アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会・公明党の政教一致・同体異名体質批判

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(206)~選挙戦になると何の疑問も抱かずに政教一致の公明党支援活動に没頭していた創価学会員

□選挙戦になると何の疑問も抱かずに政教一致の公明党支援活動に没頭していた創価学会員

 

「なぜ創価学会は公明党をつくったのか」「創価学会はなぜ公明党議員を応援するのか」「なぜ宗教団体である創価学会が公明党という政党をつくって選挙戦を応援するのか」との問いは、創価学会の政治進出、基本理念に関わることであり、決してどうでもいい問題ではないはずだ。ところが一般の創価学会員、創価学会幹部のみならず創価学会副会長や公明党国会議員までもが、「なぜ創価学会は公明党をつくったんですか」「なぜ宗教団体である創価学会が公明党という政党をつくって選挙戦を応援するのか」との問いに答えられない。こんな不可解極まりない話しはない。1985(昭和60)年当時においてすでに、私は書店において創価学会批判の書籍を買い求めたり、あるいは図書館に所蔵される創価学会批判の書籍を読んだり、創価学会批判の記事が出ている週刊誌を買って読んだりしていて、すでに昭和30年代に池田大作が「天下をとろう」発言をしていたこと、あるいは昭和40年代の池田大作の「舎衛の三億」発言で、広宣流布された実際の姿として日本国民の三分の一が創価学会員、三分の一が公明党支持者、三分の一が創価学会批判者という主旨の発言、社長会記録の独立王国、創価王国、創価共和国発言、あるいは創価学会幹部会で「公明党で過半数の議席を占めて政権を取る」発言をしていることを知っていた。

だから私が創価学会員に「創価学会はなぜ公明党議員を応援するのか」「なぜ宗教団体である創価学会が公明党という政党をつくって選挙戦を応援するのか」と何度も問うたのは、「公明党で過半数の議席を占めて政権を取る」との答えを挑発した意味合いもあった。

しかし創価学会員は、小矢木隆(仮名)や他の創価学会幹部も同様、選挙が近づいて来ると、「創価学会では選挙戦をやるのだ」という前提、創価学会の中だけの慣習で動いている。創価学会員にとって、「創価学会はなぜ公明党議員を応援するのか」「なぜ宗教団体である創価学会が公明党という政党をつくって選挙戦を応援するのか」との疑問を挟む余地は全くないという感じに見える。さらに不可解だったのは、小矢木隆(仮名)は子どもの頃から創価学会員だったわけではなく、両親が創価学会員だった夫人に折伏されて創価学会に入った人だった。そんな人が「創価学会はなぜ公明党議員を応援するのか」ということについて、答えを明確にしないまま、ごく当たり前のように創価学会の公明党支援・選挙戦に加わっているのが何とも不思議だった。しかし小矢木隆(仮名)は、全くの無認識だったわけではなかった様子。ある時、「鍋宴会」に小矢木夫人が来た時のこと。夫人が「公明党衆議院議員の○○さんは、創価学会の役職は何なの」と質問。これにハッとした表情の小矢木隆(仮名)は、すかさず「公明党議員は創価学会では役職は持っていないよ。政教分離だもの」と言う。小矢木夫人が「ああそうか」とうなずく。私のほうをチラリと見ながら、嫌な顔をして喋る小矢木隆(仮名)。夫人の発言は部外者の前で聞かれたくなかった様子だった。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(75)~創価学会の公明党支援会合で堂々と会員に投票干渉を指導していた創価学会幹部

創価学会の公明党支援会合で堂々と会員に投票干渉を指導していた創価学会幹部

 

1983(昭和58)の統一地方選挙の公明党支援活動期間中、溝口個人会館(仮名)では、さまざまな創価学会の会合が開かれていた。あるとき、創価学会婦人部の末端の会員を対象にした座談会(?)らしき会合が開かれていた時のこと。

創価学会の折伏、聖教新聞の販売、公明党支援活動の主戦力は婦人部であることは有名であるが、その座談会では婦人部のベテラン幹部が、大勢の婦人部員の前で指導していた。

ところで選挙の投票日の当日は、婦人部員は投票所に投票に行くときに、自分がFをとった部外者宅を訪問して、いっしょに投票所に行く。創価学会員はこれを「連れ出し」と呼んでいる。

その婦人部ベテラン幹部の話しは、過去の選挙戦のときの自分の「連れ出し」の体験談であった。

その幹部の「連れ出し」体験の内容は、概ね、以下のような感じの内容であった。

 

--ある日、とある近所のFをとった中年女性を連れ出して、投票所に行きました。その女性には、なんども公明党候補者の名前をお願いして、本人も公明党候補者への投票を承諾していた。

それでいざ投票所でいよいよ個別のブースに入って、投票用紙に名前を書く時、なんとなく心配になったので、となりのブースにいたFの中年女性が、投票用紙に誰の名前を書いているか、覗いてみた。するとそのFの中年女性は、公明党候補者の名前を書かずに、共産党の候補者の名前を書いていた。びっくりした私(婦人部幹部)は、そのFの中年女性の足を思いっきり踏みつけてやった。するとその女性は、やっとそこで公明党候補者の名前を書いた。--

 

こんなような内容ですが、これは完全な違法行為、公職選挙法違反の投票干渉罪の容疑濃厚である。

この行為そのものも大きな問題であるが、創価学会の幹部が、大勢の婦人部員の会合の席で、こんな投票干渉の体験を話し、投票干渉を誘発するような指導をしていたことも、問題であろう。

こういう投票干渉を平気で行い、これが当たり前のように、というか、あたかも日蓮正宗・創価学会の信仰がいかにも熱心な信者の「武勇伝」の如く、創価学会の会合で平然と語られているばかりか、「あんたたちも、こういうことをやりなさい」と言わんばかりに、投票干渉を指導している創価学会幹部。

創価学会の公明党支援活動で、投票日当日に総ぐるみで行っている「連れだし」とは、実質的な投票干渉である。こんな活動は直ちに中止すべきである。

公明党本部1 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(73)~創価学会員を「功徳」で釣って?折伏や選挙支援活動に駆り立てている創価学会幹部

創価学会員を「功徳」で釣って?折伏や選挙支援活動に駆り立てている創価学会幹部

 

1983(昭和58)年の統一地方選挙、それにつづく参議院議員選挙で創価学会が繰り広げていた選挙活動を、私は溝口工務店(仮名)のバイトとして、傍から溝口個人会館(仮名)でイヤと言うほど見せつけられた。、私としては、創価学会と公明党はここまで政教一致の活動をやっているのかという驚きの目で見ていた。

選挙の公示が近くなってくると、創価学会の選挙戦のボルテージは盛り上がり、昼は婦人部、夜は壮年部、男子部、女子部、あるいは壮年、婦人、男子、女子の四者合同の唱題会やら、部員会やらが開かれていた。すさまじかったのは婦人部の唱題会。私は、昼飯を食べにいったん溝口工務店(仮名)に帰って、昼食をさて食べようかとしていたころに、個人会館のほうで始まった唱題会だった。それが午後6時半ころ、仕事が終わって溝口工務店(仮名)に帰って来たころ、まだそれが続いていたのである。「えーっ」という感じ。12時から始まった唱題会が午後6時半までつづいていたということは、何と6時間半もつづいていたことになる。

しかしそれにしても私は「こんなに長時間、一体何を祈っているんだろうか」と思い、たまたま溝田個人会館の仏壇の前に備えつけられていた「御祈念」と書かれたものを見てみると、そこには

「公明党市議会議員候補・中原浩司(仮名)さんの当選」と書かれていた。

何と驚くべきことに6時間も、公明党市議会議員候補の当選を祈っていたというわけである。

創価学会の公明党支援活動が、政教一致だの何だのという問題と同時に、こんな唱題会そのものを行うことが、宗教団体の行事として妥当なのかどうか、という問題もある。ここまで来ると、創価学会の信仰とは日蓮の名を借りた狂信的加持祈祷」にしか見えない。

 

それから、公明党市議会議員候補支援の会合がはじまったのだが、前に出た創価学会の幹部の話しは、選挙戦を闘うことを「法戦」「先生を守る戦い」「広宣流布の戦い」と言って煽り立てたり、「選挙支援の唱題に功徳がある」「自民党票や共産党票を公明党票にすることは折伏に通じる」と言ったり、「選挙支援活動=創価学会の広宣流布の活動」であり、そこに功徳があるということをモロに創価学会員たちに指導していた。

創価学会の会合で幹部が喋っている内容を聞いていると、唱題やら折伏やら聖教新聞の販売やら、何でも「○○をするところに功徳がある」なんていう感じで、「功徳」で創価学会員を釣って?、無理な創価学会の活動に駆り立てているという印象を強く持った。選挙支援活動にしても同じ。

とにかく功徳で創価学会員を釣って、やれFをもっととって来いだの、もっと動けだの、もっと題目をあげろだのと指導する。見ていると、創価学会の幹部は「功徳があるといって創価学会員を釣れば、創価学会員は何でも言うことを聞く」というふうに考えているのではないか、とすら思える。

創価学会本部1 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ