独立」路線というものがある。これは1970年代から2000年代における創価学会批判活動・カルト宗教批判活動の反省点を踏まえたものであるが、「政治権力からの独立」「政治家からの独立」路線とは、「アンチ日蓮正宗」をはじめとする日蓮正宗・創価学会・顕正会等の「日蓮正宗系」批判、カルト宗教批判は、政治活動は一切不要だとの政治活動不要論を唱えたものではない。「政治権力からの独立」「政治家からの独立」路線とは、政治や政治家、国会議員、地方首長、地方議会議員とは一切関わらないという意味でもない。政治活動を行うことや政治家への働きかけを行うことと、「政治権力からの独立」「政治家からの独立」とは全く別次元の話しである。ここは間違えないでいただきたいものである。では1970年代から2000年代における創価学会批判活動・カルト宗教批判活動の反省点を踏まえるとはどういうことなのか。

かつて創価学会批判を展開する四月会、憲法20条を考える会、政治と宗教を考える会、政教分離を考える会等、さまざまな団体、政治団体があった。四月会も憲法20条を考える会も、当初は積極的に創価学会批判、政教一致批判を展開し、自民党議員を中心に1995年の宗教法人法改正問題が国会で議論された時、池田大作・国会参考人招致を盛んに盛り上げていた。しかし池田大作・参考人招致は実現せず、かわって秋谷栄之助会長の参考人招致で終わった。

この当時はたしかに自民党は、積極的に創価学会批判、政教一致批判を行っていた。なぜ創価学会批判を積極的に行っていたのかというと、1993(平成5)年の細川護煕連立内閣の成立で、自民党が野党に転落して、公明党が与党入りしたこと。1995(平成7)年のオウム真理教・地下鉄サリン事件をはじめ数々の凶悪犯罪で、宗教団体や宗教法人法に対する世間の風当たりが強くなったこと。かつてオウム真理教が政界進出を試みたことがあったことから、創価学会の政治進出にも批判の矛先が向けられたこと。こういった裏事情があった。

しかし自民党は政権与党に復帰したものの、結局は池田大作・参考人招致を実現できず終い。1998(平成10)年・参議院選挙で自民党の惨敗で衆参ねじれ現象が生まれたことから、自民党は小沢一郎自由党と連立。さらに1999年に公明党と連立する自公連立が今日までつづいている。

自民党と公明党が連立内閣を組んだことで、四月会も憲法20条を考える会も実質的に瓦解。自民党議員を中心に盛り上がってきていた創価学会批判は、ここに実質的に終焉を迎えた。もちろん白川勝彦氏らは、自公連立に反対して自民党を離党しているが、1999年の自公連立の成立で、自民党主導の創価学会批判はここに終焉を迎えたのである。

仮に現在の自公連立が解消して自民党が創価学会批判をはじめても、また参議院で与党議員の数が過半数に届かないということになると、また自公連立復活と言うことになる。そうなればまた自民党主導の創価学会批判は破綻する。もちろん、自民党からすれば、「参議院で与党議員の数が過半数に届かないのだから、公明党に協力してもらわなければ、政治が前に進まない」という事情はあるが、しかしこれは公明党が国会で議席を持っている限り、半永久的に起こりえることだ。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(131)~宗創和合時代に創価学会員の犯罪における日蓮正宗の責任に言及していた内藤国夫氏2

■宗創和合時代に創価学会員の犯罪における日蓮正宗の責任に言及していた内藤国夫氏2

 

創価学会問題を追及していく中で、その親元、本家本元の日蓮正宗の問題に言及することは必須である。創価学会の源流は日蓮正宗であり、創価学会の信仰そのものは、日蓮正宗の信仰である。創価学会は日蓮正宗から派生した団体であり、日蓮正宗も太平洋戦争の戦前・戦後にかけて中野歓喜寮主管(後の大石寺65)堀米日淳や、東京常在寺住職(後の大石寺66)細井日達らが、積極的に創価学会の育成に関わった史実は、あまり知られていない。

堀米日淳は、太平洋戦争後、戸田城聖の要請によって東京・神田の創価学会本部にて、「百六箇抄」「本因妙抄」「御義口伝」等の講義を行っている。又、堀米日淳が東京・常泉寺住職になった後、常泉寺本堂で戸田城聖の第二代会長就任式が行われている。

細井日達は、戸田城聖の菩提寺・常在寺住職として、創価学会の座談会・質問会等の会場に常在寺本堂を積極的に提供。細井日達は、小樽問答の他、戸田城聖の地方指導にも何度も同行している。大石寺64世水谷日昇法主の代に創価学会の折伏大進撃がはじまったのだが、堀米日淳は総監、重役として、細井日達は庶務部長、総監として、宗務院中枢を牛耳っており、徹底的に創価学会をサポートした。創価学会の宗教法人取得を支持したのも堀米日淳、細井日達であり、「狸祭り事件」で創価学会・戸田城聖を擁護したのも堀米日淳、細井日達のコンビ。

1979(昭和54)年まで、毎年行われていた創価学会本部総会には、大石寺法主から宗門首脳が必ず列席して、創価学会を絶賛し宣揚・擁護する特別講演を行っていた。

創価学会が信徒数を激増させた「折伏大進撃」の時代は、まさに大石寺64世日昇、65世日淳、66世日達の時代のことで、創価学会の800万信徒、大客殿、正本堂、数百ヶ寺建立寄進は、日蓮正宗と創価学会がまさに二人三脚のようにして達成したものである。

創価学会は199111月に日蓮正宗から破門され、19928月に池田大作が信徒除名になった。そして199711月に、創価学会員全員が日蓮正宗信徒の資格喪失になった。

それでも創価学会の信仰そのものは、日蓮正宗の信仰とほとんど同じで、日蓮正宗の信仰のパクリというべきもの。依然として創価学会は、「日蓮正宗系」であることに変わりがない。

したがって、創価学会問題を検証していく上で、日蓮正宗問題に言及しないで検証して行っても、それは「画竜点睛を欠く」ものになってしまう。否、それ以上に、著しく的外れになったものに終わってしまうだろう。

創価学会を批判する論調は、それこそ宗創和合時代の「折伏大進撃」のころからあったが、日蓮正宗の問題に言及せずに、創価学会だけに限った批判は昔からあった。しかしそういう宗創和合時代の頃に、創価学会批判の論陣を張っていた内藤国夫氏が、日蓮正宗の問題に言及していたことは、高く評価されてしかるべきではないかと思う。

諸君1 

(1982(昭和57)9月号『諸君』の「月報 創価学会問題その9)

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(130)~宗創和合時代に創価学会員の犯罪における日蓮正宗の責任に言及していた内藤国夫氏

■宗創和合時代に創価学会員の犯罪における日蓮正宗の責任に言及していた内藤国夫氏

 

1982(昭和57)74日に起こった佐賀県武雄市の日蓮正宗深遠寺での創価学会員による五人殺傷事件の容疑者の動機について、内藤国夫氏は、「創価学会に入れば、カネ儲けをはじめ、いいことがいっぱいあると騙されて入会したところが、入会してもさっぱりいいことがない。カネをとられるばかりで、創価学会の説く“御利益”がまったくない、とわかって創価学会に恨みを持つようになった」ことだと分析する。そうするとこの事件は、日蓮正宗・創価学会の信仰の本質に関わる問題ということになり、ここから犯罪が生まれた、というのは、ただ事ではない。

そうするとこの事件は、単に創価学会員の犯罪ということに、とどまらず、日蓮正宗の信仰における問題点が浮上することになり、当然、日蓮正宗の責任が問われる。この点について、内藤国夫氏は、月刊誌「諸君」の「月報 創価学会問題」において、次のように言及している。

「一見、通り魔的犯行に誤解されがちな五人殺傷事件は、マンモス教団の間違った折伏のひずみが露呈したものだけに、その動機や背後関係を徹底解明する社会的意義と必要性があったのではなかろうか。

われわれ非信仰者には、理解を超える問題が、信仰者レベルでみると、『御本尊』の安置されている寺院で、このような悲惨な事件が生じることこそ、宗門・日蓮正宗の誤った姿勢の現れであり、一日も早く日蓮正宗が本来の姿勢に戻らないと、まだまだ同様の惨事が続発するだろうと憂える声が強い。

『すべて仏法は体であり、その体が曲がっているから、影も斜めに映る。日蓮大聖人の憂国の情も、そこから始まっているのであり、ために仏法の体を正して、斜めの影を救済しようと“立正安国論”を世に問うた。その原点にいま立ち戻る必要がある』というのだ。筆者のもとには、毎号の『月報』の都度、多数の読者からの、さまざまな情報や提案、感想が寄せられる。最近配達された手紙の中に、こんなのがあった。

『昭和五十四年頃から創価学会員の家庭に、指のない赤ちゃんが生まれてきたり、顔に青いアザのある子が生まれたり、身体障害だったりと、ものすごく不思議な現象が起きてきているのです。こういうことは全国的に生じているようで、お調べのうえ、月報で是非レポートしてくださるようお願いします』

調べろ、といっても簡単には調べようがない問題だ。調べないで済むよう、曲がっている『体』の姿勢を正すよう、日蓮正宗と創価学会に願わずにいられない」

(1982(昭和57)9月号『諸君』の「月報 創価学会問題その9p158)

諸君1 

(1982(昭和57)9月号『諸君』の「月報 創価学会問題その9)

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(126)~「『反創価学会』は政治家主導・権力迎合では失敗する」は過去の歴史の教訓である

■創価学会批判・池田大作批判の先駆者の一人・ジャーナリスト・内藤国夫氏の活動を検証する3

 

内藤国夫氏は、「公明党の素顔」「崩壊する創価学会」「月報 創価学会問題」「創価学会・公明党スキャンダル・ウォッチング - これでもあなたは信じますか」等の執筆、「創価学会による被害者の会」なる団体活動の支援等の他に、さまざまな創価学会批判活動を行っていた。

「四月会」の常任幹事として、あるいは「民主政治を考える会」代表世話人として、創価学会批判を展開。特に創価学会と公明党、創価学会と新進党の政教一致問題を批判した。1995(平成7)年から1996(平成8)年にかけて1億枚とも言われる大量の創価学会批判のビラを作成。私も「民主政治を考える会」作成の創価学会批判ビラを大量購入して、戸別配布活動を行った。

月刊誌「諸君」19958月号で内藤国夫氏は、創価学会に関し「政界に進出し、国家権力と結びつく、また結びつこうとする権力志向、権力依存の宗教団体は邪教だということだ。オウムよりはるかに始末が悪い」と述べている。

四月会(しがつかい)とは、創価学会と細川連立政権下の公明党及び新進党に批判的な宗教団体や有識者の集まり。正式名称は「信教と精神性の尊厳と自由を確立する各界懇話会」。一般的に「四月会」と呼ばれた。1994(平成6)5月に結成。母体になったのは、自民党の「憲法20条を考える会」。1999年の自自公連立政権成立から存在意義を失い、2001年に解散した。

顧問 は勝部真長(お茶の水女子大学名誉教授)、秦野章(元法相)、藤原弘達(評論家)の3名。

代表幹事 は俵孝太郎(評論家)。この人が代表者であった。

常任幹事(団体)は、IIC(霊友会外郭団体)、真言宗金毘羅尊流、新生仏教教団、神道政治連盟(神社本庁) 仏所護念会教団 立正佼成会平和研究所の6団体。常任幹事(個人)は、北野弘久(日本大学教授)、小堀桂一郎(明星大学教授)、佐藤誠三郎(慶應義塾大学教授) 坂本尭(聖マリアンナ医科大学名誉教授) 内藤国夫(ライター) 西部邁(評論家) 黛敏郎(作曲家) 丸山照雄(日蓮宗僧侶、宗教評論家)の8名。代表幹事の中に内藤国夫氏の名前がある。

個人会員の中に日蓮正宗寺院住職や法華講員がいる。

「憲法20条を考える会」とは、19942月に結成された自由民主党内の勉強会。細川連立内閣と創価学会の関係を政教一致であると批判するために結成された。自自公連立政権の発足とともに自然に解消。

顧問は、原田憲、塩川正十郎、綿貫民輔、中尾栄一、石原慎太郎、水野清、中山正暉、中山太郎、塚原俊平、大河原太一郎、井上裕、佐々木満、村上正邦。

会長は初代会長が亀井静香、二代会長が白川勝彦。亀井静香の入閣に伴い、白川に会長交代。

会長代行が田沢智治。副代表が村岡兼造、佐藤信二、玉沢徳一郎、与謝野馨、麻生太郎、桜井新、高村正彦、平沼赳夫、中馬弘毅、白川勝彦、宮崎秀樹、下稲葉耕吉。

幹事長が島村宜伸。 事務局長が額賀福志郎。事務局は自見庄三郎、尾身幸次、村上誠一郎、衛藤晟一、石原伸晃、安倍晋三、成瀬守重、尾辻秀久、西田吉宏。

幹事が亀井善之、野中広務、大島理森、町村信孝、木村義雄、武部勤、谷津義男、長勢甚遠、松岡利勝、森英介、野田実、藤井孝男、松浦功。

自民党の大物議員の名前がズラリと並んでいる。

自民党本部1 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(124)~創価学会批判・池田大作批判の先駆者の一人・ジャーナリスト・内藤国夫氏の活動を検証する

■創価学会批判・池田大作批判の先駆者の一人・ジャーナリスト・内藤国夫氏の活動を検証する

 

私も、福寿荘(仮名)での狂気の騒乱の数々、溝口工務店(仮名)や喫茶店・コンパウンド(仮名)、出刃亀四兄弟(仮名)が経営する同期電設(仮名)等々での創価学会員たちの非常識な振る舞いによる被害を受ける中で、日蓮正宗寺院等への寺跡調査とともに、もちろん反創価学会、反池田大作のジャーナリズム、週刊誌、著書等々をけっこう読みあさった。昭和50年代、60年代、さらには平成10年ころまでは、反創価学会、反池田大作のジャーナリズムがかなり元気な時代であり、あの当時は、週刊文春、週刊新潮、週刊実話が毎週のように創価学会批判の記事を執筆。

大型書店の宗教コーナーに行くと、だいたいどこも創価学会批判の書籍がズラリと並んでいた。

あの当時、さかんに創価学会批判・池田大作批判の論陣を張っていた創価学会批判のパイオニア的ジャーナリストの一人に、元毎日新聞記者・内藤国夫氏がいる。

もともと内藤国夫氏が創価学会問題に取り組んだ契機は、毎日新聞の記者時代だった1969(昭和44)年に内藤国夫氏が著書「公明党の素顔」を出版した時に、創価学会・公明党の最高幹部から卑劣な言論出版妨害を受けたことだった。

以来、約30年にわたり内藤国夫氏は創価学会・公明党問題に取り組み、毎日新聞退社後も1980年には「崩壊する創価学会」、1989年には創価学会本部最高幹部の言動を記した「創価学会・公明党スキャンダル・ウォッチング - これでもあなたは信じますか」という著書を出版。

さらに1980年代から内藤国夫氏は、月刊誌「諸君」に、創価学会批判コラム「月報・創価学会問題」を毎月執筆。1980年 月刊「現代」4月号に池田大作創価学会名誉会長へのインタビューを掲載している。つまり創価学会最高支配者・池田大作氏は、創価学会問題の著書を出版しているジャーナリスト・内藤国夫氏と直接面会し、インタビューに応じているのである。

内藤国夫氏は、1980年代の頃は、正信会や山崎正友氏、原島嵩氏らと行動をともにすることが多く、正信会系全国檀徒新聞「継命」にも、頻繁に登場している。あの当時の「継命」の創価学会批判記事の主筆ライターの一人が、原島嵩氏であった。

こういったこと等からして、1980年代のころの内藤国夫氏の創価学会批判記事の情報源は、正信会や全国檀徒新聞「継命」、山崎正友氏、原島嵩氏らだったと思われる。

内藤国夫氏は、1980年代の「継命」に、頻繁に登場しているが、内藤国夫氏自身は、「継命」に、自分の立場は中立であり、無宗教であると言っている。

内藤国夫氏の執筆記事、著書の内容は、創価学会幹部の言動や創価学会員の社会的事件、不祥事、創価学会と公明党の政教一致問題を取り上げたものが多かった。内藤国夫氏は、1990年代に入ってからは、「政治と宗教を考える会」「憲法20条を考える会」「四月会」等を通じて、戸別配布用の創価学会批判ビラを作成している。

公明党の素顔1 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ