アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

創価学会は創価学会員を客にした複合企業体型・政治団体だ

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(244)~創価学会とは創価学会員を「客」に経済的利益を上げる一大コングロマリット(複合企業体)だ

□創価学会とは創価学会員を「客」に経済的利益を上げる一大コングロマリット(複合企業体)

 

創価学会の信仰にカネがかからないなどという宣伝文句は、全くのウソっぱち。カネがかからないどころか、大いにカネがかかる宗教である。これらのことに加えて、さらに大きな不審点がある。

それは、日常に使うローソクにしても、経本にしても、日蓮の御書全集にしても、池田大作の著書にしても、必ず創価学会員が経営する日蓮正宗専用の仏壇店か、あるいはあの当時、大石寺売店街等にあった創価学会員が経営する書店、あるいは創価学会の組織を通じて買え、という創価学会員。線香やローソクなどは、何も創価学会系の仏壇店で買わなくても、一般の仏壇店やスーパーマーケットでも売っていた。ところが創価学会員は、一般の仏壇店やスーパーマーケットに売っている線香、ローソクではダメで、創価学会系仏壇店で買えという。日蓮の御書全集にしても、池田大作の著書にしても、御書講義にしても、東京・新宿や池袋あたりの大型書店に行けば売っていた。ところが創価学会員に言わせると、東京・新宿や池袋の大型書店には、創価学会の本も売っているが、同時に藤原弘達氏、内藤国夫氏、丸山照雄氏らが書いた創価学会批判の本も売っているから、東京・新宿や池袋の大型書店で買ってはダメ。創価学会組織を通じて買うか、東京・信濃町の聖教新聞社出版センターに行って買えと言う創価学会員。

さらに聖教新聞や大白蓮華、創価新報、公明新聞等は、一般書店では売っておらず、創価学会の組織を通じないと買えない。もちろん創価学会巨大墓苑の墓所も同じ。創価学会が主宰する登山会の臨時列車はJRの列車だが、JR富士宮駅から大石寺まで創価学会員を乗せていくバスは、これまた創価学会系列の団体登山会専門のバス会社。こうして見ると、仏壇、ローソク、線香、樒(しきみ)に始まって、日蓮御書全集、御書講義、池田大作の著書、聖教新聞、大白蓮華、創価新報、公明新聞などから墓所、登山会に至るまで、何から何まで全て創価学会が会員の面倒を見て、創価学会の信仰活動に必要な全てのものを創価学会ないしは創価学会系列から買わせようとする創価学会。こうして見ると、創価学会という団体は、創価学会員に対して、信仰活動を理由にして、創価学会が出しているもの、創価学会系列の所が出しているもの、造っているもの、運営しているものを買わせ、利用させて経済的利益を上げようとする、創価学会員を「客」にした一大コングロマリット(複合企業体)であること。「伝統仏教」の仮面をかぶり、日蓮正宗の信仰を利用した一大商業組織であるということである。さらにこれだけではない。創価学会員が集まる富士宮駅周辺や大石寺境内周辺には、そば店、うどん店、定食屋、みあげもの店、喫茶店、カレー店等が建ち並び、これまた創価学会員を「客」に商売をしている。大石寺周辺には、空車タクシーが待機していて、大石寺とJR富士宮駅、JR新富士駅を往還する創価学会員の「客」を狙っていた。つまり創価学会公認(?)の仏壇屋、葬儀屋、バス会社等の他に、非公認(?)のそば店、うどん店、定食屋、みあげもの店、喫茶店、カレー店等から   タクシーまで、創価学会員を「客」に商売しようと群がって、これによる収益で生活が成り立っている。創価学会とは、創価学会員からカネを搾り取る一大コングロマリット(複合企業体)型の巨大政治団体であると定義づけられよう。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(243)~創価学会員たちと激論になった『創価学会の信仰活動にはいくらカネがかかるのか』PART2

□創価学会員たちと激論になった『創価学会の信仰活動にはいくらカネがかかるのか』PART2

 

創価学会(聖教新聞社)・公明党が出している刊行物は、聖教新聞、大白蓮華、創価新報、公明新聞、月刊公明、潮、グラフSGI、第三文明、公明グラフだけではない。立正安国論、開目抄、観心本尊抄等の他、上野殿御返事、四条金吾殿御返事、富木殿御返事、兄弟抄等々の日蓮遺文(御書)の文を解説した「御書講義」を出している他、池田大作の著書である「人間革命」「若き日の日記」「私の履歴書」「忘れえぬ同志」「心に残る人々」「栄光への指針」「夫婦抄」等々、さらに池田大作スピーチをまとめた「池田大作全集」「池田大作選集」「広布と人生を語る」等々の膨大な数の著作、そして写真集「ある日ある時」など、これでもかこれでもかとばかりに出版物を出している。1980年代のころ、池田大作の著作の中で最大のベストセラーは、「人間革命」である。今は「新・人間革命」等を大量に出しているようだが、1980年代のころは「人間革命」10巻まで。全国紙の本の販売統計を見ると、池田大作の「人間革命」は常に売り上げベストテン入りしているほどのベストセラー。買っていたのは、大半が創価学会員だと思われる。聖教新聞社の小説には、池田大作の「人間革命」の他に、湊邦三なる人物が書いたとされる「小説・日蓮大聖人」というものもあった。

聖教新聞社の出版物を取り扱っている東京・信濃町の聖教新聞出版センターに行くと、創価学会や池田大作が出している著書や写真集等々、所狭しと並んでいる。これらの本を全て買ったら、はたして、カネがいくらかかるのか、全く想像がつかない。東京・信濃町の聖教新聞出版センターとは、創価学会専門の書店みたいな所で、誰でも中に入ることができた。しかしここに並んでいる本を全て購入したら、それこそいくらカネがあっても足りない。それこそ全財産丸ごと、創価学会に持って行かれかねない。それどころか、仮にこれらの創価学会や池田大作が出している著書や写真集等々を全て買ったとしても、一軒家にはとても入りきれないような数の多さである。創価学会や公明党、外郭団体の専従職員をしている創価学会幹部でも、これらの著書を全てくまなく買って読んでいる人が、果たしているのだろうかと、不思議に思ってしまうくらいである。

さらに創価学会活動に必要な経費は、他にもある。創価学会の行事の中には、東京・信濃町の創価学会本部や東京・八王子の創価大学に行かなくてはならないものがある。ここに往復するには、当然、交通費や食事代等がかかる。創価学会本部や創価大学に行く交通費とは言っても、関東近県に住んでいる創価学会員の場合は、交通費はさほどでもないだろうが、これが北海道、東北、北陸、中部、関西、中国、四国、九州、沖縄、さらには海外の創価学会員にとって、創価学会本部や創価大学に行く交通費は重い負担になるはずだ。また創価学会は、1980年代のころ、よく大規模な文化祭を東京都内や埼玉県、神奈川県、関西や全国各地で行っていたが、文化祭の練習に行く交通費、本番当日の交通費も、創価学会員の負担になる。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(242)~創価学会員たちと激論になった『創価学会の信仰活動にはいくらカネがかかるのか』PART1

□創価学会員たちと激論になった『創価学会の信仰活動にはいくらカネがかかるのか』PART1

 

小矢木隆(仮名)ら東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の創価学会員のみならず、『狂気の福寿荘(仮名)』の創価学会男子学生部員から溝口個人会館(仮名)の壮年部、婦人部、男子部の信徒たちに共通しているのは、彼らは私のような部外者に対して

「創価学会の信心活動には、お金がかからない。世間の邪宗・邪教は、信者からどんどんカネを取っているカネ取り宗教なのだ。だから創価学会に入っても特別な出費はありませんよ」

と言って批判していた。創価学会員たちが言う「世間の邪宗・邪教」というのは、創価学会以外の宗教団体、一般仏教からキリスト教、イスラム教から立正佼成会、天理教などの新宗教など総てを指している。しかし果たして本当にそうだろうか。そもそもカネがかからない宗教など、絶対にあり得ない。日蓮正宗寺院には住職、僧侶、寺族がおり、創価学会本部や会館、公明党やその他の外郭団体には専従職員がいる。こういう人たちは、信者の供養金や布施、財務等の収益で生活が成り立っているのだから、日蓮正宗にしても創価学会にしても、カネがかからないということは、あり得ない。問題は、いくらカネがかかるのか、である。この「宗教のカネの問題」について、創価学会員たちと、何度も激論になった。1980年代のころはまだ「宗創和合時代」だったが、日蓮正宗寺院での授戒、本尊下付には2000円必要だった。本尊下付の後は、仏壇、数珠、経本、ローソク立て、香を焚く器、樒を入れる花瓶などの仏壇セットを入手しなければならない。創価学会員は

「新入信者の場合は、仏壇は買わなくていいですよ。創価学会員の先輩が使っていたお古がありますよ」と言っていた。確かに新入信者の時は、「先輩のお古」の仏壇でしのげるのかもしれないが、しかし小矢木隆(仮名)の他、井畑徳三(仮名)ら創価学会員歴・信仰歴が数十年単位の信者や地区部長などの創価学会幹部宅の仏壇は、どのお宅もそれこそ立派な仏壇が入っていた。溝口個人会館(仮名)は、形木本尊でも特別形木本尊でもない、曼荼羅本尊の向かって左の脇書の「授与之」の下に「願主 創価学会」と書いた、ひときわ大きな曼荼羅本尊が入っていて、それを納める仏壇もひときわ大きい。見るからに数十万円から百万円以上はすると思われる仏壇である。一般信徒宅でも、「私の家の仏壇は100万円しました」と言っていた信徒がいたくらい。

1980年代のころは、日蓮正宗寺院の近辺や創価学会の巨大会館の近辺には、創価学会員が経営する仏壇屋が軒を並べており、私もあれだけ大きな仏壇が果たしていくらするのかを調べようと、日蓮正宗某寺院の近所にあった創価学会員経営の仏壇屋に見学に行ったことがあった。すると、あの当時の価格で、20万、30万、40万クラスの仏壇が店先に並んでおり、店の奥のほうには、100万、200万クラスの仏壇もあった。溝口個人会館(仮名)で見た立派な仏壇は、どうやら100万円クラスの仏壇によく似ていた。仏壇屋の主人の話では、月々の分割払い、クレジット払いも可能だとのこと。すでにあの当時から、月々の分割払いの買い物は可能になっていて、立派で派手な仏壇も、月々の分割払いで購入できたというわけである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ