アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺史24・創価学会の折伏と富士門流七本山vs日蓮正宗の紛争

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

西山本門寺50代貫首になったが裁判敗訴で西山本門寺退去・除歴された吉田義誠(日勇)氏

■静岡・富士宮市本山下条妙蓮寺45代住職・吉田日勇(義誠)氏の真実2

 

□西山本門寺50代貫首になったが裁判敗訴で西山本門寺退去・除歴された吉田義誠(日勇)

 

日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」に発表された吉田日勇氏の住職歴を見ると

「昭和30723日 百貫坊住職」「昭和331114日 東之坊住職」

「昭和351115日 有明寺兼務住職」「昭和39528日 蓮光寺兼務住職」

「昭和54718日 本山妙蓮寺住職」となっており、昭和331114日に東之坊住職になってから、昭和54718日に本山妙蓮寺住職として晋山するまでの間、 有明寺と蓮光寺が兼務住職で本務住職が東之坊住職だったかのように書いているが、実際は1957(昭和32)年の西山本門寺49代・由比日光貫首の日蓮正宗合同、吉田義誠(日勇)氏を後継指名。吉田義誠(日勇)氏は、西山本門寺大学頭・副住職として赴任したのである。1965(昭和40)4月、由比日光49代貫首が遷化(死去)し、吉田義誠(日勇)氏が西山本門寺50代貫首として晋山した。日蓮正宗・西山本門寺貫首と、日蓮正宗合同に反対する檀家との裁判は、1975(昭和50)年、塔中・末寺・檀家側の勝訴で最終決着。吉田義誠(日勇)氏は、西山本門寺から退出。西山本門寺歴代貫首からは除歴された。2014618日の本葬儀で、八木日照総監、佐藤日栄寺族同心会会長、松尾圭剛静岡北布教区宗務支院長、舟橋義秀宝浄寺住職(法類代表)、佐野一男妙蓮寺総代が弔辞を読んでいるが、弔辞の中で西山本門寺事件に触れているのは八木日照総監だけである。八木日照総監は弔辞の中で、こんなことを言っている。

「此の間、昭和三十五年、宗門に渉外部が設置されるや、選ばれて初代の部長に就任し、折から折伏弘教の戦線拡大に伴い、全国各地に発生する諸般の問題解決に奔走し、よくその任を尽くされた御功績は、私どもが等しく仰ぎ見るところであります。又、近在、西山本門寺帰一の好機到来の兆しがほの見えた折には、命を承けて即座に単身現地に赴き、中心の大坊を董する重責を担われました。現実には、予想された事とはいえ、(西山本門寺の)山内塔中は元より、広く(西山本門寺の)門末一統、ことごとく反発敵対し、四面楚歌の状況でした。しかし(常健院日勇)上人は、いささかも動ずることなく、(西山本門寺の)一門帰伏の実を挙げるべく敢然と正義を以て鎮撫説得、はたまた破邪顕正にと、言い尽くせぬ辛酸を嘗められたこともありました。その後も、数々の宗門要職を歴任して、大いに宗勢の発展に寄与されました」(『大日蓮』平成267月号より)

これでは、吉田日勇氏のことをほとんど知らない日蓮正宗の信徒は、何を言っているのか、さっぱりわからないのではないだろうか。八木日照総監が言う「西山本門寺帰一の好機到来の兆しがほの見えた折には、命を承けて即座に単身現地に赴き、中心の大坊を董する重責を担われました」とは、吉田義誠(日勇)氏が、西山本門寺大学頭・副住職として赴任し、その後、西山本門寺50代貫首として晋山したことを指していると思われる。さらに「言い尽くせぬ辛酸を嘗められた」とは、1975(昭和50)年、塔中・末寺・檀家側の勝訴で吉田義誠(日勇)氏が西山本門寺から退出。西山本門寺歴代貫首からは除歴されたことを゜指していると思われる。

 

続きを読む

吉田日勇氏の不都合な部分をことごとくカットし歴史の真実を歪曲して報道している日蓮正宗

■静岡・富士宮市本山下条妙蓮寺45代住職・吉田日勇(義誠)氏の真実1

 

□吉田日勇氏の不都合な部分をことごとくカットし歴史の真実を歪曲して報道している日蓮正宗

 

2014616日午前102分、静岡県富士宮市下条の日蓮正宗本山・富士山妙蓮寺第45代貫首(住職)・吉田日勇氏(法名・常健院日勇上人)が行年92才で死去した。本通夜は617日、本葬儀は618日、いずれも妙蓮寺客殿にて大石寺より大石寺68世早瀬日如法主が下向して営まれた。法主以外の出席僧侶は、まずは先代法主の隠居・大石寺67世阿部日顕が出仕。末寺住職は、八木日照総監、藤本日潤重役、土居崎日裕宗会議長、光久日康、前川日秀の各能化、佐藤日栄寺族同心会会長、宗務院各部の部長、副部長、佐藤慈暢大石寺主任理事、松尾圭剛静岡北布教区宗務支院長をはじめ布教区内外寺院住職、僧侶が列席。法華講からは永井藤蔵法華講連合会委員長、渡辺定元大石寺総代、関野洋夫、篠田泰夫の各法華講大講頭、法華講連合会役員をはじめ、支部・地方部・及び近隣寺院の法華講幹部、寺族が多数列席し、かなり盛大に行われたようである。

日蓮正宗は、元重役、元渉外部長の能化僧侶・吉田日勇氏の死去を日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」や日蓮正宗法華講連合会機関紙「大白法」等ですでに公式発表しているが、相も変わらず、日蓮正宗にとって不都合な部分をことごとくカットし、ねじ曲げて報道している。これでは歴史の真実は覆い隠され、何も知らない日蓮正宗信徒(法華講員)たちは、またしても日蓮正宗の欺瞞報道にまんまと騙されてしまうことになるわけである。特に今の50才代以下の日蓮正宗信徒は、吉田日勇氏が能化、重役になって以降の姿しか知らず、日蓮正宗の歴史歪曲にまんまと騙されてしまっているのである。そこで「アンチ日蓮正宗」は、日蓮正宗の歴史歪曲、不都合な部分の隠蔽を糾し、歴史の真実、吉田日勇氏の真実を明らかにするものである。

吉田日勇氏は1922(大正11)11日生まれ。出身地は福島県西白河郡。吉田日勇氏は1922年生まれの大石寺67世阿部日顕と同じ年だが、11日生まれの吉田日勇氏は、12月生まれの阿部日顕よりも学年で1年年長になる。最初の吉田日勇氏の師僧は、東京・池袋の常在寺住職・桜井仁道氏で、これまた阿部日顕と同じ。ただし阿部日顕は1928(昭和3)8月に数え年7(満年齢6)で出家得度しているが、吉田日勇氏が出家したのは1936(昭和11)8月、14才のとき。出家したのは阿部日顕のほうが先で、法臈は日顕が先輩、吉田日勇氏が後輩になる。

1943(昭和18)2月、桜井仁道氏の死去により、吉田日勇氏は東京・池袋の法道院三代主管・早瀬道応(日慈)氏に師僧変更。道号(能化補任前の通名)を「義誠」と名乗る。早瀬道応(日慈)氏とは、今の大石寺68世早瀬日如法主の実父で、早瀬日如が実父のもとで出家得度したのが1943年(昭和18年)4月、8才のとき。ちょうど吉田日勇氏が早瀬道応(日慈)氏に師僧変更した年に、早瀬日如が実父のもとで出家得度している。吉田義誠(日勇)氏が教師に補任されたのが1947(昭和22)2月。阿部日顕が教師に補任されたのが1946(昭和21)年だから、日顕よりも1年後ということになる。

 

続きを読む

大石寺65世堀米日淳法主が祀った大講堂須弥壇の「万年救護本尊」の模刻板本尊

□創価学会寄進の堂宇なのに大石寺法主が建て替えようとしないお気に入り堂宇・大講堂

 

大石寺の大坊・内事部の並びに大講堂(だいこうどう)と呼ばれている鉄筋コンクリート造りの堂宇がある。正式名称は法華本門大講堂。

これは、1958年(昭和33年)3月、大石寺65世堀米日淳法主の代に創価学会二代会長・戸田城聖の寄進により建立された堂宇。創価学会は落慶にあたって、総登山会を行い、創価学会で行われている一大行事「316」も、大石寺大講堂落慶にちなみ戸田城聖が行った式典に由来している。大講堂落慶式典には当時の岸信介首相の代理として安倍晋太郎が出席している。堀米日淳法主は戸田城聖の功労を褒め称え、法華講総講頭に任命している。

大講堂は、1961年(昭和36年)ごろから1964年(昭和393月まで大客殿新築工事と、1995年(平成7年)9月から1998年(平成10年)3月まで客殿の建て替えに伴い、大広間に客殿の御座替わり本尊の模刻板本尊と日蓮・日興の御影像を安置して仮客殿に充てられていた。

大講堂の設計は、大客殿、正本堂と同じく建築家・横山公男の設計。1981年(昭和56年)に、大講堂の隣に宗務院庁舎が完成するまで、大講堂内に宗務院が置かれていた。

 

大講堂は、普段は法要などは行なわれておらず、入口の扉が閉じられており、中には入れない建物である。しかし仮客殿として丑寅勤行が行われていた時、妙観講の月例御講、総会、信者の指導会、布教講演、霊宝虫払い大法会・御大会の御影堂の同時中継などの行事が行われる時にのみ、大講堂の中に入ることが出来る。特別法要や法主の大導師による唱題行などで参加者が多い場合に御影堂や客殿をメイン会場として同時放送で行なわれている。

 

大石寺の大講堂は、1958(昭和33)年の落慶だから、かれこれ築50年以上の歳月がたつ。がしかし日蓮正宗大石寺は、この大講堂と奉安殿だけは創価学会の寄進・供養で建立落慶した建物であるのに、いっこうに取り壊そうとしない。日蓮正宗大石寺法主にとって、大講堂や奉安殿はずいぶんお気に入りの建物のようである。しかし大講堂の建物は、かなり古ぼけている感じに見えた。

本尊が祀られている大広間は、たしか3Fだったと思ったが、ずいぶんたくさんの人が入れる広さになっており、702畳敷で3000人以上の人が座れるという。敷きつめられている畳のほうも、ずいぶん古い畳みに見えた。相当長い間、たくさんの人に踏まれた畳みという感じで、ひょっとしたら1958(昭和33)年の落慶以来、一度も畳の入れ替えをしていないのではないかと思った。

大講堂2


続きを読む

日蓮のどの曼荼羅本尊の模刻板本尊か鑑別できなかった下条妙蓮寺客殿の板本尊

□下条妙蓮寺客殿の須弥壇に祀られている謎の日蓮曼荼羅模写彫刻の板本尊

 

下条妙蓮寺客殿に入っていくと、客殿のほうもなかなか古風な造りになっていた。記録によると下条妙蓮寺は江戸時代中頃の1780(安永9)1128日に火災で大庫裏、客殿、書院、隠居所、蓮蔵坊、久遠坊、徳玄坊、表門を焼失しており、大庫裏は1797(寛政9)年に、客殿は1813(文化10)年に再建された建物ということ。

妙蓮寺の堂宇は古い建物が多い中にあって、蓮一坊、蓮二坊、蓮三坊、蓮四坊と御影堂と日華堂が、真新しい建物になっていた。

御影堂は、当初からあったらしいのだが、大正時代にどういうわけか廃堂になっていたが、1974(昭和49)年に再建されたものであるという。

日華堂は1913(大正2)年に廃堂になっていたが、1986(昭和61)年に新築再建されたものであるという。御影堂も日華堂も、堂宇の中まで入ることはできませんでした。

客殿の須弥壇中央には、板本尊が祀られていた。日蓮の本尊を模写彫刻した板本尊であることはわかったが、いつの本尊を模写彫刻したのかは、わからなかった。

最近、富士門流の研究サイトで、下条妙蓮寺客殿の板本尊の写真を見たが、この写真の板本尊かどうか、判別できない。

http://ip1.imgbbs.jp/read3/fujikyougaku/5/35/

 

日蓮正宗では、大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊と法主がいる大石寺だけが総本山であり、あとは等しく末寺だが、下条妙蓮寺、四国の讃岐本門寺、九州の日向定善寺は、日蓮正宗の「本山」ということになっている。

独立前の保田妙本寺も、日蓮正宗だったころは「日蓮正宗本山」を名乗っていた。これはいずれも富士門流旧本山だから、日蓮正宗「本山」格になっていたということだろうか??

しかし下条妙蓮寺、讃岐本門寺、日向定善寺の塔中坊、末寺の住職は、妙蓮寺、本門寺、定善寺の住職が任命するわけではなく、すべて大石寺法主が任命する。ということは、今は下条妙蓮寺、讃岐本門寺、日向定善寺の末寺ということではなく、大石寺の末寺ということである。

しかも下条妙蓮寺、讃岐本門寺、日向定善寺の住職は、かつては大漫荼羅本尊の書写をして信者に下賜もしていたらしいが、日蓮正宗に合同した今は、それもできなくなっている。

又、以前は下条妙蓮寺、讃岐本門寺、日向定善寺の住職は、生前に日号を名乗る「能化」の僧侶でないとなれなかったらしいのだが、今はいずれも能化ではない僧侶が住職を務めている。

富士妙蓮寺1 

続きを読む

下条妙蓮寺の場合も揉めた?1950年代の日蓮正宗への合同・併呑問題

1950年の下条妙蓮寺の日蓮正宗合同・併呑から十年後に行われた帰一入仏式

 

さて昭和二十年代から三十年代にかけて、富士門流本山が日蓮正宗に合同・併呑されてしまうということが起こっている。

1946(昭和21)年 讃岐本門寺35代・相馬日鳳貫首の主導で讃岐本門寺と塔中末寺10ヶ寺が日蓮正宗に合同・併呑

1950(昭和25)年 下条妙蓮寺44代・漆畑日広貫首の主導で下条妙蓮寺と塔中・末寺の本妙坊・蓮光坊・本正坊・心教坊・法善寺、蓮光寺が日蓮正宗に合同・併呑

1956(昭和31)年 北山本門寺末寺だった富士宮市大岩・妙泉寺が日蓮正宗に合同・併呑

1957(昭和32)4月 保田妙本寺50代・富士日照貫首の主導で保田妙本寺と末寺の顕徳寺、本乗寺、本顕寺、遠本寺が日蓮正宗に合同・併呑

1957(昭和32)8月 日向定善寺32代・小原日悦貫首の主導で日向定善寺と末寺の本善寺、本建寺、本照寺、本蓮寺、法蔵寺が日蓮正宗に合同・併呑

1957(昭和32)年 西山本門寺49代・由比日光貫首が塔中・末寺・檀家の承諾なしで日蓮正宗への合同・併呑を一方的に宣言。これが裁判紛争に発展。

1960(昭和35)3月 日向定善寺末寺の本源寺が日蓮正宗に合同・併呑

1960(昭和35)8月 下条妙蓮寺の末寺の忠正寺が日蓮正宗に合同・併呑

1960(昭和35)12月 下条妙蓮寺と塔中・末寺の蓮光坊・心教坊・法善寺、忠正寺で日蓮正宗帰一入仏式

 

昭和三十年代以降の富士門流寺院の日蓮正宗への合同・併呑は、創価学会の折伏大進撃の影響を受けたものである。これによって大岩・妙泉寺、保田妙本寺と末寺、日向定善寺と末寺、西山本門寺が日蓮正宗に合同・併呑された。

それともうひとつ、ポイントがあって、これら一連の富士門流寺院の日蓮正宗への合同・併呑の中で、さしたるトラブルもなかったのは讃岐本門寺の本末ぐらいで、あとは全て大きな紛争が起こっている。

その紛争というのは、これら富士門流寺院の日蓮正宗への合同・併呑への反対派との紛争で、本山末寺一門が分裂にいたっている。

中でも一番大きな紛争になったのが西山本門寺一門で、西山本門寺49代・由比日光貫首の一方的な日蓮正宗合同宣言に、塔中・末寺・檀家が猛反発。裁判紛争に発展し、これが1975(昭和50)年に、最高裁判所で塔中・末寺・檀家側の勝訴判決が出るまで、何と18年の歳月がかかった。

又、西山本門寺の旧末寺の中でも上行寺、広宣寺、上行院、代通寺、安立寺、善能寺、代信寺、    代立寺、東大阪市・上行寺、寿光寺、代行寺の11ヶ寺は、由比日光貫首の動きに反対して、現在も日蓮宗に留まったままである。

西山本門寺28客殿


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ