アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

実録・となりの創価学会員・法華講員

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

公明党が創価学会から生まれ創価学会・公明党の政教一致体質を知らない若者はなぜ生まれたのか

□小学生のころの私が創価学会・公明党の知識を得た書棚に並んでいたブリタニカ百科事典

 

私も仕事の関係、父親の介護の関係、実家の近隣の関係等々で、若い人と話す機会がある。そういう機会は、今の若い人が何を考え、何を思考しているのかを知る貴重な機会でもある。その若い人はもちろん世間一般の人であり、創価学会、顕正会、法華講等の「日蓮正宗系」カルト信者はいない。大半が無宗教の人で、実家の近隣はほとんどが浄土真宗の檀家なので、浄土真宗の仏壇や墓地は持っているのだろうが、日常の宗教活動は何もしていない無宗教、無党派の人たちである。私がリアルに話しをする人の中には、私が正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の管理人をやり、「日蓮正宗系」カルト宗教批判活動を行っていることを知っている人もいれば、知らない人もいる。私は若い人たちと創価学会等「日蓮正宗系」カルト宗教のことについて意見交換する機会があれば、そのたび毎に私は創価学会等「日蓮正宗系」カルト宗教を批判するのだが、私の周囲にいる若い人たちも、創価学会等「日蓮正宗系」を批判する人、批判的な意見を持つ人ばかり。今まで私の眼前で創価学会等「日蓮正宗系」を擁護した人は一人もいない。世間から創価学会が嫌われる最大の原因は、創価学会員による強引・執拗な折伏・入信勧誘、公明党への投票干渉、聖教新聞の執拗なセールス。さらに創価学会の独善的体質、狂信的・盲信的・カルト信仰的な創価学会員・創価学会幹部、創価学会の宗教団体にあるまじき権力志向・支配志向の体質等々があげられる。世間から創価学会が嫌われる原因は、昔も今もそんなにかわっていないな、という印象である。この中で、私が注目したのは、世間の若い人は、創価学会員が選挙になると「公明党の○○に投票してくれ」「公明党に投票してくれ」などと干渉してくることを嫌っているのだが、公明党が創価学会から生まれたこと、創価学会と公明党の政教一致体質、公明党が池田大作の天下取り構想の先兵になっていることを全く知らない人が、かなりの数いるということ。特に公明党が創価学会から生まれたこと、創価学会と公明党の政教一致体質を知らない人がいることに驚かされた。なぜこうなったのだろうか。

ちなみに私の場合は、公明党が創価学会から生まれたことは、子どもの頃から知っていた。なぜなら、少なくとも私が小学生のころから、北陸の実家の私の部屋の書棚に、ブリタニカ百科事典がズラリと並んでいて、好奇心で私もその百科事典を読んでいた。なぜ私の部屋にブリタニカ百科事典があったのかは、わからない。おそらく、私の親が買って来たのではないかと思う。

その百科事典には、公明党が創価学会から生まれたこと。創価学会員の議員を集めて結成させた公明政治連盟を発展させ、創価学会の池田大作会長が公明党を創立したこと。公明党の支持母体である創価学会は、日蓮正宗から生まれた、日蓮正宗の信徒団体であることが、しっかりと書いてあった。私が小学生のころというのは、昭和40年代中頃のことで、まさに創価学会の「折伏大進撃」による信徒激増期のこと。日蓮正宗についての詳しい記述はなく、日蓮宗は知っていたので、「日蓮正宗?日蓮宗のまちがいかな?」「それとも日蓮宗の親戚なのかな?」ぐらいに思っていた。日蓮正宗についての詳しい知識が身についたのは、大学に進学した後のことである。

 

続きを読む

「あの二人は創価学会員だから気をつけたほうがいい」と忠告してくれた高校時代のクラスメイト

□「折伏大進撃」の時代の創価学会員の激しい入信勧誘をガンとして断り続けていた私の父親

 

私は18才のとき、大学進学で北陸から関東に移住。それ以来、東京都、埼玉県、神奈川県で創価学会員、顕正会員、法華講員などの「日蓮正宗系」カルト信者たちから宗教被害を受け続けてきた。それは、自叙伝「となりの創価学会員・法華講員」に記してきたとおりである。では18才まで住んでいた北陸では、どうだったのか。私の父親は、1966(昭和41)年に、今の実家がある場所に工場を建てて自営業を営み、2004(平成16)年まで38年つづけた。その取引相手に数人の創価学会員がいた。父親は、創価学会員からたび重なる入信勧誘・折伏を受けていたのだったが、父親はガンとして創価学会に入らなかった。あるいは実家があるT町に、昔から創価学会のカルト信仰をつづけている超カルト信者・中島(仮名)がいて、この男もかなり執拗に父親を創価学会に勧誘していたのだったが、父親はガンとして創価学会には入信しなかった。中島(仮名)は、一度、T町議会議員選挙に出馬したくらいの、地域の創価学会の有力信者である。結果は落選だったが、この町には今も公明党・町議会議員が一人いる。こういったことは、私の父母の話である。

私の場合、小学校、中学校は、この町の町立小学校、中学校に通学していたが、創価学会員の同級生は一人もいなかった。もちろん、創価学会員であることを隠す「隠れ創価学会員」はいたのかもしれないが、創価学会の「そ」の字、「が」の字も全く聞かなかったし、一度も創価学会の勧誘・折伏も受けたことはなかった。中学校を卒業後、私は金沢市内にある某私立高校に入学。あの当時、この高校には、のちに中日に入団する小松辰雄(現・、CBCテレビ・CBCラジオ野球解説者)が野球部に在学。私が高校3年生の時、ここの野球部は、「夏の甲子園」で簑島高校と延長18回の試合をやって敗退した、あの高校である。元巨人・元ヤンキースの松井秀喜や元プロレスラー・元国語科(古典)教諭・ロサンゼルスオリンピック (1984)レスリング日本代表だった自民党某国会議員もこの高校出身である。この高校に入学した1年生のとき、同じクラスに中田(仮名)と大下(仮名)の二人の創価学会員がいた。40人学級に二人の創価学会員だから、割合としては5%。あの当時、その高校は1学年に13クラスもあるマンモス校で、同じ学年でも1回も話しをしたことがない生徒がたくさんいた。1学年で530人以上の生徒がいたので、13クラス全体でみれば、もっと他にも創価学会員がいたのではないかと思われる。ではなぜ同じクラスの中田(仮名)と大下(仮名)が創価学会員だとわかったのか、というと、他の同級生が「あの二人は創価学会員だから気をつけたほうがいい」と忠告してくれたからである。高校1年のときの私の創価学会に関する知識は、創価学会員による父親の入信勧誘に関すること、1970(昭和45)年の言論問題のこと等に関して断片的な知識があるくらいで、なぜ創価学会員を警戒しなくてはならないのか、なぜ創価学会員を注意しなければならないのか、ほとんどわかっていなかった。私は高校生のころまで、創価学会をはじめとするカルト宗教に関する問題意識がほとんどなく、大学進学で東京に出て、「狂気の福寿荘(仮名)」をはじめとする創価学会等「日蓮正宗系」カルト被害に晒されたのが、「日蓮正宗系」カルトに関する問題意識が芽生えた最初。高校生のころは、金沢市内に住んでいたクラスメイトのほうが、問題意識が高かったと言えよう。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(262)~なぜ副会長を乱造し専従職員の大量採用をするのかとの質問に答えられなかった創価学会員

□なぜ副会長を乱造し専従職員の大量採用をするのかとの質問に答えられなかった創価学会員

 

創価学会の地域組織の幹部は、昼間はサラリーマン、自営業者、あるいは会社役員で、夕方から夜は創価学会幹部として創価学会活動に明け暮れている人が多い。が、創価学会の中核は彼らではない。創価学会の中核で屋台骨を支えているのは、創価学会は最高指導者・池田大作、会長を頂点にした創価学会・公明党・外郭団体の「複合企業体」で仕事をして、創価学会・公明党・外郭団体の「複合企業体」から給与をもらって生計を成り立たせている人、創価学会でメシを食べて生活している「創価学会メシ軍団」である。創価学会でメシを食べて生活している「創価学会メシ軍団」とは、創価学会本部職員や公明党議員だけではない。創価学会員のみならず、創価学会から仕事をもらい、創価学会員を相手に商売して創価学会でメシを食べて生活している創価学会員以外の人も含まれている。彼らは創価学会がつぶれてしまったら生活が成り立たなくなってしまう。だから彼らはほぼ間違いなく創価学会シンパ、公明党シンパであり、創価学会・公明党を宣揚・擁護し、創価学会・公明党を拡大させようとする。創価学会も「これだけ創価学会でメシを食っている人がいるのだから、もう創価学会はつぶせない」などという論理を引っ張り出してくる。彼ら「創価学会メシ軍団」に属する創価学会員は、地域幹部にとどまらず、分県・分区幹部、総県・総区幹部、総合本部幹部、全国幹部クラスの役職を持っているケースが多いようで、ブロック、地区、支部等の地域幹部からすれば、半ば「雲の上の幹部」の様子。創価学会東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の地区幹事・小矢木隆(仮名)宅の鍋宴会にもさすがに来たことはない。これには、創価学会では表向きの「建て前」では、創価学会員同士の酒席・宴席、創価学会幹部が主催する酒席・宴席が禁止されているという事情があると思われる。しかし創価学会は、創価学会員同士の酒席・宴席、創価学会幹部が主催する酒席・宴席を禁止していながら、池田大作が主宰して創価学会幹部を集めての酒席・宴席を平然と創価学会会館で行っていた。

鍋宴会に来ていた創価学会員は、一様に創価学会本部職員をはじめとする創価学会・公明党・外郭団体の「複合企業体」で仕事をして、創価学会・公明党・外郭団体の「複合企業体」から給与をもらって創価学会でメシを食べて生活している「創価学会メシ軍団」の人を、あたかも有髪の僧侶のように崇拝していた。「副会長の○○さんや総区幹部の××さんは、創価学会本部職員なんだ」というふうに、あたかも「特別な人」であるかのように言う。東京・信濃町の創価学会本部関連の会館・施設が密集する「創価学会村」には、専従職員がいるのは、あの当時から知っていたが、それにしても専従職員をはじめとする「創価学会メシ軍団」の人の数が多すぎはしないかとの疑問を持っていた。1980年代のころから、創価学会は大量の副会長を任命していて、あの当時において、すでに副会長の人数が百人を優に突破していた。創価学会員のほうは、「今は全国どこへ行っても副会長がいる時代になったなあ」などと言っていたが、マスコミ・週刊誌は「副会長インフレ」「役職インフレ」などと揶揄していた。ちなみに創価学会の序列は、池田大作がNO1で、会長がNO2。理事長がNO3で、NO4は副理事長。副会長はさらにその下のNO5である。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(261)~創価学会員支配の池田大作独裁権力の中核・創価学会本部職員・「創価学会メシ軍団」

□創価学会員支配の池田大作独裁権力の中核・創価学会本部職員・「創価学会メシ軍団」

 

創価学会という団体は、単なる宗教団体ではなく、伝統仏教の仮面、大石寺の仮面、宗教団体の仮面をかぶった実質的な政治団体である。したがって創価学会を宗教団体としての側面だほけで検証しても、間違った検証結果が出てくるだけである。創価学会は最高指導者・池田大作、会長を頂点にして、創価学会でメシを食べて生活している「創価学会メシ軍団」が中核にいて、創価学会の屋台骨を支えている。創価学会でメシを食べて生活している「創価学会メシ軍団」とは、創価学会本部職員や公明党議員だけではない。創価学会機関紙・聖教新聞や教学理論誌・大白蓮華等を取り扱う聖教新聞社には、編集・取材・発行・販売等の部署の他、聖教新聞の印刷を依頼している「外部」の新聞社・印刷所がある。そして創価学会員が経営する聖教新聞販売店があり、さらに個別配達を担当する配達員がいる。聖教新聞販売店が取り扱うのは、聖教新聞、大白蓮華のみならず、創価新報、公明新聞、月刊公明、潮、パンプキン、第三文明、グラフSGIといった、公明党や外郭団体の出版物も取り扱う。まさに複合企業型新聞販売店である。

創価学会から給与をもらって生活する専従職員がいるのは何も創価学会本部だけではない。創価学会本部周辺の「創価学会村」タウンの創価学会会館から全国各地の創価学会会館、公明党本部にも専従職員がいる。公明新聞の編集・取材・発行・販売を担当する職員から新聞記者がいて、それらは全て創価学会員。公明党前代表・太田昭宏氏は、公明党衆議院議員になる以前は、創価学会男子部長、青年部長、総合青年部長として創価学会中枢幹部だったが、同時に公明新聞記者であった。さらに潮出版社、第三文明社、報恩社、栄光建設、シナノ企画、創価大学、墓苑等の外郭団体・外郭企業にもそれぞれに専従職員がいて、それらは全て創価学会員であり、創価学会幹部である。これら創価学会の屋台骨を支える「創価学会メシ軍団」を支える財源は、創価学会の財務の募金であり、広布基金であり、聖教新聞や大白蓮華、御書講義等の出版収入であり、墓苑収入。これらは全て創価学会員の懐から搾取されているカネである。

創価学会でメシを食べて生活している「創価学会メシ軍団」には、創価学会員ではない人もいる。例えば、聖教新聞の印刷は、「外部」の新聞社・印刷工場で行われており、有料の仕事として請け負っている。月刊公明や潮、第三文明等の雑誌には、創価学会員ではない学者や評論家が登場して論文を発表しているが、この人たちも原稿料等をもらって有料で執筆している。聖教新聞の配達員は、聖教新聞の専従職員ではないが、労働報酬をもらって個別配達をしている。したがって、専従職員ではない創価学会員、創価学会、公明党、外郭団体から報酬を受け取って仕事をしている学者、評論家、新聞印刷工場、聖教新聞配達員も、池田大作・創価学会最高指導者を頂点とする創価学会の権力構造の中に、組み込まれていることは言うまでもない。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(260)~「ゆりかごから墓場まで」収奪システムが完璧に整備されている「政治団体」創価学会・公明党

□創価学会とは伝統仏教(大石寺・宗教団体)の仮面をかぶった実質的な政治団体である5

 

創価学会とは、伝統仏教の仮面、大石寺の仮面、宗教団体の仮面をかぶった実質的な政治団体である。創価学会の内部構造を検証していくと、他の政治団体よりも、他のどこの政党よりも、巧妙で、ほぼ完璧に近い政党・政治団体としてのシステムが整備され尽くしていることがわかる。

例えば、長く日本の政治の中枢で政治権力を握ってきた自民党(自由民主党)を例にとると、一般党員が納める党費、機関紙の売り上げによる機関紙収入、日本政府が交付している政党交付金の他に、企業が自民党支部に献金する企業献金がある。この企業献金が、政党交付金ができる以前は、自民党の大きな財源になっていたのだったが、この企業献金は、全ての企業が一律に自民党に献金しているわけではなく、献金している企業もあれば、献金していない企業もある。

かつて労働組合が、組合員からカンパを集めて社会党や民主党に献金する団体献金というものがあったが、全ての組合員がカンパを出しているわけではなく、カンパを出していない組合員もいた。自民党を支持する企業・団体の役員は、全員が自民党員になっているわけではなく、自民党員ではない人もいる。あるいは社会党や民主党支持の労働組合でも、組合員全員が党員だったわけではない。自民党と企業・団体、社会党・民主党と労働組合の関係は、かなりファジィーが部分があった。ところが、創価学会・公明党の場合、その経済的基盤は、他の政党、政治団体と比較して、はるかに強固であり、安定している。

創価学会に入信した新入信者は、入信の儀式として授戒・本尊下附があるが、宗創和合時代は日蓮正宗寺院に納めていた授戒料・本尊下附料の3000円は、1990年代以降は創価学会の懐の中に入っている。次に曼荼羅本尊を収納する仏壇を買い、シキミ、ローソク、線香を買わなくてはならないが、これは創価学会専門の仏壇屋で買わせる。次は、新入信者の創価学会員に、聖教新聞を買わせ、大白蓮華を買わせ、グラフSGIを買わせ、日蓮の御書全集、創価学会が出している御書講義、池田大作が書いた書籍、小説「人間革命」「新人間革命」等々を買わせる。これらを取り扱っているのは、聖教新聞取次店であり、創価学会の組織であり、聖教新聞本社。聖教新聞本社とは、法人になっておらず、創価学会の新聞・雑誌・書籍の販売部門のことで、これらは全て創価学会の収益になっている。極めつけは墓所で、創価学会は全国各地に創価学会員専門の巨大墓苑を経営しており、創価学会員はここに墓所を買わされる。これら巨大墓苑の収益も、全て創価学会の懐の中に入っていく。さらに創価学会の大規模巨大会館や講堂で行われる創価学会の本部幹部会や会合に出ると、入り口前に備えられた受付に、女子部員や婦人部員が待ち構えていて、白い袋の中に「広布基金」の名目で、献金を出させられる。この受付を素通りすることも不可能ではないが、創価学会幹部が目を光らせており、受付を素通りする創価学会員はほとんど皆無である。毎年12月になると、創価学会恒例の「財務」の募金があり、創価学会員は半ば半強制的に、財務の募金を強要される。さらに聖教新聞取次店では、公明党機関紙「公明新聞」や月刊「公明」等も取り扱っていて、これらを購読しているのもほとんどが創価学会員。こちらの購読料金は、公明党の懐に入っていく。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ