アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会員・創価学会幹部の事件・不祥事

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(129)~宗創和合時代の昭和57年に起きた創価学会員による日蓮正宗寺院五人殺傷事件PART2

■宗創和合時代の昭和57年に起きた創価学会員による日蓮正宗寺院五人殺傷事件2

 

内藤国夫氏は、月刊誌「諸君」の「月報 創価学会問題」において、1982(昭和57)74日に起こった佐賀県武雄市の日蓮正宗深遠寺での創価学会員による五人殺傷事件について、実に詳細に報道している。内藤国夫氏の事件詳細報道の文をここに紹介したい。

「犯人は脱会者でも檀徒でもない。ただ創価学会に入れば、カネ儲けをはじめ、いいことがいっぱいあると騙されて入会したところが、入会してもさっぱりいいことがない。カネをとられるばかりで、創価学会の説く“御利益”がまったくない、とわかって創価学会に恨みを持つようになった。

(事件の容疑者が)創価学会に入会したのは、広島市に住んでいた昭和五十年ごろのことで、折伏した知人に誘われ、広島市東区曙町にある日蓮正宗の興福寺で『御本尊』を下付された。三年間ほどは『南無妙法蓮華経』と勤行唱題し、学会活動も続けた。しかし、期待した御利益がさっぱりあがらないうえに、心の悩みを持つ青年に対し、創価学会という組織は、ことのほか冷たかった。

青年は、それでまず、騙して折伏した知人宅に(昭和)五十四年ごろ、殴り込みをかけて大暴れし、警察に突き出された。恨みはますます昂じて、今度は、入会の儀式(授戒)をした興福寺にも八つ当たりするようになった。

(昭和)五十五年の八月から十月にかけて、興福寺では、夜中の一時、二時ごろになると、境内に大きな石が投げ込まれ、ガラス戸が割れるなどの不審な事件が続いた。連夜のことなので、困り果てた興福寺では自警団を編成して、境内に張り込んだ。そしてようやく投石犯人を自警団が捕らえてみれば、二十七歳の青年学会員であることがわかった。しかも、五年前に同じ興福寺で御授戒を受けた信者である。

意外なことに戸惑いながらも、興福寺の住職は、とりあえず広島の創価学会幹部に連絡し、抗議するとともに、犯人を広島東署に突きだした。懐中に肉切り包丁を持っており、放置すると危険、と判断したからである。広島東署は器物損壊容疑で逮捕したものの、起訴するほどのことはない、として当事者間の和解を勧告。興福寺も、前途ある青年を罪に陥れるのが目的ではないと和解提案に応じた。佐賀県鹿島市で漁業を営む両親に連絡、投石で割れたガラス数十枚の代金、三十五万円を弁償して、両親は息子を引き取った。

それでも青年の“創価学会憎し”の感情はおさまらなかったのだろう。鹿島市に隣接する武雄市の創価学会関係者宅を十分に下見したうえで、狙いうち的に今回の凶行に及んだのである」

(1982(昭和57)9月号『諸君』の「月報 創価学会問題その9p157)

 

普通に考えたら、一般信徒が自分が信仰してきた宗教団体に恨みを持つなどということは、考えられない話しである。それがなぜ、この青年は創価学会に恨みを持つようになったのか。それは、創価学会に入れば、カネ儲けをはじめ、いいことがいっぱいあると騙されて入会したところが、入会してもさっぱりいいことがない。カネをとられるばかりで、創価学会の説く“御利益”がまったくない、とわかって創価学会に恨みを持つようになった。それが今回の事件の動機であると、内藤国夫氏は分析する。

諸君1 

(1982(昭和57)9月号『諸君』の「月報 創価学会問題その9)

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(128)~宗創和合時代の昭和57年に起きた創価学会員による日蓮正宗寺院五人殺傷事件

■宗創和合時代の昭和57年に起きた創価学会員による日蓮正宗寺院五人殺傷事件

 

内藤国夫氏は、月刊誌「諸君」に連載した「月報 創価学会問題」において、創価学会員の社会的不祥事や事件、犯罪報道を詳細に行ったことでも有名である。

1982(昭和57)74日、佐賀県武雄市の日蓮正宗深遠寺で発生した創価学会員による五人殺傷事件が起こり、世間に衝撃を与えた。

白昼、統合失調症の病歴を持つ29才の創価学会男子部員が、佐賀県武雄市の日蓮正宗深遠寺に乱入し、高木当道住職(当時)の奥さん、娘さん、お手伝いさんを次々と包丁で刺し、住職の長女(5)、次女(3)、お手伝いさんの女性(21)が死亡するという、痛ましい事件が起こった。この事件は、TVニュースや新聞などでも大きく報道され、世間に衝撃を与えた。

逮捕された創価学会男子部員は、1980(昭和55)年に広島市の日蓮正宗興福寺に投石をくりかえし、器物破損容疑で逮捕された前歴があった。

これは全国新聞はおろか、全国ネットのテレビニュースでも衝撃的な映像が報道され、私もあの当時、この事件報道に接して大きな衝撃を受けた。

199012月の宗創戦争勃発以降は、全国各地の日蓮正宗寺院で、創価学会員の抗議行動や事件が、日蓮正宗側から報じられているが、この1982(昭和57)74日の佐賀県武雄市・日蓮正宗深遠寺で発生した創価学会員による五人殺傷事件は、れっきとした宗創和合時代のこと。

あの当時の私は、この事件報道に接して「宗門と創価学会の間に何か軋轢が生まれるのではないか」と予測したほど。

事件の詳細は、内藤国夫氏の1982(昭和57)9月号『諸君』の「月報 創価学会問題その9」に詳しく報じられている。それを拾ってみると

「背後関係を調べてみれば、創価学会の悪しき体質が露呈されており、起こるべくして起こったといわざるを得ない。これまでにも、この『月報』で創価学会がらみの犯罪や不祥事を数多く紹介し『創価学会問題』が社会病理学、精神病理学の対象として、メスを入れられて然るべきことを、繰り返し指摘してきた。『信仰の自由』のタテマエのもとに、数多くの社会病理現象を放置するならば、いずれ、創価学会はもちろんのこと、われわれ部外者にも累が及ぶのではないか、と懸念されるからである。まず、五人殺傷事件の方から、メスを入れていこう。」

(1982(昭和57)9月号『諸君』の「月報 創価学会問題その9p155)

諸君1 

(1982(昭和57)9月号『諸君』の「月報 創価学会問題その9)

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会の信者の事件・不祥事は日蓮正宗・創価学会に責任がある

さて、日蓮正宗・創価学会の信者が起こした事件・不祥事は、日蓮正宗や創価学会に責任があるのかどうか、という問題がひとつある。日蓮正宗や創価学会の現役信者は、日蓮正宗・創価学会の信者が起こした事件・不祥事は、日蓮正宗や創価学会に責任はない、と言っている。

しかし、現役信者は「責任はない」と言っていても、元信者は「責任はある」と言ったりしており、このあたりの意見はさまざまに分かれている。

そこで「アンチ日蓮正宗」管理人は、会員数1万人を優に超えているmixi「アンチ創価学会」コミュニティで、20068月より長期継続的に「創価学会員の不祥事・犯罪と創価学会の責任問題」と題するアンケート調査を行っている。

□「創価学会員の不祥事・犯罪と創価学会の責任問題」

http://mixi.jp/view_enquete.pl?id=9771444&comm_id=76651

 

2012108日現在で、有効回答が750件あったが、その内訳は

□創価学会員の社会的不祥事、事件、犯罪は、創価学会の教義、指導性、体質などと密接な関係がある。創価学会の責任を徹底的に追及すべき。  565件 75

□創価学会員個人の不祥事、犯罪といえども、創価学会にはある程度の責任がある

                                   65件 8

□創価学会員個人の犯罪について、創価学会が個人に全ての責任を押しつけているのは、おかしい。あるていどの反省の弁があって当然。        57件 7

□創価学会員個人の不祥事、事件、犯罪と、創価学会の組織の責任は、別問題。いっしょにすべきではない。                            28件 3

□創価学会員個人の事件、犯罪に、創価学会としての責任はない。あくまでも個人の事件は個人の責任。                              15件 2

□その他                              20件 2

 

以上のような内訳である。

事件責任1


「創価学会員の社会的不祥事、事件、犯罪は、創価学会の教義、指導性、体質などと密接な関係がある。創価学会の責任を徹底的に追及すべき。」という回答が全体の75%を占めている。

「ある程度の責任がある」「反省の弁があって当然」という、「いくらか責任がある」とする回答を含めた「責任あり」の回答は、何と90%を超えているのである。

主立った「責任あり」の意見を見てみると

「個人を追い込む組織の体質に問題があると思う」「責任はあるに決まってるだろ」

「組織的な悪行が多いのでは?少なくとも我が家の被害は、組織によるものでした。ナンミョーの体質に大いに問題があるかと思いますので、責任を徹底追及してほしいものです」

「全国どこでも同じような問題が出てるって事は組織ぐるみでおかしいんでしょう。」

続きを読む

創価学会員の事件・不祥事は日蓮正宗の信者の事件・不祥事である

1991年の日蓮正宗と創価学会の「宗創戦争」開戦以来、日蓮正宗謀略機関紙「慧妙」が、何と日蓮正宗と創価学会の和合時代からの創価学会員・公明党が引き起こした事件、創価学会本部が引き起こした事件を、あたかも「創価学会員の事件」として取り上げ、創価学会の信者切り崩し作戦に利用しようとしているが、これは、全く誤った取り上げ方であり、全く誤った批評である。

日蓮正宗は、1991(平成3)117日付けで創価学会に送りつけた「創価学会解散勧告書」の中で

「第四 創価学会では、かつて言論出版妨害間題や選挙時の替え玉投票事件、また共産党宮本委員長宅電話盗聴事件や『月刊ペン』事件等、反社会的な行動やスキャンダルなどで、社会から幾多の厳しい指弾を浴びましたが、近年に至っても、なお会員による身代金六億円を要求した本宗住職誘拐事件、会員である公明党議員たちによるリクルート事件や砂利運搬船汚職等の数々の贈収賄事件、一億七千万円入り金庫投棄事件、ルノワールの絵画取引にかかる疑惑、墓地造成にかかる脱税事件や株売買にかかる損失補てん疑惑等、巨額の不正疑惑事件が頻発しております。

創価学会では、これらの疑惑事件等の発覚によって、本宗の信徒団体のあり方から著しくかけ離れた醜い姿を現わすとともに、このような金銭問題にまつわる創価学会の実態が、社会からその公益法人としての資質や責任を、厳しく問われる結果を招いております。同時にこれら創価学会が関与した諸事件は、そのたびごとに、本宗七百年の清浄な宗風に泥を塗り、また本宗の社会的信用に大きく傷を付け、正法の広布進展に著しい妨げとなっているのであります」

と述べて、かつて宗創和合路線時代に創価学会・創価学会員が引き起こした社会的事件・犯罪・不祥事について、あたかも第三者的な他人事のような顔をして、非難しているが、これなども全く笑止千万な誤謬である。

 

19911128日以前まで、日蓮正宗は創価学会を日蓮正宗の信者団体として公認していたので、それ以前は創価学会員は全員が日蓮正宗の信者であった。

又、創価学会の最高支配者・池田大作氏は、19641979年と19841990年の、通算21年間、日蓮正宗の信者の最上位・ナンバー1の職である「日蓮正宗法華講総講頭」に就いていた。

「日蓮正宗法華講総講頭」が空位だったぬ19791983年は、池田大作氏は、日蓮正宗法華講名誉総講頭であった。1965年に池田大作氏を法華講総講頭に任命したのは大石寺66世細井日達法主、1984年に法華講総講頭に任命したのは大石寺67世阿部日顕法主である。

さらに、これに加えて北条浩、秋谷栄之助、森田一哉、小泉隆、白木薫次、森田悌二、青木亨、辻武寿、和泉覚ら創価学会の古参最高幹部たちも1990年までは日蓮正宗法華講大講頭(ナンバー2)の職にあった。(あるいは歴任していた)

これは動かしがたい、歴史的事実である。

池田大作3 


続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の僧侶・信者の事件簿

最近、特に1991年の日蓮正宗と創価学会の「宗創戦争」開戦以来、日蓮正宗謀略機関紙「慧妙」が、何と日蓮正宗と創価学会の和合時代からの創価学会員・公明党が引き起こした事件、創価学会本部、あるいは妙信講(顕正会)が引き起こした事件を、あたかも「創価学会員の事件」「顕正会員の事件」として取り上げ、信者切り崩し作戦に利用しようとしている。

同じように、創価学会謀略機関紙「創価新報」も、日蓮正宗と創価学会の和合時代からの日蓮正宗大石寺法主や末寺住職・僧侶の醜聞、スキャンダル等を取り上げて、法華講員切り崩しの材料に利用している。

又、これと同じ事を正信会系檀徒新聞「継命」も、行っていた。「日蓮正宗」系団体のそれぞれが、お互いの団体の僧侶・信者の不祥事を取り上げて、信者切り崩し作戦に利用しようとしていたのである。

しかし、彼らのこういった僧侶・信者の事件の取り上げ方は、全くの誤りである。

なぜ誤りなのか。

まず第一に、19911128日以前まで、日蓮正宗は創価学会を日蓮正宗の信者団体として公認していたので、それ以前は創価学会員は全員が日蓮正宗の信者であった。

又、創価学会の最高支配者・池田大作氏は、19641979年と19841990年の、通算21年間、日蓮正宗の信者の最上位・ナンバー1の職である「日蓮正宗法華講総講頭」に就いていた。

「日蓮正宗法華講総講頭」が空位だったぬ19791983年は、池田大作氏は、日蓮正宗法華講名誉総講頭であった。1965年に池田大作氏を法華講総講頭に任命したのは大石寺66世細井日達法主、1984年に法華講総講頭に任命したのは大石寺67世阿部日顕法主である。

さらに、これに加えて北条浩、秋谷栄之助、森田一哉、小泉隆、白木薫次、森田悌二、青木亨、辻武寿、和泉覚ら創価学会の古参最高幹部たちも1990年までは日蓮正宗法華講大講頭(ナンバー2)の職にあった。(あるいは歴任していた)

池田大作3


第二に、1992年の創価学会以降においても、日蓮正宗直系の信者団体である法華講は、表向きは「数百年前からの旧来の檀家・先祖代々からの信者」と言っていますが、そういう人はほんのごくわずか。実際は、法華講員のほとんどが、元創価学会員で、創価学会から籍だけ移った人たちです。創価学会員の崇敬する根本の本尊・教義・信仰活動等の内容は日蓮正宗とほとんど同じで、違いはありません。創価学会自体も「自分たちこそが日蓮正宗の正統派で、大石寺法主は血脈がない。邪宗日顕宗だ」と言っています。

日蓮正宗は、創価学会を破門したと言っても、創価学会は自分たちこそ、日蓮正宗の正統であると言っていること。

第三に、そもそも創価学会の生みの親・育ての親・本家本元は日蓮正宗であり、今でも根本の本尊・教義・信仰活動などは日蓮正宗とほとんど同じです。現在でも日蓮正宗も創価学会も、違いはないこと。現在でも日蓮正宗も創価学会も「同じ穴の貉」「目くそ鼻くそ」の同類項であると言える。

これは、顕正会や正信会についても、同じ事が言える。顕正会とは、元々、日蓮正宗法華講の一講中だった妙信講であり、19748月の破門以前は、れっきとした日蓮正宗の信徒団体であり、日蓮正宗の能化僧が指導教師であった。

正信会も、元々は創価学会の「昭和52年路線」に反発して決起した活動家僧侶とそれを支持した日蓮正宗寺院檀徒会の信者である。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ