アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

カテゴリ:大石寺の『戒壇大本尊』は日蓮造立ではない偽作本尊だ > 『戒壇大本尊』は日蓮造立ではない後世の偽作である

■検証241・熊田葦城氏に「戒壇の大本尊」の写真を寄贈した日蓮正宗大講頭・由井一乗氏   □熊田葦城本の「戒壇の大本尊」御開扉写真とよく似た御開扉写真が載っている由井一乗氏の本   熊田葦城氏は、明治44年刊行の著書「日蓮上人」の中で、「戒壇の大本尊」の写真 ...

■検証240・大石寺「戒壇の大本尊」の熊田葦城本の『写真』は大石寺公認の「本物」である   大石寺の「戒壇の大本尊」後世偽作説を何としてでも否定したい日蓮正宗の信者は、必ずといっていいほど「戒壇の大本尊」の写真の真偽を持ち出してくる。たとえばGREE「アンチ日 ...

■添書(てんしょ)   日蓮正宗の信者が、総本山大石寺に参詣して「戒壇の大本尊」なる板本尊の御開扉を受けるには、まずは所属寺院の住職に「添書」を発行してもらう。その添書を大石寺登山事務所に提出し、御開扉供養金を納めて、「内拝券」とワッペンを登山事務所から ...

■検証239・日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けた人はいた6(その他)   □日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けた人たち・古物商から内拝券を買った人他   日蓮正宗に入信していないのに、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の御開扉を受け ...

■マヌエル・ノリエガ(マヌエル・アントニオ・ノリエガ・モレノ・1934~)   パナマ共和国の軍人、政治家。国家元首、最高司令官(将軍)だった人物   パナマ大学を卒業後にペルーに留学。帰国後、国家警備隊に入隊し、パナマの米州学校で訓練を受けた。 1983年、パナ ...

■検証238・日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けた人はいた5(ノリエガ将軍)   □日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けたパナマの独裁者・ノリエガ将軍   現代の20世紀の時代においても、未入信者が「御開扉」を受けた実例があった。その人物 ...

■検証237・日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けた人はいた4(稲田海素)   □日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けた日蓮宗の僧・稲田海素   文学博士で立正大学図書館長である宮崎英修氏は、「月刊ペン」昭和51年(1976)10月号に寄稿した論文 ...

■検証236・日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けた人はいた3(姉崎正治・山川智応・長瀧智大)   □日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けた姉崎正治・山川智応・長瀧智大   日蓮正宗大石寺55世法主・下山日布の大導師で、宗教学者・姉崎正治博 ...

■妙興寺(みょうこうじ)   下総国(千葉県)の妙興寺とは、二ヶ寺あり、いずれも日蓮宗の寺院。   □正峰山妙興寺   千葉県香取郡多古町多古584にある、日蓮宗寺院で正峰山妙興寺という。 寺域に本堂、山門、鐘楼などが建ち並び歴史の重さを感じさせる名刹。日蓮上 ...

■検証235・日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けた人はいた2(下総妙興寺の大法院日憲・要法寺日陽)   □日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けた下総妙興寺の大法院日憲   現在のところ判明している、日蓮正宗に入信していない僧侶、未入信者 ...

■検証234・日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けた人はいた1(日蓮正宗が説く秘仏論の誤り) ------------------------------------------------------------------- (日蓮正宗の妄説) 本門戒壇の大御本尊内拝を「御開扉」といい、本宗(日蓮正宗)信仰者にかぎ ...

■検証233・日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けた人はいた2   □創価学会折伏大進撃で「大石寺信者のみ『戒壇大本尊』御開扉を受けられる」と変わった   「大石寺においても、末寺の添書(証明書)がなければ、僧であれ信徒であれ、入山・参詣は許しませ ...

■検証232・日蓮正宗未入信者で「戒壇の大本尊」御開扉を受けた人はいた1 --------------------------------------------------------- (日蓮正宗大石寺66世法主細井日達の妄説) 他山では進んで写真に出して宣伝しているのに大石寺ではしないという。此れも写真に出して ...

■検証231・大石寺「戒壇の大本尊」御開扉とはどういう儀式なのか11   □直見よりも楠・漆・金箔・経済力・文献等の検証により日有偽作が証明される「戒壇大本尊」   1955(昭和30)年~1972(昭和47)年10月の正本堂落慶までと、1998(平成10)年4月の客殿落慶から2002(平 ...

■検証230・大石寺「戒壇の大本尊」御開扉とはどういう儀式なのか10   □大石寺法主自ら「戒壇の大本尊」の金文字を奉書で拭く霊宝虫払い大法会の御開扉   法主が、正本堂の須弥壇中央の巨大黄金仏壇の前に立ち、「戒壇の大本尊」なる板本尊の前で正座。法主が本尊に ...

■検証229・大石寺「戒壇の大本尊」御開扉とはどういう儀式なのか9   □全国から宗務院・内事部役員や末寺住職が大石寺に登山する霊宝虫払大法会の御開扉   宗門三大法要の中でも、毎年4月の霊宝虫払い大法会の御開扉は特筆ものである。 大石寺の「霊宝虫払い大法会 ...

■検証228・大石寺「戒壇の大本尊」御開扉とはどういう儀式なのか8   □「戒壇大本尊」両隣の最初仏・灰骨も開扉し戒壇説法が行われる宗門三大法要の御開扉   これまで紹介したパターンは、法華講連合会の総登山会、月例登山会、支部総登山会、添書登山における通常 ...

■検証227・大石寺「戒壇の大本尊」御開扉とはどういう儀式なのか7   □読経時の木魚・木証も唱題時の太鼓も一切叩かない大石寺「戒壇の大本尊」御開扉   ではなぜ、何度も御開扉を受けている日蓮正宗の信者は、「戒壇の大本尊」に疑問を抱かないのか。やはりこれに ...

■検証226・大石寺「戒壇の大本尊」御開扉とはどういう儀式なのか6   □古代マヤ・インカ黄金文明も顔負けの巨大黄金仏壇に格蔵されていた「戒壇の大本尊」   正本堂の御開扉開始前、一人の僧侶が、巨大な扉の前にある、これまた巨大なローソクに火をつけ、香炉の中 ...

■検証224・大石寺「戒壇の大本尊」御開扉とはどういう儀式なのか4   □創価学会の団体登山会も法華講連合会の団体登山会もほとんど内容は同じ   添書登山の場合は、大石寺登山を希望する日蓮正宗の信者が、所属寺院の受付窓口にて、添書登山の申し込みを行う。これ ...

■検証223・大石寺「戒壇の大本尊」御開扉とはどういう儀式なのか3   □日蓮正宗の信者が「戒壇大本尊」御開扉を受ける際に絶対に必要なワッペンと内拝券   法華講の団体登山の場合、日蓮正宗末寺寺院に所属する各法華講支部の登山部が、所属する日蓮正宗信者からの ...

■検証221・大石寺「戒壇の大本尊」御開扉とはどういう儀式なのか1   □団体登山、添書登山、法要登山、慶讃登山で必ず行われる「戒壇の大本尊」御開扉   それでは、日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」御開扉とは、どのような儀式なのか。日蓮正宗の信者の大石寺登山 ...

■検証206・日蓮仏法は「欠陥」仏法であるが故に限界がある仏法である2   □日蓮滅後のビジョンを弟子の前に示せなかった日蓮仏法は「欠陥」仏法である2   元々、日蓮が説いた仏法は、欠陥がある。 文字曼荼羅を図顕した矛盾、滅後のビジョン、三大秘法の詳細、戒壇 ...

■検証204・日蓮の一大秘法は南無妙法蓮華経の題目であり「戒壇の大本尊」ではない   □三大秘法の中心は本尊・戒壇ではなく南無妙法蓮華経の題目である ------------------------------------------------------- (法華講員・黒川和雄の妄説) 大石寺の「本門戒壇の ...

■検証203・仏滅後二千二百二十余年の文を「デタラメ」とウソをついた細井日達の詭弁 --------------------------------------------------------- (日蓮正宗大石寺66世細井日達法主の妄説) 次に安永君は板御本尊(「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊のこと)の下方に仏滅 ...

■検証202・「戒壇大本尊」写真を複写して日蓮宗が製作した偽作本尊など全く聞いたことがない --------------------------------------------------------- (日蓮正宗大石寺66世法主細井日達の妄説) 熊田葦城氏の『日蓮上人』の初版に(「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊 ...

■検証201・日蓮正宗のカネ集めは「御賽銭稼ぎ」よりも数億倍も悪質なものだ --------------------------------------------------------- (日蓮正宗大石寺66世法主細井日達の妄説) 大石寺ではヒタ隠しにしているというが、此れは理屈にもならない議論で、大石寺に於い ...

■検証200・金原明彦氏の「日蓮と本尊の伝承」に書いてある偽作説は誤りである4   □「日蓮と本尊の伝承・戒壇板本尊の真実」が出版された謀略的な意図と目的   こういうふうに検証していくと、創価学会員・金原明彦氏が「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」 ...

■検証199・金原明彦氏の「日蓮と本尊の伝承」に書いてある偽作説は誤りである3   □鶴丸が重なった「戒壇の大本尊」の写真はレプリカの写真か、あるいは合成写真か   金原明彦氏の著書「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」の内容には、さらに看過できない誤 ...

■検証198・金原明彦氏の「日蓮と本尊の伝承」に書いてある偽作説は誤りである2   さらに金原明彦氏の著書「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」の内容においては、間違いが余りにも多すぎるのである。 まず、「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」の前半 ...

■金原明彦(きんばら・あきひこ・1960~)   1960年、静岡県三島市に生まれる。創価学会員。 アジア・アフリカ語学院卒業。 現在、会社役員。 著書 「愛鷹山中の謎の遺跡・山居院—史実が伝説になるとき」(2000年・沼津市明治史料館)  など   ...

■検証197・金原明彦氏の「日蓮と本尊の伝承」に書いてある偽作説は誤りである1   2007(平成19)年8月、金原明彦氏という人物が「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」という本を出版している。出版した金原明彦氏とは、創価学会員であると言われているが、この本の ...

■検証195・「図形鑑別」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない4   □6仮に「本門戒壇の大御本尊」が「日禅授与本尊」の拓本だった場合でも「本門戒壇の大御本尊」を偽作したのは日有であることに変わりはない   日蓮正宗大石寺の本門戒壇の大御本尊」の曼荼羅 ...

■検証194・「図形鑑別」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない3   □5 両本尊の図形の一致は「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠ではない2   第二に、「『本門戒壇の大御本尊』なる板本尊と『日禅授与本尊』の図形の一致は「本門戒壇の大 ...

■検証193・「図形鑑別」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない3   □4 両本尊の図形の一致は「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠ではない   日蓮正宗大石寺の「本門戒壇の大御本尊」の曼荼羅の図形は「日禅授与本尊」の曼荼羅の図形とは ...

■検証192・「図形鑑別」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない2   □3 「本門戒壇の大御本尊」の曼荼羅の図形は「日禅授与本尊」の曼荼羅の図形とは一致しない2   「『本門戒壇の大御本尊』なる板本尊の写真と当該の『日禅授与本尊』の写真の図形は合致しない ...

■検証191・「図形鑑別」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない1   □3 「本門戒壇の大御本尊」の曼荼羅の図形は「日禅授与本尊」の曼荼羅の図形とは一致しない   ならば、日蓮正宗大石寺67世法主・阿部日顕が「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が偽物であると ...

■検証190・「河辺メモ」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない4   □なぜ阿部日顕の昭和58年虫払い説法を取り上げないのか   1999年に日蓮正宗と対立する創価学会系の新聞・アングラ文書が、「河辺メモ」をセンセーショナルに暴露して、「阿部日顕が戒壇の大 ...

■鳥本雄行(とりもとゆうぎょう・1962~)   元日蓮正宗僧侶・福生寺住職 元日蓮富士門流札幌談所主管   日蓮正宗大石寺67世阿部日顕が現役法主だったときに、一般得度で僧侶の道へ。 僧侶になった後、大石寺で在勤後、教師に昇格。さらに関西地方の寺院に在勤僧侶 ...

■検証189・「河辺メモ」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない3   □元日蓮正宗僧侶・鳥本雄行氏の見解・偽作説は誤りである   河辺メモの内容が真実であるとして、これを「本門戒壇の大御本尊」後世偽作の証拠としてとりあげた代表的な人物としては、元日蓮 ...

■検証188・「河辺メモ」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない2   □2 河辺メモは「本門戒壇の大御本尊」後世偽作の証拠にはならない   ならば、「河辺メモ」は、「本門戒壇の大御本尊」後世偽作の証拠かどうか、ということになりますが、「アンチ日蓮正宗」 ...

■河辺慈篤(かわべじとく・1929~2002)   日蓮正宗の僧侶 徳島・敬台寺住職→東京・妙因寺住職→札幌・日正寺住職→東京・大願寺住職   1929年(昭和4年)11月19日 - 福岡県北九州市門司区で生れる。 1935年(昭和10年) - 大石寺第62世法主・鈴木日恭を師僧とし ...

■河辺メモ(かわべめも)     1999年7月7日、日蓮正宗と対立する創価学会系の新聞・アングラ文書が、日蓮正宗僧侶・河辺慈篤(当時は徳島市・敬台寺住職)が記録したとされるメモを公表した。これは、1978年2月7日、当時、東京常泉寺住職で日蓮正宗宗務院教学部長、後の ...

■検証187・「河辺メモ」は「本門戒壇の大御本尊」偽作の証拠ではない1   「アンチ日蓮正宗」コミュニティで > hideさんの見識で「河辺メモ」なるものの評価・分析を教えて頂けないでしょうか。 との質問を受けたことがあるので、1999年(平成11年)7月に発覚した「河 ...

↑このページのトップヘ