アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

「アンチ日蓮正宗」の無断転載、無断複製、無断模倣、パクリ厳禁

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

「アンチ日蓮正宗」の記事・写真を無断複写・無断コピー・無断使用する者へ警告を発する

□現代は著作権法がありパクリ・盗作は「ジャポニズムだ」と笑って済まされる時代ではない

 

先日、東京・砧公園の世田谷美術館の企画展「華麗なるジャポニズム展」の見学・鑑賞に行ってきた。ジャポニズムとは、19世紀後半の西洋画への日本画の影響ないしは西洋画家による日本画のパクリを総称した語句である。ジャポニズムと聞いてもピンと来ない人もいると思われるので、2001年版「新しい歴史教科書」に載っているジャポニズムの絵画を写真でここに紹介してみたい。日本の浮世絵が明治維新以降、西洋の万国博覧会などに出展され、西洋画家や芸術家たちに大きな影響を与えた。写真の絵画でもわかるが、ゴッホが安藤広重の浮世絵をそっくりそのまま模写しているのがわかる。この他にも西洋画家たちは、自分の作品の中に浮世絵を描きこんだり、着物姿のモデルを描いたりして、日本の浮世絵が西洋画家たちに大きく影響している。このような日本の芸術が西洋に与えた影響をフランスでは「ジャポニズム」とよんでいる。

私はゴッホやモネなどが描いた日本画のパクリ画がたくさん見学できるのではないかと期待して行ったのだったが、残念ながらパクリ画の出展はわずかにとどまり、多くの絵画は日本画の影響を受けているという点での展示だったので、私としては少々、期待はずれに終わり、残念であった。ゴッホはさかんに日本の浮世絵を模写していたということだが、当時は著作権法もなければ、模倣品・海賊版拡散防止条約もなかった時代のこと。西洋画家が日本画をパクった絵画を発表しても、「それはジャポニズムだ」で済まされた時代だった。芸術の世界も、絵画、彫刻、小説、映画、ドラマ、音楽等々、パクリ、模倣の巣窟とさえ言われている。近年、よく話題に上り、問題化しているのは楽曲の模倣、パクリである。1998(平成10)年、歌曲『どこまでも行こう』の作曲者・小林亜星氏が、楽曲『記念樹』の作曲者・服部克久氏に対して、『記念樹』が『どこまでも行こう』を無断で編曲したものであることを理由とした著作者人格権侵害・編曲権侵害に基づく損害賠償を求めて1提訴した事件が起こった。この裁判は最高裁まで争われ、最終的に両曲の顕著な類似性は、服部克久氏が『どこまでも行こう』に依拠して『記念樹』を作曲したものであると認定。『記念樹』の作曲が著作権法違反にあたるものであるとされた。約3000万円を超える損害賠償を命じた。

歌曲「聖母たちのララバイ」は当初、作曲が木森敏之とされたが、その後、曲前半のメロディーが映画『ファイナル・カウントダウン』の劇中BGMの「ローレル&オウエンス」「ミスター&ミセスタイドマン 」のメロディーと酷似していると、抗議のため来日した同曲作曲者が指摘。木森敏之がこの類似点を盗作と認めたため、木森敏之と、盗作された楽曲の作曲者であるジョン・スコットとの共作クレジットに修正された。歌曲「パープルタウン」は当初、作曲・八神純子とされたが、その後、レイ・ケネディの『You Oughta Know By Now』とメロディーの一部及びアレンジが酷似していることから盗作疑惑で訴訟沙汰になり、八神純子側が、原曲タイトルとレイ・ケネディ側のクレジットを入れる共作クレジットに修正した。この他にも楽曲、歌曲の模倣、パクリ疑惑は山のようにある。なぜ無断模倣、パクリが問題化するのかといえば、それは現代は著作権法という法律があるからであり、パクリ・盗作は著作権法違反になるからだ。今は「ジャポニズムだ」と笑って済まされる時代ではないのである。

 

続きを読む

「日蓮正宗、創価学会、顕正会の猛省を願う」は「アンチ日蓮正宗」の猿まねである

ヤフー・ブログの中に

「日蓮正宗、創価学会、顕正会の猛省を願う」

http://blogs.yahoo.co.jp/shounanboy01

というものがある。作者名は「湘南坊遺」(湘南ボーイ?)となっている。

副題には「日蓮正宗、創価学会、顕正会の若者達、今が気付く時です」と書いてあり、作者のブログ紹介文には「顕正会の友人を救済したいのです。」と始めたこのブログ。平成22年で友人が脱会することができました。それだけでも意味のあるものになりました。」

と書いてある。つらつら、このブログを読む限り、まあ書いてあることが、わからないではない。

しかし、何事も「結論」というものが大事、という観点からすれば、

「日蓮正宗、創価学会、顕正会の猛省を願う」という、「結論」は、いささか、いただけない。

日蓮正宗、創価学会、顕正会に「猛省を願う」だけではダメなのである。

「猛省を願う」ということは、日蓮正宗、創価学会、顕正会の存在、現在の路線、布教、金集め等々をそのまま認めた上で「反省せよ」ということだ。

そもそも既定路線を認めた上で日蓮正宗、創価学会、顕正会が反省など、するはずがない。

そんなものを「結論」に据えたところで、これでは、何の解決にもならない。

「アンチ日蓮正宗」では、

「日蓮正宗は、全信者、すべての元信者、全国民に懺悔・謝罪せよ。」

「日蓮正宗は「御開扉」「供養」「特別供養」を直ちに全面中止・全面廃止せよ」

「御開扉や特別供養等で信者から収奪した金銭・財産を、全て元の当人に全面返還せよ」

「日蓮正宗は折伏・入信勧誘を直ちに全面中止・全面廃止せよ」

「日蓮正宗は全ての指導機関、全ての指導機能、全ての指導者の権限・地位を全面閉鎖せよ」

と書いているが、日蓮正宗も創価学会も顕正会も、日蓮正宗系団体は「全面廃止」「全面閉鎖」を結論に持って来なきゃ、何にもならない。

それともう一つ、気になるのが、どうもこのブログ、

「戒壇本尊も二箇相承も後世の捏造」

「日蓮本仏も捏造?」

「宗教詐欺」

「二箇相承について」

などというタイトルでいろいろ記事を書いているようだが、これはどう考えても「アンチ日蓮正宗」の猿まねである。否、このブログのどこをどう読んでも、「アンチ日蓮正宗」の猿まねとしか思えない。

たとえば、「日蓮正宗、創価学会、顕正会の猛省を願う」ブログでは

「日蓮正宗の信徒が創価学会や顕正会を批判しているサイトやブログは、驚くほど多い。また逆に、創価学会が顕正会や日蓮正宗をというものも見ることができます。」

「今回開設したような、同様のブログやホームページは数多く存在します。しかし、そのほとんどは、創価学会員による顕正会や大石寺の批判サイトであったり、また逆に、大石寺の法華講員による創価学会や顕正会への批判サイトなのです。実にくだらない罵り合いのサイトばかりが存在しています。」

猛省を求む1

 

この文は、GREE「アンチ日蓮正宗」の「コミュニティ主旨の補足ガイドライン」の露骨な猿まねである。

続きを読む

「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です

□英昭彦以外の者が他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

 


このブログ名「仏教宗学研究会」「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会」「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「アンチ日蓮正宗」、コミュニティ名「アンチ日蓮正宗」、「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」コミュニティ説明文、トピック、掲示板等の書き込み、記事、写真、レビュー等は、著作権法で認められている一部の例外を除き、無断転載、無断使用、無断複写、無断複製、無断模倣を厳禁します。

英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する。

英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」、「仏教宗学研究会」管理人「hide」ないしは「アンチ日蓮正宗」管理人「英昭彦」、仏教宗学研究会」管理人「英昭彦」を名乗ること、これらの名称の無断使用を厳禁する。「英昭彦」の名前、および「英昭彦」に関連する一切の名称・名前、「英昭彦」の「ファンクラブ」「後援会」の名称、「英昭彦」が過去に使用した芸名・変名・本名等を「英昭彦」の許可なく、無断使用することを厳禁する。

著作権法違反、肖像権侵害の行為、上記の不正使用、無断使用については、正規の使用料の二倍の不正使用料、無断使用料の請求を含め、発見次第、刑事告訴等の厳しい対抗措置を必ずとります。

SNSmixiGREEで「アンチ日蓮正宗」活動を行っていた時も、いろんな者たちが、

「コピーさせてほしい」「複写させて欲しい」等々の類のメールを送ってきた者が多数いましたが、全て断りました。当たり前のことです。今後も、全て断る方針に変更はありません。甚だしい者になると、悪質な下記の内容のメールを送ってきた者までいました。

「アンチ日蓮正宗コミで勉強させて頂いてる者です。hideさんの、膨大な知識量と探求心には脱帽しております。本日は、お願いがありペンをとりました。 

私、モバイルゲーム…通称モバゲーと言うミクシィの携帯オンリー版みたいなところで、アンチ正宗を啓発してるのですが、hideさんの調べられたコミの資料をそちらで掲載して活用してもよろしいでしょうか?作りは、こちらのパクリのような…コミニティ→サークル、メッセージ→ミニメール、

日記に対するコメント板、殆ど同じ作りになっています。

モバイル用の容量ですので、板への文字数制限が辛いとこですが、hideさんの資料は少しでも多くの方に読んで頂きたいと…また無断転載より筋を通したいと考えましたのでお願いにまいりました。m(__)mよろしくお願いします」

 

いかにも、もっともらしいことを書いてよこしてきていましたが、これも断りました。当たり前です。

するとこの者は「大変残念ですが、わかりました。今後も頑張ってください」とメールを返信してきて、一旦は転載をあきらめたかに見えた。ところがその5ヶ月後の20078月に金原明彦氏の「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」が出版されたというわけである。「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」の中に、「アンチ日蓮正宗」の『大石寺の戒壇の大本尊は後世の偽作だ』からの転載はないように見えるが、パクリを企んだ謀略性が明らかである。これなどは、最も悪質な部類に入るものである。

「アンチ日蓮正宗」を一人でも多くの人に読んでもらうとか、多くの人に啓発する活動は、自分で行います。他の人を頼むということは、一切行いません。余計なお節介は無用である。

このようなバカげたメールを送ってくる者は、全て無断転載、無断使用、無断複写、無断複製、無断模倣を企図したものと見なします。著作権法違反の行為に対しては、発見次第、刑事告訴等を含む厳しい対抗措置を必ずとりますので、これらを企図している者たちは、承知しておいてください。ひょっとしたら塀の中に入ることになるかもしれませんから、そういう時のために、今から準備体操でもしておいたら、どうだろうか。()

 

アンチ日蓮正宗6


 アンチ日蓮正宗12

アンチ日蓮正宗7

 

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ