アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

遺文・偽書・真偽未決書・古文書・全文

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

「本尊三度相伝」3

三度

本尊相伝

 

大聖人云く既に諸仏の本意を覚り出離の大要を得る其の実は妙法蓮華経なり、又云仏滅後二千二百三十余年の間一閻浮提の内未曽有の大漫荼羅なり、朝に低頭合掌し夕に端座して勤め奉り末法弘通の大導師を歎ず御本尊は竪に十界現前し横に三諦相続する事明白なり、所以は何ん中央の経題を案じ奉る円融空諦所謂る森羅万法は妙法五字に摂して敢えて闕減せずと雖も而も已に其の躰を泯す故に是れ仮りに円融空諦を証するなり、惣躰所顕の十界は互具の仮諦と号するなり。所謂る釈迦多宝十方分身の諸仏所在の仏界なり、上行、無辺行、浄行、安立行等の四大士は本化の菩薩界なり、

 

普賢、文殊、弥勒、薬王等の諸薩・は迹化の菩薩界なり、迦葉、阿難、身子、目連等の尊者は縁覚声聞の二乗界、梵王帝釈、目月星宿、二王四天等は則天界なり、転輪聖王、阿闍世王等は又人界なり、阿修羅大竜等は次の如く修羅畜生の二界なり、鬼子母神十羅刹女等は餓鬼の大将なり、極悪の提婆達多は地獄界の手本なり、但不動愛染の二尊は十界に収納定らざるなり、天照太神、八幡大菩薩等の諸神は現前に付いて鬼神に摂す、之に加ふるに竜樹天親天台伝教等は正像二千の高祖大師なり、普く之を勧請し聊も載せざる無し、此れ即善悪凡聖大小権実皆悉く具足し擣篩和合本門至極の大漫荼羅の故なり、貴い哉上は仏界より下は地獄界に至る一界互具九界即ち百界と成る百界皆十如有り呼んで百界千如と云ふ、千如に三世間を加へ束ねて三千の法門を開く故に仮に十界互具と号するなり、委細解釈の如し彼の止観を見る可し、但彼の止観は己心に於いて之を観ずる故に理の迹門なり云云、今此の本尊を紙上に顕はし之を拝する故に事なり本門なり、円融空諦互具仮諦二法宛然として無二無別なり、是れ仮名相即中諦なり、釈に云く即此の仮法即空即中、中空二諦、二にして無二なり云云。

 

問て云く至心敬礼し本尊を拝見するに皆以つて漢字なり、何ぞ不動愛染に限つて西天の梵字を用るや、答て云く異説有りと雖も且く一義を述ぶ不動愛染の自躰梵字に於いて利益す可き故に漢字を略して梵字を載せ例せば陀羅尼品咒の如き梵音を聞いて得益す可き故に直ちに梵語を説いて漢語に翻ぜず、之に准じて知る可し云云。

 

是れ等当宗の大事秘蔵の奥旨なり、正機に非ざるよりは千金も伝ふる事なかれ、願くば門徒の法器を撰んで密に面授相伝す可し。

 

(表紙に云く)

初度本尊口伝上内三度あり日源之、本書日源の筆。

 

編者曰く本山蔵水口日源筆を以つて此を写す二三校訂を加へたるあり一所不明あり後賢之を訂せ。

本尊三度相伝1 

「本尊三度相伝」2

二度

本尊の聞き書き。

 

一、釈迦と申すは天照太神西天に釈迦と顕はれ諸仏の本誓妙法蓮華経を説き一切衆生悉く是れ吾が子なりと宣ふ、日本に又大明神と顕はれ正直に方便を捨つる本願の誓に酬て正直の頭に宿る、末法濁世の時は日蓮聖人と顕はれ諸仏の本意を顕はす、左れば釈迦上行天照太神、日蓮聖人只一躰の習にして釈迦幼少の御名は日種と、天照幼少の御名は日神と云ふ最も謂れあることなり、其れ天照太神と云ふときんば法華本迹の躰にて御座すなり、天照太神は面は女躰にて御座せとも実には陰陽和合神にて御座すなり、天と云ふ字は二人と書く是れ則陰陽の二なり、明神の明と云ふ字は又日月と書けり則ち日月は陰陽の躰、本迹の二門なり。

 

一、日蓮聖人は上行等四菩薩にて御座すなり、日蓮の蓮字は遶辶をば行と読むなり、行と云ふ字一合するなり、日蓮の蓮のそばに点を打つ事則有想無想の二点なり、是れは字点を表するなり云云。

 

一、四天を書く時は北方多聞天と云つて鬼門の方を守るなり、本尊は爾らず是れは本門寺の戒壇建立の時の面なり、然り而るに本門寺の戒壇は西面に立つ可きなり、其の故は像法の時は仏法東漸す西土より仏法を渡す、末法に至つては西土へ仏法を渡すなり故に西を守て西面に立つ可きなり、西面に立つ自ら鬼門の方と成るなり。

 

一、八幡大菩薩の躰即法華経なり、其の故は八とは法華八軸なり、幡とは篇は巾篇是れ則衣裳の類なり、作りは米と云ふ字を上に書き下に田と云ふ字を書く是れ則米穀の類なり、左れば衣食二つ併ら八幡の恩徳なり、仏性の種子を心田に下す之を思ふ可し、大明神の手本には八幡にて御座すなり明と云ふ字は前の如し。

 

一、上行菩薩は多宝の脇に居し玉ふ事、天竺の礼法然る可き人、客人の脇に居するなり、多宝如来は客仏にて御座す故に地涌の上首たる上行多宝の脇に居し玉うなり云云。

一、本尊は皆漢字なり何ぞ不動愛染の二尊を梵字に書くやと云はるるは大師悉曇梵字を知る故に梵漢に通ずる義を顕はし玉ふなり。

本尊三度相伝2 

続きを読む

「本尊三度相伝」1

「本尊三度相伝」

 

一、本尊口伝

 

(図、略す)

示して云はく此の五形は我等が本分なり、迹門には此の五形一々に挙げず只ふさねて境と説く、此の五形の境を始覚の智と云ふ、爰を以つて方便品に云はく其深無量乃至諸法実相と、釈に云く境の淵・辺り無き故に甚深と云ひ智の水・測り難き故に無量と云ふ文、

 

又諸法は境なり実相は智なり、宝塔品の時多宝の境・釈迦の智と一塔に座し玉ふ事は境智不二の淵源を表するなり云云、此の境智不二は何物ぞ即我等衆生無始より今に至るまで受る所の生死なり、色心境智なり、千草万木の動静なり云云、多宝已に入滅は是れ死なり、釈迦未だ入滅せず是れ生なり、此の動静の二を色心に当つる時心は動なり色は寂なり、故に多宝は我等死々の死相、釈迦は我等生々の生貌なり、二仏一塔に座すとは即生死即死生なり、此の如く生死一躰なるを不生不滅大涅槃とは云ふなり、若し理智に約せば釈迦は我等が四陰心躰なり、心には動転の用有る故に釈迦には説法あり、多宝は我等が色陰の躰なり色は寂なり故に多宝は法を説かず、若し此の意を得ん者は我等が色心を動かさずして全く釈迦多宝なり、是を迹門にては即身成仏と説けり本門にては我実成仏と説けり、釈には無始の色心、本是れ理性・妙境妙智なりと釈す、伝教大師は一教の玄義に此の智と是の境とあり文。

 

一教とは法華独一の教なり玄義とは此の五形玄微の故に玄と云ひ深く由ある故に義と云ふ、凡そ法華二十八品の肝要只境智妙法の五形なり、本迹各境智不二の義有りと雖も迹門には始覚の転迷を論ず故に恵能く惑を破するに約し・面に智門を立つ、故に釈迦は右なり智なり、本門には本覚即徳を談ず、故に理に約して断結に能はず・面に理門を立つ、故に多宝左に在り左は理なり、然りと雖も互ひに境智色心・定恵、生死等は具足するなり是れを境智冥合とは云ふなり、余は之れに准じて知る可し、爰を以つて大智の文殊は序品に居して此の経を発起し大理の普賢は経末に出でゝ此の典を流通す、証前起後・宝塔品に二仏一塔に住する即ち此の義を表するなり、所詮此の如き種々の深義何物ぞ但た我等が五形は境智なり、我等が色は多宝・我等が心は釈迦と談ずれば我等が無言は多宝の無説・我等が言説は釈迦の有説なり、釈に云く若し此の意を得ば掌菓を観るが如く法華一部の方寸知る可し文、此の方寸とは我等が五形の根源なり、此法門最秘々々口外に出す可からず口外に出す可からず。

本尊三度相伝1 


続きを読む

「御本尊七箇相承」

「御本尊七箇相承」

 

一、十界互具の事義如何、示して云はく釈迦多宝は仏界なり・経に云はく然るに我実に成仏してより已来乃至或いは已身を説き云云、上行等の四菩薩は菩薩界なり、経に云はく一を上行と名づけ等云云、地涌千界乃至真浄大法等云云、舎利弗は声聞界なり・花光如来云云、縁覚界は其の縁覚を求むる者乃至具足の道を聞かんと欲す云云・縁覚界所具の十界なり云云、大梵天王は天界なり、経に云はく我等も亦是の如く必ず当に作仏することを得べし云云、転輪聖王は人界等なり、経に云はく衆生をして仏の知見を聞かしめんと欲す云云、若し人仏の為の故に皆已に仏道を成ず云云、婆稚阿修羅王は修羅界所具の仏界なり云云、竜女竜王等は畜生界なり、経に云はく竜女乃至等正覚を成ず云云、十羅刹女は餓鬼界なり、経に云はく一名藍婆云云、提婆達多乃至天王如来は地獄界なり、已上是れは一代の大綱応仏の上の沙汰なり(此に於いて十界に摂するに二義あり常の如し)。

 

二、真実の十界互具は如何、師曰はく唱へられ給ふ処の七字は仏界なり・唱へ奉る我等衆生は九界なり、是れ則ち四教の因果を打破つて真の十界の因果を説き顕はす云云、此の時の我等は無作三身にして寂光土に住する実仏なり、出世の応仏は垂迹施権の権仏なり秘す可し秘す可し。

 

三、点を長く引き給ふ事如何、師の曰はく一閻浮提の内に妙法を流布せんとの慈悲深き流通精進の心なり、水の流れ絶へざるは日蓮の慈悲広大の義なり。

 

四、点を王に必ず打ち給ふ心如何、師の曰はく法華は諸経中王の故に大王の故に、小王の時は此の点無し、大王経の眷属の故に・又守護なる間点を打ち加へ給ふなり。

 

五、梵字は不動愛染に限る事何の意有りて遊ばざるるや、師の曰はく西天より梵字を三蔵等将来して和漢の二字と成す目前なるものなり、我が仏法も亦復是の如し遠沾の翻訳仮字を梵漢に通ず可き先兆なり。

 

六、序正流通の中には何れぞや、師の曰はく流通分の大曼荼羅なり流通とは末法なり、久遠本果の名字の妙法蓮華経の法水・末代の我等が耳に流入す可しと云ふ三仏(釈迦多宝分身)の御約束なり、在世は正宗が面と成り・減後は流通が面と成るなり、経文解釈分明なり。

御本尊七箇相承1 


続きを読む

「産湯相承事」

「産湯相承事」

 

日興之を記す 

御名乗りの事、始めは是生、実名は蓮長と申し奉る。後には日蓮と御名乗り有る御事は、悲母梅菊女〈童女の御名なり〉平の畠山殿の一類にて御座す云云。

法号妙蓮禅尼の御物語り御座す事には、我に不思議の御夢想あり、清澄寺に通夜申したりし時、汝が志真に神妙なり、一閻浮提第一の宝を与へんと思ふなり、東条片海に三国の太夫と云ふ者あり、是を夫と定めよと云云。

 

其の歳の春三月二十四日の夜なり、正に今も覚え侍るなり。我父母に後れ奉て已後、詮方なく遊女の如くなりし時御身の父に嫁げり。

或夜の霊夢に曰く、叡山の頂に腰をかけて近江の湖水を以て手を洗て、富士の山より日輪の出でたもうを懐き奉ると思て、打ち驚て後月水留る、と夢物語りを申し侍れば、父の太夫我も不思議なる御夢想を蒙むるなり。

虚空蔵菩薩、貌吉き児を御肩に立て給ふ。此の少人は我が為には上行菩提菩薩なり。日の下の人の為には生財摩訶菩薩なり。亦一切有情の為には行く末三世常恒の大導師なり。

是を汝に与へんとのたもうと見て後、御事懐妊の由を聞くと語り相いたりき。さてこそ御事は聖人なれ。

又産生まるべき夜の夢に、富士山の頂に登て十方を見るに明なる事掌の内を見るが如し、三世明白なり。 梵天・帝釈・四大天王等の諸天悉く来下して、本地自受用報身如来の垂迹上行菩薩の御身を凡夫地に謙下し給ふ、御誕生は唯今なり、無熱池の主阿那婆達多竜王八功徳水を応に汲み来るべきなり、当に産湯に浴し奉るべしと諸天に告げ給へり。 仍て竜神王即時に青蓮華を一本荷い来れり。其の蓮より清水を出して御身を浴し進らせ侍りけり。

其の余れる水をば四天下に灑ぐに、其の潤ひを受くる人畜草木国土世間悉く金色の光明を放ち、四方の草木花発らき菓成る。

男女座を並べて有れども煩悩無く。淤泥の中より出れども塵泥に染まず。譬へば蓮華の泥より出でて泥に染まざるが如し。

人・天・竜・畜共に白き蓮を各手に捧げて日に向て「今此三界 皆是我有 其中衆生 悉是吾子 唯我一人能 為救護」と唱へ奉ると見て驚けば、則ち聖人出生し給へり。

「毎自作是念 以何令衆生 得入無上道 速成就仏身」と苦我啼き給ふ。

我少し寐みし様なりし時、梵帝等の諸天一同音に唱へて言く、善哉善哉善日童子、末法教主釈迦仏と三度唱へて作礼して去し給ふと寤に見聞きしなりと、慥に語り給ひしを聞し食し、さては某は日蓮なりとの給ひしなり。

聖人重ねて曰ふ様は、日蓮が弟子檀那等悲母の物語りと思ふべからず、即ち金言なり。其の故は予が修行は兼ねて母の霊夢にありけり。

産湯相承2 


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ