アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

アンチ日蓮正宗・主宰者・管理人

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

「アンチ日蓮正宗」管理人は政治的発言を控えさせていただいております

時折、「アンチ日蓮正宗」管理人に政治的な問題についての質問が寄せられたり、あるいは特定の政党、特定の政治問題、特定の政策について見解を求められたり、支持を求められたりすることがありますので、ここで一言、述べさせて頂きます。

 

「アンチ日蓮正宗」管理人は、かつてmixiをやりはじめて5年くらいの間は、政治的、経済的な内容の日記等を書いており、積極的に政治的問題について発言をしていた時期がありました。

しかしここ数年来は、創価学会と公明党の政教一致問題、公明党に関する問題を除き、政治的発言を一切、控えさせて頂いており、過去に政治問題について発言した日記等を全て閉鎖させて頂きました。

なぜこういうことをしたのかということですが、それは「アンチ日蓮正宗」の参加メンバーの方や支持者の方々は、政治的な立場、政治思想はまさに千差万別であります。それこそ保守的な方もいれば進歩的な方、社会主義的な思想の方、共産主義思想の方、脱原発の方、原発再稼働派の方、死刑廃止派の方、死刑存続派の方、日本維新の会支持の方、不支持の方…、それこそ右から左まで、さまざまな方がいらっしゃいます。

政党支持についても自民党支持の方、民主党支持の方、日本共産党支持の方、社会民主党支持の方、日本維新の会支持の方、生活の党支持の方、みんなの党支持の方、等々、さまざまな方がいらっしゃいます。

「アンチ日蓮正宗」とは、反日蓮正宗宗門、反創価学会、反顕正会、反正信会を基本路線においており、特定の政治問題、特定の政党について支持するということは一切行っておりません。

「『アンチ日蓮正宗』は、どこの宗教・宗派・政党・団体も擁護したり応援したりはしません。このコミュニティの主旨は、無宗教が本筋とする意味でもありません。」

「管理人は、なんかの宗教に入ってるわけでもないし、共産党に入っているわけでもない。無宗教です。管理人はどこの政党や団体にも所属していません。何らかの宗旨宗派もしくは教派教団の教義やイデオロギーを支持する立場にもありません。」

という基本方針は、2005年にmixiで「アンチ日蓮正宗」を設立してから、2012年に「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」を設立し、今日に至るまで一貫して堅持しておるところです。

そういう中で、「アンチ日蓮正宗」管理人が政治問題や公明党以外の特定政党について発言することは、適当ではないという判断を下すに至りました。そのような事があり、「アンチ日蓮正宗」主宰者という立場上、数年前から政治的、経済的な内容の書き込み、日記、ボイス、発言等を控えることにしております。

政治問題や特定政党について発言は控えておりますが、創価学会と公明党の政教一致問題、公明党問題については、従前と同じように、ひきつづき積極的に発言していきます。

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗」管理人のmixi日記・ボイス・フォト・メッセージは友人限定です

2012年は、「アンチ日蓮正宗」管理人が、mixiを中心に「アンチ日蓮正宗」の活動をはじめて7年めになり、これまでのさまざまな結果・成果や問題点等を踏まえて、mixiGREE、ブログ等の見直しを進めてきました。

2012年から「アンチ日蓮正宗」管理人のmixi日記、ボイス(つぶやき)、フォト・メッセージについては、友人限定公開に変更させていただいております。

これは、今年に入って、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「アンチ日蓮正宗・オフィシャルツイート」「仏教宗学研究会のブログ」「仏教宗学研究会ツイート」を設立。又、mixiページ・アンチ日蓮正宗をはじめとするmixiページを4本立ち上げました。

「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」やmixiページ・アンチ日蓮正宗ほうで全体公開の記事・情報をどんどんUPしておりますので、これと対比する形で、mixi日記・ボイス、フォト・メッセージのほうを、友人限定とさせていただいています。

 

■アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/

■アンチ日蓮正宗・オフィシャルツイート

https://twitter.com/anti_nichiren

■仏教宗学研究会のブログ

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/

■仏教宗学研究会ツイート・公式アカウント

https://jp.twitter.com/bukkyoshugaku

 

これは、以下の理由によるものです。

 

1 mixi日記を全体公開にしても、ヤフー、グーグル、ライブドア、アットサーチ等の検索エンジンにヒットしないこと

2 mixi日記の検索は、日記を書いてから1週間のみヒットするだけであること

3 今までの全体公開のmixi日記にイイネやコメントをつけていただいた方は、そのほとんどがマイミクさんであったこと

4 全体公開の効果としては、mixi日記よりも、ヤフー、グーグル、ライブドア、アットサーチ等の検索エンジンに半永久的にヒットするブログのほうが、効果的であること

5 mixiプロフィールや日記に無断潜入して、スパイ活動をする法華講員が後を絶たないこと

6私が管理する「アンチ日蓮正宗」コミュニティをはじめとするコミュで、書き込みをした方にスパムメールを送りつける法華講員のバカ者が後を絶たず、「アンチ日蓮正宗」コミュニティ等にご参加いただいている方の交流に支障をきたしていること

アンチ日蓮正宗3


続きを読む

下記に該当する人はアクセスブロック・アクセス禁止とさせていただきます

私もずいぶん前から、mixiプロフにて、アクセスブロックにする基準を公開しておりました。

「下記に該当する人はアクセスブロックとさせていただきます」

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1523051030&owner_id=1644037

 

しかしその後、さまざまな状況の変化があり、さらに加えて最近は、「アンチ日蓮正宗」や管理人に対して、さまざまな妨害活動をやらかす者が増えてきております。

具体的には、以下のような感じです。

 

1最初から管理人をアクセスブロックにして、妨害活動やスパイ活動をやっている者

2 管理人の日常の仕事を詮索して、妨害活動をしようと試みている者

3 mixi日記・mixiコミュニティ・mixiページのみならず、管理人が運営する、ありとあらゆるコミュニティやmixi外のサイトまで、アラシや妨害行為を行う者

 

私も、mixiGREEをはじめ、さまざまなサイトを運営しておりますが、これらを行っている目的は、「アンチ日蓮正宗」や管理人に対しての妨害行為・スパイ活動・アラシ行為等々を奨励するためではありません。当たり前のことです。

又、これらのアラシ行為、妨害活動やスパイ活動に対抗するため、「アンチ日蓮正宗」管理人のほうでも、セキュリティ対策を講じました。具体的には

 

1 mixi日記・mixiボイス・mixiフォト等、mixiプロフのコンテンツをマイミクさん限定公開に変更

2 mixiメッセージの受信を一部の例外を除いて、マイミクさん限定に変更

3 mixiGREEの「アンチ日蓮正宗」コミュニティを非公開コミュニティに変更

4 mixiプロフのコンテンツから仕事に関する情報を全て非公開に変更

5 従来のmixi日記検索フォームを全て非公開ないしはマイミクさん限定に変更

 

このようなセキュリティ対策を行ったところ、実際にアクセスブロックを行った者がmixiページで

「どうしてオレはアクセスブロックになったのか」

という問い合わせがあり、mixiプロフに「下記に該当する人はアクセスブロックとさせていただきます」をUPしていたのでは、アクセスブロックになった者が、これを見ることが出来ないという、極めておかしな矛盾が発生いたしました。()

そこで「下記に該当する人はアクセスブロックとさせていただきます」を、改めて「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」にUPすることにしました。

尚、さまざまな状況の変化等を考慮して、アクセスブロックにする基準を、従前の基準から一部改正をしております。

アンチ日蓮正宗4


続きを読む

「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である2

「アンチ日蓮正宗」主宰者・管理人は、どの宗教も信仰していないし、どの宗教団体にも所属していない。何らかの宗旨宗派もしくは教派教団の教義やイデオロギーを支持する立場にもないし、どこの宗教・宗派・宗教団体も擁護したり応援したりしない無宗教です。

日蓮2


こう言うと

「『旅紀行』やら『ぶらり旅』やらで、寺院巡りに行っているじゃないか」

「今年は池上本門寺に初詣に行ったじゃないか」

などと、的外れな言いがかりをつけてくる法華講員がいる。

 

何度も言っていることだが、無宗教とは、一定の信仰を持たないこと、信仰する宗教をもっていないことであり、一切の宗教拒否という意味ではなく、一切の宗教施設に絶対に参詣しないという意味でも、もちろんない。

無宗教を標榜する人の中には、「神社・寺院など宗教施設の名のつくところへは、絶対にどこへも一切行かない」という、かたくななまでに宗教&宗教施設絶対拒否の人もいるでしょう。しかし、そういうのは「無宗教」であるかどうかの要件ではない。

「無宗教」というのは、一般的な概念は、辞書にあるように「一定の信仰を持たないこと。信仰する宗教をもっていないこと」ということである。

 

もうひとつ言っておくと、日蓮正宗のカルト信者は、池上本門寺をはじめとする日蓮宗寺院に参詣している人は、全て日蓮宗寺院の信者か、日蓮無謬論者だけだと思っているようだが、これもとんでもない見当違いである。

池上本門寺をはじめとする日蓮宗寺院には、もちろん日蓮宗の信者も参詣しているが、それ以外にも、日蓮宗以外の他宗の信者から無宗教者をはじめ、それこそさまざまな人が参詣しているのである。

日蓮宗の寺院は、宗外にも広く門戸を開いている宗旨なのであり、日蓮正宗系のような排他的・閉鎖的な体質は持ち合わせていない。

 

ごく一部に、日蓮宗不受不施派のように、自宗の信者以外の参詣をかたくなに拒否するような排他的・閉鎖的な体質をもつ宗派が存在しているが、こういった宗派は、数多くある仏教宗派の中では、極めて例外的なものである。

日蓮宗に限らず、仏教寺院という所は、自宗の信者に限らず、参詣の門戸を広く開放しているのであり、仏教寺院に参詣したからといって、無宗教ではないというものではない。法華講員のあまりの見当違いな謬見に、失笑を禁じ得ない。

 

日蓮正宗のカルト教義に洗脳されてしまうと、世間の一切が日蓮正宗のような閉鎖的なものに見えてしまうのだろうか。全くもって、お気の毒の極みである。

 

 

「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である1

一部の僧侶や法華講員あたりが、「アンチ日蓮正宗の主宰者は創価学会員ではないか」

「いや、福島源次郎・石田次男・大橋敏雄派の創価学会員ではないか」

「顕正会の信者ではないか」「創価学会、顕正会、正信会のいずれかの信者ではないか」

「日蓮正宗を除名か、退転したかの元信者か、正信会の信者ではないか」

など、いろいろと得意の妄想をたくましくして、自慰的予想をしているようであるが、残念ながら、全て間違いである。中には悪意の決めつけもありますが、全てハズレ。

 

私こと「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は、無宗教である。

これは、私が最初に2005年にmixi「アンチ日蓮正宗」コミュニティを創設したときから公言していることである。

日蓮2

 

「無宗教」というのは、日本国語大辞典によれば

「信ずる宗教を持たないこと。また、どの宗教にも属さないこと。」

と載っている。

又、フリー百科事典・Wikipediaは、「無宗教」について

「無宗教(むしゅうきょう)とは、概して特定の宗教を信仰しない、または信仰そのものを持たないという思想・立場を指す。 無宗教はしばしば無神論と混同されるが、異なる。」

と定義している。

「無宗教」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E5%AE%97%E6%95%99

 

私は、一定の信仰を持ってはいないし、信仰する宗教をもっていない。どの宗教も信仰していないし、どの宗教団体にも所属していない。何らかの宗旨宗派もしくは教派教団の教義やイデオロギーを支持する立場にもないし、どこの宗教・宗派・宗教団体も擁護したり応援したりはしていないわけだから、「無宗教」という言い方は、当然ではないか。

 

こう言うと「江戸時代から、どこかの宗派の檀家だったはずだ」と、こう来るが、私の実家の江戸時代からの菩提寺の宗派は浄土真宗大谷派である。これは京都の東本願寺(真宗本廟)を本山とする宗派で、私の実家のある地域では、99%以上の家庭が浄土真宗大谷派の檀家になっている。

しかし、私の祖父母の代、父母の代に、菩提寺住職と悶着が何度もあり、菩提寺だった寺院からは、離檀しているのである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ