アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である > 大木道惠氏は日蓮正宗・創価学会・二重スパイ疑惑に回答せよ

□「アンチ日蓮正宗」管理人からの直接の「二重スパイ釈明要求」から逃げ続ける大木道惠氏2   FBI(笑)OM(大木道惠氏) わたしは「てかまる」さんに問いかけていたわけですが、いつのまにやら「代理」が場を荒らし始めましたねぇ。「てかまる」さんの「友人」であるご ...

□「アンチ日蓮正宗」管理人からの直接の「二重スパイ釈明要求」から逃げ続ける大木道惠氏1   「アンチ日蓮正宗」では、2009年ころからブラックジャーナリスト・大木道惠氏の日蓮正宗・創価学会二重スパイ疑惑を追及してきており、「アンチ日蓮正宗」管理人は、大木道惠 ...

□「喜んで『日蓮正宗のイヌ』になります」宣言は大木道惠氏が二重スパイである証拠のひとつだ   1991年7月号「新雑誌X」で「私(梅原正紀)や大木(道惠)氏は喜んで『日蓮正宗のイヌ』になります」と言って、「喜んで『日蓮正宗のイヌ』になります」宣言をしたのも、ちょ ...

□自称「創価学会批判研究者」大木道惠氏がなぜ創価学会系「地涌」と共同歩調をとるのか   大木道惠氏は、GREEやmixi、エキサイトブログ等のプロフィールに 「創価学会の批判的研究は1974年から、日蓮正宗の批判的研究は1980年頃から行なっている」 と書いており、199 ...

□宗創戦争以前から「新雑誌X」で日柱クーデター退座事件を執筆していた大木道惠氏   大木道惠氏の二重スパイ疑惑の証拠は他にもある。それが有名な「大石寺59世日柱退座の記事」である。 「大石寺59世日柱退座の記事」とは、創価学会のアングラ文書「地涌」が、1991 ...

通称名は大木道惠(おおきどうけい)、ネットではFBI、ないしはOM@FBI、「置時計」(おきどけい)のHNも使っている。 1954年、横浜市生まれ。自称・ジャーナリスト。立正大学文学部社会学科卒業。 学生時代に日蓮正宗・創価学会に入信するが、「除名」されたと自称。その後、 ...

↑このページのトップヘ