アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗・創価学会・顕正会等からの脱出・蘇生

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮宗の「日蓮正宗系」「創価学会系」教学批判は一般世間・脱退者のニーズに合致していない

□日蓮宗内部の教学研究は評価されるが一般世間や脱退者のニーズには合致していない

 

「「アンチ日蓮正宗」の日蓮正宗系教学批判と日蓮宗の日蓮正宗系教学批判は全く構造が異なる」ことを論じたところ、大きな反響があった。端的に言うと、日蓮宗の「日蓮正宗系」「創価学会系」教学批判----これは過去に出た日蓮宗宗務院刊行の「日蓮正宗・創価学会批判」のみにとどまらず、安永弁哲氏「板本尊偽作論」、宮崎英修氏、早坂鳳城氏らの論文、東佑介氏らの発表を含めた日蓮宗現代宗教研究所の教学研究発表大会で発表される論文等々、これらにおしなべて共通しているのは、大石寺「戒壇の大本尊」「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「本尊七箇相承」等々が日蓮の真筆なのか、偽作なのか、という点に焦点が当てられ、「コレは偽作だ」で結論を下し、これで終わってしまっているということである。これらの研究論文は、日蓮宗内部では評価が高いものが多いことは承知しているが、しかしながら一般世間や「日蓮正宗系」「創価学会系」カルト教団脱退者のニーズに合致していない。なぜなら、日蓮宗内部の「日蓮正宗系」「創価学会系」教学批判は、「日蓮正宗系」「創価学会系」教学批判を主眼に置いたものではなく、あくまでも日蓮宗内部の教学研究、学問研究を主眼に置いたものだからである。日蓮宗内部の教学研究、学問研究ということは、例えば、立正大学等では「日蓮遺文全集」等の出版事業を行っている。「日蓮遺文全集」というからには、まかり間違っても偽書を「真書」として載せるわけにはいかない。数百万檀信徒がいる日蓮宗が公式に刊行する「日蓮遺文全集」に、偽書を「真書」として載せてしまったら、日蓮宗教学の権威は失墜してしまう。日蓮遺文(御書)については、日蓮宗のみならず、多方面で真書・偽書の検証・研究が行われているが、現在のところ、「日蓮遺文(御書)」と称される全ての文書について、日蓮真書か偽書かの結論が出ているわけではない。日蓮真書か偽書か判定が決していない「真偽未決」と称される文書も多々ある他、日蓮を宗祖とする宗派の中で、日蓮真書、偽書、真偽未決の見解が分かれている文書もある。また、「日蓮遺文(御書)」と称される文書のみならず、「日蓮曼荼羅本尊」と称される大曼荼羅本尊についても、真書・偽書の検証・研究が行われている。かつて立正安国会が「日蓮曼荼羅本尊」と称される大曼荼羅本尊の中で、「日蓮真筆」と鑑定した大曼荼羅本尊の写真集「日蓮真筆御本尊集」を出版したことは、あまりにも有名である。大曼荼羅についても、その全てについて日蓮真書か偽書かの結論が出ているわけではないし、日蓮を宗祖とする宗派の中で、日蓮真書、偽書、真偽未決の見解が分かれているものがある。例えば日蓮正宗総本山大石寺の「戒壇の大本尊」「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「本因妙抄」「本尊七箇相承」「本尊三度相伝」は、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」は日蓮真筆だとしているが、日蓮正宗系以外の他宗派は「偽作」と判定している。日蓮本宗本山要法寺「称徳符法の大本尊」は、日蓮本宗は日蓮真筆だとしているが、他宗派は「偽作」と判定している。

日蓮遺文(御書)、大曼荼羅の真書・偽書の判定は、仏教宗派の研究分野として存在することは事実であり、その分野の研究がつづいていくこと自体は、有意義なものだと考える。ただし、そういう日蓮宗内部の研究として行われている「日蓮正宗系」教学批判は、そのまま一般世間や「日蓮正宗系」脱退者のニーズに合致していないと言っているのである。

 

続きを読む

「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁(6)~求道心で自ら「日蓮正宗系」信仰を棄てる

□「本物の正しい宗教を探す」とか「本物の正統門家を探す」ということは意味がないことである

 

創価学会、法華講、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体の信者の中には、純粋な動機、自らの求道心でコツコツと教学を学んだり、全国各地の寺院に参詣したり、さまざまな僧侶の話を聞いたりしている人がいる。それで自分でいろいろと取り組んでいく中で、日蓮正宗大石寺を筆頭とする「日蓮正宗系」の教義、本尊、教学、指導性、体質はおかしいということに気づき、「日蓮正宗系」の信仰を棄てる人がいる。こういった人は、自ら道を求めて「日蓮正宗系」を棄てて、浄土宗、浄土真宗、真言宗、天台宗、曹洞宗、臨済宗、冨士門流以外の日蓮宗、法華宗等の伝統仏教に入る人が多い。今まで私が見聞した中で、「日蓮正宗系」の悪弊・弊害から脱出・蘇生が最もうまくいっているのは、このパターンで「日蓮正宗系」を離檀・脱会した人です。ただし、誤解の無いように一言だけ附言しておくと、このパターンで「日蓮正宗系」を離檀・脱会した人が、全員、「日蓮正宗系」の悪弊・弊害から脱出・蘇生がうまくいっていると言っているのではない。

又、「日蓮正宗系」の悪弊・弊害から脱出・蘇生がうまくいっている人も、一朝一夕にそれができたわけではなく、様々な紆余屈折があったと聞いている。決して平坦な道を歩まれたわけではないのである。求道心で「日蓮正宗系」信仰を棄てた人でも、超えてきたヤマがいくつかあるようである。そのひとつが「本物の信仰探し」のヤマである。これはどういうことか。

日蓮正宗、創価学会、顕正会等の「日蓮正宗系」団体では、「日蓮正宗は絶対正しい宗教」「創価学会は絶対正しい」「大石寺は唯一正統門家」等という言い方で、自分たちの団体、「日蓮正宗系」を正統化している。それで「日蓮正宗系の信仰は間違っている」「詐欺宗教だ」ということがわかると、「それでは、どこが正しい宗教なのか」「どこかに正しい宗教があるはず」と、「本物の宗教探し」をはじめる人がいる。ここで注意しなければならないのは、全国各地の寺院に参詣・巡礼し、僧侶の話を聞いたり、史料をもらったりして研鑽することは、決して間違ったことではないが、「どこかに正しい宗教があるはず」と、「本物の宗教探し」をするのは、正しい方向性ではない。

むしろ「本物の宗教は何か」というのは、「アンチ日蓮正宗」が「戒壇の大本尊偽作説」「二箇相承偽作説」「血脈相承偽作説」で論破し、反論不能になったカルト法華講員や創価学会員が言い出すセリフである。そもそも「正しい宗教」だの「唯一正統門家」などということは、日蓮正宗、創価学会、顕正会等の「日蓮正宗系」団体が勝手に言っているだけのことで、「正しい宗教」や「唯一正統門家」などというものが、本当に実在しているわけではない。だから、「本物の正しい宗教を探す」とか「本物の正統門家を探す」ということは、意味のないことと言えよう。

「本物の宗教探し」は意味のないことであるが、純粋な動機、自らの求道心でコツコツと教学を学んだり、全国各地の寺院に参詣したり、さまざまな僧侶の話を聞いて、「日蓮正宗系」団体から離檀・脱会し、「日蓮正宗系」の信仰を棄てた人に提案したいことがある。

 

続きを読む

日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる

□複雑化・歪曲した日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判の構図を今こそ正常化すべきだ

 

日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判の活動は、よく他のカルト宗教批判---オウム真理教・統一教会・エホバの証人・ライフスペース・人民寺院・太陽寺院等のカルト批判----と比較されることがよくある。しかし日蓮正宗・創価学会・顕正会等の「日蓮正宗系」カルト宗教批判と、他のカルト宗教批判の構造・構図が大きく異なっていることに留意しなければならない。

では両者は、どこがどう異なっているのか。

オウム真理教・統一教会批判活動の場合は、オウム真理教被害・統一教会被害に遭った被害者・アンチvs教団という、極めてわかりやすい図式、アンチvsカルト教団という構図になっている。

よってオウム真理教・統一教会批判等のカルト宗教批判の場合、オウム真理教・統一教会等のカルト害悪、カルト被害を世論に訴えると、一般世間から見ても「アンチvsカルト教団」という構図がわかりやすい為、一般世論のオウム真理教・統一教会批判活動に対する共感を得やすく、オウム真理教・統一教会批判が浸透しやすい構図になっている。

ところが日蓮正宗・創価学会・顕正会等の「日蓮正宗系」カルト宗教批判活動の場合は、オウム真理教・統一教会批判活動のようには行かないほど、複雑化し、なおかつ歪曲してしまっている。これが日蓮正宗・創価学会・顕正会等の「日蓮正宗系」カルト宗教問題の本質、批判の主旨がなかなか一般世論に浸透しにくい原因のひとつになっている。

なぜこんなことになってしまったのか。

195070年代にかけて、あの当時は日蓮正宗と「二人三脚」の和合路線だった創価学会が「折伏大進撃」を繰り広げて、信者数を大きく膨張させ、創価学会が公明党を創立して政治進出。野党第二党の勢力を持つまでになったため、世間・マスコミの批判の矛先は、創価学会・公明党そして池田大作に集中した。この頃の創価学会批判・日蓮正宗批判には、教義問題や折伏などの強引な布教批判等もあった。

ところが1970年代後半のころから、日蓮正宗の内紛が勃発して日蓮正宗と創価学会が対立。さらに日蓮正宗内部の「反創価学会運動」である正信覚醒運動が起こり、大量の創価学会員が脱会して日蓮正宗寺院檀徒になった。正信覚醒運動は1970年代後半~1980年代にかけて勢いがあったが、彼らは創価学会批判を行っていく「作戦」として、世間マスコミの創価学会・公明党批判に迎合する路線をとった。「創価学会の社会的不正を糾す会」を立ち上げたり、国会議員に対して創価学会・公明党批判・池田大作喚問を行うよう請願行動を行ったり、内藤国夫氏ら創価学会批判活動を行うジャーナリストを全国檀徒新聞「継命」に登場させた。

1980年代のころは、日蓮正宗・創価学会vs正信会・世間・マスコミのような構図になっていた。そして1990年代に入って日蓮正宗と創価学会が決裂して全面戦争に。この「宗創戦争」で、日蓮正宗僧や法華講員の中に、かつて正信覚醒運動が行ったのと同じように、世間・マスコミに迎合して創価学会批判をしようとする者たちが出た。

池田大作3
 

続きを読む

日蓮正宗系宗教団体のカルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である

□日蓮正宗、創価学会、顕正会の日蓮正宗系のカルト対策を望む人が68%を占めている

 

第二次世界大戦後、日本の経済復興、高度経済成長の時代、日本経済が世界第二位の経済大国に成長したが、同時に、日蓮正宗・創価学会、立正佼成会、霊友会、天理教、生長の家、パーフェクト・リバティー教団(通称PL教団)、統一教会、佛所護念会教団、孝道教団、大本教、金光教等といった宗教団体も大幅に信者数を増加させた。

さらに1980年代以降においても、日蓮正宗・創価学会の内紛抗争をはじめ日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会のそれぞれの団体、浄土真宗親鸞会、真如苑、阿含宗、末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)、エホバの証人、崇教真光、世界救世教、オウム真理教、幸福の科学等が信者数を増加させ、さらに1980年の人民寺院の集団自殺事件、1990年の真理党の大量立候補、1995年のオウム真理教の地下鉄サリン事件等の大量殺人事件等によって、カルト宗教対策、カルト宗教被害対策ということが急速に叫ばれるようになった。

カルト宗教ということで、とりわけ世間の指弾を浴びたのが日蓮正宗系の創価学会、顕正会。そして地下鉄サリン事件等の大量殺人事件を起こしたオウム真理教。霊感商法や合同結婚式の統一教会。

「アンチ日蓮正宗」でもmixiで「最悪のカルト宗教はどれ?」と、20060830日からアンケート調査を行ったところ、2013728日現在で、何と創価学会がだんとつで61%、顕正会が5%、日蓮正宗・法華講が2%で、これら日蓮正宗系が全体回答の68%を占めた。ちなみにオウム真理教は9%。統一教会は7%。幸福の科学は2%という結果であった。

□「最悪のカルト宗教はどれ?

http://mixi.jp/view_enquete.pl?id=9881670&comm_id=229089

この結果から、全体の三分の二に近い方々が、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の日蓮正宗系のカルト対策を要望していらっしゃることがわかります。

そうすると、カルト宗教対策として、どういう対策を講じるのか、ということが問題になってくる。

世間には、カルト宗教対策を専門に取り扱う○○協会とか△△研究会とか、さまざまな団体が存在しているが、それらの団体の基本的なスタンスは、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会はカルト宗教。オウム真理教、統一教会、幸福の科学もカルト宗教ということで、これらを一色単、一括りにしてカルト対策を立てている所が多いようである。

たしかに日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会も、オウム真理教、統一教会、幸福の科学等々もカルト宗教としての共通項はある。洗脳とかマインドコントロールとか、あるいは強引・執拗な布教、強引な金集め、無理な宗教活動等、共通した問題点があることは事実である。あるいは、時には弁護士の方々のご協力をいただいて、法的な対抗措置を取らねばならないこともあると思う。

しかしだからと言って、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会のカルト対策も、オウム真理教、統一教会、幸福の科学のカルト対策も、これらを一色単、一括りにしてカルト対策を立てるというのは、正しい方向性ではないように思う。それはどういうことか。

池田大作3 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(1)~「無宗教」を知らない

□日蓮正宗系の悪弊からの脱出は浄土系・禅宗系を含めた全仏教宗派の寺院巡りからはじまる

 

「アンチ日蓮正宗」では、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の「日蓮正宗」系宗教を批判し続けてきているが、これに何とか反論しようとしているのか、日蓮正宗の信者の中で、無宗教についていろいろと批判を加えようとしている者がいる。「アンチ日蓮正宗」管理人が無宗教ということで、無宗教批判をしようという主旨らしい。又、かつてmixiに、「アンチ日蓮正宗」管理人が無宗教だと言うと、「無宗教思想を広めようとしている」だの「無宗教思想を信仰している」だのと、とんでもない見当違いな論旨を展開していた者すらいた。「龍神ひろし」「佐々木の父」「南無阿弥陀仏」らがそれである。

世間一般で言う「無宗教」とは、どこの宗派にも属していない人、どの宗教も信仰していない人を指して「無宗教」という。日蓮正宗系宗教団体に永年、でっぷりと漬かっていた人、染まっていた人、生まれたときから日蓮正宗系宗教の世界にいた人は、この「無宗教」ということがどういうことだか全く知らないし、わかっていない。これは永年、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の世界に漬かっていた悪弊・弊害であるということができる。

「無宗教」を知らない日蓮正宗系信者に、無宗教を語る資格は全くない。

 

それから、無宗教とは、自分で無宗教宣言をすれば、それで無宗教になれると思い違いをしている人もいるようである。「アンチ日蓮正宗」管理人が無宗教だから、ということで、日蓮正宗系宗教団体から離檀・脱会した後に、「無宗教宣言」をする人もいるようである。

しかしながら、生まれたときから「日蓮正宗」系の世界にいた人、「日蓮正宗」系の世界に20年、30年、40年の長い間、浸かっていた人は、離檀・脱会した後に、そう簡単に無宗教にはなれない。

それはなぜか。私は無宗教ですが、私は生まれたときから今日まで、ずーっと無宗教ですから、普通に無宗教として生きています。はっきり言っておきますが、私は無宗教をベースにして、浄土宗・浄土真宗・真言宗・曹洞宗・臨済宗・天台宗・日蓮宗・法華宗等々の旧仏教各宗派から、富士門流の寺院もキリスト教の教会も、どこでも何の不自由も何の執着もなく、行くことが出来る。

ところが、彼らは無宗教宣言しても、これができない。

日蓮正宗系宗教団体を離檀・脱会した後に、仏教各宗派の寺院巡りをする人はたくさんいらっしゃいます。そういう方々が参詣される寺院は、日蓮宗ないしは日蓮宗系、法華宗ないしは法華宗系、天台宗。そして多いのが、北山本門寺、西山本門寺、伊豆実成寺、京都要法寺、保田妙本寺、小泉久遠寺といった日蓮正宗系以外の富士門流寺院である。

彼らが絶対に行かない、ないしは行こうとしないのが浄土宗・浄土真宗・真言宗・曹洞宗・臨済宗・真言律宗の寺院。なぜ行かないかというと、日蓮の「念仏無間・真言亡国・禅天魔・律国賊」の四箇の格言への執着が残っているからだと思われる。

こう言うと「そんなことはない。私も寺院巡りに行っている。浄土宗の増上寺や真言宗智山派の川崎大師にも行っている」と言う。増上寺や川崎大師は初詣や修学旅行のメッカだから、行っているのかも知れないが、しかし彼らは浄土真宗の東本願寺、西本願寺、仏光寺、高田専修寺、錦織寺、浄土宗の知恩院等に行って、阿弥陀如来像に南無阿弥陀仏を唱えたり、曹洞宗の永平寺、総持寺、臨済宗の建長寺、円覚寺、南禅寺、天龍寺等に行って座禅を組んだりは、絶対にしない。

増上寺30三門 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ