アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大石寺・会館・病院等で見た池田大作・会長・理事長・幹部らの素顔

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(209)~1985年に創価学会会館で見た森田一哉理事長と2006年頃に慶応病院で見た森田一哉氏

1985年に創価学会N文化会館の会合で見た“絶頂期”の森田一哉理事長

 

1985年ころのある日、小矢木隆(仮名)が「N文化会館に、森田一哉理事長が来るから、来てみないか」と、誘われたことがあった。 私は「太陽作戦」で、創価学会のことをいろいろと研究していたが、創価学会最高幹部の姿を直見できる機会は皆無。学生時代に、創価学会本部周辺に視察?に行ったが、その時は最高幹部の姿を見るどころか、中にさえ、一歩も入ることができなかった。そんな閉鎖的な創価学会会館の中に入って、創価学会最高幹部を直見できる機会が巡ってきたわけだから、これはまたとないチャンス。森田一哉(もりたかずや)氏とは、1926(昭和2)年、元公明党横浜市議会議員の森田悌二氏の長男として生まれる。 池田大作、北条浩、秋谷栄之助等の歴代会長よりも年長の人である。1942(昭和17)年、創価学会に入会する。 戦後、中央大学在学中から創価学会の活動をおこなう。 創価学会会長の戸田城聖の時代から、池田大作と共に草創期の創価学会青年部の支援に尽力。その後、創価学会青年部参謀、創価学会総合壮年部長、創価学会副会長、創価学会本部事務総長などを歴任。1979(昭和54)年、北條浩会長の新体制発足にともない、創価学会理事長に就任する。 1985年といえば、森田一哉氏が創価学会理事長として、まさに絶頂期である。N文化会館に入っていくと、「天空の間」という広間はすでに、創価学会の信者でほぼ満員になっており、階段にまで、信者があふれていた。 N文化会館の天空の間の中央仏壇には、日蓮正宗系大石寺法主の紙幅の掛け軸式本尊が祀られていた。会合が進行していくと、「理事長指導」というメニューで、森田一哉理事長が登壇。話し始めると、創価学会の信者は一斉に、森田理事長の話に聞き入っていた。 森田一哉氏という人は、私にとって、どちらかというと、地味なタイプの人という印象に近かった。話の詳しい内容は覚えていないが、ただ断片的に、森田氏は、信者に和歌を色紙に書いてくれとせがまれたことがあったが、創価学会で、和歌や俳句を色紙に書くのは、池田大作一人と決まっているという話をしていた。そういえば北条浩4代会長、秋谷栄之助5代会長、その他の副会長、副理事長などが、和歌や俳句を色紙に書いて信者に送ったなんて話は聞かないですな。 それにしても、和歌や俳句を色紙に書くのは、池田大作一人というのは、どういうプロセスで決まったのだろうか。 池田大作が、そういうふうに決めたのか。それとも、創価学会の慣習として、不文律として定着したことなのか。 創価学会員でも、これを知っている人は、誰もいなかった。ところがその20年後、私は再び、偶然にも森田一哉氏と『再会』することになる。場所は東京・信濃町の慶応病院である。

この病院の中の構造は、とても複雑で、病院を訪れた大人でも、迷子のなってしまうほど。 また、ここは有名人がよく入院先として使うことでも有名である。近年では、安倍首相、ソフトバンク王貞治監督が有名だが、信濃町の創価学会関連では、1985(昭和60)年に、創価学会会長・秋谷栄之助氏が、腸閉塞で倒れ、ここに入院していたことで有名である。

2003(平成15)年、健康上の理由から、森田一哉氏は、24年間務めた創価学会理事長を退任する。後任は、青木亨氏が就任。 理事長退任後は創価学会本部参与となった。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(92)~宗創和合時代の品川駅・横浜駅で見た創価学会員の大石寺団体登山専用列車

■宗創和合時代の品川駅・横浜駅で見た創価学会員の大石寺団体登山専用列車

 

宗創和合時代の創価学会員は、私の前では大石寺に登山に行ったこと。文化祭に出て何かしらの演技をしたことを、事ある毎に自慢していた。

私も、最初に矢田敏夫(仮名)から「だまし討ち折伏」を喰らったとき、専修大学の創価学会学生部幹部・稲本明(仮名)から、「教学小辞典」をポンと手渡されて読んでいたが、これを読むだけでは、まだ大石寺も正本堂も「戒壇の大本尊」も、あまり深くは認識できなかった。

だから当初の頃は、創価学会員が「大石寺に登山してきた」という話しをしても、何の事やらよくわからないという感じ。

大石寺のことを本格的に研究してみようという気になったのは、「教学小辞典」から進展して、「富士宗学要集」を自力で書店で買ってきて読むようになったこと。

そして東海道線・品川駅で創価学会員の大石寺団体登山一行を何度も見かけたこと。

私が学生の頃は、まだJRではなく、国鉄だったが、当時の品川駅の高架連絡通路の一角に、かなり広いスペースの団体待合所があった。早朝6時だったか7時だったか、詳しい時刻は忘れたが、かなり朝早い時刻に、大勢の創価学会員が品川駅の団体待合所に集結。

品川駅下りホーム始発の大石寺団体登山専用列車に乗って富士宮に行くわけである。

団体登山専用列車というのは、あの当時、東海道線の普通列車として走っていた113系電車の10両だか12両だかをそのまま創価学会が臨時列車として借り上げ、乗客は全員が大石寺登山に行く創価学会員が乗り込んで運行される列車である。

何かの所用で、この早朝の時刻に品川駅に行ったとき、偶然、この団体登山一行を見たのが最初。創価学会の大石寺団体登山が廃止されたのが19916月だが、それまでの間、早朝の品川駅でこの大石寺団体登山一行をそれこそ何度も見かけた。

創価学会の大石寺団体登山は、土曜・日曜・祝日のみならず、2月以外の毎月2日から25日ごろまで、平日もぶっ通しで毎日行われていた。

だから平日に大石寺登山に行く信者は、有給休暇をとるか、欠勤しないと大石寺登山には行けない。大石寺団体登山会一行には、輸送担当創価班が付き添いで任務に就く。創価班の信者は、創価班としても登山するし、これとは別途に、一般信者としても登山会に参加して登山する。

よって全有給休暇を創価学会活動のために消化しても、まだ足りずないため、欠勤しないと登山会や創価班の任務には就けなかった。

あの当時、創価班の「ずる休み疑惑」が、あっちこっちで沸騰していた。

大石寺創価班12 

続きを読む

大石寺で創価学会元副会長・蘇生講講頭・福島源次郎氏と偶然に遭遇

□大石寺大客殿で行われた「目師会」に参詣していた大石寺塔中法華講支部登山信徒

 

毎年1115日は、大石寺三祖日目の祥月命日に当たり、いつもは御影堂で行われる15日の御講は、この11月だけは大客殿で(今は客殿で)「目師会」(もくしえ)として行われる。

当初、私は27日の日興の祥月命日に行われる法要「興師会」(こうしえ)1115日の「目師会」は、信者だけの特別登山会が行われるものとばかり思っていたのだが、いろいろと日蓮正宗のことを調査・研究していく上で、この「興師会」も「目師会」も、入場制限のない、誰でも入れる法要であることがわかった。そこで、たしか1993(平成5)年のことだったと思ったが、日蓮正宗の調査・研究のため、大石寺の「目師会」に行ってみたことがある。

「目師会」も、実質的に午前230分からの「丑寅勤行」からはじまる。この日の「丑寅勤行」にも、阿部日顕法主と所化小僧のほかに、塔中坊の住職たちが全員出仕して行われていた。

午前7時からの大客殿(今は客殿)の法要は、「丑寅勤行」と同じく、法主の出仕を告げる出仕太鼓の音ではじまる。法華講連合会の団体登山は企画されていないのに、大客殿大広間の信者席は、多くの信者で埋めつくされていた。なぜこんなにたくさんの信者が参詣しているのか聞いてみると、目師会にあわせて、大石寺塔中坊法華講で、登山会を行った支部があったからだという。

出仕太鼓で日蓮正宗大石寺67阿部日顕法主が大客殿に出仕してくると、そのあとにつづいて大客殿に出仕してきた僧侶の行列が、めちゃくちゃ長かった。いつも「丑寅勤行」に出仕する所化小僧のみならず、大石寺に在勤している総ての所化小僧、在勤、総ての在勤教師僧侶、総ての塔中坊の住職が出仕したもようで、内陣の僧侶席も、ほぼ満席に近い状態

総ての所化小僧が出仕したということは、この「目師会」が終了してから、中学校や高校に行ったのでは、おそらく遅刻になってしまうのではないか。それとも、大石寺の重要行事に出仕するからということで、あらかじめ学校側の許可でも、もらっているのだろうか。

「目師会」そのものは、阿部日顕法主の献膳のあと、読経・唱題と進み、終了後は、阿部日顕法主が参詣の信者に一礼して、大客殿を退出。「目師会」のほうも、法主の説法や塔中坊の住職の布教講演会といった行事は、なかった。

大石寺大客殿の「目師会」のあと、ちょうど朝食を食べたくなったので、大石寺裏門からつづいている売店街に行き、開いている食堂に入った。大石寺売店街も、創価学会の団体登山が行われているころは、まさに全盛の活気があったが、宗創戦争が勃発後、創価学会の団体登山廃止によって登山信者が激減。多数の売店が廃業

それから、元からの法華講員と創価学会から脱会して法華講員になった売店が、店の表に「法華講員の店」という札を出した。これによって創価学会系・創価学会シンパ系の売店には、ますます登山信者が来なくなり、廃業に拍車をかけた。

したがって、宗創戦争が勃発後、2年くらいの間で、大石寺売店街で店を開けているのは、ほぼ「法華講員の店」だけになった。これは露骨な創価学会系売店のボイコット・締め出しである。

大客殿1(連合会写真集)


大客殿14
 

(小冊子『大石寺案内』に載っている大石寺大客殿の外観と内部)

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(28)~「実践の教学」で出た創価学会の会合で見た秋谷栄之助、太田昭宏

「実践の教学」で出た創価学会の会合で見た秋谷栄之助、太田昭宏

 

福寿荘の創価学会員・下山伸三(仮名)、李達明(仮名)、飯島義博(仮名)らの折伏は「実践の教学」。つまり仏教教学があまり得意でない彼らは、私に対して

「とにかく、この(創価学会の)信心をやればいいんだよ。やればすっきりする」

という、メチャクチャな理屈で入信を迫る。

「何?その実践の教学って?」というと、それが具体的に何であるかについては触れようとせずに、やれ「会合に来い」だの、「読経や唱題をやって見ろ」だのと言う。

「とんでもない。そんなことより、先日の真田太郎(仮名)の押さえ込み事件はどうした」

とこちらは迫るが、彼らは「自分たちは学生部。真田太郎さんは学生部出身だが、卒業して今は男子部だから、こちらから呼んでくるわけにはいかない」という屁理屈を並べて逃げようとする。

ところが、横にいた同じく福寿荘の創価学会員・岩本年光(仮名)が

「あ、○月○日に男子部・学生部が集まる会合が戸田講堂であるよ」

と言い始めた。男子部・学生部が集まるんだから、田村兄や押さえ込み技の真田太郎も参加するはずと、岩本年光は言う。

さらに岩本年光は、その会合には、創価学会の会長も来ると言う。

会長だか誰だかが来るなんて言うのは私には関係ないし、創価学会の会合なんぞ何度行っても同じだとしか思わなかった。がしかし、前回、来るといって来なかった田村兄や押さえ込み技の真田太郎を会合に連れて来ることを条件に、その会合に行くことにした。

私としては、この会合に真田太郎が来るというので、てっきり謝罪の一言ぐらい、言うものとばっかり思って、戸田記念講堂に行ったわけである。

 

その東京・巣鴨の東京戸田記念講堂の創価学会の会合は、どういう名称のものだったのかは、よく覚えていないが、見た感じ、二十代~三十代の男性信者だけが多数集まっていた。

確かにこの会合には、会長の秋谷栄之助氏が来ていた。そして創価学会青年部の幹部として、野崎勲氏と太田昭宏氏が登壇して、指導していたことを覚えている。

太田昭宏は、確かこのとき、創価学会男子部長だったか青年部長のどちらか。野崎勲は、青年部長か総合青年部長のどちらかだったと思う。

この太田昭宏という人は、信者からずいぶん人気のある人だったようで、この人が登壇して喋ったときの信者の盛り上がり方は、他の幹部とは一味違っていたのがわかった。

この人は、最終的に総合青年部長に登り詰めた後、公明党議員に転出し、公明党代表の地位に収まった。


 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(15)~「オレは会長だ」と言わんばかりに割り込んで入ってきた北条浩氏

「オレは会長だ」と言わんばかりに割り込んで入ってきた北条浩氏

 

その後、北陸まで勧誘にきた河岸春樹(仮名)からの音信はしばらくなくなった。

ところが河岸春樹(仮名)とは同じ大学の同じ学部で同じ学科の学生同士だったため、大学のキャンパスの中では、しょっちゅう顔を合わせる。

北陸まで勧誘にやってきた事件から数ヶ月後、河岸春樹(仮名)は私の怒りをなだめるように再び接近。しばらく創価学会の話題はしなくなり、私が安心しはじめたころ、ある日、どうしても、東京・巣鴨の「東京戸田記念講堂」の行事に来ないかと、再び誘ってきた。「まだ勧誘してくるのか」と、河岸春樹(仮名)の執拗さにため息が出たが、私は創価学会への入信は拒否していたので、「そんなところへは行かない」と拒否。

すると河岸は「創価学会に入信しなくてもいい。戸田講堂の会合に来るだけでいいから」と言う。

しかも、この日、東京戸田記念講堂には、創価学会の「会長」が来るのだという。

私としては、こういう非常識な勧誘の指揮をしている創価学会の「会長」とは、どういう人物だろうか、と見ておきたい気持ちもあったため、この日は、河岸と二人で創価学会の東京戸田記念講堂に行くことにしたわけです。


 

東京戸田記念講堂とは、東京・巣鴨にある巨大な創価学会の会館で、ここへは、普段は、信者以外は、入る事ができない。

この日の行事の名目は、忘れてしまったが、会場は、若い男性信者で埋め尽くされていたから、男子部か学生部の会合だったのではないかと思います。

 

会合は、入れ替わり立ち代わり、幹部が登壇し、私にとっては、なにやら意味不明な感じで、場は盛り上がっていた。 壇上の幹部が「…だと思いますが、みなさん、いかがでしょうーかー」と言うと、会場から爆雷の拍手。

しかし、私には、内容がさっぱりわからない。

 

私としては「会長が来ないのなら、早く帰りたいな」と思っていたところ、突然、司会者が「ただいま、北条会長が到着されましたあー」という声。

すると爆雷の拍手の中、会長・北条浩氏が、ボデイガード数人を引き連れて、会場に入ってきた。 会合自体は、誰か幹部の話の最中だったのだが、そんなものはおかまいなしに「オレは会長だ」と言わんばかりに、途中から、割り込んで入ってきたのである。 壇上で話しをしていた幹部は、これでは完全にメンツを潰された感じだ。

私は、河岸春樹(仮名)が「今日は創価学会の会長が会合に来るので」と言っていたので、てっきり会長を勇退して名誉会長になっていた池田大作と4代会長になっていた北条浩の二人が来るもんだと思い込んでいたが、会合に来たのは、北条浩だけ。


 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ