アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ: 日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である

■検証3・宗創戦争勃発後の1990年代以降から年々衰退し滅亡の道を歩んでいる正信会3   □池田大作・創価学会の傀儡と化し創価学会を糾すことに全く消極的だった1970年代の宗務院   日蓮正宗の宗務行政は、頂点に日蓮正宗管長・代表役員である大石寺法主が君臨し、そ ...

  ■検証2・宗創戦争勃発後の1990年代以降から年々衰退し滅亡の道を歩んでいる正信会2   □大石寺66世細井日達の創価学会批判説法に真っ先に呼応した正信会の五老僧・センター   「正信会」という名称は、1980(昭和55)年7月、日蓮正宗内部の反創価学会運動である「 ...

□正信会とは日蓮正宗内で創価学会批判の共同歩調をとった日蓮正宗寺院住職のグループ   「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」でどんどん日蓮正宗批判、「日蓮正宗系」批判を進行させていく中で、何人かの人から「アンチ日蓮正宗」管理人に対して、「正信会って、今 ...

□「正信覚醒運動」を主導・リードした「正信会五老僧」と言われるリーダー格だった山口法興氏   東京都目黒区自由が丘に日蓮正宗の寺院で妙真寺(みょうしんじ)という名前の寺院がある。 正式な名前は本地山(ほんちざん)妙真寺。ここは、昭和  50年代のいわゆる創 ...

■検証219・「戒壇の大本尊」偽作・欺瞞の罪は顕正会・正信会も同罪である4   □日蓮正宗破門後も「戒壇の大本尊」信仰をつづける顕正会・正信会は日蓮正宗と同罪だ4   正信会の場合は、元々は創価学会の昭和52年路線で創価学会を脱会して日蓮正宗寺院の檀徒になった ...

□ずいぶん前から日蓮正宗未入信の謗法の供養を受け取ってきた?讃岐本門寺   讃岐本門寺という寺院は、日蓮正宗の本山という寺格を持っている寺院だけあって、境内もなかなか広く、本堂、庫裏、客殿、塔中坊といった堂宇・伽藍も、なかなかの威容を整えていた。 御影堂 ...

■東京・国立市の大宣寺初代住職・菅野日龍(菅野慈雲)氏の真実6   □日蓮正宗の「創価学会・板本尊模刻事件の経緯」は史実に反している5   創価学会は、 「板御本尊の謹刻については、事前に日蓮正宗大石寺66世細井日達法主の許可を得ていた。『知らなかった』とい ...

■東京・国立市の大宣寺初代住職・菅野日龍(菅野慈雲)氏の真実5   □日蓮正宗の「創価学会・板本尊模刻事件の経緯」は史実に反している4   □1978(昭和53)年1月2日 細井日達法主が1981(昭和56)年10月の日蓮第七百遠忌について 「池田大作を慶讃委員長に任じ…」と ...

■東京・国立市の大宣寺初代住職・菅野日龍(菅野慈雲)氏の真実4   □日蓮正宗の「創価学会・板本尊模刻事件の経緯」は史実に反している3   □1977(昭和52)年11月9日 大石寺から細井日達法主、宗務院役員が創価学会本部に下向して創価学会創立四十七周年慶祝法要が行 ...

■東京・国立市の大宣寺初代住職・菅野日龍(菅野慈雲)氏の真実3   □日蓮正宗の「創価学会・板本尊模刻事件の経緯」は史実に反している2   1978(昭和53)年1月、日蓮正宗大石寺66世細井日達法主は、なぜ娘婿の菅野日龍(慈雲)・大宣寺住職に直接電話をして、赤沢朝陽に ...

■東京・国立市の大宣寺初代住職・菅野日龍(菅野慈雲)氏の真実2   □日蓮正宗の「創価学会・板本尊模刻事件の経緯」は史実に反している1   その菅野日龍氏は、実に波瀾万丈の人生を歩んだ人である。 東京・国立市の大宣寺という寺院に、日蓮正宗大石寺66世細井日達 ...

↑このページのトップヘ