アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

大木道惠氏の日蓮正宗・創価学会・二重スパイ疑惑を糾す

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

大木道惠氏の二重スパイ疑惑を糾す(6)~二重スパイ疑惑の釈明要求から逃げ続けている大木道惠氏の正体を暴く2

□「アンチ日蓮正宗」管理人からの直接の「二重スパイ釈明要求」から逃げ続ける大木道惠氏2

 

FBI(笑)OM(大木道惠氏)

わたしは「てかまる」さんに問いかけていたわけですが、いつのまにやら「代理」が場を荒らし始めましたねぇ。「てかまる」さんの「友人」であるご仁が、そのような乱暴な口調をすることで、「てかまる」の「見識」まで疑われてしまうことになりますが、それは「意図的」ですか?(0604)

FBI(笑)OM(大木道惠氏)

「てかまる」さんは乱暴モノと親しい、それが将来有為な右翼民族派であろう「てかまる」さんにとって、またそのような印象をロムしている方たちに対しても、どれほど悪いイメージを与えるかも考えていないようですね。(0604)

hide(「アンチ日蓮正宗」管理人)

>大木道惠氏 こちらの質問に答えろよ。話しをごまかそうっていうのか。 質問に答えて、証拠を出せばいいんだよ。 (0604)削除

hide(「アンチ日蓮正宗」管理人)

何が乱暴者だよ。言い加減にしろ、この二重スパイ・ジジイめが。 (0604)削除

FBI(笑)OM

まるで「ヤクザ」か「不良」か「チンピラ」のようなモノの言い方をするご仁が「てかまる」さんの「友人」なのでしょうか? こういうご仁と付き合っていると右翼民族派に対して悪い印象しか与えないと思うのですが、「てかまる」さん、いかがですか?(0604)

hide(「アンチ日蓮正宗」管理人)

>大木道惠氏 あんたねえ、質問に答えて証拠出せば、済む話しじゃないか。 それを言い方がどうだこうだと言うのは、話しの論点そらしだよ。 こういうのも、日蓮正宗でたっぷり仕込まれた裏技でしょうか。() (0604)削除

FBI(笑)OM(大木道惠氏)

論点をわたしのことにずらしているのはどなたでしょうか? わたしと「てかまる」さんのやり取りを読んでいないか。論点をずらさないとよほどマズイようですね。(0604)

hide(「アンチ日蓮正宗」管理人)

>大木道惠氏 だから、質問に答えて証拠出せば、済む話だって、言っているんだよ。 あんたが、論点をそらしているんじゃないか。 (0604)削除

FBI(笑)OM(大木道惠氏)

「てかまる」さんとわたしとのやり取りに「乱入」して「乱暴」な口調で場を荒らしているご仁に対して、ロムしている方々は呆れておられることと思います。「てかまる」さん、「最終ログイン15分前」のようですが、どうなさいました?(0605)

 

続きを読む

大木道惠氏の二重スパイ疑惑を糾す(5)~二重スパイ疑惑の釈明要求から逃げ続けている大木道惠氏の正体を暴く1

□「アンチ日蓮正宗」管理人からの直接の「二重スパイ釈明要求」から逃げ続ける大木道惠氏1

 

「アンチ日蓮正宗」では、2009年ころからブラックジャーナリスト・大木道惠氏の日蓮正宗・創価学会二重スパイ疑惑を追及してきており、「アンチ日蓮正宗」管理人は、大木道惠氏に対して直接、「二重スパイ疑惑」について公開の場で釈明するように要求している。その一回目は、20126月、「アンチ日蓮正宗」管理人のマイミクさんである「てかまる」氏のボイスでの、やりとりである。

このやりとりについては、ご存じない方がほとんどであろうと思われますので、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」において、公開致します。これをお読みになれば、大木道惠氏がいかに「二重スパイ疑惑」についての釈明から逃げ続けているかが、おわかりいただけるのではないかと思います。

FBI(笑)OM(大木道惠氏)

てかまるさん、本日0時までに誠意ある返事がありませんでしたので、コミュから外させていただきました。マイミク解除については延長し明日の0時まで猶予しますので、返事をお待ちしています。(12時間前)

Hide(「アンチ日蓮正宗」管理人)

>大木道惠氏 「嫌いだ。 去れ」と言われたんだから、去るしかないんですよ。しつこいよ、あなたは。 (13分前)削除

hide(「アンチ日蓮正宗」管理人)

>大木道惠氏 ああ、それから、あなたの疑惑に対して、質問が出されていますから、答えて下さい。 http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=41377206&comment_count=212&comm_id=4011664

 まさか、逃げたりしませんよねえ。 (2分前)削除

hide(「アンチ日蓮正宗」管理人)

>大木道惠氏  あなたにとっては、疑惑を晴らす、いい機会だと思いますけどねえ。

FBI(笑)OM(大木道惠氏)

おや、たまりかねて民族派侮辱の当人のご登場とは(嗤) 【「嫌いだ。 去れ」と言われた】のはわたしではないんですが、だいじょうぶですか? 心配ですねぇ。てかまるさん、および、てかまるさんとリンクしている方たち、このご仁を放置するということの意味をよく考えてください。(0604)

hide(「アンチ日蓮正宗」管理人)

>大木道惠氏 >おや、たまりかねて民族派侮辱の当人のご登場とは なんだコレ。大丈夫か、心配しなければいけないのは、スパイ疑惑、詐欺疑惑にまみれた、オッサンのほうでしょうが。 (0604)削除

 

続きを読む

大木道惠氏の二重スパイ疑惑を糾す(4)~大木道惠氏「喜んで『日蓮正宗のイヌ』になります」宣言を糾す

□「喜んで『日蓮正宗のイヌ』になります」宣言は大木道惠氏が二重スパイである証拠のひとつだ

 

19917月号「新雑誌X」で「私(梅原正紀)や大木(道惠)氏は喜んで『日蓮正宗のイヌ』になります」と言って、「喜んで『日蓮正宗のイヌ』になります」宣言をしたのも、ちょうど日蓮正宗と創価学会の『宗創戦争』の最中のころのことである。該当部分を正確に引用すると

「『新雑誌X』では今回を含めて、四回に及ぶ座談会をしましたが、出席者である私たちは『創価学会に点が甘い』『創価学会のイヌ』()という批判を受けてきましたが、私たちの真意はこのへんにあるわけです。日蓮正宗当局がこうした活動を推進するようなら、私(梅原正紀)や大木(道惠)氏は喜んで『日蓮正宗のイヌ』になります。しかし残念ながら、現在の正宗ではその『イヌ』になれないでしょう」である。この「喜んで『日蓮正宗のイヌ』になります」宣言が、大木道惠氏が「日蓮正宗・創価学会の二重スパイ」である証拠の一つであると「アンチ日蓮正宗」から厳しい追及・言論の追撃を受け続けた大木道惠氏は、最近、苦し紛れに

「この発言は私自身のものではない」「日蓮正宗当局がこうした活動を推進するようなら、と条件付きで言っている」

などと、言い訳をしているようですが、これは完全な詭弁である。なぜ詭弁なのか。ひとつひとつ検証していきたい。

 

>この発言は私自身のものではない(大木道惠)

この「喜んで『日蓮正宗のイヌ』になります」宣言は、丸山実、梅原正紀、大木道惠の『新雑誌X』誌上座談会で飛び出したもの。たしかに「私(梅原正紀)や大木(道惠)氏は喜んで『日蓮正宗のイヌ』になります」と発言したのは、梅原正紀氏だが、しかしこの座談会に大木道惠氏が出席していて、目の前で「私(梅原正紀)や大木(道惠)氏は喜んで『日蓮正宗のイヌ』になります」との発言があり、大木道惠氏もこの発言を否定していないではないか。もしこれが、とんでもない発言なら、その場で否定するはずだし、そもそも大木道惠氏は『新雑誌X』の副編集長だったわけだから、とんでも発言なら、掲載させないはずだ。それをわざわざ掲載させているわけだから、実質的に肯定していると言える。この問題は、誰が言っただのという理屈ではなく、もし仮にアンチの中で「私は喜んで『日蓮正宗のイヌ』になります」との発言があったら、どういうことになるだろうか。それこそ大変なことになるはず。総スカンを食らうはずだ。しかし総スカンどころか、こんな発言を平然と活字にして雑誌に載せている、という事実をよくお考え戴きたい。

 

>日蓮正宗当局がこうした活動を推進するようなら、と条件付きで言っている(大木道惠)

条件付きなら、「日蓮正宗のイヌ」になる、といううことは認めている、ということですね。本業がジャーナリストなのか、記者なのか、スパイなのにか、なんなのか知りませんが、普通の人が条件付きでも、条件なしでも「私は喜んで『日蓮正宗のイヌ』になります」なんていう発言をするもんですか。

こんなことを言うこと自体、どこかのイヌになっていたということ以外、考えられないのではないですか。どう思いますか。

新雑誌X1


新雑誌X2
 

(大木道惠氏「喜んで『日蓮正宗のイヌ』になります」宣言・19917月号「新雑誌X」より)

三浦和義2
 

(大木道惠氏のそっくりさん・三浦和義氏)

 

続きを読む

大木道惠氏の二重スパイ疑惑を糾す(3)~「地涌」と高橋公純批判で共同歩調をとっていた大木道惠氏

□自称「創価学会批判研究者」大木道惠氏がなぜ創価学会系「地涌」と共同歩調をとるのか

 

大木道惠氏は、GREEmixi、エキサイトブログ等のプロフィールに

「創価学会の批判的研究は1974年から、日蓮正宗の批判的研究は1980年頃から行なっている」

と書いており、19916月号「新雑誌X」に執筆した「創価学会攻防史の研究・巨大教団の成功と失敗 第七回」において

「私たちが、この連載でやろうとしていることは、『直接的』な宗門批判でも学会批判でもありません。」「私たちは十年前の悪夢が繰り返されないよう願うばかりです。ここで言う悪夢とは、正信会の僧侶や信徒が宗門から追放されたことではなく、少なからぬ信徒たちが信仰から離れたり、『宗門否定』から『日蓮否定』へ、さらに『法華経・大乗仏教否定』そしてついには『仏教否定』とエスカレートしていった人もいることを言うのです」(19916月号「新雑誌X」・「創価学会攻防史の研究・第七回」p122)と書いている。つまり大木道惠氏の立場は、日蓮正宗にも創価学会にも与しない「中立」的立場であると言いたいようである。

しかし大木道惠氏が副編集長を務める「新雑誌X」は、日蓮正宗と創価学会の「宗創戦争」が勃発した19911月以降、数多くの論文や座談会において、宗創戦争における創価学会側を著しく擁護する記事や発言を数多く載せている。

その中のひとつが、日蓮正宗本応寺住職(当時)高橋公純氏批判である。19911月の「宗創戦争」勃発直後から、主に創価学会退会者による「反創価学会グループ」をまとめて本応寺蓮葉講を造った日蓮正宗本応寺住職(当時)高橋公純氏を、創価学会系アングラ文書「地涌」が、公然と集中砲火的批判を浴びせた。これはあまりにも有名な「地涌」の論である。

この「地涌」の高橋公純批判と歩調を合わせるかのように、「新雑誌X」は、副編集長・大木道惠氏自らが「創価学会攻防史の研究・第七回」において、「反学会グループの嘘とその実態---正宗利用と破壊工作について」との副題をつけて、『福田』→妙田講→建宗会法華講→蓮葉講と組織の衣替えをしていった日蓮正宗本応寺住職(当時)高橋公純氏が率いる「反創価学会グループ」を批判。さらには、高橋公純氏の反創価学会グループである日蓮・日興会機関誌『福田』の元編集・発行人・梅沢正史氏のインタビュー記事を載せている。こう言うと大木道惠氏は

「同じ時期に高橋公純批判を行っていても、『地涌』の高橋公純批判と、『新雑誌X』の高橋公純批判は、内容がほとんど食い違っている」

と反論するであろう。大木道惠氏ら『新雑誌X』の高橋公純グループ批判は、まず

□創価学会批判のためには「板本尊偽作論者」をも利用している

□目的のためには手段を選ばない権謀術数を行い、ありとあらゆるウソ、デマ、ニセ情報を流すなどの謀略活動を行っている

ということを、主に批判する論調になっている。

 

続きを読む

大木道惠氏の二重スパイ疑惑を糾す(2)~自称・ジャーナリスト・大木道惠氏は「みなし公人」である

「みなし公人」とは、以下の意味のことである。

「みなし公人とは/ニコニコ大百科」

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%97%E5%85%AC%E4%BA%BA

「みなし公人または準公人とは、ほとんど公人と同じような扱いを受ける人々に対する通称である。公人という語は、私人に対してある程度プライバシーが制限されるような人を指すものである。そもそもは公務に就いている政治家や検察官、裁判官、官僚や軍・警察幹部などといった官吏のみ公人と呼ばれうる。

しかし実際には、社会に多大な影響力を持っている、マスメディアに多く露出している等特別なステータスを持つものは、扱いも私人とは大きく相違する。そのような人々をまとめて、公人に準ずる人という意味で「みなし公人」と呼称することがある。「公人と同じ扱い」といわれるとまるでVIP待遇みたいな耳障りであるが、実際には私生活まで大きく介入される、何気ない一言で巷で大騒ぎされる等あまりいいことばかりとはいえない。」

そして、「みなし公人になりうる職業・ステータス」として、「みなし公人とは/ニコニコ大百科」は、下記の職業を挙げている。

□実業家

「社会に影響力を持つ実業家の動向は、場合によっては経済その他を大きく左右することがある。故に一般大衆や業界人から常に、時には (本来の) 公人からも注視されていることが多い。」

□労組幹部

「実業家同様、その言動が雇い主にも給与所得者にも大きく影響する。春闘の時期には労組幹部の発言が必ずと言える程度に広く報道される。」

□教員・教授

「功績があればもちろん広く報道されたたえられるが、ちょっとした不祥事がすぐ火種になることもある (しかも必ず所属集団の実名入りで) 。」

□宗教団体幹部・教祖

「新興宗教のトップが週刊誌の槍玉に挙げられるのは日常茶飯であるが、在来の寺社の住職・神主も、その発言に一目をおかれる対象である。」

□芸術家

「ある程度の功績を持つ芸術家も、その私生活まで注目されることが多い。画家や小説家なんかは、世間ではその作品よりも言動ばかり知れ渡っているなんてことがざらである。」

□芸能人

「言わずもがな。みなし公人であることが飯のタネになっているし、みなし公人であるが故にネタにされ、それで飯を食う輩もいるのである。」

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ