アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ: 実録・となりの創価学会員・法華講員

□創価学会の勢力維持に重大な関わりがある「創価学会メシ集団」の「結婚相手のお世話」活動2   仮に創価学会員の独身女子が全員、創価学会独身男子会員と結婚したとしても、創価学会独身男子会員全体の半数は、あぶれてしまい、創価学会の勢力は衰退してしまう上に、恋 ...

□創価学会の勢力維持に重大な関わりがある「創価学会メシ集団」の「結婚相手のお世話」活動   創価学会本部職員、公明党、創価大学、民音、東京富士美術館、東洋哲学研究所等々の外郭団体、外郭企業の職員等「創価学会でメシを食う」幹部集団、公明党議員による、一般 ...

□一般企業への就職が困難を極める創価大学卒業生に就職口を斡旋する公明党議員   進学、就職、結婚、融資、公団・公営住宅への入居、運転免許等々、ありとあらゆる生活の面倒を見る便宜供与・あっせん活動というと、世間一般の議員活動の主な活動のひとになっているよ ...

□かつて創価学会本部職員・外郭団体の職員等「創価学会でメシを食う」幹部集団を離れた人々   世間の常識・慣習からして、履歴書に「創価学会本部職員退職」とか「公明党本部職員退職」と書いてある人物を、一般企業が採用するなどということは、まずあり得ないし、履 ...

□池田大作が会長になった後、ガン細胞のように繁殖していった創価学会本部・外郭団体職員   池田大作が創価学会で絶対的権力を握るべく日蓮正宗信徒ナンバーワンの権威付けに止まらず、居士衣、賞与本尊、委嘱状などの大石寺史において最大級の権威ある『大功労者』と ...

□過去の法華講総講頭を超える大石寺史上前代未聞の“超破格”の待遇を得た池田大作2   1972(昭和47)年に正本堂落慶。大石寺66世細井日達法主も宗門僧侶も、事ある毎に池田大作や創価学会を絶賛する。大石寺66世細井日達法主は、在職中に大客殿模型、正本堂模型、壺、硯 ...

□大石寺66世日達法主から法華講総講頭に任命され全信徒のナンバーワンになった池田大作   池田大作の場合は、法の制定権や執行権を持っていたわけでもなく、警察や軍隊を持っていたわけでもなく、秘密警察や武装警察を握っていたわけではない。池田大作は、ヒトラー、 ...

□創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証1(権力構造)   居並ぶ創価学会幹部たちの面前で区本部長に対して実質的な解任を宣告してしまうとは、池田大作の権力は、それこそ超独裁権力と言うべきである。しかも記念懇親会という、総会でも本部 ...

□池田大作の寵愛を受けて出世した総区長・総区婦人部長夫婦と池田大作に干された区本部長   池田大作を頂点とした創価学会内部の権力構造を知る上で、象徴的な事例がいくつかある。そのひとつが1984(昭和む59)年末に起こった東京N区最高幹部の人事である。創価学会・東 ...

□聖教新聞等に載る池田大作の「虚像」に洗脳されていた1980年代のころの創価学会一般信徒   創価学会幹部は、何かにつけて池田大作の話しをするのを得意中の得意としている。例えば、創価学会の座談会でも、会館での大きな会合でも、必ず登壇する幹部の誰かが池田大作 ...

□創価学会員ではないのに参観した創価学会員限定公開の「創価学会55周年特別記念展」2   「創価学会特別記念展」に参観できるのは創価学会員だけのばずだったのに、小矢木隆(仮名)の「キミ、これに行ってみないか」と言う、まさに『鶴の一声』で、私にとっては願っても ...

□創価学会員ではないのに参観した創価学会員限定公開の「創価学会55周年特別記念展」   1985(昭和60)年という年は、創価学会ウォッチャーにとって『佳境の年』だったように思う。公明党の得票数・得票率等々から考えて、この1985(昭和60)年ころが創価学会として最高潮 ...

□何の前触れもなく「アンチ日蓮正宗」管理人の眼前に出没した非常識な布教活動の創価学会員   私は7月8日から10日までの間、実家に帰省していた。老いた父親の面倒を見なくてはならないし、これから旧盆を迎えるので、いろいろやらなくてはならないこともあった。帰省 ...

□うんざりして辟易した創価学会員たちの「上から目線」・上意下達の全体主義的体質   創価学会は表向きは、何かにつけて「地域でみんなの意見を出し合って協議」だの「世界平和の団体」だの「民主主義の時代」だのと言っていたが、しかし私に言わせれば、創価学会ほど ...

□一般の人も通る公道をほとんど占拠して私物化する創価班と公道をカメラで監視する創価学会   私は、1984~1985年、小矢木隆(仮名)の劇団Nにいて、「鍋宴会」によく顔を出して「太陽作戦」を展開していたころ、小矢木隆(仮名)に誘われて創価学会のN文化会館や東京戸田 ...

□1985年に創価学会N文化会館の会合で見た“絶頂期”の森田一哉理事長   1985年ころのある日、小矢木隆(仮名)が「N文化会館に、森田一哉理事長が来るから、来てみないか」と、誘われたことがあった。 私は「太陽作戦」で、創価学会のことをいろいろと研究していたが、創 ...

□「女よこせ・金よこせ」の公明党国会議員が創価学会会合で語った女子部員との結婚裏話   1985(昭和60)年は東京都議会議員選挙、1986(昭和61)年の衆参ダブル選挙のとき、小矢木隆(仮名)に連れられて創価学会・東京N区の中心拠点であるN文化会館で行われた「総決起大会 ...

□「公明党で国会の過半数の議席を取り政権を取る」ことをはっきりと明言した創価学会幹部   1985(昭和60)年当時においてすでに、私は書店において創価学会批判の書籍を買い求めたり、あるいは図書館に所蔵される創価学会批判の書籍を読んだり、創価学会批判の記事が出 ...

□選挙戦になると何の疑問も抱かずに政教一致の公明党支援活動に没頭していた創価学会員   「なぜ創価学会は公明党をつくったのか」「創価学会はなぜ公明党議員を応援するのか」「なぜ宗教団体である創価学会が公明党という政党をつくって選挙戦を応援するのか」との問 ...

□「なぜ創価学会が公明党をつくって公明党を支援するのか」の問いに答えられない創価学会員   1985(昭和60)年は東京都議会議員選挙があり、1986(昭和61)年は衆参ダブル選挙があった年である。参議院議員選挙は当初から予定されていたものだが、衆議院議員選挙のほうは ...

□表向きはエリート創価学会員の顔なのに実際は創価学会に完全に背を向けていた創価学会員   創価学会東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)のエリア内にある野外特設リングでのプロレス興行で見かけた創価学会員は他にもいた。それが谷山順一(仮 ...

□プロレス大好きの創価学会員とプロレス大嫌いの創価学会員による創価学会内部の暗闘2   鍋島由雄(仮名)は、創価学会東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の壮年部ブロック長。地区部長・井畑徳三(仮名)、地区幹事・小矢木隆(仮名)、高畑義三(仮 ...

□プロレス大好きの創価学会員とプロレス大嫌いの創価学会員による創価学会内部の暗闘1   かつて私が東京N区に住んでいたころ、近所には広い公園があり、野球ができるくらいの広いグ1ラウンドがあった。この公園のグラウンドに、毎年8月の旧盆の頃、アントニオ猪木の新 ...

□表向きは創価大学生や創価大学OBをおだてながら裏ではボロクソに批判していた創価学会員   東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の地区幹事・小矢木隆(仮名)は、「鍋宴会」によく男子部幹部を連れてきていた。それら男子部部長、副部長、地区リ ...

□無宗教、他宗派を頭から見下す思い上がり、うぬぼれた驕慢極まりない態度だった創価学会員   東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の地区幹事・小矢木隆(仮名)は、自宅でほとんど毎日のように「鍋宴会」を行い、自らが経営する会社関係者、劇団 ...

□結婚の質問に「創価学会に入ったら彼女が出来るよ」とハッタリを言った創価学会幹部   創価学会の東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)男子部部長は清水谷文夫(仮名)で、副部長が瀬古口敏夫(仮名)。清水谷文夫(仮名)は酒好きで、しかも人前で自分の創価学会幹部とし ...

□池田大作が日蓮の再誕だの四条金吾の再誕だのと本気で議論していた創価学会員   小矢木隆(仮名)、井畑徳三(仮名)、高畑美枝子(仮名)らがいる創価学会の東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)の地区リーダーの一人、谷本憲司(仮名)は子どもの頃から、両親が創価学会員 ...

□社会人になって職を転々とする創価学会員の転職を「功徳だ」と言っていた創価学会員   小矢木隆(仮名)宅の「鍋宴会」には、とっかえひっかえ、いろいろな創価学会員が来ていた。「鍋宴会」そのものは、元々、小矢木隆(仮名)の酒好き、鍋好きからはじまったものなのだ ...

□「太陽作戦」で判明した創価学会員同士の恋愛結婚にまつわる創価学会の内部矛盾   劇団Nのオーナー兼プロデューサーで、創価学会の東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名) 三丁目公園地区(仮名)の地区幹事でもある小矢木隆(仮名)宅の「鍋宴会」は、連日連夜、小矢木隆 ...

□創価学会幹部からもらったチケットを片手に行った有名歌手の安普請なコンサート   さて「隣の学会員・法華講員」シリーズの話しを再び「鍋宴会」の話しに戻したい。 劇団Nのオーナー兼プロデューサーで、自宅で鍋宴会を主宰する小矢木隆(仮名)は、創価学会の東京N区 ...

□「北風作戦」を一時封印して「太陽作戦」に転換した80年代の対日蓮正宗・対創価学会作戦2   1980年代半ば、なぜ「北風作戦」を一時封印して「太陽作戦」に転換したのか。他にもこんなことがあった。ちょうど私が中学生、高校生のころ、私の母親が立正佼成会の教会に行 ...

□「北風作戦」を一時封印して「太陽作戦」に転換した80年代の対日蓮正宗・対創価学会作戦   創価学会の教線拡大の大きな要因のひとつは、「大石寺」「日蓮正宗」という「伝統仏教の仮面」をかぶっていたこと。そして日蓮正宗が過激な折伏・布教活動を行う創価学会を積 ...

□「伝統仏教の仮面」をかぶり「伝統仏教の権威」で日本最大の宗教団体に膨張した創価学会   昭和40年代から平成にかけて、それこそ数多くの学者・評論家・ジャーナリスト等が、「なぜ創価学会が『折伏大進撃』によって日本最大の宗教団体に膨張したのか」というテーマ ...

□過激な折伏・布教活動を行う創価学会・妙信講(顕正会)を積極的に育成した日蓮正宗2   1990年12月以前の宗創和合時代の歴史というと、創価学会の「折伏大進撃」の勢いで創価学会員が増加するにつれ、創価学会が毎年、数十ヶ寺の日蓮正宗寺院を宗門に寄進していたとか、 ...

□過激な折伏・布教活動を行う創価学会・妙信講(顕正会)を積極的に育成した日蓮正宗   創価学会二代会長・戸田城聖は、戦後いちはやく布教活動を行って信者数を激増させていた立正佼成会の布教スタイルをパクって日蓮正宗・創価学会の中に取り入れた。そして戸田城聖は ...

□新宗教団体の急激な教線拡大・信者拡大により国会でも審議されていた「新興宗教脅威論」   昭和初期から第二次世界大戦後の高度経済成長時代に、信者数を膨張させた宗教団体は、何も創価学会だけではない。立正佼成会、霊友会、仏所護念会、生長の家等の新宗教もまた ...

□池田大作による「平和行動」「著名人対話」「名誉称号受賞」は立正佼成会のパクリである   さて創価学会よる立正佼成会のパクリは他にもある。それが創価学会・池田大作による「平和行動」「著名人との対話」「名誉称号の受賞」等々で、これらの「平和行動」(本当の意 ...

□創価学会・戸田城聖による青年部結成、宗教法人設立は立正佼成会のパクリである   創価学会二代会長・戸田城聖は、たしかに日蓮正宗寺院から距離を置いた信徒団体を造りあげ、強力な組織力で信徒の折伏を指揮したことが、創価学会の「折伏大進撃」による信徒数の急激 ...

□「伝統仏教の仮面」をかぶり「伝統仏教の権威」で日本最大の宗教団体に膨張した創価学会2   創価学会だけがここまで信者数を日本最大規模まで膨張させることに成功し、立正佼成会、霊友会、生長の家、天理教、オウム真理教や幸福の科学等の新興宗教は、布教が途中で頓 ...

□「伝統仏教の仮面」をかぶり「伝統仏教の権威」で日本最大の宗教団体に膨張した創価学会   2013年9月号「一個人」の保存版特集「日本の新宗教入門」p19に、文化庁編「平成24年版・宗教年鑑」および各教団の公称人数を元にした「全宗教法人信者数ランキング」が載って ...

□牧口常三郎の時代においてすでに日蓮正宗内の最大の信徒団体になっていた創価学会   創価学会だけがここまで信者数を日本最大規模まで膨張させることに成功し、立正佼成会、霊友会、生長の家、天理教、オウム真理教や幸福の科学等の新興宗教は、布教が途中で頓挫し、 ...

■伝統仏教(大石寺)の仮面、一般創価学会員に言及しない創価学会批判は的を得ていない2   □日蓮正宗からの破門以降も「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶりつづける創価学会、顕正会   創価学会だけがここまで信者数を日本最大規模まで膨張させることに成功し、立正佼 ...

■伝統仏教(大石寺)の仮面、一般創価学会員に言及しない創価学会批判は的を得ていない   創価学会員の真の姿を追求し解明していくことは、池田大作を頂点とした創価学会の権力構造の解明につながる。「なぜ創価学会員は池田大作の指導に洗脳され自ら池田大作に従属しよ ...

■1990年代に展開した「日蓮正宗カメレオン作戦」の原型になっていた80年代半ばの鍋宴会   福寿荘(仮名)、喫茶店・コンパウンド(仮名)、溝口工務店(仮名)、溝口個人会館(仮名)、夕陽ブロイラー(仮名)、同期電設(仮名)、ポンタツ(仮名)、小矢木隆(仮名)の劇団N等々、私が ...

□昔だけの事件じゃない、今でもあったロウソク・ポタポタ垂らすローソク責め事件   現在、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」で、管理人が創価学会員、顕正会員、法華講員等の「日蓮正宗系」カルト信者から受けた宗教被害について「隣の学会員・法華講員」と題し ...

■創価学会幹部の特権に酔いしれ池田崇拝、池田教の世界にのめり込んでいく創価学会員   池田大作が本山担当・輸送担当創価班員に、大石寺で配布していた「そば券」のせいか、累計で百回以上も「戒壇の大本尊」の「御開扉」を受けていた東京N区・光村本部(仮名)田元支部 ...

■池田大作の巧みで悪辣な人心操作で池田教信者になっていた本山担当創価班の創価学会員   東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)の男子部部長・清水谷文夫(仮名)は、創価班本山担当を長く勤めていた他、創価学会員の団体登山会の付き添い任務である輸送担当でも大石寺 ...

■普段はろくに勤行をしていないのに「守り本尊」を授与されて大喜びしていた創価学会幹部   創価学会幹部の紹介で、創価学会女子部幹部と「お見合い結婚」したことを、ことのほか大喜びしていた東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)の男子部部長・清水谷文夫(仮名)は ...

↑このページのトップヘ