アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ: 日蓮原理主義教学・原理主義カルト批判

■論破65・龍神ひろしの見当外れな池上本門寺・初詣批判を笑う2   □アンチ日蓮正宗の日蓮原理主義批判は日蓮完全否定とは意味が全く違う   「アンチ日蓮正宗」に完全論破されて、言うことがなくなってしまった哀れな法華講員・龍神ひろしが、自らの捏造に基づいた、 ...

■「日蓮正宗」系が説く日蓮原理主義の害悪6・「王舎城事」   □「両火房と申す謗法の聖人・鎌倉中の上下の師なり、一火は身に留りて極楽寺焼て地獄寺となりぬ」   日蓮正宗・創価学会・顕正会等の「日蓮正宗」系団体の信者たちが、自分たちの非常識な折伏・布教活動 ...

■「日蓮正宗」系が説く日蓮原理主義の害悪5・「撰時抄」   □「建長寺・寿福寺・極楽寺・大仏・長楽寺等の一切の念仏者・禅僧等が寺塔をば焼きはらいて、彼等が頸を由比の浜にて切らずば…」   1275(建治元)年6月10日、日蓮54才の時の著書である「撰時抄」にも、驚 ...

■「日蓮正宗」系が説く日蓮原理主義の害悪4・「聖人御難事」   □「彼等にはただ一円に思い切れ。よからんは不思議。わるからんは一定と思へ」   1279(弘安2)年9月、駿河国熱原の農民信者ら20人が、鎌倉幕府側に逮捕されて鎌倉に護送されるという、いわゆる“熱原法 ...

■「日蓮正宗」系が説く日蓮原理主義の害悪3・「佐渡御書」   □「法華経を捨つるのみならずかへりて日蓮を教訓して我賢しと思はん僻人等が念仏者よりも久しく阿鼻地獄にあらん」   日蓮が佐渡流罪になった翌年の1272(文永9)年3月20日、佐渡島で顕した「佐渡御書」と ...

■「日蓮正宗」系が説く日蓮原理主義の害悪2・「顕立正意抄」   □「信心薄き者は設ひ千劫をば経ずとも或は一無間或は二無間乃至十百無間疑ひ無からん」   日蓮が自分の弟子・信者たちに対して、カルト的・狂信的信仰心を煽り立てている文は他にもたくさんある。中で ...

日蓮正宗大石寺、創価学会、顕正会等の「日蓮正宗」系団体が説く「日蓮原理主義」の害悪とは、具体的にどういうものなのか。   日蓮が文永元年12月13日、43才のときに著した「南条兵衛七郎殿御書」の一節には、次のような文を日蓮自らが書いている。   「たとひ五逆 ...

■日蓮正宗・創価学会・顕正会の日蓮原理主義とカルト宗教化問題2   □日蓮正宗、創価学会、顕正会等の「日蓮正宗」系団体と日蓮宗不受不施派の日蓮原理主義   日蓮正宗大石寺、創価学会、顕正会等の「日蓮正宗」系カルト宗教団体の日蓮原理主義と比較されるのが、岡 ...

■日蓮正宗・創価学会・顕正会の日蓮原理主義とカルト宗教化問題1   □日蓮正宗、創価学会、顕正会等の「日蓮正宗」系団体はまさに日蓮原理主義集団である   日蓮正宗大石寺、創価学会、顕正会等の「日蓮正宗」系団体のカルト宗教化問題について、その原因を日蓮原理 ...

↑このページのトップヘ