アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である > 日蓮正宗妙信講・顕正会の事件簿

□カルト宗教取締法を制定して富士大石寺顕正会を特定危険カルト宗教に指定し司法監視せよ   「日蓮正宗系」カルト教団・富士大石寺顕正会(宗教法人「顕正会」)は、1960年代のころから強引・執拗な勧誘活動を行って、一般世間でさまざまな事件・トラブルを頻発させてき ...

□顕正会員個人の勧誘・暴行事件の最大の責任者は顕正会会長・浅井昭衛である5   宗教法人「顕正会」の会員2人が、東京都内の大学生を勧誘するため民家に監禁していた疑いが強まり、神奈川県警は2人を逮捕するとともに関係先を一斉捜索しました。 監禁の疑いで逮捕され ...

□顕正会員個人の勧誘・暴行事件の最大の責任者は顕正会会長・浅井昭衛である4   顕正会の2人を監禁で逮捕 神奈川県警、会館など捜索 大学生を民家に閉じ込め顕正会入会を迫ったとして、神奈川県警警備部は2005年7月28日、監禁の疑いで、宗教法人「冨士大石寺顕正会 ...

□顕正会員個人の勧誘・暴行事件の最大の責任者は顕正会会長・浅井昭衛である3   横須賀労働基準監督署の職員(33)が、労災認定業務で担当したじん肺患者2人を呼び出し、自分が信仰する宗教に勧誘していたことがわかった。患者側の抗議を受けた厚生労働省神奈川労働局 ...

□顕正会員個人の勧誘・暴行事件の最大の責任者は顕正会会長・浅井昭衛である2   千葉中央署は2001(平成13)年7月2日、宗教法人「顕正会」(本部・さいたま市)会員の千葉県佐倉市六崎、アルバイト、桜○×也(21)千葉市緑区大木戸町、無職、太○△司(20)佐倉市の無職 ...

□日蓮正宗、創価学会、妙信講三つどもえの正本堂の意義付け問題で起きた暴力襲撃事件   顕正会(妙信講)の暴力体質・暴力宗教ぶりを象徴するものとして、引き合いに出されるのが、1974年10月の創価学会本部襲撃事件である。なぜ妙信講が創価学会本部を襲撃したのか。 ...

□浅井昭衛ら最高幹部の刑事責任追及と宗教法人「顕正会」解散、破防法適用は当然   9月11日、日蓮正宗系三大カルト教団のひとつ、「顕正会」についての大きなニュースが飛び込んで来た。警視庁公安部が強要と暴力行為法違反の疑いで「顕正会」本部と東京会館を家宅捜査 ...

↑このページのトップヘ