アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗・創価学会・顕正会・再和解説

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

ポスト池田大作が極秘離婚の池田博正氏なら日蓮正宗・創価学会は再和解になるか

池田博正氏が、ポスト池田大作の後継者になるには、大きなネックになる要素は他にもある、という見方がある。それは、池田大作級の「権威」がないということである。

この「権威」という点では、二つの見方がある。

ひとつは、池田博正氏は、創価学会の中では、特にこれといった折伏や教線・組織拡大などの実績はない。博正氏が異例のスピード出世したのは、池田大作の“親の威光”以外の何物でもない。そういう創価学会の「新教祖」に対して、実績豊富な信仰歴3040年のベテラン幹部たちが、つきしたがっていくのか?という点。

池田博正2

 

もうひとつは、「ポスト池田大作」の穴の空いた権威を、果たして池田博正氏が埋め合わせをすることができるのか、という点である。

創価学会は、日蓮正宗からの「破門」以降、その「権威」のよりどころを、池田大作の海外要人・著名人との会見や勲章・名誉学位の受賞といった点に転換しようとした。その「池田大作の権威」の埋め合わせを、池田博正氏が果たしてでき得るのかという点である。しかし、この点についても、池田博正氏の実績は、皆無に等しい。

いくら池田博正氏を池田大作の後継者にしたところで、実際に創価学会員が文句を言わずに盲従しなかったら、何の意味もない。創価学会員が池田博正氏に盲従せずに離反していったら、創価学会は瓦解してしまう。

創価学会員が池田博正氏に盲従するかどうかは、全くの未知数である。

 

さてこれに関連してであるが、2002(平成17)年ころから、池田博正氏が東京・池袋にある日蓮正宗常在寺の本堂で、唱題をしていたのを目撃したという情報が飛び交っている。

消息筋の情報によれば、池田大作は別として、創価学会の最高首脳たちは、ホンネでは、創価学会を破門した日蓮正宗大石寺67世法主阿部日顕が死去した後、もう一度、日蓮正宗と和解したい、と考えているというのである。

なぜか。これも日蓮系宗教団体ならではの「権威」「伝統仏教の仮面」ということが関連して来る。

まがりなりにも、創価学会という団体は、日蓮を本仏と仰ぐ宗教団体であるから、どうしても日蓮にまつわる「権威」「伝統仏教の仮面」(例えば日蓮真筆の本尊とか)が欠かせないところなのであるが、これが創価学会には、ひとつもない。日蓮正宗のみならず、日蓮宗各派、日蓮宗系各宗の寺院では、こういったものを何らかひとつは格蔵している。

 

創価学会が日蓮正宗から破門になった1991(平成3)年前後、関西地方の日蓮宗系各派の本山寺院では、古くから格蔵している日蓮真筆本尊が盗難、ないしは盗難未遂に遭遇し、創価学会が盗難にあった日蓮真筆本尊を数十億・数百億で買った、などという情報が、マスコミを賑わせたことが度々あった。

続きを読む

日蓮正宗・創価学会再和解の発信源は池田博正氏の極秘離婚か

2009年初頭のころだが、創価学会の最高支配者・池田大作の長男・池田博正副理事長が極秘離婚したという情報が、ネットの世界を駆けめぐった。池田博正氏極秘離婚のウワサは、すでに2003年ころからマスコミなどで囁かれていたが、どうもこの情報が事実らしいということで、一部マスコミからネットの世界でこの話題がもちきりである。

さらに離婚して後、再婚したとする情報までもが飛び交っていた。

ちなみに、池田博正氏極秘離婚・再婚の情報は、創価学会員自身が認めている情報である。

池田博正2

 

池田博正氏とは、1953(昭和28)年生れ。中学から大学まで慶応ですごし、慶応大学法学部卒業。

その後、文学部に学士入学して教員資格をとり、その後、大阪にある関西創価学園で10年間、社会科教諭を務めていた。そこで教え子のYKさんと恋仲になった。

池田博正氏の存在が、池田大作の後継者候補として急浮上したのは、池田大作の次男・城久氏が29才で急死してから4年ほどたった1987(昭和62)年ころから。

博正氏は、教員を退職して東京・信濃町の創価学会本部に就職。青年部のナンバー2である副青年部長に任命された。その後、SGI会長秘書、創価学会副会長、創価大学理事、といった創価学会の要職に就いていく。

 

2006(平成18)3月、東京・八王子の牧口記念講堂での「第58回本部幹部会」の席で、会長、理事長に次ぐナンバー3になる副理事長に任命された。

今や300人以上いるといわれる創価学会副会長には、信仰歴3040年クラスの幹部がゴロゴロいるというが、それらの人たちをあっさり飛び越えて、ナンバー3の副理事長に就任。

池田博正氏は、創価学会の内部では、これといった功績も皆無であるため、これは父親・池田大作の存在なくしては考えられない昇進人事。

池田博正氏は、“世襲”の道を着々と歩んでいると、見られていた。

20067月には、随筆集「青春の道---私の若き日の記録」を出版している。創価学会で池田大作以外の幹部が、御書講義などの教学専門書は別として、本を出した例など、数えるくらいしかない。「私の若き日の記録」という題名も、池田大作の「若き日の日記」を意識したかのような題名である。

 

しかしその池田博正氏の“世襲”は、そう簡単に事は進まないという見方もある。その根拠のひとつが、池田博正氏の極秘離婚にあるというのである。

もっともK夫人との離婚のあとに、再婚したという情報もあるが、たとえ再婚したとしても、離婚を経験したことが、大きなネックになるというのである。

続きを読む

富士美術館閉館・大石寺宝物殿開館で判明した日蓮正宗・創価学会話し合いの場

日蓮正宗大石寺の経蔵、納骨堂の北側、正本堂・奉安殿の東隣りに「富士美術館」があった。

ここは創価学会の外郭団体である財団法人富士美術館が管理・運営し、1991(平成3)年の創価学会破門以降も、大石寺境内地内における創価学会最後の砦として、ずーっと残っていた。

ここは、正本堂落慶以後の1973年(昭和48年)53日に開館。当時の創価学会会長・池田大作によって創立されたもの。

 

その富士美術館が、2008年(平成20年)511日、企画展「富士と桜」の展示を終了し閉館となった。閉館の諸作業を進める中で、財団法人富士美術館の解散の手続きが完了するのを待って、閉館を発表したという。

1973(昭和48)年の開館以来、入館者は約600万人を数えたという。とはいっても、これの大半が、宗創和合時代の創価学会団体登山参拝者だったと思うのだが。

江戸時代から近現代までの日本画を中心とする約1500点の幅広い東洋の美術品を所蔵していたが、これらの所蔵品は、東京・八王子の東京富士美術館に移された。

 

そしてその後、富士美術館の建物は、日蓮正宗大石寺に返還されて大石寺の所有となり、2009年初頭から大石寺宝物殿として転用されることになった。2009年から、日蓮正宗大石寺では、「立正安国論七百五十年記念」登山がはじまっていて、大石寺宝物殿としての運用がはじまっている。

立正安国論正義顕彰750年西日本大会2

 

こういう一連の流れを見てみると、日蓮正宗と創価学会の間は「絶縁」しているのではなく、何らかの「話し合いの場」「協議の場」が持たれていることがわかる。

そういう中で、富士美術館閉館・大石寺への返還・大石寺宝物殿として開館が行われたと見るのが妥当なのではないか。

もし本当に日蓮正宗と創価学会の間が「絶縁」していたら、こういうことは起こり得ないだろう。

 

注目すべき点は、この日蓮正宗・創価学会の話し合いが、今後、どのようになっていくかということである。今のような状態がつづくのか。それとも両者は「再和解」することになるのか。

この成り行きは、日蓮正宗の信者にとっても、創価学会の信者にとっても、まことに大きな影響を及ぼすものになるだろう。

 

 

 

 

「ポスト池田大作」の日蓮正宗・創価学会・再和解説を追う3

2008109日号「週刊新潮」の報道と破門者を次々と宗門復帰させている日蓮正宗史

 

「週刊新潮」200810/9号に「池田センセイの大自慢演説で聖教新聞が載せられなかった箇所」と題する池田大作・創価学会批判記事を載せている。内容は93日、東京・八王子市の東京牧口記念館で開催された創価学会第21回本部幹部会での名誉会長・池田大作のスピーチについてである。

私が注目したのは、池田大作がこの日のスピーチで、1991(平成3)年に創価学会を破門した日蓮正宗総本山の大石寺について言及した下りの部分。「週刊新潮」10/9号によると、この日の池田大作の実際のスピーチは次のようなものだったというのである。

 

「大石寺にどれだけの御供養をしたか。終戦後、大石寺は5万坪でした。戸田先生も一生懸命働いて17万坪になりました。戸田先生は17万坪ですよ。私は117万坪への大拡大をしております。

あいつら(大石寺の僧侶)威張ってて、何にも感じないけど。ずいぶんと働いたよ。供養、供養、供養、供養で、世界中に私ほど供養した人間はいないだろ。私と戸田先生が建立寄進申し上げた寺院ね。356。これは小ちゃいです。学会が、総本山に供養した金額は2800億。学会の本山を護るために行った登山会は7000万人…」

 

この池田大作のスピーチは、実際には、「聖教新聞」には、次のように記載されているという。

 

「終戦後、農地解放により、大石寺の土地は5万坪であった。それが戸田先生の懸命な働きによって、約17万坪にまでなった。そして私の時代に約117万坪へと大拡大したのである。…

戸田先生と私が建立寄進した末寺は356ケ寺にのぼる。学会の宗門への赤誠は膨大である。

学会が本山を護るために行った登山会には、のべ7000万人が参加した」(2008.9.9,聖教新聞)

 

「私は117万坪への大拡大をしております」のクダリは「私の時代に約117万坪へと大拡大したのである」に書き換えられ、「世界中に私ほど供養した人間はいないだろ」の発言も「学会が、総本山に供養した金額は2800億」の発言も、ことごとくカットされた。

さらに実際の池田大作の日蓮正宗大石寺に関するスピーチはつづいたという。

 

(大石寺は)儲けて、儲けて、儲けぬいてね。(創価学会を)スパッと切って。欲だけだね。それが坊主の世界。邪教の世界。大恩のある創価学会に、恩を仇で返したのが日顕宗。煩悩宗。しかし邪悪な陰謀はことごとく失敗した。学会は(日蓮)大聖人に直結する世界宗教として、未曽有の発展を遂げた。今日もこれほどの青年が集まってくれてうれしいよ」

池田大作20 

続きを読む

「ポスト池田大作」の日蓮正宗・創価学会・再和解説を追う2

20018月・インターネット行政調査新聞に出た日蓮正宗・創価学会・再和解密約説

 

創価学会と日蓮正宗の再和解の可能性については、今まで、何度となく、マスコミなどで囁かれてきたものだ。これは今に始まったものなのではない。

日蓮正宗は、何十年もの間、布教から本山・末寺への信者の供養金をはじめとする経済面などについては、ほぼ全面的に創価学会に依存してきた。その創価学会の供養によって、日蓮正宗は世間の常識からかけ離れた巨大な経済力を手にし、贅を尽くした寺院・庫裏を新築し、住職・僧侶たちは、布教や信者についてほぼ何もしないで、自分たちは、リッチな生活を謳歌してきた。

それが1991年に、とつぜん日蓮正宗法主・阿部日顕と創価学会名誉会長・池田大作の確執によって宗創戦争が勃発して、創価学会が日蓮正宗大石寺をはじめ末寺に来なくなり、日蓮正宗は一気に経済的な窮地に立たされた。そして以前のように、布教や信者育成など何もしないで、贅を尽くしたリッチな生活を楽しむ特権階級の座に安住するということができなくなった。

日蓮正宗ではさかんに創価学会員の脱会・日蓮正宗寺院への改宗を呼びかけ、30万人強のところまでは信者を増やすことができたようだが、宗創蜜月時代のようなリッチな生活を謳歌するところまでは行っていない。以前のリッチな生活を謳歌してきた時代が忘れられない日蓮正宗の古参住職・僧侶たちは、創価学会の経済力はたまらない魅力として写っているだろう。

立正安国論正義顕彰750年西日本大会2

 

一方では「ポスト池田大作」という大きな課題をもつ創価学会のほうは、どうしても「宗教的権威」が必要だという事情がある。

つまり公明党が連立与党になっても、池田大作氏がいくら外国から勲章・賞・名誉教授・名誉市民号などを山のように受賞しても、創価学会には宗教的権威がつかないのである。池田大作氏を本仏なり日蓮の再誕ということにしたところで同じ。新興宗教では、何の宗教的権威もない。

創価学会の歴史は初代の牧口常三郎会長から数えてもまだ百年にならない。

しかし日蓮正宗(大石寺)は日蓮の六老僧・日興を開祖にして、七百年以上の歴史と伝統がある。日蓮真筆の本尊や遺文(御書)も多数所持している。<ただし弘安2年の本門戒壇大本尊や二箇の相承、その他日蓮から相伝したなどと自称している相伝書は後世の偽作だが>

創価学会は日蓮直結を謳いながら、日蓮真筆の本尊・遺文(御書)をひとつも所持していない。

創価学会の首脳たちは、宗教団体の存立として、ましてや布教していく上で、「歴史」とか「伝統」とか「宗教的権威」というものが必要であることを百も承知している。

 

19501980年頃、戸田城聖氏・池田大作氏が会長として折伏大進撃(いわゆる強引で執拗な入信勧誘)の指揮をとっていたころのことだが、「創価学会はいかがわしい新興宗教だ」とさんざんに批判され、これに対して「創価学会は七百年以上の歴史と伝統がある日蓮正宗の信徒団体である」と言ってこれらの批判をかわし、会員を激増させていた。

1970年代から1990年代にかけて、創価学会は「日蓮正宗の伝統教義に反している」とさんざんに批判され、たくさんの会員が創価学会から去っていった。創価学会はこういった歴史的教訓を忘れていない。創価学会は教団の存立・布教・会員の引き締め・引き止めのために、どうしても日蓮正宗の本尊、教義、「宗教的権威」「伝統仏教の仮面」を必要としているのである。

池田大作20

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ