アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

『戒壇大本尊』は日蓮造立ではない後世の偽作である

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(285)~日向造立板本尊と「戒壇の大本尊」なる板本尊は全く無関係だ6

■検証285日向造立板本尊と「戒壇の大本尊」なる板本尊は全く無関係だ6

 

□日向造立板本尊の造立の目的は「戒壇の大本尊」の代わりではない

 

日蓮の六老僧の一人である民部阿闍梨日向が、1300(正安2)12月に身延山久遠寺で「板本尊」を造立したことが、「戒壇の大本尊」なる板本尊が日蓮在世の時代から存在していた証明だ、などという妄説を日蓮正宗が言っている。

1976(昭和51)1024日に創価学会札幌文化会館で行われた「創価学会第39回本部総会」に臨席した日蓮正宗大石寺66・細井日達法主は、法主の「特別御講演」で次のように述べた。

-------------------------------------------------------

(日蓮正宗大石寺66世細井日達の妄説)

「日興上人は日向並びに波木井実長と義絶して正応二年の春、富士に移られたのであります。その時、身に充て給ったこの戒壇の大御本尊にお供して、無事富士に移し奉ったのであります。

すると身延山久遠寺には、本堂の御本尊がないわけであります。では日向はどうしたかと申しますと、彼は大聖人の御本尊を写して、板本尊を造っております。それは『身延山文書』に

『一、板本尊 本尊は祖師の御筆を写すが、下添え書きは第三祖向師(日向)の筆なり。下添え書きに云く、正安二年十二月 日 右、日蓮幽霊成仏得道乃至衆生平等利益の為に敬って之を造立す』(日蓮宗宗学全書22)と書いてあります。・・・・・・

正安二年は日興上人身延離山から十一年の後であります。さらにその後、十三年も日向は身延に在住しております。そしてこの板本尊は身延の本堂の本尊としておったことは、この板本尊造立の正安二年より五十一年も後の観応二年辛卯の年に

『身延山久遠寺同御影堂、大聖人御塔頭、塔頭板本尊、金箔、造営修造結縁』(日蓮宗宗学全書1)と中山三代日祐の『一期所修繕根記録』に書き残してあります。これを以て身延の御影堂の大聖人のお厨子の中に、日向造立の板本尊が安置してあったことは明らかであります。・・・・・

一尊四士の釈尊像を中心とする日向が板本尊を造立したということは、その前に戒壇の大御本尊が存在していたという正しい証明であります。この日向造立の板本尊は、今は富士(大石寺)に気兼ねしてか、本堂に祭らず、倉庫の中に隠匿しているのであります」

(日蓮正宗法華講連合会『大白法』昭和511216日号より)

----------------------------------------------------------------

なんとなくまどろっこしい、分かりにくい文章だが、要するに細井日達が言っていることは、日興の身延離山の11年後の1300(正安2)12月に、身延山久遠寺第二祖日向が板本尊を造立しているが、これは身延離山まで、身延山久遠寺には「戒壇の大本尊」なる板本尊があったからで、日向の板本尊造立は、「本門戒壇の大御本尊」の存在を証明している、と言っているのだ。

しかし細井日達法主の説法は、何の証拠もない、ただのこじつけの論に過ぎず、この日向造立の板本尊と大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊を結びつける直接の証拠は何一つない。

民部日向造立の板本尊は「戒壇の大本尊」なる板本尊とは全く無関係なものなのである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(284)~岡宮光長寺に「戒壇大本尊彫刻の木くず」は存在していない2

■検証284日蓮の孫弟子・日法は「戒壇の大本尊」「最初仏」を彫刻していない15

 

□「戒壇大本尊彫刻の木くず」が本当に岡宮光長寺にあるのかどうかを調査2

 

岡宮光長寺の僧侶の回答は、かくなるものでしたが、「そういうものは、聞いたことがない」というのは、「本当は存在しているのに、その僧侶が知らない」という解釈も成り立たないわけではない。

そこで光長寺に行って、しかるべき役僧に質問してみたいと思ったわけですが、行って見ると塔中坊から僧侶があわただしく出てきて、車に乗ってどこかに行ったり、あるいは車に乗った僧侶が境内にすべり込んできて、車からあたふたと降りて、あわただしく塔中坊に駆け込んでいったり…。

あるいは塔中を歩いている僧侶に私があいさつすると、「どーも」とは言うのですが、鞄を片手にあたふたと急ぎ足で境内のどこかに消えていった僧侶もいました。私としては、何とかして光長寺の僧侶の話を面談にて聞こうと思い、庫裡・方丈に行き、方丈にあった受付の窓口らしき所にあったインターホンを鳴らしてみたのですが、誰も出てきません。何度、インターホンを鳴らしても全く応答なしでした。そこで私としては、別の方法をとることにしました。というのは、光長寺宝蔵の前には、沼津市教育委員会が建てた、下記の立て看板が立てられています。

「岡宮・光長寺 御宝蔵 国登録文化財

この御宝蔵は昭和4(1929)に落成し、沼津市内に現存する鉄筋コンクリート造りの建造物としては最古のものです。関東大震災で旧宝物殿が激しく損傷したため、建て替えに当たって災害に強い構造が採用されました。反りの大きい尖塔状の六角屋根が特徴で、鉄筋コンクリート造りでありながら、和風の伝統様式である虹梁、水鼻、蟇股、大瓶束などの簡素な装飾を向拝柱や外壁に施しています。宝蔵という性格から二重壁で造られており、床下に約2メートルの空間を設け、さらにその下部に数メートルの木炭層を設置するなど、宝物保存のための工夫がなされています。

御宝蔵の中には、国の重要文化財に指定されている『宝物集巻第一』、県指定文化財の『しゅう字法華経』『法門聴聞集』など、学術的、宗教的に価値の高い約400点が納められています。

平成131月   沼津市教育委員会」

 

つまりこの立て看板によると、沼津市教育委員会で光長寺宝蔵の中に収められている宝物について学術的な調査をし、学術的、宗教的に価値の高い約400点の中から、国の重要文化財、県指定文化財に指定されているものがあるということです。

つまり、光長寺宝蔵の中の宝物については、沼津市教育委員会が学術調査を行っているわけですから、大石寺の「戒壇大本尊・彫刻の木くず」なるものや「秘蔵抄」という古文書が、本当に光長寺宝蔵の中に格蔵されているのかどうかを確認するには、直接、沼津市教育委員会に問い合わせた方が早いということになる。又、沼津市の公式ウエブサイトを見ると、光長寺の歴史について、法華宗本門流の公式ウエブサイトよりも、詳しく書いてあります。こういうことからして、沼津市ないしは沼津市教育委員会のほうで、光長寺についてかなり詳しく学術調査をしていることが明らかなわけですから、直接、沼津市教育委員会に問い合わせました。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(283)~岡宮光長寺に「戒壇大本尊彫刻の木くず」は存在していない1

■検証283日蓮の孫弟子・日法は「戒壇の大本尊」「最初仏」を彫刻していない14

 

□「戒壇大本尊彫刻の木くず」が本当に岡宮光長寺にあるのかどうかを調査1

 

大石寺の「戒壇の大本尊」日法彫刻説の重要な根拠になってきたのが、岡宮光長寺の「戒壇の大本尊」彫刻の木くず存在説である。岡宮・光長寺(こうちょうじ)とは、静岡県沼津市岡宮1055にある法華宗本門流の大本山。創建は1276(建治2)年とされていて、日蓮を開山、日春、日法を「同時二祖」としている。一般的には、和泉阿闍梨日法が開いた寺院として有名で、同時二祖・日法とは、大石寺の「本門戒壇の大御本尊」「最初仏」日法彫刻説や、北山本門寺の「生御影」日法彫刻説で知られている、あの日法である。この他にも、日法彫刻が「寺伝」として昔から伝承されている日蓮祖師像が、各地の日蓮宗系寺院に見られることなどから、日蓮宗関連の古文書や歴史史書などに、この光長寺の名前がよく登場し、通称名として、岡宮・光長寺の名前で知られています。正式名は、徳永山光長寺という。この光長寺は、千葉県茂原市の鷲山寺、京都・本能寺、尼崎・本興寺とともに、法華宗本門流の四大本山のひとつになっている。

「法華宗」という名前がつく宗派も多数あるが、光長寺が所属している「法華宗」とは、法華宗本門流。通称「八品正意論」を唱える八品派と言われている宗派である。ただし八品派の中には、本門法華宗等もあり、八品派=法華宗本門流ではない。八品とは、法華経涌出品から嘱累品までの八品のことで、八品派の開祖・日隆の八品正意論から来ている。

日隆(13851464)とは、八品派とよばれている本門法華宗、法華宗本門流の開祖。当初は、四条門流(日像門流)の京都妙顕寺で修学していたが、法華経について教義論争が起こり、八品正意論を提唱。妙顕寺を退出して本能寺を建立し、日隆門流を興した人物。八品派の門祖であり、京都・本能寺、尼崎・本興寺の開祖になっている。又、この日隆は、大石寺9世日有と交流があったことが、南条日住の筆記と伝承される古文書・日有御物語抄に出てくる。

そうすると、岡宮光長寺のほうが歴史が古いのに、なぜ後から出てきた日隆が開祖なのか、という疑問が出てくるわけですが、法華宗本門流の見解によれば

「室町時代の中頃、(光長寺)大学頭・本果院日朝聖人は、本能寺、本興寺の御開山・日隆聖人と一味法水(いちみほっすい)の約を結ばれ、法華宗を再興されました」

ということ。つまり歴史は光長寺のほうが古いのだが、教義的には、八品派・日隆門流と同一ということになる。

まずは、大石寺の「戒壇の大本尊の木くず」岡宮光長寺存在説なのだが、これは明治時代、大石寺52世・鈴木日霑と北山本門寺34代貫首・玉野日志の「霑志問答」で「戒壇の大本尊」偽作を玉野日志からさんざんに追及された大石寺52世鈴木日霑が、こんなことを北山本門寺への公式回答として言っている。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(282)~「アンチ日蓮正宗」による「日法は戒壇大本尊を彫刻せず」の論破に反論不能の「慧妙」

■検証282日蓮の孫弟子・日法は「戒壇の大本尊」「最初仏」を彫刻していない13

 

「アンチ日蓮正宗」による「日法は戒壇大本尊を彫刻せず」の論破に反論不能の「慧妙」

 

日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』は、大石寺の「戒壇の大本尊」造立には莫大な費用は必要ない、という主旨のことを言わんが為に、とっくの昔に崩壊して廃棄されている「和泉公日法」彫刻説を蒸し返して、こんなことを書いている。

----------------------------------------------------------

(日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』の妄説)

次に「楠木、漆、金箔の加工」について述べる。これらの加工について誹謗する者(※アンチ日蓮正宗のこと)は、どこかの有名な仏師に依頼したものとの前提に立って、資金や加工技術のことを考えているのだろう。だが、そもそも大御本尊は、弟子の和泉公日法師が彫刻したものと伝わっており、そこに莫大な費用がかかるはずがない。

(平成25(2013)616日付け『慧妙』/「第18回ネットに蔓延る邪義を破す」)

--------------------------------------------------------------------------

「アンチ日蓮正宗」では、とっくの昔に、「大石寺の『戒壇の大本尊』は和泉公日法の彫刻ではない」「『戒壇の大本尊』と和泉公日法は全くの無関係である」との論破を加えて、「戒壇の大本尊・日法彫刻説」を粉砕している。

□戒壇大本尊は後世の偽作だ(70)~「戒壇の大本尊」と和泉公日法は全くの無関係である1

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/4046105.html

□戒壇大本尊は後世の偽作だ(71)~岡宮・光長寺に「戒壇の大本尊」彫刻の木屑は存在しない

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/4046429.html

□戒壇大本尊は後世の偽作だ(72)~弘安210月当時、和泉公日法はまだ所化僧だった1

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/4046593.html

□戒壇大本尊は後世の偽作だ(73)~弘安210月当時、和泉公日法はまだ所化僧だった2

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/4047726.html

□戒壇大本尊は後世の偽作だ(74)~所化僧に対して師僧の最重要な用務を命じるということは絶対にあり得ない

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/4048075.html

□戒壇大本尊は後世の偽作だ(75)~「戒壇大本尊」を所化僧一人で彫刻することは不可能1

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/4048507.html

□戒壇大本尊は後世の偽作だ(76)~「戒壇大本尊」を所化僧一人で彫刻することは不可能2

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/4048983.html

光長寺12日法墓
 

(岡宮光長寺同時二祖・和泉公日法の正墓)

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(281)~洗脳法華講員の反論は身延山で極貧生活をしていた日蓮が金を入手した証明になっていない2

■検証281・日蓮に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立・漆・金箔加工する経済力はなかった13

 

□洗脳法華講員の反論は身延山で極貧生活をしていた日蓮が金を入手した証明になっていない2

 

鎌倉時代の日本はちょっとした産金国で、黄金を中国大陸に輸出していた。著名なのは奥州の砂金で、対馬の銀とならんでその名が中国大陸に知れていた。それは金・銀の対価が中国大陸に比べて低く、そのために日本から金(きん)が大量に輸出され、商船が南宋へもたらした金(きん)は、時には年に数千両にものぼったという。(中公文庫「日本の歴史」より)

ところが、日本国内の市中には金(きん)が出回るといったことは皆無だった。金(きん)を入手できたのは、ほんのごく一部の権力者。莫大な経済力を持つ大寺院。あとは莫大な財力を持った商人だけ。しかし商人たちは、金(きん)を南宋へ輸出していたのである。

しかも日蓮は、立宗宣言から入滅までの30年間、鎌倉幕府をはじめとする権力の側と厳しい対立関係にあった。権力の側と親密な関係にあった禅宗や律宗の大寺院ならいざ知らず、鎌倉幕府に「立正安国論」を上程して、松葉が谷法難・伊豆流罪・小松原法難・龍口法難・佐渡流罪といった法難に遭遇した日蓮が、どうしてほんのごく一部の権力者と莫大な経済力を持つ大寺院、莫大な財力を持った商人しか手にできない金を入手できようか。絶対にできるはずがないではない。

諸御書・遺文の中で、身延山中の極貧の凄惨な生活を訴える日蓮が、どうして超高価な金(きん)を入手することができるだろうか。日蓮一門の僧侶・信徒が、身延山中の日蓮に砂金等もふくめて金(きん)を供養したという御書や記録は全く残っていない。

さらに、入手困難な金(きん)を加工して金箔を施すとなれば、どれだけの莫大な費用がかかるだろうか。現代の金箔加工とはわけがちがう。 その高価な費用の規模は想像がつかない。がしかし、鎌倉時代の日蓮一門に、その超高価な金箔加工を施す経済力はなかったことだけは、まちがいない、と断言できる。

奈良・平安・鎌倉時代に、金を入手できたのは、ほんのごく一部の権力者。莫大な経済力を持つ大寺院であることを証明するものが、いわゆる「装飾経」である。装飾経とは、仏教で使用される経典のうち、料紙に美麗な装飾を施した経典のこと。紫、紺などの染紙を用い、金銀泥で経文を書写したもの、料紙に金銀泥などで下絵を描き、金銀の箔を散らした上に書写したもの等々があり、一般的に日本の平安時代に権力者や貴族などの発願によって制作された美麗な経典を指す。平安時代には、紺色の紙に金泥で経文を書写する紺紙金字経が数多く制作された。

日本で最初の紺紙金字一切経は、白河法皇(10531129)が制作させたものだと言われている。平泉の奥州藤原氏初代清衡が、平和のために発願し、1126年に完成させた紺紙金銀字交書一切経、いわゆる中尊寺経は有名で、紺紙金銀字一切経は約5300巻あり、そのうち中尊寺には15巻があり、その一部の複製を讃衡蔵で公開している。残りの大半は高野山金剛峯寺が所蔵する。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ