アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮原理主義教学・原理主義カルト批判

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

龍神ひろしを斬る(65)~アンチ日蓮正宗の日蓮原理主義批判は日蓮完全否定とは意味が全く違う

■論破65龍神ひろしの見当外れな池上本門寺・初詣批判を笑う2

 

□アンチ日蓮正宗の日蓮原理主義批判は日蓮完全否定とは意味が全く違う

 

「アンチ日蓮正宗」に完全論破されて、言うことがなくなってしまった哀れな法華講員・龍神ひろしが、自らの捏造に基づいた、全く見当外れな批判を繰り返すという、醜態を満天下に晒している。

龍神ひろしは、なんとmixi「アンチ日蓮正宗」コミュニティの中にある

「日蓮&日蓮正宗の教義的・ドグマ的問題点の分析・検証・批判」

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=9227810&comm_id=406970

で私が書いたことを、私が「日蓮が大元の悪」だと言ったなどと、勝手にこじつけ、自分たちの勝手なこじつけを元に、見当外れな池上本門寺・初詣批判を展開しているから、全く笑止千万。

-----------------------------------------------------

(「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろしの妄言)

こいつは。 ちゃんと言っているじゃないか。 長くなるので全文引用は避けるが、「アン チ日蓮正宗」の「日蓮&日蓮正宗の教義的 ・ドグマ的問題点の分析・検証・批判」の トピである。……

「日蓮そのものが悪だ」と言っているのと 同じ意味ではないか。 完全に同一の発言がなくとも、意味として は全く同じ内容である。こういう事をmixiで書いていて、それを言ってないと嘘をつくわけです。 矛盾してるのは、無宗教が嫌いな日蓮大聖人御入滅の池上本門寺に初詣をしているわけです。 これを矛盾と言わずに何と言うのでしょうか?

(20120118日の楽天センズリブログの日記)

-------------------------------------------------------

まず第一に、「アンチ日蓮正宗」コミュニティの中にある「日蓮&日蓮正宗の教義的・ドグマ的問題点の分析・検証・批判」トピックで私が書いた「日蓮の遺文批判」を、私が「日蓮が大元の悪」「日蓮そのものが悪だ」だと言ったなどと解釈しているのは、日蓮正宗のカルト信者だけである。

「アンチ日蓮正宗」の参加メンバーは、誰もそんな解釈をしていない。

その証拠に、私が「日蓮の遺文批判」を展開した後、mixi「アンチ日蓮正宗」参加メンバーの議論は、日蓮根源悪批判ではなく、日蓮正宗系の日蓮原理主義的体質批判に発展していることからして、明らかである。

又、あの当時、このトピックの書き込みを読んだ人が、「日蓮正宗系の日蓮原理主義的体質に気づいた」と感謝のメールを私に送ってくれたこともあったし、他の参加メンバーが他のコミュニティで、日蓮原理主義批判をしたことがあった。

ずいぶん前のことであったが、「アンチ日蓮正宗」参加メンバーは、私が言わんとする真意を実に正確に読み取ってくれており、私としてはメンバーに本当に感謝しているところである。

私の「日蓮の遺文批判」の真意は、まさにこれである。

池上初詣11大堂 

続きを読む

「日蓮正宗」系が説く日蓮原理主義の害悪6・「王舎城事」

■「日蓮正宗」系が説く日蓮原理主義の害悪6「王舎城事」

 

□「両火房と申す謗法の聖人・鎌倉中の上下の師なり、一火は身に留りて極楽寺焼て地獄寺となりぬ」

 

日蓮正宗・創価学会・顕正会等の「日蓮正宗」系団体の信者たちが、自分たちの非常識な折伏・布教活動を批判されたときに、必ずといっていいほど、反論のために出してくる日蓮の遺文がある。それが「王舎城事」という遺文(御書)だが、その該当する箇所はここである。

 

「されば大果報の人をば大火はやかざるなり。これは国王已にやけぬ知んぬ日本国の果報のつくるしるしなり、然に此の国は大謗法の僧等が強盛にいのりをなして日蓮を降伏せんとする故に弥弥わざはひ来るにや、其の上名と申す事は体を顕し候に両火房と申す謗法の聖人・鎌倉中の上下の師なり、一火は身に留りて極楽寺焼て地獄寺となりぬ、又一火は鎌倉にはなちて御所やけ候ぬ、又一火は現世の国をやきぬる上に日本国の師弟ともに無間地獄に堕ちて阿鼻の炎にもえ候べき先表なり、愚癡の法師等が智慧ある者の申す事を用い候はぬは是体に候なり、不便不便、先先御文まいらせ候しなり。」

(1276(建治2)412日、日蓮55才の著書「王舎城事)

.---- ところが今度の火災では王の御所だけが焼けた。これは日本国の果報が尽きる前兆である。国の福運が尽きようとしているのに、日本国においては大謗法の僧等が日蓮を降伏させようと強盛に祈るが故に、ますます災いが起こるのであろう。そのうえ、名というものは本体を顕すものであるが、良観という謗法の聖人が鎌倉中の上下万人の師である。両火のうち一火は自身に留って極楽寺が焼けて地獄寺となった。また一火は鎌倉に飛んで御所を焼いた。また別の見方をすれは、一火は現世の国を焼くうえに、未来には日本国の師弟ともに無間地獄に堕ちて、阿鼻の炎にもえる先表である。愚癡の法師たちが智慧ある者の言を用いない結果は、このようなありさまである。まことに不便なことでる、不便まことである。このことについては先々お手紙を差し上げてあります------

 

日蓮原理主義者たちは、この日蓮の遺文(御書)のどこを持ち出すのかというと、日蓮が鎌倉・極楽寺に住んでいた良寛房忍性を「両火房」と揶揄し、「極楽寺焼て地獄寺となりぬ」と口を極めて非難していること。つまり彼らは、自分たちの非常識な折伏・布教活動を批判されると、この日蓮遺文を持ち出してきて、「かつて宗祖もこのように激しく極楽寺良寛を非難されたのだ」と言う。

かつて日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』も、自分たちの非常識な論調を批判されると、この日蓮遺文を引っ張り出してきて、社説で反論しようと試みたことがあった。

慧妙4 


続きを読む

「日蓮正宗」系が説く日蓮原理主義の害悪5・「撰時抄」

■「日蓮正宗」系が説く日蓮原理主義の害悪5「撰時抄」

 

□「建長寺・寿福寺・極楽寺・大仏・長楽寺等の一切の念仏者・禅僧等が寺塔をば焼きはらいて、彼等が頸を由比の浜にて切らずば…」

 

1275(建治元)610日、日蓮54才の時の著書である「撰時抄」にも、驚くべき日蓮自身の筆がある。日蓮は撰時抄の中で、自身が鎌倉幕府の権力者に諫暁したときのことを回想し、次のように述べている。

 

「余に三度の高名あり。一つには去にし文応元年太歳庚申七月十六日に立正安国論を最明寺殿に奏したてまつりし時、宿谷の入道に向かって云く、禅宗と念仏宗を失ひ給ふべしと申させ給へ。此の事を御用ひなきならば、此の一門より事をこりて他国にせめられさせ給ふべし。

二つには去にし文永八年九月十二日申の時に平左衛門尉に向かって云く、日蓮は日本国の棟梁なり。予を失ふは日本国の柱橦を倒すなり。只今に自界反逆難とて同士討ちして、他国侵逼難とて此の国の人々他国に打ち殺さるるのみならず、多くいけどりにせらるべし。建長寺・寿福寺・極楽寺・大仏・長楽寺等の一切の念仏者・禅僧等が寺塔をば焼きはらいて、彼等が頸を由比の浜にて切らずば、日本国必ずほろぶべしと申し候ひ了んぬ」

------日蓮は今日まで三度、国主を諫暁した。一回目は文応元年七月十六日、立正安国論を鎌倉幕府の最高権力者・前執権、北条時頼に提出した時。このとき、立正安国論を北条時頼に取り次いでくれた宿谷入道に、日蓮はこう言った。『禅宗と念仏宗を滅亡させるべきと、北条時頼殿に言上してほしい。この日蓮の進言を用いないならば、北条一門より内乱・内戦が起こり、他国からの侵略軍に日本国が攻められるであろう』と。

二回目は、文永八年九月十二日午後四時頃、鎌倉幕府の重臣・平左衛門尉頼綱に面談した時。この時、日蓮は平左衛門尉頼綱に対して『日蓮は日本国の棟梁なのである。その日蓮を殺すということは、日本国の柱橦(はしら)を倒すということである。こういうことをすれば、そのうちに自界反逆難と云って、北条一門より内乱・内戦が起こり、他国侵逼難と云って、この日本国の人々が日本国に攻め込んできた他国の軍に大勢の人々が殺され、又、多くの人が生捕りになるであろう。建長寺・寿福寺・極楽寺・大仏・長楽寺等の全ての念仏を信仰する者や禅宗の僧侶等が住んでいる寺院や塔を全て焼き払い、念仏者や禅宗の僧侶たち全員を由比の浜で頸を切ってしまわなければ、日本国は必ず滅亡するであろう』と、こう言ったのである。------------

 

古語辞典によれば、古語の「失ふ」「失う」とは「殺す」「死なせる」意味とあります。

日蓮は、北条時頼への諫暁の時や平左衛門尉頼綱に諫暁の時、自ら念仏者・禅僧を全員頸を切れとか、念仏宗と禅宗を滅亡させよ、と進言したと言っている。

池上大堂・日蓮1


続きを読む

「日蓮正宗」系が説く日蓮原理主義の害悪4・「聖人御難事」

■「日蓮正宗」系が説く日蓮原理主義の害悪4「聖人御難事」

 

□「彼等にはただ一円に思い切れ。よからんは不思議。わるからんは一定と思へ」

 

1279(弘安2)9月、駿河国熱原の農民信者ら20人が、鎌倉幕府側に逮捕されて鎌倉に護送されるという、いわゆる“熱原法難”が起こった時、これを知った日蓮が、有力信者・四条金吾に宛てて、日蓮門下の全信者に対する指南書「聖人御難事」を書き送っている。その中で、日蓮は、次のような文を門下の信者に対して書いている。

 

「彼の熱原の愚痴の者ども言い励まして堕とす事なかれ。彼等には、ただ一円に思い切れ。よからんは不思議。わるからんは一定と思へ。ひだるしと思わば餓鬼道を教へよ。寒しといわば八寒地獄を教へよ。恐ろししといわば鷹にあへる雉、猫にあへる鼠を他人と思う事なかれ」

(日蓮58才・弘安2101日著作・聖人御難事)

----先日、鎌倉幕府側に逮捕された熱原の信者で、この法難のことについて愚痴を言っている者たちに対しては、よくよく信心を励まして、決して信心をやめさせたり、信心を後退させるようなことがあってはならない。 彼等に対しては、ここで腹をくくるように言ってあげなさい。

自分たちの状況が良くなるということこそ、むしろ不思議なことなのであって、悪くて当たり前なのである、と。空腹をうったえる信者には餓鬼道の世界の恐怖を教えてやりなさい。

寒さをうったえる信者には八寒地獄の恐怖を教えてやりなさい。

迫害が恐ろしいというならば、鷹に遭遇した時の雉(きじ)が味わう恐怖、猫に遭遇した鼠(ねずみ)が味わう恐怖を、決して他人事と思うなと教えてやりなさい。-------

 

この遺文を日蓮が書いたときは、まさに熱原法難の真っ最中。鎌倉幕府・平左衞門尉にとらえられた農民信者が、まさに首をはねられるかもしれないという瀬戸際だったときだ。

いくら厳しい状況の中での言葉とはいえ、現代の世に生きる私としては、日蓮とはいったい、どういう人だったんだろうかと、大きな疑問をもたざるをえなくなる言葉である。

しかも、こういうカルト指南を、日蓮正宗・創価学会・顕正会等の「日蓮正宗」系団体の信者たちが、日蓮正宗版の御書全集なるものを買い込んで、ありがたく拝聴し、これらのカルト指南を、現代の、今の時代にそのまま実行しようとしているのだから、驚きを通り越して、呆れ果ててしまう。

つまり日蓮正宗・創価学会・顕正会等の「日蓮正宗」系団体は、自宗の信者に対して、この日蓮のカルト指南を金科玉条・水戸黄門の印籠のように示して、教団や法主・指導者に対する自己犠牲を強要するわけです。

これはまず実質的な「殉教」の強要である。

御書全集3 


続きを読む

「日蓮正宗」系が説く日蓮原理主義の害悪3・「佐渡御書」

■「日蓮正宗」系が説く日蓮原理主義の害悪3「佐渡御書」

 

□「法華経を捨つるのみならずかへりて日蓮を教訓して我賢しと思はん僻人等が念仏者よりも久しく阿鼻地獄にあらん」

 

日蓮が佐渡流罪になった翌年の1272(文永9)320日、佐渡島で顕した「佐渡御書」と呼ばれている遺文(御書)の末尾に、現在の日蓮正宗大石寺・創価学会・顕正会など「日蓮正宗」系団体の日蓮原理主義的カルト体質をよくあらわしていると思われる文があるから興味深い。

もちろん日蓮正宗大石寺が発刊した「平成新編御書全集」にも載っているもので、その583ページには次のように書いてある。

 

「日蓮を信ずるようなりし者どもが、日蓮がかくなれば疑ひを起こして法華経を捨つるのみならず、かへりて日蓮を教訓して我賢しと思はん僻人等が、念仏者よりも久しく阿鼻地獄にあらん事、不便とも申す計りなし」

----ひとたびは日蓮に入門して日蓮を信ずるようになった者たちの中で、日蓮がこのように佐渡流罪の身になると、たちまちに日蓮の法門に疑いを起こして、法華経の信仰を捨てて退転するだけにおさまらず、逆に日蓮を批判する立場になって、自分ほうが日蓮よりも賢く智慧があると思っている、まちがった、道理にはずれた者たちがいるが、こういう者たちは無間地獄に堕ちる念仏者よりもはるかに長い間、阿鼻地獄(無間地獄)の底に沈んでしまうのである。まことにあわれな者たちである。-----

 

一旦は日蓮のもとに入門した者であっても、その後に日蓮を疑って法華経の信仰を捨てて退転し、日蓮をアレコレと批判した者は、日蓮が「念仏無間地獄」と喝破した南無阿弥陀仏を信仰する念仏信者よりも、はるかに長い間、無間地獄に堕ちて、苦しまなければならないのだという。

こんなバカげた仏教の教えがあるだろうか、と言いたくなる。自分の元を去っていった人たちを信者からなるべく遠ざけたいということもあるのだろうが、それにしても日蓮の近親憎悪の感情というか、日蓮の信仰を捨てて、日蓮のもとを去っていった人たちに対する憎しみの感情は、異常としか言いようがない。こんな狭量なことを説いている人物が、「末法のご本仏」「仏さま」のわけがない。もし仏という存在が本当にいるというならば、こんなバカげた近親憎悪の感情剥き出しの悪口を説くわけがないではないか。見当違いも甚だしいと思うがどうだろうか。

 

しかしこの文をよく読んでいると、今の日蓮正宗、創価学会、顕正会などの悪しき体質をよくあらわしているような気がして、反面、面白く思えるところもある。

というのは、自分たちが気に入らない、自分たちにとって都合の悪い人物や団体を、徹底的に排斥するという手は、創価学会はもちろんのこと、日蓮正宗がよく使う手だからである。

御影堂4


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ