アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗離檀・創価学会・顕正会脱会

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています

□過去の事例等を総合的に勘案して「様子見期間」を基本的に5年間とさせていただきます

 

「アンチ日蓮正宗」には、「日蓮正宗系」団体を離檀・離宗・脱会された後、天台宗、日蓮宗、法華宗等の伝統仏教、立正佼成会等の新宗教に入られた方、一切の宗教と決別されて無宗教になられた方、自身の所属宗派を明らかにしない方、あるいは富士門流執着軍団に入った方、富士門流執着軍団とも決別された方等々、さまざまな方々が接触を求めてこられます。これは今まで、公には敢えて公表してこなかったことですが、「アンチ日蓮正宗」として「日蓮正宗系」団体を離檀・離宗・脱会された方、富士門流執着軍団とも決別された方に対する対応を、下記のように統一させていただいております。

 

□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、「富士門流執着軍団」との決別・脱会確認後から起算して最低5年間は『様子見期間』とさせていただきます

 

「様子見期間」は最低5年であり、人によっては「様子見期間」が7年とか10年に延長させていただく場合もあります。「様子見期間」の起算は、あくまでも「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会、「富士門流執着軍団」との決別・脱会を「アンチ日蓮正宗」として確認できた日を以て起算します。したがって、「オレは日蓮正宗をやめた」「オレは創価学会を脱会した」「顕正会をやめた」ということを、インターネット上の掲示板等に書き込むこと、メールを送信してくること等は、あくまでも「自称」ですから、確認したことにはなりません。

それから創価学会脱会→法華講に入る、創価学会脱会→顕正会に入る、顕正会脱会→法華講に入る、正信会を離檀→顕正会に入る、法華講に入る、創価学会脱会→富士門流執着軍団に入る、日蓮正宗離宗→富士門流執着軍団に入る等々のケースは、「日蓮正宗系」団体のカルトサーフィンにすぎず、「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会ではありません。

「アンチ日蓮正宗」で言うところの「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会、「富士門流執着軍団」との決別・脱会とは、「日蓮正宗系」を離檀・離宗・脱会、「富士門流執着軍団」との決別して、無宗教になった人、天台宗、日蓮宗、法華宗等の伝統仏教、数百年、数千年来の伝統宗教、立正佼成会等の新宗教に入られた人を指します。創価学会→法華講→富士門流執着軍団、創価学会→富士門流執着軍団等のケースは、富士門流執着軍団との決別・脱会の確認が、「様子見期間」の起算になります。又、創価学会→無宗教→法華講、創価学会→富士門流執着軍団→法華講というケースも近年、見られるところですが、これらのケースも「日蓮正宗系」団体のカルトサーフィンをしているものと見なします。一旦、無宗教になった時点で、「様子見期間」の起算には入りますが、その後、法華講に入る、創価学会に入る、富士門流執着軍団に入るということが判明した時点で、「様子見期間」を取り消し、「日蓮正宗系」団体のカルトサーフィンをしているものと見なします。

又、「アンチ日蓮正宗には賛成だが、まだ『日蓮正宗系』を離檀・離宗・脱会していません。『日蓮正宗系』の信仰活動もしていません」という人の場合も、「日蓮正宗系」からの離檀・離宗・脱会が確認されていませんので、「様子見期間」の起算にも入っていません

 

続きを読む

日蓮正宗をやめること・脱退することは「離檀」「離宗」というのであって「脱講」とは言わない

□「離檀」「離宗」の語句は日蓮正宗をやめる意味の語句として日蓮正宗が宗規の中で認めている

 

「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」で、「日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式」「日蓮正宗からの離檀届」をUPしたところ、「日蓮正宗をやめることは『脱講』と言うのではないか」などという、かなり見当外れなことを書いている者をインターネット上に発見した。

もともと日蓮正宗の信者が日蓮正宗をやめること、日蓮正宗の信者が日蓮正宗から脱退することは「離檀」「離宗」というのであって、昭和の時代から、日蓮正宗をやめることを希望する人は、所属寺院に「離檀届け」という名の書類を提出していた。

また日蓮正宗の「宗規」でも、

「第二百二十三条 檀信徒は、死亡したとき、又は次の各号の一に該当したときは、その資格を喪失し、除籍される。

 一 自ら離檀又は離宗を申し出たとき。

 二 本宗以外の宗教団体に所属したとき。

 三 第二百四十六条の規定により除名されたとき。

2 住職又は主管は、所属の檀信徒が本宗の信仰を失い、退転したことが明白に認められる場合は、総監の承認を得て、その者を除籍することができる。」

と定めており、日蓮正宗の信者が日蓮正宗をやめること、日蓮正宗の信者が日蓮正宗から脱退することは「離檀」「離宗」ということを認めている。

そもそも日蓮正宗・大石寺門流をはじめとする江戸時代以前から存在する伝統仏教宗派・門流では、徳川幕府の宗教政策「宗門改」で、日本人のほぼ全員がどこかの伝統仏教寺院に所属する「所属宗派」「所属寺院」になった。つまり寺院の檀家になったわけで、よって古来から、伝統仏教宗派・門流の信者・信徒のことを、檀家、檀徒、門徒と呼ぶ慣習がある。かつては日蓮正宗でも「信徒」「檀家」「檀徒」を総称して「檀信徒」と呼んでいた時期があった。よって「檀家であることを離れる」という意味で、信徒をやめること、信者をやめることを「離檀」と称していたと考えられる。

したがって日蓮正宗でも、日蓮正宗の信者が日蓮正宗をやめること、日蓮正宗の信者が日蓮正宗から脱退することを宗規で「離檀」「離宗」という言葉を使って「公認」していることからしても、日蓮正宗をやめることを希望する人が、日蓮正宗宗務院ないしは所属寺院に送達する書類の名は「離檀届け」「離宗届け」または「離檀宣告書」「離宗宣告書」とするのが、最もふさわしいと言えよう。ただし、書類の名前は、絶対に「離檀届け」「離宗届け」「離檀宣告書」「離宗宣告書」にしなければならないというわけではない。「日蓮正宗をやめる」又は「日蓮正宗から脱退する」という意志がはっきりと表示されている文章が書いてあれば、表題は「脱会届」等の名前でもOKである。

 

続きを読む

「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁(11)~日蓮正宗系の「カネ、カネ、カネ」の強引な金集め体質に嫌気がさしてやめる

□財務、広布基金、書籍・新聞等の複数部購入の「カネ、カネ、カネ」体質にまみれた創価学会

 

日蓮正宗寺院住職・僧侶、法華講、創価学会、顕正会、正信会等の信者の非常識な振る舞いに嫌気がさしてやめるパターンは、他にもある。近年、特に顕著に顕れているのが、大石寺法主、日蓮正宗首脳、日蓮正宗寺院の「カネ、カネ、カネ」の強引な金集め体質に嫌気がさしてやめるパターンである。これは法華講員のパターンであるが、法華講員の大半は創価学会を脱会して法華講に入った人たちであり、法華講に入る以前、創価学会ですさまじいばかりのカネ集め体質を見てきていて、すでに嫌気がさしている。創価学会の広布基金や財務のカネ集めの凄まじさは、今さら言うまでもない。創価学会の巨大会館の勤行会にでも足を運べば、広布基金の名目でカネ集めがある。会館入り口脇には、カネを受け取る婦人部、女子部信徒がズラリと並び、会館にやって来た信者は、白い紙の包みにお札を入れて差し出す。これは会館で頻繁に行われている創価学会のカネ集めのパターンである。さらに1年に1回、ないしは複数回の財務のカネ集めを行う。日本がバブル景気だった時代は、創価学会は20003000億円もの大金を信者から集めていたとマスコミに報道されていた。人口約231万人の新潟県の県税収入が2260億円なので、創価学会の集金力は、新潟県の県税収入に匹敵する。財務の募金では、創価学会は組織を挙げて会員からカネ集めをしようと号令をかける。「たとえ1万円でも2万円でも」と指導するのだが、1万円や2万円でOKなのは一般の末端会員の話し。地区幹部で1050万円、支部幹部なら50100万円は当たり前だとされた。毎年のように数百万円、数千万円のカネを差し出した信徒もいた。一家4人・親子で暮らす家庭にとって、あのバブル景気の時代でも、1050万円というカネを差し出すことは、大きな負担だった。さらにこの他に毎日、創価学会員が購読する聖教新聞、月1回刊行の大白蓮華。11部というのは一般の末端会員の話しで、幹部になれば510部の大量購読は当たり前。なぜこんなに購読するのかというと、折伏や公明党支援のターゲットにしている家庭のポストに、聖教新聞を投函するためである。さらに小学生、中学生、高校生が購読する新聞があり、青年部信徒が購読する創価新報があり、さらに公明新聞、SGIグラフ、第三文明、潮等の出版物がある。さらに池田大作の著書、小説人間革命、若き日の日記、私の履歴書等々から御書講義、池田大作全集等まで買って読めと創価学会では指導しているので、創価学会幹部は購入せざるをえない。さらに創価学会では、1980年代のころから、全国各地に巨大墓園を造成して、創価学会員に「墓を買え」と指導。墓とは一家に1基あればいいのだが、何と2基、3基も買った創価学会員がいる。これも家計にとっては重い経済負担になる。さらに新しい会館を建設する時には特別財務を実施して募金し、本尊が下付されれば仏壇から仏具一式を新調し、創価学会に供養金を出さなくてはならない。1990年代後半から創価学会が下付する本尊を受けると、大石寺が下付した形木本尊よりもひとまわり大きいので、仏壇を買い換えなくてはならないのである。創価学会では日蓮遺文(御書)の一節である「蔵の財よりも身の財、身の財よりも心の財」を引用して「蔵の財(カネ)を持っていてもしょうがないからカネを出せ」などと、悪質な指導する。

 

続きを読む

「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁(10)~「日蓮正宗系」団体の折伏の指導性が嫌でやめる

□「日蓮正宗も創価学会も同じカルト宗教」「もう日蓮も宗教はこりごり」と言って無宗教になった人

 

創価学会、顕正会、法華講等の「日蓮正宗系」団体の折伏・布教活動が嫌で離檀・脱会する人がいる一方で、「日蓮正宗系」団体の折伏・布教活動に熱心に取り組んできた人が、折伏・布教活動の指導性や信者の折伏・布教活動の振る舞いに嫌気が差して、離檀・脱会する人も続出している。創価学会でも顕正会でも法華講でも、折伏は相手が完全に納得してから成果にするだの、支部総会や座談会に何度も出た人に本尊下付するだの、社会で実証を示して信頼される人になることが先決だの、195070年代の創価学会の「折伏大進撃」は、信徒数増加だけを追い求めた折伏だから、折伏の数よりも信徒育成の内容が大事だのと、表向きはきれい事ばかりを並べている。

創価学会も日蓮正宗・法華講も顕正会も、これらの『きれい事』は、世間からの批判をかわすための『仮面』にすぎない。ところが、人柄が真面目な信徒は、これら表向きの『きれい事』の指導・『仮面』指導を真正面から受け止め、真面目に取り組もうとする。まずは仕事を一生懸命取り組んで、実証を示そうとか、あるいは折伏に真面目に取り組んで、新たに「日蓮正宗系」団体に入信した人を、一生懸命に面倒を見ようと取り組む。そして自分自身が模範的な信徒になろうと努力しつづけて、そのうちに『自分の一生は大石寺に捧げてもいい』とか『池田大作に捧げてもいい』とか、そこまで考えて信仰活動に取り組むようになる。つまり自分で信仰活動の『理想像』を描いているわけだが、ところが現実の信仰活動の姿は全くちがう。創価学会でも日蓮正宗・法華講でも顕正会でも、組織活動の中を要領よく泳ぎ回るのがうまい信徒は、実に要領よく泳ぎ回る。こうした組織活動の中を要領よく泳ぎ回るのがうまい信徒は、両親が創価学会幹部ないしは法華講役員で、生まれたときから創価学会員ないしは法華講員として育った人が大半。折伏でも、さも大活躍しているようなふりをして、折伏した相手が入信していないのに「入信決意をした」と言って、布教実績の中に入れてしまい、組織の中の役職がどんどんエスカレーター式に上がって行く。

選挙戦になれば、要領のいい創価学会員はデタラメな水増しのF数を幹部に報告。そして幹部の覚えがめでたくなり、上の幹部へどんどん出世していく。どれだけデタラメなことをやるのかというと、F取り数を10倍、20倍に膨張させて報告したり、あるいは職場の労働組合事務所に挨拶に行って、組合員数百人分のFを取りましただのとデタラメ報告をする。あの当時、社会党支持とか民社党支持で固定化されていた労働組合の事務所に挨拶に行っただけで、そこの組合員全員が公明党に投票するわけがない。こんな露骨なデタラメ活動を平気でやっている要領のいい創価学会員。こういう姿に、真面目に折伏やF取り活動を行っている創価学会員が嫌気がさしてしまう。

あるいは聖教新聞を2部以上、あるいは10部以上も定期購読している創価学会幹部がいる。これは創価学会上部組織から、聖教新聞セールス目標に追い立てられ、実際には購読していない人を、購読しているかのように水増しして報告。その水増し分を自分で購読しているというわけである。こんなデタラメ活動が長続きするわけがない。

 

続きを読む

「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁(9)~「日蓮正宗系」団体の折伏・布教活動が嫌でやめる2

□創価学会の折伏・布教活動が嫌で脱会し日蓮正宗寺院の信徒になった夫婦のケース

 

創価学会、法華講、顕正会等の「日蓮正宗系」団体をやめる動機として、「日蓮正宗系」団体の強引・過激な折伏・布教活動が嫌でやめる三番目のケースとして、ここに紹介するのは、夫婦・子ども3人の5人家族で、さらに夫婦の両親である老父母もいる家庭。もちろん最初は、夫婦・子ども3人から老父母も全員が創価学会員だった。夫婦のうち、夫も夫人も子どもの頃から創価学会員として育った人。夫の両親である老父母は、創価学会の「折伏大進撃」の時代からの古参会員。夫はこの両親のもとで、幼い頃から創価学会の庭で育てられ、創価学会女子部幹部だった夫人と結婚し、子どもができた。しかし夫は、子どもの頃から創価学会員として育ったが、折伏とか、聖教新聞のセールスとか、公明党支援のF取り活動といった布教活動が大の苦手。折伏や法論が特異で、相手を論破するタイプの性格ではなく、きわめておとなしく、おっとりした人柄の人。そういう人柄だったせいか、夫は男子部時代は、周囲の創価学会幹部に期待されながらも、当人は折伏等の布教活動を嫌って、創価学会活動にはまことに消極的だった。夫は社会人になってから一貫して郵便局に勤務していたが、時折、郵便局の簡易保険のセールスはしていたというものの、どちらかというと総務畑一本の道を歩んでおり、セールスとか営業は大の苦手。この夫は、創価学会活動には消極的だったが、「折伏大進撃」の時代からの古参会員である両親の世話で、創価学会女子部幹部だった夫人と結婚した。ところがこの夫人のほうも、両親が創価学会員で、子どもの頃から創価学会員として育てられてきたが、布教活動が苦手。女子部時代は将来を嘱望されて、折伏や布教活動に励んではみたものの、思うような成果が挙げられなかった。はからずしも結果として、この夫婦は、折伏・布教活動が苦手な男女のカップルによる結婚になった。しかしそうは言っても、夫婦の両親が両方とも創価学会員、夫婦もそろって創価学会員ということになれば、壮年部、婦人部に入っても将来を期待される。それで壮年部、婦人部に入ってからも夫婦は、創価学会のブロック幹部になり、地区幹部になった。個人の折伏成果は、親族の一人住まいや結婚による分世帯でも成果に数えられるが、地区の折伏目標達成となれば、分世帯だけで達成はできない。創価学会地域組織直属の支部長や本部長らは、「折伏成果を出せ」とばかりに、夫婦にものすごいプレッシャーをかける。ところが折伏目標は達成されず、夫婦は創価学会幹部による「総括」の餌食になってしまう。「総括」とは、創価学会幹部の言葉による「いじめ」か「リンチ」に近いものなのだが、かくして夫婦が創価学会幹部の「総括」の餌食になることが何度もつづいた。折伏ができないと「総括」されてしまうことは、夫婦とも子どもの頃からよく知っており、特に夫のほうが「折伏ができないと、とっちめられる」という奇妙な被害者意識があった。ところが目標未達成がつづく中、ついにこの夫婦がプッつん、ブチぎれて創価学会を脱会。近隣の日蓮正宗寺院に足を運んで、その寺院の信徒になった。ところが夫婦と子ども3人の5人はそろって創価学会を脱会したが、老夫婦は退会せず、そののの創価学会に残った。ところが行った先の日蓮正宗寺院の法華講員からは、「なぜ両親が創価学会員のままなのか」という点をさんざん突かれて嫌気がさし、この夫婦は数年後、日蓮正宗寺院からも離檀した。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ