アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗の狂信的唱題行・勤行・修行批判

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮正宗信者の1日2時間・3時間もの長時間の「唱題行」は大いなる時間の浪費である

□大石寺常唱堂や御影堂、客殿等で長時間唱題行に励む日蓮正宗信者たちの異様な光景

 

大石寺塔中坊の中には、日蓮正宗大石寺26世法主日寛が建てたと言われている宿坊・石之坊があり、そこの本堂を「常唱堂」という名前で呼ばれている。常唱堂の須弥壇中央に祀られている板本尊は、私の記憶ではたしか大石寺26日寛が書写した板本尊であった。

元々は、常唱堂と石之坊は別々の堂宇だったようなのだが、大正14年(1925年)106日、大石寺58世土屋日柱により大石寺常唱堂を石之坊に移転し、改築落成式並びに日寛上人第200遠忌が行われている。つまり土屋日柱法主以前は、常唱堂と石之坊は別々の場所にあった、ということである。

石之坊は、江戸時代には、法主を隠退した隠居法主が住む隠居坊としての役割もあったようである。28世法主日詳、29世法主日東、30世法主日忠、33世法主日元、40世法主日任、46世法主日調が、いずれも法主隠退後に住む隠居坊として、石之坊に住んでいる。

今は石之坊にも法華講支部がある。ここはインターネットで暴れまくり、法論で敗北を繰り返している「龍神ひろし」や「大木道惠」や「犀角独歩」らと交流がある「つるまる」が所属している支部で有名。日蓮正宗の元信者で、一時、「大木道惠」や「犀角独歩」らの富士門流執着軍団に名を連ねていた木下某氏も、かつてここの支部に所属していたという。

 

常唱堂という名前の由来は、常に「南無妙法蓮華経」の題目を唱える堂という意味らしい。開門時間の間は、いつも数人から十数人の信者が、常唱堂で唱題をしている。

その光景は、東京の日蓮正宗寺院・常在寺や法道院の本堂で見かけた光景と同じである。

参詣信者の数は、宗創和合時代では創価学会、法華講の団体登山会と重なった日は、宗創戦争勃発後は、法華講の団体登山会と重なった日は、登山信者の数に比例して増えるようである。

ただ常唱堂という名前からして、あたかもここだけが常に信者が参詣できる堂宇と思われているようだが、御影堂、客殿(大客殿)、六壺にも、開門時間内には、堂宇の中に入って唱題をしている信者がいたので、何も常唱堂に限ったことではない。

 

それにしても日蓮正宗や創価学会の信者は、どうしてこんなにも「南無妙法蓮華経」を唱えることに熱心になろうとするのか?

私に言わせると、11時間~2時間といったふうに、長時間の唱題を毎日つづける生活を送ること自体が異常である。創価学会も法華講も顕正会も正信会も、この異常な唱題をする生活をしていることは、どこも同じである。

常唱堂2 

続きを読む

ズレていた副導師のマイクの声の読経と団体登山会の信者の読経の声

創価学会の中で創価班があこがれの的になり、法華講の中で輸送班が信者の憧れの的になった理由のひとつが、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊のお膝元で活動できるということがあるらしい。しかし、その「戒壇の大本尊」なる板本尊は、大石寺9世日有の偽作であり、日蓮の筆を詐称する真っ赤なニセものである。日蓮正宗も創価学会も、今までそれこそ数百万にものぼる人たちの人生の羅針盤を狂わしめてきた罪がある。日蓮正宗も創価学会も、この重大な責任を取らねばならないだろう。

日蓮正宗から破門されたからとて、創価学会の責任も免れ得ない。

午前220分すぎごろ、大客殿の大広間を埋めつくした信者の前で、輸送班の一人が、マイクを片手に、丑寅勤行の注意事項を読み上げはじめた。注意事項の内容は、だいたい次のようなものだったと記憶している。

「法主が大導師席に着座して、本尊に向かって題目三遍、次に東に向いて題目三遍唱えるが、信者はこれには唱和せずに、黙って待つ」

「次の読経は、副導師のマイクの声が入るので、いっしょに信者は唱和する」

「引き題目は、副導師のマイクの声は入らないが、信者は法主の引き題目に唱和する」

「祈念をしている時は音を立てたりして法主の祈念の邪魔にならないようにすること」

「信者は、法主の勤行にお伴をする心構えが大事である」

「法主は大客殿から退出したあと、六壺で勤行をしているので、信者は静かに退出すること」

だいたい、こんな内容だったと思う。創価学会の団体登山会の信者が来ていたときは、創価班が読み上げていたが、内容は同じものだったと思う。

こういう注意事項の読み上げは、団体登山会の信者の参詣があるときのみであり、普段はこういうものはない。

大客殿1(連合会写真集)
 

そしていよいよ出仕太鼓の音とともに日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主が大客殿に出仕して、いざ「丑寅勤行」がはじまる。


ところが注意事項の説明があったにもかかわらず、信者が法主の声に唱和してはいけない所で唱和してしまったり、何か締まらないという感じである。

しかも、読経の声をよく聞いていると、副導師のマイクの声の読経と、団体登山会の信者の読経の声が、ズレているのであるばかりか、信者同士の読経の声も、二つぐらいにズレてしまっているのである。これも締まりません。

しかも、団体登山会の信者の読経の声のほうが、副導師のマイクの声の読経よりも、早く聞こえるから、「これ、どーなってるの」と思ってしまった。

大客殿8
 

続きを読む

あたかも牧場の牛馬など家畜同然に扱われていた大客殿参詣の日蓮正宗信者

私は、大石寺の調査・研究のために、何度か大客殿の「丑寅勤行」に入ったのだったが、ちょうど、偶然に、創価学会や法華講の団体登山の信者と遭遇したこともあった。「丑寅勤行」は、霊宝虫払い大法会や御大会な特別な行事と重複しない限り、団体登山会と重なろうが、重なるまいが、誰でも参詣できることに変わりはない。

創価学会は1991(平成3)6月末まで、団体登山会を行っており、法華講連合会のほうは、1月、3月、7月に総登山会と、2月、5月、9月、10月、12月に月例登山会を行っていた。そういう中で、最も丑寅勤行に参詣が多かったのは、法華講連合会の総登山会の信者集団だったように思う。

団体登山があっても、大客殿の深夜の開門時間は、同じで午前2時すぎ。しかし登山会の信者が大客殿に集まってくるのは、午前215分すぎごろであり、開門時間前に大客殿前広場で待機していたのは、相変わらず、毎日のように丑寅勤行に参詣している大石寺近隣の信者たちであった。

大客殿1(連合会写真集)

 

見ていると、大石寺近隣の信者が大客殿に入ったあと、ぞろぞろと団体登山会の信者が大客殿の大広間に上がってきた。その団体登山会の信者を、創価学会の場合は創価班が、法華講の場合は、法華講連合会輸送班と整理班が誘導していた。が、しかし、これを端で見ていて、この光景は、私の眼には、あまりいい光景には映らなかった。

というのは、大客殿に入ってきた信者を、創価班や輸送班は、まるで追い立てるように誘導していたように見えたからだ。

この光景は、あたかも牧場で、農夫かカウボーイが、飼っている牛や馬、羊を追い立てて誘導している光景にそっくり。つまり農夫が創価班で、牛や馬が信者である。

見ていると、創価班や輸送班の幹部が班員に対して「…むこうに(信者を)行かせて」などという指示を平気で飛ばしているのが聞こえたので、なおさら、信者が牛や馬など家畜同然のように扱われているように見えた。 こういう扱いをされて、異議を唱える信者というのは、いないのだろうか。

 

まあ、かっこいいのは、ユニフォームを身にまとった創価班、輸送班、整理班だけなんでしょうね。聞くところによると、法華講の中では輸送班、整理班が、創価学会の中では創価班が、信者の憧れの的になっているのだという。一般の信者のほうは、まるで家畜扱いされてしまっているのだから、信者から見て、なおさら創価班や輸送班が、かっこよく見えるのではないでしょうか。

 

それと、創価班は、ほぼ全員が七・三分けの短い髪形になっていた。なぜこんな髪形になっているのかと質問してみたところ、創価班が言うには、日蓮の遺文「立正安国論」によると、末法濁悪の世は「鬚髪爪長く」と説かれているので、信者は逆に紙を短く整えているのだという。さらに創価班員によると「これは池田先生の指導で」との答えであった。つまり、池田大作という人は、創価班の髪形まで、日蓮の「立正安国論」を持ち出して干渉しているようなのである。

大石寺創価班12
 

続きを読む

長時間勤行を毎朝夕やらなくてはならない宗教は一般庶民の宗教ではない

大石寺大客殿で行われていた深夜230分からの丑寅勤行の五座の勤行というのは、日蓮正宗寺院本堂や信徒宅で行われている五座の勤行とほぼ同じだが、法主は終始東向きに座っている等、若干の違いがあるだけで、あとはほぼ同じ。

丑寅勤行3


法主が座る大導師席にもマイクはあるが、副導師の僧侶がハンドマイクを握って、読経をリードする。面白いことに、大石寺のみならず、日蓮正宗寺院の法要・勤行における読経では、木魚・木証等は一切叩かない。

他宗派の寺院での読経では、木魚・木証を叩くということが常識的に行われているのだが、日蓮正宗の寺院の読経で木魚・木証を叩く姿を一度も見たことがない。これは大石寺でも同じ。

他宗寺院で読経で木魚・木証を叩くのは、もちろん読経の声をそろえるためなのだが、それでは日蓮正宗寺院では、マイクを導入する前は、読経の声をそろえるために、どうしていたのか、という疑問が沸く。

五座の読経のあと、唱題に入るが、大客殿内陣の両脇に備えられた太鼓の前に僧侶が座って、読経の声に併せて太鼓を叩くのだが、太鼓を叩く音調が、これまた日蓮宗寺院で太鼓を叩く音調と違っているように聞こえる。

唱題の声も、日蓮宗では南無妙法蓮華経を「なむみょうほうれんげきょう」と発音するが、日蓮正宗では、「なんみょうほうれんげきょう」と発音するので、必然的に太鼓を叩く音調もちがってくる、ということか。

 

さて五座の勤行が終了すると、法主は、大導師席の後方に設えてある「戒壇の大本尊」なる板本尊遥拝のための祭壇(遥拝所)に移って、読経・唱題がはじまる。この読経は通算六座めということになる。祭壇の先は、通路のようになっているように見えたが、その先は、深夜であったため、暗くてよく見えなかった。

「この先はどうなっているんだろうか」と興味があったので、昼間に大客殿に入ったとき、見てみたら、遥拝所の祭壇の先は、ガラス張りになっていて、ストレートに奉安殿が見えるようになっていた。大客殿が落慶した1964(昭和39)年当時は、奉安殿で「戒壇の大本尊」御開扉が行われていた時代だから、祭壇の位置も、奉安殿に併せて設計されたと考えられる。

 

遥拝所の読経・唱題が終了すると、日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主は、参詣の信者のほうにスタスタと歩いてきて、「おはようございます」と一礼。

法主は、再び「大坊」「大奥」と書かれた提灯を持った小僧に囲まれて、大客殿を退出していった。

ここで時計を見たら330分。「丑寅勤行」開始から1時間が経過していた。

大客殿を退出した法主は、そのまま六壺に行って、六壺でまた読経・唱題。これで法主の読経は七座めになる。ここの読経・唱題は、法主随行の僧侶しか入れないようで、信者は、六壺の外から眺めているしかない。

この六壺の読経・唱題が終了したのが、午前345分すぎ。

 

続きを読む

饅頭(まんじゅう)とおにぎりばかりを食べていた大石寺詰め所の信者

石寺総代・井出潔氏は、大石寺近隣の信者の中心的な存在で、この宗創戦争初期の大石寺に右翼団体の街宣車が来ていたころに結成された大石寺自警団も井出潔氏が中心になって組織したものだという。

井出潔氏の話しによると、時折、深夜でも大石寺周辺で街宣活動をしている右翼団体の構成員が、大石寺の境内に侵入してきて石灯ろうを倒したり、四輪駆動のジープで大石寺境内に侵入して、暴走したりとかの事件があったという。したがって、右翼団体の者が大石寺境内に侵入していたのを発見したら直ちに不法侵入で警察に訴える主旨で動いているということで、井出潔氏はなかなか緊張した面持ちだった。

 

私は、一度、井出潔氏の許可を得て、大石寺裏門や三門近辺にあった大石寺自警団の詰め所に入ったことがあった。

自警団の詰め所には、中高年の大石寺塔中坊の信者が1015人くらい集まって、お茶を飲みながら、世間話やら塔中坊の住職の悪口?やらで、やけに話しが盛り上がっていた。

テーブルの上には、おびただしい数の、大量のおにぎりや饅頭(まんじゅう)やらが並べられ、詰め所に来ていた信者たちは、それらをつまんで、おいしそうに食べながら楽しく談笑。そんなに緊張しているような様子は見られなかった。

饅頭1


自警団の詰め所にいた大石寺塔中坊の中年信者たちは私が見た感じとしては、椅子にすわって、饅頭(まんじゅう)とおにぎりを食べ、お茶ばかり飲んでいて、いっこうに外に警備に出る様子が見られない…。自警団の詰め所に来ていた信者は、警備に来ているのか、まんじゅうを食べに来ているのか、よくわからないような人たちであった。

まあたしかに12月ころの大石寺はよく冷えるので、ストーブの周りから動きたくなくなってしまうのは、よく分かりますけどねー。

 

それにしても、あの大量のおにぎりと饅頭(まんじゅう)は、誰が用意したのだろうか。

おにぎりは、女性信者が用意したとしても、饅頭は??。テーブルの上いっぱいに用意されていた饅頭は、おそらく百個以上は優にあったと思われます。

大石寺塔中坊の信者の中に、手作り菓子を作っているお菓子やさんが、いたのだろうか。

饅頭2


その大量に用意された饅頭(まんじゅう)を、美味しそうにパクパク食べていた中年信者の姿を見て

「そんなに、饅頭(まんじゅう)ばっかり食べていると、糖尿病になるんじゃないの」

と、余計な心配をしていたのは、私だけだろうか。

しかし、大石寺塔中坊の信者が、自警団の詰め所のストーブの回りに集まって、おにぎりとまんじゅうばっかり食べている、なんていうのは、どう考えても、おかしいと思ったのでしたが。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ