アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

日蓮正宗の信徒騙しの曼荼羅本尊脇書改変・削除を斬る

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

総一坊・総二坊の板本尊脇書から消えた「願主 法華講総講頭 池田大作」の金文字

□創価学会寄進寺の板本尊脇書に必ず入る「願主 法華講総講頭 池田大作」の金文字

 

総一坊、総二坊は、1990(平成2)年の「大石寺開創七百年」記念事業で、創価学会の寄進・供養により建てられた堂宇である。願主は当時の日蓮正宗法華講総講頭・池田大作であり、総一坊、総二坊の中にある、いくつもの広間に祀られている、日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主書写の板曼荼羅本尊の脇書には、全て「願主 法華講総講頭 池田大作」の金文字が入っていた。

創価学会をはじめとする「在家信者」による寺院寄進の基本パターンは、寺院を寄進する「在家信者」が土地を用意し、建物の設計・施工・仏具調達・費用負担の一切を行う。総一坊・総二坊の場合は、土地は大石寺境内にあるので、寄進の中には入らないが、建物の名義は創価学会の名義になっているため、新築落慶法要も創価学会の主催する行事であり、日蓮正宗側から出席する法主、末寺住職たちは、創価学会に招かれて出席するということになる。落慶法要の席では創価学会側から法主に寄進趣意書の贈呈、法主から創価学会側に受書の授与が行われ、しかる後、創価学会から日蓮正宗への名義変更の手続きが取られる

よって総一坊、総二坊の広間に祀る板本尊は、寄進する側の創価学会が日蓮正宗大石寺法主に願い出るため、板本尊の脇書には、創価学会のトップである「願主 法華講総講頭 池田大作」の金文字が必ず入る。これは総一坊、総二坊に限らず、創価学会の末寺寺院寄進の場合も同様である。

これは、1991年の日蓮正宗と創価学会の宗創戦争、1992年の池田大作・信徒除名以降もしばらくそのままになっていた。

ところが1994(平成6)年頃、この総一坊、総二坊の広間に祀られている板曼荼羅本尊の左端の「授与之」の下の部分の「願主 法華講総講頭 池田大作」の文字がそっくり消えてなくなった。

これと同じ光景は、日蓮正宗宗務院教学部長(現・富士学林長)の大村寿顕(日統)氏が住職をしている宝浄寺でも見ている。

大石寺総一坊2


私にとっては、大石寺総一坊、総二坊に祀られている板曼荼羅本尊の脇書に池田大作の名前が書いてあろうがなかろうが、どうでもいいことだ。そんなものは好きにしたらいいことだと思う。

しかし…である。この板本尊に元々書いてあった「池田大作」の名前を、宗創戦争が起こったあとに消してしまうということは、今の日蓮正宗にとって、まことに都合が悪い歴史になってしまった「池田創価学会の寄進・供養による建立」という事実を、意図的に抹消してしまおうという日蓮正宗の意志があるような気がしてならない。

日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主は言う。「池田大作は誤っている。だからそれを指摘しているのだ」と。もしこの阿部日顕法主の言葉が本当なら、なぜ板本尊から「池田大作」の名前を消してしまうのか?

総一坊、総二坊建立の願主が池田大作であるということは歴史的事実であり、その誤った願主を諫めているというのなら、板曼荼羅本尊に願主名を残しておくべきなのではないのか。

続きを読む

宝浄寺須弥壇の板本尊からこっそり池田大作の名前を消した宝浄寺住職・大村寿顕氏

今から約20年くらい前のことでしたが、寺跡調査で日蓮正宗宝浄寺に行って見て、気がついたことは他にもある。

宝浄寺1


宝浄寺の中央須弥壇に祀られている黒漆に金文字の板本尊ですが、1991年からの宗創戦争が勃発する前は、板本尊の向かって左端の脇書きに「願主 法華講総講頭 池田大作」の文字が確かに入っていました。

もともとこの宝浄寺は1964(昭和39)12月、創価学会の建立・寄進で新築された寺院だから、本堂の須弥壇に祀られている板本尊の願主は、宝浄寺を日蓮正宗に供養・寄進した当時の創価学会会長・法華講総講頭だった池田大作ということになる。

 

外から見ると、実にわかりにくい話しだが、昭和30年代から1991年の宗創戦争勃発直前まで行われていた、創価学会から日蓮正宗への寺院寄進のしくみとは、概ね、以下の通りだったという。

 

創価学会は自らの資金で土地を購入し、寺院の庫裡・本堂などの建物を建て、須弥壇、仏具、導師席、天蓋等々の一切を調達する。本堂に祀る板本尊は、創価学会が「法華講総講頭・池田大作」の名前で大石寺に願い出て、法主が創価学会に板本尊を下附。その板本尊を創価学会が新築の寺院本堂に祀る。

寺院が完成すると、創価学会が「落慶入仏法要」の段取りを決め、日蓮正宗法主や住職を落慶乳仏法要に「招く」。つまり創価学会が建立・寄進した寺院の落慶入仏法要は、創価学会が主催する儀式であり、法主や住職らは創価学会に招かれて出席するという形式になる。

その落慶入仏法要には、法華講総講頭・池田大作か、ないしは法華講大講頭を兼ねる幹部(北条浩、秋谷栄之助、森田一哉、小泉隆、辻武寿、和泉覚ら)のいずれかが出席して、法主に寺院の土地・建物一切を寄進する旨の寄進状を出す。

法主は創価学会幹部に「受書」を授与し、その後、創価学会から日蓮正宗に土地・建物を譲渡する手続きが取られて、寄進が完了するということになる。

だから、創価学会寄進の寺院本堂に祀られている板本尊の願主は、法華講総講頭・池田大作ということになる。

よって創価学会寄進によって建てられた宝浄寺本堂の板本尊にも、「願主 法華講総講頭 池田大作」の文字が入っていたわけである。

 

ところが、宗創戦争が勃発してから、何年か経過した後、ここ宝浄寺を訪れて本堂・中央の板本尊を見ると、左端の脇書き「願主 法華講総講頭 池田大作」の文字が消えてなくなっていた。

意図的に消したんでしょうかね??自然に消えるなんていうことは有りえないから、意図的に板本尊の文字を消したということでしょう。

宗創戦争が勃発した後、日蓮正宗の寺院の板本尊に「願主 池田大作」と、日蓮正宗が破門した人物の名前が入っているのは、甚だ都合が悪いと感じたのだろうか??

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ